木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 28日

真冬のデッキで

15-1-24

昨日からお山に来ていますが
ほとんど引き籠り状態です
森についてすぐに、お買いもの済ませて
後は引き籠るんです
ついでに借りてきた、DVD「舟を編む
三浦しをんさんの小説を映画化したものだそうです

昨日から煮込んでいたオニオンスープ
フランスパンとチーズを乗っけてオーブンへ
冷えたワイン開けて・・・

国語辞典「大渡海」の編集者の定年退職に当たり、後釜に抜擢された社内きっての変人「馬締(まじめ)君
次第に辞書造りに目覚め、没頭してゆく

内容的には、以前見たN○Kのドキュメンタリーを思い出す
「ケンボウ先生と山田先生ー辞書に人生を捧げた二人の男ー」
これも大変面白かった番組なんですが

*************
2013年にNHKBSで放映され、ATP賞最優秀賞(情報・バラエティ部門)に輝いた、『ケンボー先生と山田先生~辞書に人生を捧げた二人の男』がついに書籍化!
辞書は小説よりも奇なり。 これはことばに人生を捧げた二人の男の物語です。
『三省堂国語辞典』と『新明解国語辞典』を知っていますか? 両方合わせて累計三千万部の国民的ベストセラーです。お世話になった人、なっている人も多いでしょう。
でも、この二冊を書いた見坊豪紀(ひでとし)と山田忠雄のことはほとんど知られていません。この二人、実は東大の同期生。元々は二人で一冊の辞書を作っていました。
その名は『明解国語辞典』。
戦時中に出されたその辞書は字引の世界に新たな新風を吹き込みました。
戦後も二人の協力関係は続きますが、次第に己の理想を追求して別々の道を歩みはじめ、見坊は『三省堂国語辞典』を、山田は『新明解国語辞典』(赤瀬川原平さんの『新解さんの謎』でブームとなった辞書です)をほぼ一人で書き上げることになりました。
一冊の画期的な辞書を作った二人の人生が、やがて戦後辞書史に燦然と輝く二冊の辞書を生みだすことになったのです。
しかし――。『新明解』が出された一九七二年一月九日。 ついに二人は訣別のときを迎えます。以後、二人は会うことはありませんでした。
一冊の辞書がなぜ二つに分かれたのか? 二人はなぜ決別したのか? 二人の人生をたどりながら、昭和辞書史最大の謎に迫ります。
ディレクターが番組では割愛したエピソード、取材秘話、放映後に明らかになった新事実などを盛り込んで、書き下ろした傑作ノンフィクションです。

辞書になった男 ケンボー先生と山田先生 内容紹介より
*************

オニオンスープをお変わりして
ワインも一本空いてしまった

「舟を編む」はたぶんこの実話を題材にしているのだと思われる
国語辞典造りという特殊な作業への好奇心も働いて、大変面白く見ることができました


ゴウ介家から宴のお誘い
いそいそと出かける
いつもの通り、デッキにテーブル炬燵が設えてある
今日はそれほど寒くはないですが
それでも、真冬のデッキ
決して温かくはありません

ゴウ介家の宴は年中、季節に関係なく
デッキ、なんです
なので、私は-40℃対応の防寒コート着用で臨みます

暮れなずむ森

樹上には三日月

キャンドルに灯を灯す






d0082305_04414177.jpg
東の空に三日月が輝く
左上に弦
さて、これは上弦の月
はたまた下弦の月

混乱してきます・・・















by takibiyarou | 2015-01-28 04:53 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/21511184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chatadon-06 at 2015-01-28 06:30
右上弦、左下弦。
左ヒラメの右カレイ。
…だったような。

と思って検索してみたら、
なんと上弦、下弦は「半月」限定で1サイクルに一度ずつらしいです。もっとアバウトなものかと思っていました。

ちなみに、やっとちゃんと覚えられた左ヒラメの右カレイも日本近海しか通用しない定義らしいです。


それにしても凍れる月影の(きっと氷点下?)の宴とは、風流も命がけ^ ^;ですね。。
Commented by kawasei1008 at 2015-01-28 07:25
いいですね!といいたいのですが寒そうな宴ですね。
Commented by tanat6 at 2015-01-28 09:50
昔は どこの家にも辞典や図鑑が あれこれありましたよね。
今の子供達は、辞書なんてひくのでしょうか…
我が家の広辞苑も埃をかむったままです(笑)

極寒での宴、想像つきませんが…
いくら飲んでも酔わないとか…?
Commented by queentomo at 2015-01-28 23:32
その映画DVD出てすぐに見ました。もう見たことも忘れてましたが、思い出しました。

冬に外でコタツで宴ですか?お酒のんでたら温かいのですかね?
飲めない上に寒がりな私には想像を超えた状況です。@@!
Commented by takibiyarou at 2015-01-29 06:30
★chatadonさん
「半月」限定ですか!!
それでは単なる三日月なんですね
左ヒラメの右カレイも日本近海限定ですか!!
これも驚きです
朝方と違い、この時間帯は-2,3℃でした
これがまた、たまにはいいものですよ
深酒しないことが、メリットでしょうかね

★kawaseiさん
かなり着込んでおりますので
うすら寒いくらいなんですよ
なにせ、炬燵ですので

★tanaさん
辞書の編纂、ひとつ一つ言葉を拾ってゆくのですね
最近は電子辞書主流ですが、これも 元々は同じ方法で編まれていたのですね
おどろき、感銘を受けました
極寒の中、凍った40度をあおるのも、また一興であります

★queentomoさん
ご覧になられましたか、かなりヒットした作品のようですね
決して温かくはありませんよ
なにせ氷点下の宴ですので
でも、意外にお酒旨いんですよ、これが!!





名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 藍色さんぽ      催促 >>