木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 18日

落 葉 松 の 薪 割 り

さて、今日は、薪割り
森で間伐した、カラマツ
落葉するので、落葉松とも呼ばれます
一年半くらい、野積みにしてありました落葉松
薪ストーブには、針葉樹は良くないと言われていますが
乾燥した針葉樹ならそれほど駄目でもないでしょう
その証拠に、薪ストーブのメッカ北欧では、ほとんどが針葉樹のはず
などと、屁理屈付けて
ネコ車(一輪車)で野積みの丸太を運びます
細めの丸太は、かなり乾燥していて軽いのですが
直径20センチくらいになると、ズッシリときます
まだまだ乾燥が足りないようです
デッキの横のカラマツの切り株
これが我が家の薪割り場
切り株に丸太を立てて
気合もろとも、斧を振り下ろす
細めの丸太なら、一気に真っ二つに飛んでゆきますが
節の所などでは、斧が食い込んで止まってしまいます
こんなときには、食い込んだ斧の先を楔に見立てて
大玄翁で叩き込みます
すると、節の丸太は、しぶしぶ二つに離れます
割った薪は、縁の下で今一冬、乾燥です
薪全てを、カラマツにすることはしませんが
焚き始めなどは、火付きが良くて、温度の上がり方も早いとか
しかし、煤やタールが心配です
幸い我が家の煙突のある屋根は、二階の窓から直ぐに出られます
なので頻繁に煙突チェックは必至です

この冬は、針葉樹にも挑戦して見ますか、ねー

d0082305_603832.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2010-11-18 06:08 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/12295754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chatadon-06 at 2010-11-18 18:13
昨年行ったトコナメエプコス(ヨツール代理店)のショールームでは、温度が上がり過ぎないように管理して居れば、よく乾燥した針葉樹は燃やしても問題ないといってました。
ヨツールはノルウエイですから、やはり針葉樹が多いイメージですし。
Commented by なりひら at 2010-11-19 01:00 x
冬自宅は大火に大変な労力かと思いますが、こんな素晴らしい自然の中で、どことなく「弾む」ような雰囲気が伝わってきます。
Commented by takibiyarou at 2010-11-19 06:53
chatadonさん
わが国の薪ストーブ愛好家の間では、薪は広葉樹に限りるとの定説があるようです、確かに広葉樹の方が熱の効率はいいのでしょうけど
八ヶ岳あたりでは購入するほかありません
その点針葉樹なら、その辺にたくさんあります、北欧に習って充分に乾燥させて薪にしますよ
Commented by takibiyarou at 2010-11-19 06:56
なりひらさん
そうなんです、冬の準備は大変なのですが
それがとても楽しみでもあります
黄金色の森の中で、薪割に汗を流すのも、真っこと気持のいいものですよ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< シ ェ フ の い な い 宴      誰 も い な い 森 を >>