木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 21日

乙事のこと

ここ八ヶ岳の西麓に「乙事」と呼ばれる地域があります
読み方は(おっこと)
現在では富士見町の経営する「おっこと亭」なる蕎麦屋が有名ですが・・・
「乙事」、非常に変った名前ですね
「乙事」といいますと、直に思いつきますのが宮崎駿監督の「もののけ姫 」に
登場するイノシシの親分「乙事主 」でありますが
宮崎駿監督の山荘が直近くにあることから、この地名(小字名)からの発想と伺えます
しかし奇妙な小字名です、なにやら曰くありげな小字名ではありませぬか
そしてまた直近くには「烏帽子」との小字名もある、「烏帽子(えぼし)」とは高貴な位の方々の正装用の被り物であります
(やはり「エボシ御前」として「もののけ姫に」登場、また乙事村の枝村に当たる「小六新田」や県境の「甲六川」、そしてきのこのハナイグチの地方名「ジコボウ」までジコ坊として登場

そんな高貴な名がなぜここに・・・

私がこの地に通うようになってから
これらの小字名の由来が常に気に掛かっておりましたが
念願の超分厚い「富士見町史上巻」を入手しましたので少しわかるかもしれません
超分厚い本を開いてみます

まず、富士見町史の中から
「乙事」に関する事項を抜き出してみますと

 ■1582年(天正10)徳川家康、北条氏直と乙事に対陣する
          (乙事陣場 (おっことじんじょう))
           乙事の五味太郎左衛門、家康に属して活躍する

 ■1656年(明暦 2)稗の底村を廃村 として村民は「乙事」「立沢」に別れ暮す

 ■1722年(享保 7)乙事法隆寺十一面観音堂 建立

 ■1780年(享保 7)乙事村出身の三井透関 、甲州街道の改修を行う

 ■1811年(安永 9)乙事で諏訪神社の分霊を受ける

 ■1853年(嘉永 6)乙事村、譲り受けられた諏訪大社上社旧弊拝殿を移築
           乙事諏訪神社

 ■1875年(明治 8)立沢村と乙事村が併合して本郷村となる

 ■1883年(明治16)本郷村が立沢村と乙事村に分かれる

 ■1889年(明治22)市制及び町村制施行される
           立沢村と乙事村が再び合併して本郷村となる


これだけ見ましても
昔からかなり重要な地域とされていたことが浮かんできますね

乙事陣場(おっことじんじょう)は現在「乙事陣場跡」として石碑が立っています
この説明文をば拝借しますと
「いまに陣場の小字名を伝える足場溜池の南側一帯は、徳川軍が布陣したところである。
織田信長が本能寺で滅亡するや、諏訪頼忠はいち早く諏訪の旧領を回復して自律した、しかし徳川家康が諏訪氏を服従させようと攻略する。
いっぽう北条氏も信州を支配しようと四万三千の大軍を率いて佐久方面から進撃してきた。
このときこれを察知した徳川方三千は乙事まで退いたが、北条軍は一里近くまで迫り、両軍はまさに乙事原で衝突しようとする寸前であった。
太郎左衛門は具に北条軍の動静を探り、適切な進言をしたので、徳川軍は一兵も損なうことなく新府に退くことが出来た」
とある

適切な進言とは
「富士見町史 上巻」資料編 一乙骨太郎左衛門覚書 によると

其時太郎左衛門申上候ハゝ、古府中之城ハ悪敷所にて御座候、うしろはせき水寺と申山御座候、南は善光寺の山、北ニハ遊之上之小山、西ハあけたニ而御座候、加様ニ悪敷城ニ而御座候間、御無用可被遊と申上候へハ、其の儀ならハ駿河へ御馬・・・・・

要約すれば
其の時太郎左衛門が進言したのは、古府中之城(武田氏の館)は良くない場所です。背後はせき水寺(積翠寺)という山があり、南は善光寺の山、北には遊之上之小山、西はあけた(上田 あげた 高い土地にあって水はけのよい田)があります。このように悪しき城なので、古府中之城へ在陣することは無用です・・・・・との進言

この手柄を立てたのが乙事の名主「五味太郎左衛門」であります

結局北条は上州を、徳川は甲斐・信濃を得るという和議が成立、諏訪頼忠は徳川配下となり

頼忠の息子頼水が高島藩初代藩となりました

五味太郎左衛門は、この間の功績によって甲州に拾貫文の知行を拝領し、後になって家康に召し出されて姓を「乙骨」と改め、旗本に取り立てられました    


「乙骨」の名が登場


「富士見町史上巻」の乙事村の項を開いて見ますと

乙事村は立沢とともに北部の最も高いところに位置し、標高は1,000mを超える。村内を甲州街道(善光寺道)が通じている。
村名は古くは乙骨(おつこつ)と呼ばれ、また建仁二年(1202)の「諏訪郷名改帳」に音骨とあるのが、これであるとも言われている。
境筋一帯は戦国時代に度々戦場となった地域であり、この付近でも何度か戦闘が行われた。中でも天正十年(1582)徳川家康と北条氏直がこの辺りで対陣したことはよく知られており、「徳川家忠日記」には「(八月)三日戊子、おつこつ迄出陣はり候」と記されている。村の南方に陣場とよぶ地名が残っているが、これがこのとき徳川側が陣取った乙事原であると伝わってる。・・・・・・・・・・・・・・・・・
、享保十八年(1733)の「諏訪藩主手元絵図」には一三0軒、明治には二三0余戸、一,一00余人までになっている。
文化六年(1809)乙事村では村内諸家の由緒調査を行い、その結果を「古代の儀御尋ねに付き書上帳」と題する帳面にまとめている。・・中略・・・・
廃村となった稗の底村 からの移住者が六家あると書き上げられていることも注目される。・・中略・乙事村は稗の底村を預かった形になっていた。・・・中略・・・・・
乙事村の内は大きく上村と下村の二つのまとまりがあって、それぞれの氏神を祀っていた。最初御別当社と称した上村は、延徳二年(1490)の勧請(離れた土地より分霊を迎え遷座鎮祭することとされ、また下社は乙骨太郎左衛門(五味氏)の屋敷神であったと言われる。上社と下社の間にはこの氏神の問題を中心に長く争いが続いたが、文化年間に入ってようやく和解が成立し、文化八年(1811)諏訪神社の分霊を受け、上社を乙事総社、下社を乙事鎮守社とすることが定められた。そして祭神は三月(二の酉)-現在は四月十五日-の酉の祭に上社から下社へ、下社から上社へ遷座する慣例となったという。
中世来の有力な土豪であった五味氏は、はじめ武田氏に仕えたが、同氏の衰運とともに乙事に身を引いて住居した。その後徳川氏が諏訪に進出するとこれに仕え、家康の関東入国に従った。この際、姓を乙骨と改めており、乙骨氏は代々旗本として幕府に出仕している。
また村に残った一族は五味氏として有力な名主家を形成した。

「富士見町史 上巻」より  p687~688


あの凄いエリート一族乙骨家」のルーツがこの地なんですねー

乙骨一族といいますと、十一代目乙骨彦四郎耐軒 江戸後期の儒者

そして、その子であり「君が代」の歌詞選出にかかわったとされる乙骨太郎乙おつこつたろういつ)

またその三男の乙骨三郎」 は尋常小学唱歌の「日の丸の歌」「浦島太郎」「汽車」「池の鯉」の作詞を手がける

そして 2010に亡くなられた、元東芝EMI社長「乙骨剛」

等々、凄い人物を排出いている一族です


横溝正史は病に侵され、この富士見高原療養所 で過ごします

その信州を舞台とした小説「真珠郎」に乙骨三四郎という人物が登場するそうですが

これもこの地「乙事」からの発想かと


かつて乙骨、音骨と呼ばれ


今では、八ヶ岳西麓の小字名に過ぎない「乙事」ではありますが


そこには、武田氏、諏訪氏、北条氏、徳川氏、との


密接な関係が秘められていたのですね


d0082305_10504871.jpg
乙事諏訪神社



しかしながら

この地がむかしむかし、なぜ、乙骨と呼ばれていたかは

まだまだ

謎の中・・・





by takibiyarou | 2014-03-21 10:51 | 物語 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/20487122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from http://www.v.. at 2016-11-29 22:45
タイトル : http://www.valras-plage.net/..
乙事のこと : 木洩れ日の森から... more
Commented by kawasei1008 at 2014-03-21 16:19
お勉強されてますね!!
Commented by reikogogogo at 2014-03-21 22:53
ワ〜感動!!、調べてくれたのですね。おっこと亭が地名を知って、夫と行った乙事諏訪神社を思い出して、興味を興味深くなり
乙事の事を調べようと思っていたのです。
Commented by takibiyarou at 2014-03-22 06:48
kawaseiさん
いえいえ、興味本位の調べ物ですよ
Commented by takibiyarou at 2014-03-22 07:02
reikoさん
私も調べてみたい名前でした、なかなか資料が見つからなかったのですが
昨年、すばらしい書籍「富士見町史上巻」に巡り合うことが出来
数々の疑問を解決することが出来ました
井戸尻考古館館長の小林公明氏の大作であります、実に面白い本です
分厚すぎて、持ち運びには難儀ですが・・・

この地域にはまだまだ数々の謎が眠っています
一つずつ掘り起こして行くのも、また楽しからずや、ですかね
Commented by olive at 2014-03-22 18:59 x
勉強になります!
昨秋 従姉妹やら友人を乙事に所在スル
富士見町・おっこと亭にてお蕎麦を頂く。

<この地域にはまだまだ数々の謎が眠っています
一つずつ掘り起こして行くのも、また楽しからずや、ですかね>
takibi様のHPは 真夜中の楽しみです
Commented by takibiyarou at 2014-03-23 10:05
oliveさん
ここ富士見町には数多くの縄文遺跡があり、その中には謎めいた「ドルメン類似遺跡」なども含まれます
そして謎の廃村「稗之底村」など面白そうな謎が多く
巣k氏ずつ調べて息のが楽しみです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 乙事のこと その二 「遠近」      下山 >>