木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 04日

肝の据わったしてんちゃん

016-01-29

散歩から帰ると
お粥が炊き上がっていた
しかし、炊飯器の蓋を開けてみると
あらら、お水の量がぜんぜん足りなかったようです
お粥と云うより,単に柔らかなご飯
私の一番苦手なやつです
仕方なく、無理を承知でお湯を足し10分くらい蒸らす
まだお買い物に行っていませんので
有り合わせの朝食
お味噌汁と梅干、そして冷凍のイワシ丸干し
頂いていますと、西の窓辺にしてんちゃん
餌皿を覗き込んで、「無い・・」と私のほうを振り向く
仕方ないのでご飯中途で、長靴はいて本店と支店にご飯を配達
d0082305_10524649.jpg
d0082305_10475173.jpg
しばらくして、「そろそろ開店でしょうか」としてんちゃんが再度のご来店
その姿を起き上がったセラが凝視
今まであまり関心を示さ無かったのですが、どうしたことでしょう
やおら西窓のしてんちゃんに向かって走ります
慌てて止め様としますがすでに遅く
セラは西窓のガラスにへばりつく
d0082305_10492413.jpg
d0082305_10494085.jpg

しかし、すぐに逃げ去ると思ったしてんちゃん
どうしてどうして、おびえたそぶりも見せず
「何だこいつ、顔近すぎますよ!!」とセラを睨み付け
またご飯を召し上がる、たいしたものです・・・
しかしあまりにセラが見つめるので、やむなく退散
かと、思いきや
ちゃっかり本店に現れる、「ハシゴ」というやつです
d0082305_10512299.jpg
d0082305_10505270.jpg
いなくなった西窓を覗き込む、セラ









by takibiyarou | 2016-02-04 06:41 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/22846519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanat6 at 2016-02-04 17:29
してんちゃん 登場ですね!
おてんばなセラちゃんにも たじろがないなんて、ホント肝がすわってます。
本店までハシゴをするなんて 大物ですね。
でも、してんちゃんのいなくなった窓を覗き込むセラちゃんの姿も可愛いです。
Commented by reikogogogo at 2016-02-04 23:50
いいですねこんな動物同士の世界、こんな光景、
猫嫌いだった私が、アレルギーの薬を飲みながら、ドクターの注意も聞かず同居して、
いやされているのですから。

猫達が居なかったらもっとの留守、1人ぼっちの時間が多く会話がなくなりますが、ニャーと鳴く声2、相手の訴えは何かと考え、言葉も投げかけられます。
連れ合いを亡くした友人は声まで出なくなりそう、かかってくる電話の内容も淋しげです。
Commented by takibiyarou at 2016-02-05 11:56
★tanaさん
セラはガラスに顔をくっつけていましたが
それでも逃げようとはしませんでした
やはり動物同士の何かがあるのでしょうかねー

★reikoさん
動物との生活は何かと大変なことも多いですが
やはり癒しになりますねー
特に野生の動物がこうやってやってきてくれるのは、気持ちが和みます



Commented by やっさん at 2016-02-05 17:34 x
私はあなたの自然の中での暮らしに癒されてます。部屋の中から外を見た光景が素敵です。
Commented by queentomo at 2016-02-06 00:54
先日はお見舞いありがとうございました。
Aliceは先ほど逝きました、17年あまりじゅうぶん生きてくれました。
まだ16歳のチワワと6歳のwendyがいますので頑張ります。
Commented by takibiyarou at 2016-02-08 17:08
★やっさん
いつも森の中に居たくて、我が家の窓にはカーテンはありません
時たま森の住人たちが遊びに来てくれるのがうれしいです

★queentomoさん
先ほどAliceちゃんのお顔拝見してきました
とっても安らかなお顔ですね
見取ることができてよかったです

お疲れが出ませんように
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< セラ ストーブにかじり付く      雪中のお散歩 >>