木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 28日

「すが漏れ」現象の怪

先日の大雪の後、西の窓に異常事態が

幾つかの窓ガラスの外側に氷が・・・

事情が、よく解らないと思いますが

窓ガラスの外側に、水が流れて、その水が即凍る

そんなことが二三度あり、変だなーと思っておりましたら

とうとう、一番端の窓がえらい事に・・・

d0082305_06393330.jpg


こんなの初めてです

調べてみましたら

すが漏れ  」という現象、らしい

大雪と雪解け、そして異常なまでの低温が原因らしい


屋根に雪が積もり、それが室内の暖房にて融かされ水となる

その水は、雪の下を流れて軒に達します

その雪解け水は、軒から滴り、ツララとなります

が、この時に、軒の先端部の水と雪が凍りつきますと

この氷がダムとなり、大量の雪解け水を貯水してしまいます

この大量に溜められた水は、出口を求めて

「毛細管現象」と言う魔法で持って、屋根材の僅かな隙間に吸い上げられ

雨漏りとなる

台風の大雨でもなんとも無いのですが、雪と氷によってもたらされる

雪国地特有の雨漏れらしい・・


大きなツララのできる時は、要注意のようです


この現象の対策としては


 1- 室内を暖房により、温めない
     屋根の上の雪を溶かさない

 2- 屋根に上って、凍りつく前に雪を落とす


 3- 屋根の傾斜角度を大きくし、雪が積もらないようにする


 4- 屋根をヒータで温めて凍りつくのを防ぐ


と、こんなとこらしい・・・が


どの対策案も、有り得そうにもありません


1-は、凍死するか、はたまた冬にはお山に行かないか・・・

2-は、やって出来なくもなさそうですが、これまた命の保障がありません

3-は、いまさら有り得ない工事となります
  増築に当たり、苦肉の策での緩い傾斜
  これほどの豪雪は、正に想定外 

4-これが一番有り得なさそうな方法ですが

  なんと、一番可能性の有る方法らしい

屋根材の下に全面のヒーターを設置すれば万全なのは解りますが、これは有り得ないこと

しかし、検索して見ますと

後工事で出来そうな方法もあるようです

軒先の屋根材の上から貼り付けられるシート状のヒータ がある
接着により貼り付ける物やら、マグネットシーとになっている物やら
かなりのバリエーションがあるようです


しかし、安価な工事ではなし、DIYによる施工も考えがたい

増築後、毎年のように多少の雪は積もり

幾たびかの大型台風にも異常なし

そして、1月の大雪の後にはこの現象は現れませんでした

確かに、今回は屋根の雪が融ける前にまたしてもの豪雪でした

そして、その2月の豪雪の後に現れた現象

極寒ではありますが、今までは積雪の少なかったこの地域

決して、雪国ではありませんでした

今までは・・・

今回の豪雪を数十年に一度の大災害と見るのか

それとも、地球の異変にてこれからも頻繁に起こりえる事と考えるのか


除雪機さえも準備して置かねばならないのでしょうか




実に

悩ましいところです・・・


追伸
なんで「すが漏れ」と言うのか、これも疑問でしたが
先ほど、chatadonさんから
氷のことを(しが)というとのコメントを頂きました
調べてみますと、確かに「しが」と言い、東北の豪雪地帯では
雪下ろしのほか、屋根の氷を割るしが割り 」をするとの情報を得ました
「しが漏り」が少しなまって「すが漏り」となったのでしょうかねー

chatadon さん、ありがとうございます

すが漏れ」を津軽語辞典で調べてみると、のっていました
 氷のことを「しが」「「すが」と呼ぶのは
  東北地方の方言のようですね

またすが漏り」は、冬の季語だそうです
風情のある響きですが、怖いです・・・












by takibiyarou | 2014-03-28 03:26 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/20512615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-03-28 07:33
「すが漏れ」というのですね。
丁度1ヶ月前でしょうか「ツララは留守の家に直ぐには出来ません」と教えて頂着ました。其の後、ログハウスの別荘の友人からすが漏れという言葉とメカニズムを聞きました。
状態は見た事なかったのでビックリ。
4月1度小渕沢に行きますが、5月3・4・5の連休からいよいよ、芸術家の仲間が小淵沢入りです。
Commented by chatadon-06 at 2014-03-28 07:52
民話で、泥棒よりも狼よりも怖い、といわれた ふるやのもり が、すがもりのことだというので調べたことがあります。
すが、は氷(しが)だそうです。
確かに、怖いですね(^^;;
Commented by takibiyarou at 2014-03-28 08:18
reikoさん
「すが漏れ」ご存知でしたか、私は初めてで驚きました
今朝、盛るに来ましたら、もう殆ど雪は融けていましたよ
4月には全部融けているでしょう
でも、お山はまだまだ寒いですから、気おつけてくださいね
Commented by takibiyarou at 2014-03-28 08:23
chatadonさん
ふるやのもりの民話、つい最近FMラジオで聞きました、なかなか面白いお話ですよねー
なるほど、氷(しが)が語源で少しなまったのですかね
東北では、ツララなどの屋根の氷を割る「しが割り」をすると聞きました
確かに「しが漏り」が本当なんでしょうねー
面白いお話ありがとうございました
ツララにはご用心ください
Commented by chatadon-06 at 2014-03-28 11:11
氷=しが しがこ
童謡 どじょっこふなっこ の歌詞も
春になれば「しが」こも解けて…
とお話しするとみなさんああ、そう言えば、と思い出されるようです♪

多分、しがこの し の発音は若干す 寄りの発音と思います。
(私の母方は秋田県。。)
Commented by キキミ at 2014-03-29 02:08 x
こんばんわ、すが’に反応です。
どじょっこふなっこの歌の歌い出し、
♪春になればすがコも融けて・・♪を思い浮かべました。
(しがコ、と歌ってたりもするのは東北弁の鼻音の違いかナ?、、)

しかし、すが漏りとは初耳です。東北の現象が起こるとは!
古家の漏り(ふるやのもり)の話は幼稚園時分の絵本にあって
雨漏りがなぜ怖いの?、と子供心にちょっと引っかかった遠い記憶が・・
でも、その’すがもり’なら、怖いのも納得できます。
Commented by takibiyarou at 2014-03-29 05:41
chatadonさん
「どじょっこふなっこ」の歌、知ってましたが
「しがこ」の意味知らずに歌ってましたよ
お聞きすると、納得です
「し」と「す」の発音は地域によって変わってきますね
Commented by takibiyarou at 2014-03-29 05:51
キキミさん
やはり「どじょっこふなっこ」の歌を思い起こされましたか
氷のことを「しが」「すが」と呼ぶのは、古語かとも思いましたが
どうも東北の方言のようですね
宮城の名産に「鮫氷(さめすが)」という食品もあるようです

「すが漏り」はなかなか大変な現象ですよ
驚きました
Commented by reikogogogo at 2014-03-30 09:07
すが漏れの話題がこんな広がりをみせて,とても勉強に成りました。
みなさんの楽しいコメントで嬉しくなったしまった。
日本語,方言,知らずに歌っていた「どじょっこふなっこ」の「しがこ」を今、知るなんて感動です。
Commented by takibiyarou at 2014-03-31 04:06
reikoさん
ほとですね
今まで知らずに居た事がどれほど多いことか、いまさらのように感じさせられました
そして、そのことを知る喜びも教えていただきました
楽しいですねー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 雪解け      外出が・・・ >>