木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 31日

離 別

雨の中のお散歩
朝方、ゴウ介家誘って、お散歩
降りしきる、雨の中の防火帯
森を出たり入ったりの、あぐ菜とゴウ介
ノエルは後からとぼとぼと付いて来ます
防火帯の丁度半ばを過ぎた辺りでしょうか
いきなり森の中から「ギー」と異常な声が響きます
あぐ菜とゴウ介が鳥を仕留めたのでしょうか・・・
慌てて森の中に駆けつけると
何と、あぐ菜とゴウ介
鹿の赤ちゃんと遊んでいます
しかし、あぐ菜とゴウ介は遊んでいるつもりでも
鹿の赤ちゃんはそんなこととんでもありません
恐怖のあまり「ギー」「ギー」と叫び続けます
あぐ菜とゴウ介を取り押さえると、今度はノエル
ゴウ介家と二人掛りでやっとワンコを確保
30センチくらいのちっちゃな鹿の赤ちゃん
幸い、傷は無い様子
でも、生まれたばかりの様です
辺りを見渡しますが、母親の姿はありません
逃げてしまったのでしょうか

雨の中、ずぶ濡れ・・・

体温を奪われないでしょうか・・・

かといって、連れて帰るわけにも行きません

鹿の赤ちゃんを、森の中に追い込んで

早々にその場を離れます

d0082305_1344020.jpg



どうか

母さんが帰ってきてくれますように

d0082305_135145.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-05-31 13:06 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/13686290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なりひら at 2011-06-05 15:17 x
鹿の赤ちゃん:可哀そうですが、運と生命力があれば生き伸びるでしょう。自然の掟です。
Commented by takibiyarou at 2011-06-06 06:06
なりひらさん
あくる日にはもういませんでしたので、母親が連れて行ったのかもしれません
そうであれば嬉しいのですが・・・
Commented by hanamomoact at 2011-06-25 12:19
こんにちは。久しぶりにおじゃましました。ノエルちゃんの記事に実家にいたワン仔たちとの時間を思い出しています。

鹿の赤ちゃん、きっと大丈夫ですよ!
砂漠でもガゼルの赤ちゃんに出会う事がありますが、
見渡してもお母さんの姿はなく、私たちに驚いて
子どもを置いて行ってしまったのではないかとよく不安になった
ものですが、その後お母さんは必ず迎えにくる事が
わかりました。動物の力って、人間が思うよりもずっと
すごいと思います。連れて帰らなくて正解だったと思います。

これから暑さが増してワン仔たちにはしんどい季節になりますが、
ノエルちゃん、どうぞお体お大事に!
Commented by takibiyarou at 2011-06-26 13:38
hanamomoさん
お久しぶりです
ずいぶんとガゼルの数も増えましたねー
それと猫ちゃんも!!
いつも、クブズとチョビに大笑いさせていただいてます

やはり母さんは帰ってきますよね
安心しました
それにしてもあんなに小さな赤ちゃん鹿、初めて見ました
ガゼルの赤ちゃんにそっくりですね、かわいかった!!

昨年の日本は凄まじい暑さでした
今年は果たしてどうですかねー

ああー砂漠に行ってみたいなー!!!



名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 老  い      庭 い じ り >>