木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 14日

雪 降 る 森

12-3-10

雪の森は静かです

鳥の声も降り積もった淡雪に吸い取られ

静まり返っています

人っ子一人いない新雪に

ノエルのラッセルの跡だけ

そんな静かな森に

パーンと破裂音が響き

雪の灰神楽が舞い上がる

大きな枝が雪の重みに耐えかねたのでしょう

そしてまた

森は静けさを取り戻します

依然、粉雪の舞う

白銀の森

d0082305_6572599.jpg

d0082305_657857.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-03-14 06:51 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/15570668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by なりひら at 2012-03-14 14:40 x
3月上旬の八ヶ岳山麓の森はまだ雪の中。幻想的な風景ですね。ところでノエルは寒さに強いですね。大丈夫かな?と見ている方が心配になります。でも、犬は猫とは違うから。
Commented by takibiyarou at 2012-03-15 06:54
なりひらさん
春とは言えど、まだまだ氷点下10℃近い日々が続いています
ノエルは北方犬のラブラドールなので寒さにはかなり強いです
真冬でも平気で水に入りますよ
もう年ですから、そんなことはさせませんが
今月いっぱいは、雪がちらつくでしょうね
Commented by ぶんとも at 2012-03-15 09:58 x
うぉぉぉぉ〜結構な雪だったのですね。
ノエルちゃん、うらやましい♪
ぶんたがいたらもうはしゃぎまくるのだろうな…
今は頭の中だけの空想で我慢します(笑)
でも、もう春、ですよね。
Commented by 白いねこ at 2012-03-15 11:40 x
雪の中のノエル。。。愛おしいですね。。。
作家の佐藤洋二郎さんの文を思い出します。佐藤さんの愛犬は13歳、夏が相当応えたらしく、佐藤さんご夫妻は愛犬の寿命についていろいろ思いをはせ、愛犬が今まで出来ていた事が出来なくなっていることに気付き、13歳という年齢から愛犬の寿命が分かる自分を“哀しい神様のように思えてきた”と書いておられます。
我が家の愛猫は17歳、一日数回、誰が何と言おうとギュっと抱きしめています。
なりひらさんのブログを拝見し、心穏やかでない私です。
Commented by takibiyarou at 2012-03-16 07:14
ぶんともさん
可なり降りましたよ、でもそれほど寒くも無く
いい雪遊びが出来ました
山欠症が悪化する前に、お山にいらっしゃいな

もうじき春ですね
Commented by takibiyarou at 2012-03-16 07:20
白いねこさん

そうですか・・・13歳・・・
愛犬の寿命が分かる自分を“哀しい神様のように思えてきた”
まさに、悲しい事ですね
しかし動物であれ、人であれ
やがては死にゆくもの
だからこそ
一緒にいるその一時
、精一杯過ごしていきたいです
なんとか心穏やかに
感謝の気持で
そのときを迎えるために・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< BS用の外部入力端子      上 雪 >>