木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 04日

スマートキーは大変です

2017-12-05


先日から山荘のオートロック化など

鍵関係を少し調べたりしています、そんな折ふと車のキーが心配となる

日ごろからそれほど防犯を気にする方ではないのですが

歳を重ねるほどに、記憶力・注意力に自信が持てなくなってきました

先日も、セラと散歩して帰ってくると、リードに取り付けていた家の鍵(ICタグ)が無い

幸い予備を持っていましたので、支障はありませんでした、が、それでも、鍵をなくすのは困ります

以前、私が留守の時、家内が鍵をなくしたと

仕方ないので、お隣さんに入れてもらってベランダの柵を乗り越え

ガラスを割って、何とか入れたことがありました、後始末が大変です

そこで、家の鍵は予備を準備するようになったのです、が

車のキーはどうでしょう

今の車のキーは昔と異なり、スマートキー

簡単にスペアキーが作れません、かなりの高額となってしまいます

そして、JAFさんに頼んでドアのカギを開けてもらったとしましても

スマートキー無くしては、エンジンをかけることができません

レッカーで車をディラーまで運ばなければなりません、これはおお事!!

現在、車購入時に貰ったスマートキー2

一本は万が一を考えて、お山に置いてあります

しかし、お山以外でスマートキーをなくした場合、万事休す

そこで、ディラーさんからちょっとお知恵を拝借いたしました

スマートキーには、電子キーの他にメカニカルキーが仕込まれています

電池交換時に金具部を抜くのですが、この部分がメカニカルキーとなっていて

このキーでドアを開けることができるのです

しかしこのメカニカルキーでは、エンジンをかけることはできません

そこで、予備キーとしてはこのメカニカルキーをあらかじめ抜いておき

一本はお山に、あと一本は自宅に保管

メカニカルキーを抜かれたスマートキー本体を「電波遮断容器(アマゾンで¥288にて購入)」に入れて、車内に保管

(電波を遮断しておかないと、ドアの施錠ができませんし、だれにでもエンジンをかけられてしいます)

d0082305_00390532.jpg

これにより、キーをなくしても何とかエンジンをかけ、戻ってくることが可能となるはず

通常は、メカニカルキーを抜かれたスマートキー本体を、キーケースに入れての使用です


かなり大変ですが、スペアのスマートキーを作るより


安上がりではあります



鍵を


無くさなければ


いいだけなんでしょうけど、ね



d0082305_06030873.jpg

あまりに味気ないので

冬のお山を

早く行きたい



by takibiyarou | 2017-12-04 12:55 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/26202332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 山欠症候群      セラの一人散歩阻止計画 >>