木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 29日

嵐の後

13-10-26

またもや大型台風襲来、それもご同伴で・・・
そんな状況にもかかわらず
上野原辺りではかなりの豪雨、台風の真っ只中に突入かと
しかし、小淵沢のインターを降りる頃には雨も小降りに
台風を通り向けたのでしょうか
鉢巻道路からお山に右折したところ
前方にテールランプの明かり
こんな台風の時にお山にくるのは我が家だけかと思っておりましたら
ノエルの森の一つ先で右折
どうやら北側のお隣さんらしい
やはり台風を抜けてこられたようです

森に着き、TVを点けてみますと
おやおや、台風はまだ過ぎてはいづ、これから静岡辺りに接近とか・・・
どうやら台風を突っ切ったのは、私の思い違いだったようです

ストーブに火を入れ
一杯やっておりますと
なるほど
だんだんと風が強くなり、雨も激しく降って参ります
暗くて、定かではありませんが
森の木々が大きく揺れているのが感じられます
松の大木の下に駐車した車が少し気がかりです
大きな枝が折れて落ちてきて、車の屋根を貫通・・・
何て光景が脳裏をよぎりますが
他に置き場所もありません
もう一杯呑んで寝ることに致します


薄明かりの森に
大きく揺らぐ木々のシルエット
台風真っ只中と言った様相
これではノエルの用足しも大変そう
もう少し眠ることに致しましょう

次に目覚めたときには
森もかなり明るくなっております
しかし雨はまだかなりの勢い
そんな中
ノエルにせかされ、雨合羽を羽織って森に出ます
しかし、予想に反し森の木々が雨風をさえぎってくれる為
ずぶ濡れにはならずに済みました
ノエルの森の防風林のお陰です

午前8時頃には風も少し弱まり
前回の台風ほどの枝の落下もなく、なんとか通過してくれたようです
台風の時には何時も気をもまされますが、幸いにしてこの辺り
氾濫しそうな川もなく、そして崩れそうな崖もなく
天然の防風林の中に位置することが幸いして、被害は殆どありません
しかし、ニュースでは、これから伊豆大島に最も近づくと

被害がなければいいのですが


雨上がりの森を少し歩いてみます

あの台風の中、森の木々はそれでもしっかりと木の葉を維持しています

落葉の次期にまだ少し早かったのが幸いしたのでしょう

なんとか今年も、あの素敵なカラマツの黄葉を楽しめそうです

まだ緑の多い森の中ですが、真っ赤に色づいたツタウルシ

嵐の過ぎたばかりのまだ僅かな火の光でなのですが

その僅かな光を透かせて、美しい

真っ白なコシアブラの大きな葉も

しっかりと枝に残っています

これから森は

幽玄の森の、幕開け

雨に洗われた森の木の葉

一層の色合いとなってくれるでしょう、ね
d0082305_5351536.jpg

d0082305_5352515.jpg






にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2013-10-29 05:35 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/19891154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 錦秋の森を      桐箱の末路 >>