木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 26日

やっと春に間に合った

16-03-19

お山にいます

少しばたばたとしておりました、夜のお仕事も何とか終えて

鼻水をすすり、かゆい目をこすりながら

何とかお山にやってきました

先日降った雪も、ほとんど消え

屋根から落ちた雪の塊が少しだけ

山荘の戸を開けると同時にセラが駆け込みます

蓄熱暖房の効果か、室内はそれほど寒くはありません

どきどきしながら、水を開けます

今回は凍結も無く順調のようです

何時もでしたら、すぐに薪ストーブに火を入れるのですが

それほどのことも無く

せがむセラに引っ張られ、お山をお散歩

県境の道の谷側の森がずっと上まで伐採されています

日差しを入れて、雪を早く融かそうというのでしょうか

鬱蒼とした木々のトンネルが切り開かれて、その後植林もされていません

悲しくなりますねー

そんな中

春の香りを見つけました

何時もよりだいぶ早い春の香りです

少しだけ頂いて帰ります

頂いてきた春の香り

刻んで、お味噌汁に散らします

残りはお味噌と合わせて蕗味噌

何とか、春の香りに間に合いました

d0082305_08535971.jpg







by takibiyarou | 2016-03-26 08:54 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/23010981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanat6 at 2016-03-27 00:02
お山は まだ冬の名残りなのですね。
こちらは もうすっかり春です。
蕗のとうも猪さんのご馳走となり、わずかに残っていたものも もうとうがたってしまいました。
桜も咲いていますよ。
Commented at 2016-03-27 00:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Olive07h at 2016-03-27 10:55
山荘が気になりながら、、行けておりません(--)
そろそろ 4月。
この時節の森も静寂で 冬の終わりを伝える草木の芽吹き。
気になって こちらへ(takibiさんの記事)。

朝晩、冷える 花冷えのこの時期。
森は さぞかしや寒かろうか、と 思いながら
(なんとか お山の春に出逢えた!) 文面にアレコレと想像しながら 羨ましい程の心を抑えながら 読ませて頂いてます。
Commented by takibiyarou at 2016-03-28 06:44
★tanaさん
春となりましたね
お山はまだまだなんですけれど、それでもずいぶんと早い気がします
これから出てくる三菜たちに、心が躍ります

★鍵コメさん
北海道の付記はかなり大きなものでしたがそちらの蕗も大きいのでしょうか?
キャラブキもいいですね
これからの新緑の季節が楽しみですよ

★Oliveさん
大群のシカたちも山に帰って
居残りの何時もの数匹だけがウロウロしています
春とは言えど
まだまだ朝晩は冷え込みます
本物の春はもう少し先でしょうかねー

Commented by kagikome at 2016-03-28 23:59 x
Hi takibi san,多分野生の蕗。知り合いのホスタの生育&Hybridizer。こちらのHosta societyでは有名な方。ホスタの名前も和名やご自分の名前が付いているのもあります。この2月に逝去。この方が日本から持ってきたもの(彼女はライセンス保持者)です。日本の蕗に比べると半分のサイズですので皮をむくと実は少なく皮をむく必要のないキャラブキにします。
Commented by takibiyarou at 2016-03-30 07:15
★鍵コメさん
そうですか、小ぶりの蕗なんですね
皮を剥く必要が無いのはありがたいですねー
我が家も今年はやってみようと思います
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 昼寝三昧      深夜の迷宮 >>