木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 30日

錦秋の森を -久しぶりのロング散歩その-2-

14-10-26

ここは彫刻の森と呼ばれ、多くの石彫が点在する美しい森でした
でしたというのは、今はその森が伐採され
荒涼とした荒れ地に、石彫たちが呆然と立ち尽くしている
なんだか哀れでなりません
鹿よけの柵で囲われていますから、植林のつもりはあるのでしょうけど
もう少し景観を考えた伐採はできなかったのでしょうか
なんだか情けなくなってきますよ
そんな無残な森から目を背け、伐採を免れた森に分け入ります

林道の分岐点、上に行くと不動清水と呼ばれる湧水のほうに出ますが
またまたハードな散歩となります
今日は、下に下りましょう
転がり落ちそうな急斜面を用心しながら、滑り落ちるように下ります
日はだいぶ高くなって、黄色く色付いた木々の葉を輝かせます
見上げると、雲ひとつない空に向かって
そそり立つ黄金色の衣装を纏った落葉松たち
幽玄の森の、幕開けです

急斜面を降り切ると、少し広い林道に出ます
木々の伐採のために整備された林道です
前方に、鹿の群れが走る
最近はゴウ介もあぐ菜も深追いしません、所詮かなわないと諦めたのでしょうか
きらきらと降り注ぐ晩秋の木洩れ日
木々の間から垣間見える山並み
そんな林道を歩きます
しばらくすると、またしても広大な草地が広がる
ここもまた、かつては深い森でした
ここも鹿よけの柵で囲われていますので、ゆくゆくは植林さされるのでしょうけど
私にはここが再び森の木々で覆われれた光景は、まず見ることができないですね
ここから右に折れ、再び森の中を下る
途中、湧水なのでしょうか、幾つかの鹿かあるいは猪の、ヌタバができています
やがて森は開け、いつもの防火帯に出ます
幅10m位の防火帯、すでにススキは刈られ見通しがよくなっています

振り向けば

両側の黄金色の落葉松の高い壁

その中を天まで繋がっていそうな

晩秋の、防火帯

d0082305_06103615.jpg

d0082305_06105542.jpg
d0082305_06111193.jpg
d0082305_06133873.jpg
d0082305_06135981.jpg
振り返れば、天に向かって続く路
d0082305_06162838.jpg
前方には、秋の雲
d0082305_06165878.jpg
d0082305_06175079.jpg

d0082305_06215449.jpg
二時間の散歩を終えて帰ってきました
ノエルの森

ここもまた
錦秋の森でありました










by takibiyarou | 2014-10-30 06:24 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/21255292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawasei1008 at 2014-10-30 15:31
森にしかわからない光景ですね。紅葉もいい感じです。
Commented by queentomo at 2014-10-31 23:15
何処へも行かない私は、takibiさんのブログで森の散歩の気分を楽しんでいます。
Commented by takibiyarou at 2014-11-03 08:53
★kawaseiさん
そろそろ秋の森のクライマックスですよ

★queentomoさん
久しぶりのロング散歩です
かなりハードな散歩でしたが、すばらしい秋と出会うことが出来ました
また行きたいものですが、体が・・・


名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ワンワンコール      錦秋の森を -久しぶりのロング... >>