2009年 04月 17日

一  滴  の  墨  色

「森に滴らしこまれた、一滴の墨色」

朝露に濡れた森に一滴の墨を垂らすと、墨は滲み広がってゆきます

どこまでが森でどこからが墨色なのか、判然としないファジーな存在

そんな山荘でありたいと

こんな想いで今回のリホームをはじめました

そこにはたくさんの想いと、幾つかの企てがあります

■踊り場空間
我が山荘は1.5m位の高床式です
なので、まづはこの高さまで上らなければなりません、それはそれでいいのですが
もう少し歳月を重ねていくうちに、少ししんどくなるのかも知れません
そこで、考えたのが踊り場空間、各部屋を階段の途中の踊り場と見立てます
既存の山荘はほぼ真四角、その四角の左下にL形に「宴の間」と「キッチン」を増築する計画なのですが
森のアプローチから3段位ほど上がると、「外廊下」
その左には「くぐりのある大戸」、玄関と呼ばれる風除室です
靴脱ぎの敷台を一段上がり、上がり框をもう一段上がると「宴の間」と「キッチン」フロア
そして、「宴の間」の一間巾の階段を3段上がると、既存のフロア、薪ストーブのある「炎の間」です
この段階で1.5m位の高床を上がりきったことになるのです
また「外廊下」の右、1段上がって「屋根付きのデッキ」そこから勝手口を2段上がって「キッチン」へ
また3段上がると「炎の間」に通じます
少しずつ、いつのまにか上っているスキップフロアなのです
バリアフリーには逆行してますが、足腰の鍛錬にはよさそうです

■厨房回遊
我が山荘「猩壺庵」の中心はやはりキッチンです
今まではキャンプに等しいくらいのキッチンでしたが、なんとか増築してと考えました
そしてこのキッチンはまさに中心に位置します
「屋根付きのデッキ」に接し、もちろん「宴の間」とはオープンカウンターで接します、そして3段上がり直接「炎の間」にも繋がる仕掛け
お互いの気配を感じながら作業が出来ます

■外なる内、内なる外
森と同化するような「外廊下」から「屋根つきデッキ」、本屋根のデッキには腰壁もあり、チョッと東屋の趣です
屋根と腰壁、そして柱によって切り取られた森の風景、外なる内
風除室の大戸を開ければ森と一体になれますが、小鳥やリスに習い、くぐり戸からそっと巣入りいたします
「宴の間」の西壁、柱で仕切られた数面の大きなはめ殺し窓に切り取られた森、木洩れ日と共に、内なる外
腰壁だけで仕切りの無い「炎の間」は陰りの間です、その薄闇に揺らめくオーロラの炎、内なる外
そして、千本格子戸の奥「方丈間」、四畳半の琉球畳が敷かれ、三方を藁すさの土壁に囲まれた茶室風
その北側の土壁下部に開かれた「雪見の窓」
そこから見えるのは、唐松の根っこと真っ白な雪
その雪に兎の足跡など見つけたら、またまたお酒が進むでしょう、内なる外
そんな森との関わりを夢想しています

■温石(おんじゃく)ほどの暖かさ
厳しいお山の冬を過ごすために、「宴の間」と「キッチン」の床は二重床で、その床下には蓄熱暖房機がはめ込まれます
この床暖房はすでにハービーグ家で実証済みですが、今回は「宴の間」の床中央部に大きな「掘り炬燵」が切られます
ご予算の問題もあり小型の蓄熱暖房機ですが、お安い深夜電力で蓄熱し、24時間自然放熱されるものです
決して暖かいとまでにはいたらないでしょうけれど、それでも氷点下にはならないでしょう
後は薪ストーブで補助暖房、心もすこし温かくなるでしょう
ほんわかな人肌の温もりを期待です、温石ほどの暖かさ

■登り窯式
二重床に切られた「掘り炬燵」からの人肌の温もりが空間を暖めてくれます、その温もりはやがて間仕切りの無い「炎の間」へと上ってゆくでしょう、そして、吹き抜け二階の寝室へと伝わります
千本格子戸の隙間から奥の「方丈間」にも、暖かさが伝わってくれるとありがたいですが

■魔法瓶
そんな僅かな、貴重な暖かさを保持するために、家全体を真綿で包みます、外張り断熱
そしてツインガラスの窓、できるだけ高価な寒冷地仕様のサッシュを減らす為、はめ殺しの窓を多用する予定です

■酒蔵
なんといっても猩壺庵の要は酒蔵、キッチンの奥に一坪の冷蔵庫を作ります
と言っても電気冷蔵庫では有りません、ただ暖房のない倉庫、それだけなんですがね
現在和室を食料庫として利用しているのですが、これがすこぶる便利
なので今回は専用の冷蔵庫を用意します、猩壺庵の天然ワインセラーです

■木陰
木洩れ日と戯れ、木陰に安らぐ
そして闇に揺らめく炎に酔う
そんな「光と蔭り」を楽しめる空間でありたいものです
そして外観はモノトーンで統一され、森の木陰と同化してもらいましょう

決して目立ぬように心がけ

森に滴らしこまれた、一滴の墨色に




こんな想いでいますけれど

さて

どこまで実現できますやら







猩 壺 庵---完成後の検証として----



一滴の墨色
d0082305_124069.jpg

アプローチ
d0082305_1232433.jpg

d0082305_1233571.jpg

デッキ
d0082305_1234754.jpg

d0082305_1235241.jpg

くぐり戸から玄関
d0082305_13273324.jpg

宴の間より玄関
d0082305_1244996.jpg

宴の間
d0082305_1245388.jpg

d0082305_13175760.jpg

炎の間
d0082305_125324.jpg

d0082305_638416.jpg

d0082305_125565.jpg

炎の間より勝手口
d0082305_12525754.jpg

千本格子と茶室
d0082305_1255264.jpg

d0082305_13312574.jpg


by takibiyarou | 2009-04-17 11:04 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://komorebit.exblog.jp/tb/9608402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-08-11 08:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by takibiyarou at 2012-08-13 09:26
cimarronさん
改築前は夏仕様の別荘でした、それを家内と二人でDIYでなんとか冬も凌げるようにいたしました
しかし、設備系統の老朽化が進み、全面の改装となりました
家全体を外から断熱材で包む工法で可成り断熱効果のあるうちに出来ました
非日常の空間ですので、なるべく常識的な考えを封印してやってみました
なかなかいい空間となったと満足しております
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 定 額 給 付 金 は 薪 代 に      小 屋 組 み >>