木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 25日

タンポポとススキ

この時期から森の小路を歩くと
道端に黄色いお花の絨毯が見られます
そう、どこにでもありそうな、タンポポ
下界では、ほとんどがセイヨウタンポポに取って代わられたようですが
ニホンタンポポだってがんばっています

セイヨウタンポポとニホンタンポポの見分け方は
総苞(ガクのような部分)が下を向いているのがセイヨウタンポポで、上を向いているのがニホンタンポポ
だそうです

その中で、ここ八ヶ岳には「ヤツガタケタンポポ」という固有種もあるそうな
私には見分けはつきませんが・・・
どうも、八ヶ岳よりも南アルプス山麓に多いらしい
d0082305_06473507.jpg
ニホンタンポポか
はたまたヤツガタケタンポポかは、不明


そういえば
一時期、外来のセイタカアワダチソウに征服されたかに見えた日本の野原
そこで、殲滅されたかに見えたススキがかなりその勢力を挽回し
逆にセイタカアワダチソウを追い詰めているとの情報も
いや追い詰めているのではなく、自滅

セイタカアワダチソウはその土地から栄養分を根こそぎ吸い上げ
他の植物を根絶やしにする
その上他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出するという
化学兵器まで使用する
しかし
この日本には、神風が吹くのです
セイタカアワダチソウは自らが吸い上げてからした大地のために、己の栄養にも事欠き
自らが発したアレロケミカルの種に自らもその影響を受けつつある

そこに登場は、そう、この地でじっと辛抱、耐えてきた日本古来のススキ
ススキは古来より、芒、薄、尾花、茅、萱とも呼ばれ日本人の生活の中に根付いてきました
そのススキが、枯れた土地に再び栄養を与え、撒き散らされた毒素を洗浄し
野原に女郎花やらなでしこやらを呼び戻しているそうな

なんとも応援したくなる

ススキであります


現在の戦況はどうなんでしょうかねー

d0082305_06520945.jpg
2010-10月撮影













by takibiyarou | 2014-05-25 06:55 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/20741330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by reikogogogo at 2014-05-30 12:31
森の自然 、帰国したら私も信州行きです。
もう紫陽花が咲く季節ですね、富士見町の土手のタンポポを思い出しました。
Commented by ふきのとう at 2014-06-02 08:32 x
この辺りのタンポポの殆どが西洋タンポポです。
セイタカアワダチソウ、オオキンケイギクと外来種の繁殖は旺盛ですね。
「花なら何でも美しくて良い」などと、絶対に思えない私は、
融通の利かない意味での優れものです。(笑)
Commented by takibiyarou at 2014-06-03 05:38
reikoさん
東北、北陸、信州から帰られて直に
今度はトルコですか!!!
リハビリにしてはかなりな強行軍ですねー
そして今度はまた信州ですか!!!

お山も暑くなりましたよ・・・
お疲れの出ませんように
Commented by takibiyarou at 2014-06-03 05:40
ふきのとうさん
雑草と言われるお花はスキなんですが
確かに、何でもという訳には行きませんね
セイタカアワダチソウ、ブタクサ、杉の花などは勘弁して欲しいです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 花盛りの森      記憶のだしがら >>