木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 29日

極上のブリアラ

14-1-25

図書館から予約の本の準備が出来たとのメール
お買い物がてらで掛けます
この時期にしては驚くほど暖かい
いつものダウンは脱いで、作務衣だけで出かけます
山路の氷もかなり解けています
しかしこれでまた今晩から冷え込むと、恐ろしい

左手に南アルプスの山並みを望み、晴天の鉢巻道路を行く
ヨドバシカメラのテニスコートから下に下る
かなりきつい坂道のうえに凍っている、冬の難所
先週には、この坂道を上りきれず、途中で途方にくれている車を多数見かけた
スタットレスタイヤ付けていても、4輪駆動車でなければ凍ったこの坂を上りきるのは、難しいかもしれない
私もセカンドギヤでエンジンブレーキ掛けて下る
今日は止まっている車無し
乙事(オッコト)亭(町営のお蕎麦屋)を過ぎると急に視界が開ける
先方に南アルプスの山並みが迫る
右の細い路、少しばかりのショートカット
対向車が無いのを確認してから入ると、直にエコーラインに出る
唐松の中の清々しい道
その先には、深い谷合を一気に跨ぐ、立沢大橋
時間とお金を掛けた割りに、交通量は殆ど無い・・・

右手に八ヶ岳のパノラマを望む
しばらく谷沿いを下り、堀辰雄の小説「風立ちぬ」の舞台となった「富士見高原病院」を過ぎて
役場近くの町営の図書館
人口1人当たり貸出数が2010年度
全国の同規模自治体の公立図書館で14年連続の1位になったことが、日本図書館協会から報告されている
小さな町にしてはかなり充実した施設なんです
図書館に併設されている「ミュージアム」では
この地で亡くなった「竹久夢二展」が催されている
見てみたい衝動に駆られるが、今日は止めておく

本日借りた本
やはり、梨木香歩さんの
   ■村田エフェンディ滞土録(日本人トルコ文化研究者のお話)
   ■不思議な羅針盤(エッセイ集)
   ■ペンキや(絵本)

d0082305_07411084.jpg
                                      駐車場からの八ヶ岳
さて
お買い物

いつものAコープのスーパー、Aコープのお魚売り場
まだ時間が早いためか、品揃えが少ないようです
調理場の窓からいつもの大将の顔が見える
ブリアラはないかと聞いてみると
これから捌くので、2、3十分待ってくれると用意しますとのこと
この大将、いつも御願いすると、これがアラ?と思うほどの極上を用意してくれる
御願いして、店内を見て廻る
地産コーナーで大根、ジャガイモ、人参等々物色
ノエルのヨーグルト99円を買おうとしていますと
店員さんがわざわざ私を探して、骨部の全く無い「極上ブリアラ」を持ってきてくれる
「市場籠持った、作務衣のおっちゃん」 を目印に探してくれたのだろう
たぶん・・・

豆アジも買っておこう



帰って
ブリ大根を煮付けていますと
ゴウ介家から、お昼のお誘い

ブリ大根のお鍋を森の雪の中に半分埋めて冷やし
出かけます



今日はとても暖かい(厳冬にしては)ので
デッキでお昼
それも
いつもの屋外炬燵も無し
しかし
日差しは眩しいくらい
そんなデッキで
お昼から、一杯頂いておりますと
ゴウ介家に電話
お知り合いが小淵沢のインターに着いたらしい
暮れからお正月に、我が家にも見えられたお客さん
その時の話題に

この辺りが気に入ったので

森の家が欲しいと

なんと

早速

土地を探しに見えられたようです

本気だったのですね・・・

d0082305_07575123.jpg

冬の陽光眩しいゴウ介家、アグの森





















by takibiyarou | 2014-01-29 02:46 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/20289853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-01-29 07:19
行程が目に浮かびます、夏期は何処かですれ違っているのかも。
おっこと亭あたりで、お蕎麦を食べる同じ空間にいたりして。
Commented by takibiyarou at 2014-01-29 09:07
reikogogogoさん
たぶん、すれ違っているかもしれませんね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 記憶      木々の伐採 >>