木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 30日

ミズヒキ

14-9-23

この季節

とても楽しみなお花があります

みずひき、ミズヒキ

水引草とも呼ばれるこの花は

学名:Persicaria filiformis

タデ科イヌタデ属

和名は紅白に見える花序が水引に似ていることに由来する

らしい

花色は紅白がある

野生での白花は見たことありませんが

キンミズヒキと呼ばれるものもあるが、これはバラ科で別種だそうだ

鹿児島県では準絶滅危惧

沖縄県では絶滅危惧種IA類に指定されているそうです


お山では

そこいらじゅうに生えております

特に、水路脇などにはかなりの群生が見られます

少しいただいて

お部屋に活けるのも

楽しみなんです

しかしながら

写真に撮るのが難しい

ズームしすぎると、生物学の参考写真のようになる

何度撮っても

うまくいかない

ピントが合わない・・・




d0082305_07390737.jpg













by takibiyarou | 2014-09-30 07:41 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/21162479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawasei1008 at 2014-09-30 07:57
一方ではなくなり、そちらではたくさん見られるのですか
よく見るといい色ですね!!
Commented by かわはら at 2014-09-30 07:58 x
マクロレンズを購入して、MF(マニュアルフォーカス)で撮影すると、快適に綺麗に撮れますよ。私も最近、購入して花の写真を楽しんでいます。
http://kawahara.cocolog-nifty.com/diary/2014/05/post-b205.html
Commented by tanat6 at 2014-09-30 09:37
水引草 好きです。
我が家の庭は白の水引草、裏の山は赤い水引草です。

ほんとに写真に撮るのが難しくて、私の下手な腕では ちっとも可愛さが伝わりません…
Commented by chatadon-06 at 2014-09-30 15:31
コンデジのマクロで撮ろうとしても、マニュアルで合わせられないので背景ばかりの画像になってしまいます。
今年もまた、紅白二色に色分けになってる花を綺麗に撮れませんでした。
もうこの時期では花が終わってしまって実ばかりですが、でも秋の野山には欠かせない彩りですね。
南麓の小屋にもたくさんありますが、
絶滅危惧の地域があるとは…驚きです。
Commented by takibiyarou at 2014-10-01 05:50
★kawaseiさん
暖かさに弱いのでしょうか
絶滅危惧種とは知りませんでした・・・

★かわはらさん
マクロレンズは持っているのですが
レンズ交換が面倒で、ついついズーム使ってます
手持ちですと、なかなか手ぶれが止まらないです
年ですかね・・・

★tanaさん
やはりお好きですか!!
白のお花は、園芸種なんでしょうか
今度は三脚立てて撮ろうと思いながら
いつも手振れ写真です・・・

★chatadonさん
ピンを合わせるのが大変ですよねー
私も背景ばかりが多いですよ
八ヶ岳山麓にはかなり多いお花ですよね
それに、今年はすごく多いように感じます
私も、絶滅危惧種とは知りませんでしたよ
Commented by かわはら at 2014-10-01 07:40 x
もう既にマクロレンズをお持ちなのですね。レンズ交換面倒というのも解りますが、繰り返しやってみるとけっこう慣れてしまうものです。

それから常にマクロレンズをつけておくという必殺技もあります。料理の写真とかも含めて引いて撮れば、普通に使えます。

手持ちで花のマクロ撮影は厳しいと思います。三脚に固定して腰を据えて気合を入れてやると良いとおもいます。一枚撮影するのに20分程度確保してやると、異次元の写真になって自分で撮ったもので感動できるレベルになりますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< またまた、再発したらしいです      森の果実たち >>