木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 29日

靄に吸い込まれる森の木々

17-07-29

昨日から森にいます
いつもなら下山しているはずのお向かいさん
下界の暑さに、早々に帰って来られたらしい
梅雨あけしてから、雨続き
でも雨は嫌いではありません
森の引き篭もりの私には、ちょうどいいかも

昨夜は早くから床に入りましたが、良く眠れました
それで、3時頃に目が覚めて
仕方なく、ipadでビデオ見て過す

屋根を打つ雨音が少し変わってきたよです、樹雨
雨は上がったのでしょうか

デッキに出てみると
森は雨上がりの靄の中
朝食の準備していますと、セラもノコノコ降りてくる

一面の靄は森をすっぽりと包み込み、樹雨の音だけ
県境の路に出るが、セラはなぜか下路に
下から一回りしますか
葉を広げたワラビの新芽だけを少し摘む
でも、一食にも足りそうにない
また後で、摘みにこようか
ホタルブクロの名残り花
靄に吸い込まれる、森の木々

食後には
先日頂いた、パッションフルーツ
甘酸っぱい香りが口一杯に広がる
爽やかです!!

d0082305_11372707.jpg
d0082305_11301603.jpg
d0082305_11302837.jpg
d0082305_11303261.jpg








by takibiyarou | 2017-07-29 11:21 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/25099157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 散歩、途中、大雨      セラの行きつけ >>