木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お酒にまつわるお話( 10 )


2013年 02月 11日

菰かぶりの

13-2-11

食べ過ぎ、呑み過ぎのお腹を何とかせねばと思い立ち

今日は朝から、薪づくり

改装前の内装材を細割にして炊きつけ用

そして、ゴウ介家から頂いた、菰かぶりの二斗樽をひん剥いて

木っ端入れ

樽は灘の生一本、白鶴

菰かぶりをひん剥くと、発泡スチロールの上げ底出現

お尻のすぼんだ樽にスチロールの胴巻き回してあります
(上げ底ではなく、運搬時の破損防止の緩衝材)
これにより、末すぼまりの樽が縁起物の末広がりに
d0082305_109552.jpg

江戸時代、上質の上方のお酒は下り酒と呼ばれてたいそうです
なので上方以外は「下らない」・・・
そのため、大量の酒樽が菱垣廻船、酒荷運送専門の樽廻船で江戸に運ばれました
この船旅により、スギ樽の香りがほどよく移り樽熟成も充分に進み、より旨さも増したようで
そのまま上方に逆戻りした樽もあったとか
これを「戻り酒」と称して、たいそう珍重されたらしい
この頃には、樽のサイズも大きくなり、四斗樽(72リットルサイズ)となりました
樽が大きくなれば困るのが樽の破損
破損を防ぐ目的で、酒樽に菰(こも)を巻き付けたのが、菰樽(菰冠樽:こもかぶりたる)の始まりとか
菰には、他の銘柄と区別するために、各銘柄の特徴をあらわしたデザインが描かれました
菰樽は酒蔵や料理店での店頭に置かれ、銘柄をアピールするツールとして使われています
d0082305_1041720.jpg






にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2013-02-11 10:02 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(2)
2011年 10月 02日

燗 酒

朝晩はかなり冷え込みます
お山もいよいよ本格的な秋に突入でしょうか
緑の濃い高原の夏もそれはそれは良いのですが
やはり、これからのシーズンが最高かもしれません


落葉松の小さな木の葉は黄金色に染まり

寒風に舞う

幹を這うツタ漆は真赤に紅葉し、陽に煌く

ただ、薪の爆ぜる音


そんな季節には、やはり、燗酒がいいですね

酒盗なんぞをあてに、一杯やりたくなってきます

しかしお酒を暖めて飲むこの「燗酒」

日本だけの文化かもしれません

<お酒にまつわるお話・・・その6>

世界に冷やして飲むお酒は数ありますが
暖かくして飲むお酒は中国の老酒で有名な「黄酒」(huáng jiŭ ホアンチュウ)と日本酒位ののもらしい
そして、なんにでもトコトンこだわるのが日本人
一言に、「」と言いましても
その時候、心持ちいかんでその度合いも変わります

飛び切り燗(とびきりかん) 55度前後

熱燗(あつかん)        50度前後

上燗  45度前後

ぬる燗  40度前後

人肌燗  37度前後

日向燗 (ひなたかん) 33度前後

また

涼冷え(すずびえ) 15度前後

花冷え 10度前後

雪冷え 5度前後


だそうです

d0082305_9191779.jpg

日本人に生まれて

よかった



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-10-02 09:20 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(6)
2011年 09月 21日

む ら さ め

台風の影響でしょうか
かなり強い雨です
ノエルもお散歩を早々にきりあげて帰るといいます
ここらあたりは、明日が真っ只中でしょうか
このぶんですと
台風一過のお山に行けそうです
この台風での大きな被害が無ければいいのですが・・・

ブログねたの無いときは

お酒にまつわるおはなし - その5

醸造学の権威、東京農業大学教授の小泉武夫氏の著書の中で
江戸の酒合戦のお話がある
酒豪を自負すグループが繰り広げる酒量の競い合い
成績は、6升5合だとか7升5合だとか・・・
しかし、この記録、いくらなんでも凄すぎる

小泉武夫氏の説明によりますと、どうもかなり薄められたお酒らしい
この頃は造石税といいまして、造った酒の量によって税をかける
それなら水分を少なくアルコール度の高い酒をつくり、あとで薄める方が得
すると樽廻船、問屋、小売と順番に薄まってゆく
このあたりはアウンの呼吸だったとか
消費者の手元に届く頃、アルコール濃度は四分の一にまで落ち、4ないし5%ほど
これ以上薄めるとさすがに分かったといいます


こんなお酒、「むらさめ」と呼ばれます

南総里見八犬伝

持てば人を切りたくなるあの妖刀「村雨」

抜けば玉散る氷の刃

その切れ味の良さかといえば

そうでなく

呑んで酔ったとしても 「村」 に帰り着くころには 「醒め」 てしまっている

そんなお酒 


   「むらさめの名のごとく、新川で多く居酒いたし候(そうらえ)ども

   余、村へたどり着くまでに酔い心地ははや醒めたり」


だそうな

d0082305_636286.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-09-21 06:36 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 14日

泥 酔

まだまだ残暑が厳しいですねー
お仕事も何とか最終版を迎えておりますが
先日は12時過ぎの帰宅
それから睡眠薬代わりの晩酌
暑さと疲れで、お酒の廻りも格別です
気がつくと、リビングで朝を迎えておりました・・・

そんな
お酒にまつわるお話-その4(かな?)
相変わらずお山に来ると、森の猩々たちとお酒ばかり呑んでおります
それでも最近では年のせいでしょうか悪酔いするほど呑めなくなりました
猩々に或まじきと言われそうですが
そんな私も若さゆえのお酒の失敗は数知れず
友人たちと呑み歩き、どうやって帰ったのかも知れぬまま、ふと目を覚ませば
そこはアパートのドアの外
ドアノブに手をかけたまま、おやすみでした
そんな泥酔の経験も豊富です
さて
この「泥酔」、
ドロのようにドロドロになる状態かと思っておりましたが
どうもそうではないらしい
この泥、泥は泥でもこの泥は
中国の唐の時代の「異物志」という書物に載っているお話らしい

南の海に棲むと信じられたいた架空の生物
グニャグニャした骨の無い生き物「デイ」のこと
時たま、海面に向けて泳ぎ出すに従いとても元気に動き始めるが
ひとたび地上に打ち上げられれば、情けなくも、のたうちまわる
その様は、まさしく、呑み過ぎて、苦し紛れに暴れまわったあげく、
泥のようになって固まった酔態に似ていることから来たらしい

他に、杜甫の詩の「酔如泥(酔、泥の如し)」
からとの説もあるらしい

お酒は美味しく呑みませう

d0082305_8311936.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-09-14 08:31 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 15日

上 戸 と 下 戸

土踏まずは相変わらず悲鳴をあげっ放し
でも、昨日は久しぶりにお休みが取れました、お仕事場が全館停電
それで、お休みできる事になりました

朝からお風呂
ぬるめのお風呂に浸かり、土踏まずをマッサージ
足裏マッサージに行こうかとも思いましたが
日曜日、どこでやっているのか分かりません
それに、出かける気力も失せています
ダラダラの日曜と決めました
出かけるのは、ノエルとのお散歩だけ
お昼前から、呑み始めてしまいます、チビチビと
土踏まずをマッサージしながらチビチビと
こんな酒好きな私です
すでにアル中かもしれませんね
でもまあ、こうしてお酒で疲れを癒せるのもありがたいことです
下戸の方はまた別の他の楽しみがおありなのでしょうけど
私のような無類の酒好き「猩々」に取りましては、想像すら難しいことなのですが

ところで
お酒にまつわるおはなし - その3

全くお酒の飲めない方もおられます
アルコールを分解する酵素の働きの問題と聞いておりますので
無理にお薦めはやめましょう
私の古い友人にも、普段は一滴も飲まないお酒を、たまたまの同窓会での
気分に押されて飲んでしまい、そのまま・・・・

そんなお酒の飲めない方を
「下戸(ゲコ)」 といいますね
反対に酒好きを「上戸(ジョウコ)」
それは701年に発令された「大宝律令」に発しているとも言われているそうです
「大宝律令」の家の制度で、一戸に6人以上の成人男子がいる家を上戸、3人以下を下戸と表した
それが、『庶民婚礼 上戸八瓶 下戸二瓶』というように、婚礼の時に出す酒の量の目安となったため」との説

もう一説

中国、秦の始皇帝が行った一大事業が、万里の長城の建設
上戸と下戸、もともとは始皇帝が万里の長城を防備する兵士のうち、寒い山上の門(上戸)を守る者には寒さをしのぐために酒を
人の出入りの激しい平地の門(下戸)を守る者には疲れをいやすために甘いものを与えたことから生まれたといいます
それが、次第にお酒が飲める人を上戸、飲めない人を下戸と表すように変化し、私たちの日常言葉として定着したとの説


どちらにしろ

笑い上戸に

泣き上戸

あまり人に迷惑はかけないように、楽しみましょう


d0082305_5262027.jpg




山 欠 を お 酒 で 埋 め る 盆 休 み
                             猩壺庵





にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-15 05:27 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 08日

左 利 き

なかなか
お山に行けそうにありません
お仕事関係の友人から協力依頼
横浜の某有名即席麺メーカーのミュージアム
お手伝いさせていただいております
工事は最終段階なので、手が抜けません
しばらく、お休み取れそうにありません

そんな時
現場で大工さんのお仕事を見ていますと
変な事思い出してしまいます

お酒にまつわるおはなし - その2

わりに知られたお話ですが
お酒呑みのことを「左利き」とか申します

これは
大工などの職人、または彫刻をする人など、ノミを使う人達の間から
生まれたと言われています
これは勿論、右利き左利きの意味とは別に酒呑みのことを指しています

ノミで木や石を削るときは普通左手にノミを持って削るものにあてがい

右手に持ったかなづちでそのノミの上を叩く作業をします

つまり左手は「ノミ手」であり、それを「呑み手」としゃれて

呑み手は「左利き」

酒呑みのことを「左利き」と言うようになった、そうな


それではもう一つ

酔っぱらって同じ事をくどくどと喋り続け事を

「くだをまく」

これは竹管に糸を巻く作業からきた言葉と考えられています

昔、機織りをする際、糸を竹の管にまく管巻きの作業は

同じ事を繰り返し行う作業だったことから

同じ話を繰り返し喋る、酔っぱらい・・・


d0082305_5233752.jpg



ああ、

森のデッキで

一杯やりたい・・・・


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-08 05:37 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 29日

富 士 見 酒

お酒にまつわるおはなし - その1

先日読んだ小泉武夫著  「酒 肴 奇 譚」 の中で江戸期のお酒の輸送として菱垣廻船(ひがきかいせん)、樽廻船(たるかいせん)などに触れた部分があり、興味を惹かれましたので、追加検索してみました

富士見酒(ふじみさけ)

富士山を眺めながら露天風呂にて飲むお酒、もなかなか良いものでしょうけれど
ここでいう「富士見酒」とはちと違います
勿論、ノエルの森のある富士見町で醸されたお酒のことでもありません

下りもの
江戸の頃、灘、の上方のお酒は非常に上質で美味しいとされ
大消費地の江戸に下って送られてきました
これを「下り酒」と呼びました、そうな

(反対に上方以外のお酒は「下らない」お酒といったそうです)

なかでも新酒が杉樽に入れられ、馬の背に揺られて運ばれますと
その揺れ具合で樽熟成が進み大変美味しくなると
そして東海道を富士山を見ながら下ってきたことから
「富士見酒」とも呼ばれ、持て囃されたそうです
また後には垣廻船(ひがきかいせん)、樽廻船(たるかいせん)で運ばれるようになりますが
せっかく運んできた樽を江戸では降ろさず、そのまま上方へ戻すこともあったようです
スギ樽の香りがほどよく移り、樽熟成も充分に進む
これを特に「戻り酒」とよんで珍重されたそうです

d0082305_5504081.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-07-29 05:51 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 06日

猩 々 た ち の 森

08-9-6

昨夜遅く森に着き
散歩の後、また呑んでしまいました
夜中のゴウ介家で
泡盛をしこたま、

こんな酒好き、まさに「猩々」ですね

「猩々(しょうじょう)」は中国伝説の霊獣、妖怪?、人の言葉を話す猿に似た酒の守護神、無類の酒好き

むかし潯陽(しんにょう)の傍ら金山に夢のお告げに従い酒売りとなった孝行者がいたそうな
その店に毎日やってきては酒を呑むが、一向に顔色も変えぬ不思議な客に素性を訪ねれば
海中に住む猩々、と告げて立去るのです

酒売りが、樽に酒をいっぱいに詰め猩々の住むという潯陽の江に現れます
酒の神にたっぷりと呑んでもらおうと、重いお酒を背負って来たのです
やがて旨そうな酒の匂いに誘われて、猩々が現れます
童子のような姿に真っ赤な髪、無邪気さと神々しさとを併せ持つ霊獣
酒売りは酒を注ぎ、猩々それを呑み干します
酒売りの感謝の酌に酒が進み、さすがの猩々も少々ふらつきながらも舞(乱)を舞います

猩々は酌めども尽きぬ酒壺を酒売りに与え、去ります

d0082305_16351782.jpg


能、歌舞伎で有名な「猩々」、「寿猩々」です

能では舞台正先に大きな壺が出されます

「猩々壺」




d0082305_13374167.jpg



よも尽きじ よも尽きじ よも尽きじ

万代(よろずよ)までの

竹の葉の酒

掬(く)めども尽きず

飲めども変はらぬ

秋の夜のさかづき

影も傾く入江に枯れ立つ

足元はよろよろと

酔いに伏したる枕の夢の

覚むると思えば泉はそのまま

尽きせぬ宿こそ

めでたけれ


       謡曲「猩々」より



壺中天 もそうですが、壺とお酒にまつわる不思議なおはなし

こんな壺が欲しいですね

あるのは破壺だけですが

猩々たちの森、わが山荘


「 猩 壺 庵( しようこあん)」とでも

呼びますか












by takibiyarou | 2008-09-06 10:01 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 05日

竹 林 の 七 賢

今夜からお山です
そして明日の夜は友人のライブ
八ヶ岳に住まう打楽器奏者の長屋和哉氏の夕食とお酒付きの野外コンサートです
また旨いお酒が呑めそうです
お酒の話ばかりですね
そういえば、八ヶ岳の麓、白州に「七賢」 という銘酒あり

なかなかのお酒です
勿論「竹林の七賢」からの銘名でしょう

中国・魏(三国時代)の末期に、河内郡山陽の竹林で酒をくみかわし
清談を行なったと伝えられる七人の自由人たち
阮籍(げんせき)・ 阮咸(げんかん) ・嵆康(けいこう)・ 王戎(おうじゅう)・ 向秀(しょうしゅう)・ 山濤(さんとう)・ 劉伶(りゅうれい)
の七人らしい
実は、この七人、少し時代が違い酒を酌み交わすわけにはいかなかったようですが
それは置いておいて
世俗を離れ、酒を酌み交わすのは実にうらやましい限りです
森でお酒を呑む事は、それほど愚考ではなさそうです
少し安堵
そういえばこんな歌もありました

    古の七の賢しき人たちも欲りせし物は酒にしあるらし

                     大伴旅人 万葉集より

d0082305_6463983.jpg


やはり森で友人と酌み交わすお酒は最高ですね

あの李白

    両人対酌山花開
    一杯一杯腹一杯
    我酔欲眠卿旦去
    明朝有意抱琴来


花咲く森で酒を酌み交わす

一杯そしてまた一杯

酔ってしまってもう眠い、君ももう帰れ

そして明日、又来いよ

by takibiyarou | 2008-09-05 07:00 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(0)
2006年 11月 28日

壺 中 の 天

この所、お仕事がピークに差しかかるため、森に行く時間が取れそうにありません
それは大変寂しいことです、しかしそれでお酒の機会が減った訳でもありませんが
お酒はやはり山荘での宴が一番のようです

そんなお酒好きの私は、どうも壺好きでもあるようです
お酒が入っていなくとも壺をみるとついつい覗き込み、ついつい触ってしまいます
壺にはお酒がつきものだからでしょうか

そんなお酒好きの肴になりそうなお話

「後漢書」に「壺 中 の 天」という故事があるそうです

中国は後漢の時代、汝南(じよなん)の市場に薬を売る老人がおりました
この老人、実は「壺公」(ココウ)という仙人で天界での不祥事の罰として俗界に落とされていたのでした
「壺公」は日が暮れると店先に置いてある壺の中に入っていきます
どうもその壺を住まいにしている様子
それを楼上から見ている役人がいます、名を費長房(ひちようぼう)というこの役人
毎夜老人の入っていく壺の中を見たくてみたくて仕方ありません
ある日、費長房は老人に頼み壺の中に入れてもらうことになりました
なんと、壺の中には宮殿や何重もの門があり美酒佳肴(かこう)が並んでいる別世界
やがて費長房はこの壺中の世界に魅せられて、壺公の下で仙人の道を学んだといいます
費長房の気持ちがよーくわかります、摩訶不思議な、羨ましいお話です
d0082305_6302946.jpg

                               壺ならぬ
                               信楽の花生

そんなことから「壺 中 の 天」は別世界のこと
意味転じ、お酒を飲む楽しみ、ともなったようです

有名な骨董商の「壺 中 居」とか、お茶室の「壺中庵」また「壺 中 の 天」という名の旅館だとか多くありますが
みな楽しみを秘めた隠れ家的なニュアンスですね


私もそろそろ壺の中へ帰りたくなりました

美酒佳肴の待つ、壺の中へ

by takibiyarou | 2006-11-28 06:30 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(0)