木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 28日

木々の伐採

14-1-25

前の路に出て、西の方を見ると
遠くになにやら積んであるのが見える
ぶんた家の辺り
近づいて見ますとぶんた家の二軒お隣
道の両脇に一抱えもあろう丸太が二、三十本積んである
その向こうに、鹿が一頭
近づくと敷地の中に入り、こっちを見ている
そういえばこのお宅
森の木々に目印の紐が巻いてありました
それにしても、かなり大掛かりな伐採です
下から大きなクレーン車が上がって来るのが見える
たぶんこの丸太の搬送か
まだ、森には紐が巻いある木が残っています
残りの木々の伐採か

それにしても、凄いクレーン車・・・

この辺りも

だんだんと

森の深みが消えてゆきます

なんだか鹿も

少し

寂しいですね
d0082305_07291169.jpg

d0082305_07292057.jpg










by takibiyarou | 2014-01-28 05:44 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/20286172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-01-28 10:06
落葉松のお話しは感動です。
長野県人、其れこそ信濃の国多面的に県境をもつ県内を両親の転勤で移動しました、ほとんどが町中、自然を知らない私です。
頻繁に八ヶ岳には行きますが其処も冬場は縁がなく安曇野、伊那
へ行く事があっても矢張り雪景色は一瞬、通過時の光景にすぎないのです。伐採された樹が唐松ではない様にと,願っています?
Commented by takibiyarou at 2014-01-28 10:35
reikogogogoさん
残念ながら、落葉松もかなりの数伐採されていました
落葉松はその細かな葉が降り注ぐ為、管理会社などは屋根に悪いなどと目の敵にして
伐採を進めます
原村に向かう鉢巻道路、以前はそれはそれは美しい道でした
真黄色に黄葉した落葉松のトンネルを進むこと、それは正に
幽玄の道行きでした
しかし数年前、日陰だと路が凍る、落葉松の寿命に近づいているなどの理由から
反対の声も虚しく、かなり大掛かりな伐採が行われ、今では見る影もありません

都会のような、さくらの並木にするそうです

ああ、情けなや情けなや・・・
Commented by Kintaro-Sushi at 2014-01-28 11:43
お正月に行ったら大好きだった松の林の小道
全部伐採されていて大ショック、売ってお金に変えるそうです。
仕方がないです。
Commented by takibiyarou at 2014-01-28 12:42
わさびさん
あらま!お金に・・・
地域によっては、間引き的に伐採して
ちゃんと管理している所も見受けられます
伐った後、ちゃんと植林してるのかなー
寂しいですね
Commented by Kintaro-Sushi at 2014-01-28 13:39
杉を植えるそうですが
家族中花粉症なので二度がっかりです。
Commented by takibiyarou at 2014-01-28 14:13
わさびさん
杉ですか・・・
それは最悪です
Commented by ぶんとも at 2014-01-29 09:36 x
我が家の二件先?
そうなんですか…知らなかった。
すかすかの森(ではないですね)になって行く様で
心に開き始めた穴も大きくなって……
以前、千葉のなんとかって言う別荘地を見に行ったとき
芝生だらけ家だらけ、森も林もみじんもないその
場所を見たら造られた住処の様で愕然としました。
そうなってはほしくないなぁ
Commented by takibiyarou at 2014-01-29 13:06
ぶんともさん
二軒我が家寄りのお宅です、音楽関係の方でしょうか
よく車が止まっていますよね
でも、大きな木はほとんど伐られていましたよ
寂しいですね・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 極上のブリアラ      半割の月 >>