木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 10日

落雷

15-08-06

灼熱の下界を抜け出し、森にいます

朝のお散歩の後、意を決して下界を脱出
折からの渋滞の中、6時間かけてお昼過ぎ森に到着
森は下界とは比べようはありませんが、それでも暑い

ワンコたちに氷水を与えて、私は冷たーいビール
といきたいところなんですが、ぐっと我慢して
まずは、お買いもの
余りの暑さに、セラは家に置いていく
一週間分くらいを仕入れる

お買い物から帰り、セラとお散歩
ゆっくりと地区を一週
お盆近いので、多くのお宅の前には車が止まっています
にぎやかな季節となりました
ふと見上げると
先ほどまで、晴れていた空は
雲に覆われ、遠くで何やらゴロゴロとなり出てきました
雷の音を聞いてセラは、かなり不安そうです
降られる前に帰りますか

帰ってくると、セラ、お向いさんのデッキに駆け上がる
川越のお酒と飛騨のお土産「金子」(鮎の卵の塩漬け)を頂く
ゴロゴロの音が近づいてきたようです
セラがパニック起こす前に家に入りましょう

雨も降ってきました
雷の音はますます近く、稲妻が走ります
雨はますます激しく、稲妻が帳の降りた森を一瞬照らす
やがて雨はバケツをひっくり返した状態を上回り、滝と化す
実にすさまじい限りです
d0082305_07211116.jpg
雷鳴もかなり大きくなってきました
音もゴロゴロではなく、がががーーガーン
セラがいません
どこに行ったのでしょうか
何度か呼ぶと、なんと二階に避難していました・・・
すさまじい雷雨の中、買ってきたお刺身で、一杯
その時
地響きとともに轟音が耳をつんざく、一瞬目の前がオレンジ色に染まり、次の瞬間
暗幕が天井から降ってくる 
暗闇・・・

停電のようです
しばらく待っていましたが、なかなか復旧しません

仕方なく、暗闇の中キャンドルを探す
キャンドルの灯りで一杯
キャンドルはテーブルの上に置くと、それほど明るくないので
後の時代箪笥の上に置く
キャンドル5個を灯しても、やっと刺身の有りかが判るくらい
こんな明かりの中、勉学に励んだ先人の凄さを改めて思う
d0082305_07221515.jpg

ふと目を覚ます
まだ闇の中、キャンドルの僅かな明かりが揺らめく
おや・・・
北隣のお宅には照明が点いています
慌ててお向いさんを見ると、やはり照明が・・・
どうも復旧していないのは我が家だけのようです
懐中電灯頼りに分電盤をまさぐる
メインのブレーカーは上がっています??
さらにまさぐると、小さなブレーカーが落ちている
これを上げると
まぶしいくらいの明るさが帰ってきました
異常高電圧用のブレーカーが作動したようです

仕事中のPC 、無事でよかったです


















by takibiyarou | 2015-08-10 07:22 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/22010133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 仕上げの梅仕事      酷暑の下界にまだいます >>