2013年 02月 27日

薪と木柵

先日、横浜にある動物園に行ってきました
いえ、動物を見に行った訳ではなく
工事中の新エリア展示のお手伝いをさせていただきました
動物園は何年振りでしょうか
園に入るアプローチ沿いには、等身大FRP製のライオンやキリンがお出迎え
冷たい雨の降る、吹きっ曝しの屋外作業
いや、寒いこと
お山の寒さとは異なる寒さ・・・
職人さんも大変です

今回は「牧畜民族ダトーガ族の集落「ゲーダ」を模したエリア」での展示
ところが、このコーナーの柵に使用する丸太がアフリカサバンナにふさわしくない事が判明
急遽丸太の手配をせねばならなくなり、「焚き火野朗」の私にお鉢が廻って参りました
柵に使用のため、太さ50mmから60mm、長さ1mくらいの広葉樹約30本
お山に行って伐ってくればいいのでしょうけど
乾燥していなければ後で大変・・・
山荘にも薪用にと溜め込んで有りましたが、先日薪の長さに切ったところ
これはもう、師匠に頼むほかありません
早速、薪ストーブの師匠「かわはらさん」にメールで御願い
「私はいないけど、あると思うので取りに来て」とのご返事を頂き
降りしきる霙の中(二度目の関東大雪注意報の出た日)を成田方面へ
夕暮れの迫る中、奥様にお手伝いを頂いて、大量の薪棚の中から適当なサイズの丸太を選び出し
無事、八王子の工場に搬入することが出来ました
千葉、東京の端から端まで走り廻った一日でした

そんな薪用の丸太も、彩色樹脂コーティングされ

動物園の展示用の木柵となりました

d0082305_6432466.jpg


師匠、ありがとうございました



横浜動物園ズーラシア

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2013-02-27 06:46 | 雑観 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/17897363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かわはら at 2013-02-27 09:57 x
遠路はるばる引き取りにお越しいただき、お疲れ様でした。無造作に積んでおいたので選別が大変だったと思います。

自分のところに積んでおいた原木がそうやって使われるのはうれしいです。4月の一般公開後に見に行きたいと思っています。
Commented by kuukau at 2013-02-27 11:45
わ!素朴で温かな柵いいね。
山の家のベランダが壊れたので(雪の重さで)これイタダキまっす。
基礎は業者に、手摺りは自作します。
Commented by takibiyarou at 2013-02-28 07:49
かわはらさん
本等に助かりました、ご担当も喜んでおられましたよ
是非見てやってくださいな
雨の中お手伝いいただきました奥様に
是非ともよろしくお伝えください
Commented by takibiyarou at 2013-02-28 07:52
空子さん
山の家のベランダが壊れたのですか
雨に濡れるところは直に駄目になりますねー・・・
ご自作ですか、凄いですねー
でも、手摺はかなり過重のかかるところですから
頑丈に作ってくださいね
防腐塗装もお忘れなく
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 屋根雪崩      新雪を歩く >>