木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:八ヶ岳( 750 )


2017年 07月 29日

散歩、途中、大雨

17-07-29

昼食後、お昼寝

セラに起こされる

お散歩らしい

行きますか


はなちゃん家の近くまで来ると、ピアノの音が
はなちゃん来られているようですね
お寄りしてみます
大きな赤松やらカラマツを伐採した、はなちゃん家の森は
かなり明るくなっています
肩身の狭い思いをしていた沢山の白樺たちが
気持ちよさそうに、日を浴びています
セラの気配を察したはなちゃんが、盛んにアピールしています
お久しぶりのご挨拶して
ご一緒にお散歩出かけようとしていますと
急に、雨・・・
空を見上げているうちに、勢いを増す雨足
はなちゃん家のデッキに、急遽避難
雨は嫌いではないけれど
この雨脚にはなすすべなし
恨めしそうに雨を見ているワンコたち
セラも、帰ろうよ、のアピール
お散歩は諦めて、傘お借りして帰りますか
d0082305_15273304.jpg




by takibiyarou | 2017-07-29 15:23 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

靄に吸い込まれる森の木々

17-07-29

昨日から森にいます
いつもなら下山しているはずのお向かいさん
下界の暑さに、早々に帰って来られたらしい
梅雨あけしてから、雨続き
でも雨は嫌いではありません
森の引き篭もりの私には、ちょうどいいかも

昨夜は早くから床に入りましたが、良く眠れました
それで、3時頃に目が覚めて
仕方なく、ipadでビデオ見て過す

屋根を打つ雨音が少し変わってきたよです、樹雨
雨は上がったのでしょうか

デッキに出てみると
森は雨上がりの靄の中
朝食の準備していますと、セラもノコノコ降りてくる

一面の靄は森をすっぽりと包み込み、樹雨の音だけ
県境の路に出るが、セラはなぜか下路に
下から一回りしますか
葉を広げたワラビの新芽だけを少し摘む
でも、一食にも足りそうにない
また後で、摘みにこようか
ホタルブクロの名残り花
靄に吸い込まれる、森の木々

食後には
先日頂いた、パッションフルーツ
甘酸っぱい香りが口一杯に広がる
爽やかです!!

d0082305_11372707.jpg
d0082305_11301603.jpg
d0082305_11302837.jpg
d0082305_11303261.jpg








by takibiyarou | 2017-07-29 11:21 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 16日

甘酢漬け

17-07-15

暑さのせいなんでしょうか
やけに酸っぱい物が欲しくなる
『夏みかん』が頭から離れない
すると、いつもの信金の前の小ちゃな果物店を思い出す
ほんの二坪ほどの出店なんです
行って見ますか
車で出かけるも、やはり、スーパーの方がある確率が高いような気がする
信号の都合も相まって、通過
そのスーパー、グレープフルーツはあるが、夏みかんは無し
しかしもう口は『夏みかん』
仕方なく、別のスーパーへ
されど、やはりグレープフルーツ・・・
仕方なく、ぐるっと回って信金前の小ちゃな果物店へ
あるではないですか『夏みかん』

そんな酸っぱい欲求がまだ続いております

お山に来て、早速作りましたキュウリのピクルス
いえ、キュウリの甘酢漬けと言った方がいいかも知れない
キュウリ、セロリ、オクラにミョウガ
さっと湯がいて、熱々の甘酢に漬けるだけ
甘酢は梅酢を半分いれました
余熱をとって冷蔵庫、蒸したタコも入れました

鬱蒼の森のデッキ、味見で一杯
冷えた甘酢漬けに、冷凍しておいた鯖山椒
好物、蒸しタコのぶつ切り
もちろん、お酒は五年物の四十度

締めは

冷たく冷やした

お素麺
d0082305_19272968.jpg

d0082305_19274091.jpg





by takibiyarou | 2017-07-16 10:56 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2017年 07月 15日

もう直ぐ始まる、かな

17-07-15

昨日の雨も上がり
朝からの晴天
部屋に居ると、すこし寒い
作務衣の下に長袖を着込む
セラは勝手口で既に待機
お散歩しますか
木々のシルエットの背景の青空にかかる、真っ白な雲が印象的
すでに葉を茂らせた、ワラビの新芽を少しだけ摘む
ワラビのお浸し、一人前
連休とあって、ほとんどのお宅に車が停まっています
賑やかになりそうです
路端のホタルブクロが目につきます
白に近い薄手のもの、ピンク色、そして濃い紫色
色んなホタルブクロが咲いています
今年は、ホタルブクロの当たり年かもしれません
そお言えば蝉しぐれが聞こえない
ハルゼミの蝉しぐれは聞いたのですが
夏ゼミはまだなんでしょうか
と思っていましたら
見つけました
羽化直後のセミ
まだ淡い緑色を残した羽を乾かせているのでしょう
もう直ぐ始まる、かな
蝉しぐれ
d0082305_19244457.jpg
d0082305_19250553.jpg

d0082305_9541850.jpg
d0082305_19252899.jpg





by takibiyarou | 2017-07-15 10:23 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 18日

吞み込まれた山荘

17-06-17

鬱蒼の森に呑み込まれたわが山荘を、確認
5月の連休以来の森
前の道からはすでに山荘の姿は見えません
先年森のアカマツを20本位伐ったのですが
明るくなるどころか、今まで大木に日の光を奪われていた
低層の灌木が大きくその枝葉を伸ばし、今まで以上に鬱蒼感を増しています
今まで借景として楽しませていただいていた隣地の森に
ついに売地の看板が立ちました

この鬱蒼感はありがたい

d0082305_06582250.jpg
d0082305_06584297.jpg
d0082305_06590416.jpg
まだ明けきらぬ森の散策のあと
冷凍庫を漁り何とか朝餉
お向かいさん家の雨戸が閉まっています
ご旅行でしょうか

さあて、今日は

少し早めに町まで下りて

セラのワクチン接種


鈴なりの山椒の実、確認







by takibiyarou | 2017-06-18 07:01 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 04日

お散歩の途中Y家から

17-05-03

目が覚めると森はすでに薄明り、午前4時過ぎ
明るくなるのがずいぶんと早くなりました
セラはすでに勝手口でお散歩待機
県境の山路をあがってゆくと
薄明りに浮かぶ森のシルエット
この明るさで山菜探すには、少しばかり無理がある
あきらめる
ぐるっと地区を一周して回る
ほとんどの家の前に車が見えます
お知り合いの方々も皆さん、いらしているようだ
d0082305_05384405.jpg
お向かいさんのデッキで何やら音がする
そっと近づいてみますると、リスがクルミをかじっています
三匹のリスがやってくるそうですが
我が家の「ほんてんくん」と「してんちゃん」かもしれないと思っていましたが
顔がずいぶんと黒いリスです
どうやら我が家のリス達とは別の個体らしい
d0082305_05383264.jpg
ノエルの森の木々の芽吹き

そしてお花たちを見て回る
d0082305_05384298.jpg
d0082305_05384034.jpg
d0082305_05383836.jpg
d0082305_05383641.jpg
d0082305_05383447.jpg

お昼のお散歩の途中Y家からお声がかかり
お客様とのデッキ宴に参加させていただきました
デッキでBBQ&山菜の天婦羅をごちそうになり
温泉から帰ってきたゴウ介家も合流して、にぎやかな宴となりました
その時に、Y家から薪ストーブを設置したいとのお話
ちょうど上手い具合にゴウ介家も薪ストーブの大型化を検討中
吹き抜けの大きなゴウ介家では今のストーブでは少しカロリー不足気味
しかし、吹き抜けのないY家なら最適の大きさかもしれません
ストーブ移設計画のスタートですかねー
ちょうど今宵はリンケンさんをお呼びしての宴
相談してみることになりました
さて、そろそろ我が家の宴の準備でもはじめますか、ね








by takibiyarou | 2017-05-04 05:47 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2017年 05月 01日

散歩の収穫、初わらび

17-05-01
森に来ています
ずいぶんと更新をさぼっておりましたが
当方になんの異変があったわけではなく、ただ単に、さぼり癖がついてしまっただけであります
やっと顔を出してきた蕗の薹も四月の雪に覆われてしまいましたが
その淡雪もさらりと溶けて、一年分の蕗味噌となりました
d0082305_07323085.jpg
4月1日春の雪

下界の桜は花粉のために避けておりましたが、そろそろお山のお花
ノエルの森の豆桜にも花がちらほら

昨日は、朝から薪積み・・・
朝、歯を磨いていましたら、目の前の窓の外に異常発見
なんと、デッキ横の薪棚の薪が、崩れているではありませんか
手を抜いて積んでいましたのは確かですが、まさか崩れるとは思いませんでした
仕方なく、一度すべてを下して今度は手を抜かず、井桁積み
朝から汗だく
ひと風呂浴びて今度は町の獣医師でセラの予防接種、診察では17kgだったはずのセラの体重
2kgオーバーの19kg・・・
そのほかの健康状態は異状なく接種完了、フィラリアの予防薬(なんと一万円!!)いただいて帰宅、しかし当日はGWの幕開けの日曜日
帰ってきたのはお昼すぎ

焼きそばなどこさえて、森のデッキで昼から、一杯


本日、目が覚めると、朝3時半
森はまだ闇の中ですが、森のあちこちに灯りが見えます
にぎやかなGWになりそうです

シーズン最後の薪ストーブに火を入れる

それほど寒くはないのですが、家の中は肌寒い

朝食の準備を終えるころには、森は明るくなっています

歩いてきますか

セラは予防接種後なので、軽いお散歩

県境のいつもの山路

ありました、まだ小さなちさなワラビが顔を出しています

早速いただいて帰りますか

散歩の収穫

初わらび

d0082305_06342721.jpg

d0082305_06340868.jpg








by takibiyarou | 2017-05-01 06:38 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 08日

7日のお粥

2017-1-7

昨日までは穏やかな、暖かい日々が続きましたが
今朝は、かなり冷え込んでいます
気温-7℃
焚きっぱなしのストーブの為か、室温はそれほど下がってはいません
夜中に起き出してみますと、ストーブには僅かに熾きが残っている程度
それでも、それほどの寒さは感じません
薪を追加していますと、セラがのこのこ起きて来ます
そして勢いを増したストーブの前を陣取り、うたた寝
私も、ストーブの温度が上がるのを待つ間、毛布をかぶってうたた寝
セラは、むっくりと起き上がり
ちらりと私を振り返り、再び二階へと上がってゆく

ストーブが巡航運転に入ったのを見定めて、ダンパーを閉めて
私もセラを追う

次に目を覚ますと、すでに森は明るくなっています

セラも起きて来て、お散歩の催促

仕方ありません
炊きかけたお粥の火を止めて
お散歩に出かけます

昨日とは打って変わり、寒さが頬を刺す

本日下山の予定

散歩から帰り再びお粥を火にかける

七草粥といきたいところなんですが

お正月の残り物しか有りません

野沢菜を刻み、お出汁を加える

残り物の御節とふろふき大根

食べきりました

大汗かきながら、お正月の締めくくり



洗い物、お掃除、洗濯

念入りに、水抜き・・・

そんなに急いで、下山する必要はないのですが

下山すると決めると

なんだか落ち着きません

今から出ますと

お昼過ぎには帰宅できそうです

d0082305_1462216.jpg



スマホやらipadから更新していましたが
PCで確認すると、写真が横向き???
慌てて修正・・・











by takibiyarou | 2017-01-08 14:03 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 03日

大ジャンプ

2017-1-3

朝から、御節の残りで呑んでます

朝のお散歩はゴウ介家と一緒
のはずでした
ところが、事もあろうにセラが縄抜け
鹿の気配を追って、あっという間に姿は見えず
鹿の警戒音にも似た、声が県境を越えて聴こえてくる
困ったものです

仕方なく、ゴウ介達と
一回り

うちの前で、待っていました
息を切らせながら・・・

ストレスはすこし解消できた様です

だらだらと呑んでいましたら
すぐ前方の細い木の枝に、してんちょん
珍しいです
写真を撮ったその直後
なんと、窓に向かって大ジャンプ、!!
上手く餌台に着地して、朝ごはん

今までにこんな事無かったです

果たして同じ『してんちゃん』なのでしょうか???

疑問は残ります

d0082305_7404628.jpg

d0082305_7405353.jpg


by takibiyarou | 2017-01-03 14:51 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 03日

朝焼けの森

2017-1-2

昨日転んで打ったのでしょうか
身体中が、痛い・・・
暗いうちから起き出して、膏薬を貼る
少しだけ空が白んで来ましたので
お散歩

ゴウ介家の前を過ぎて、県境の谷に向かう
白んで来た空に
モノトーンの樹々が浮かび上がる
冷え込みもそれほどではない
しかし、手袋を外してシャッターを押す手が痛い

ぐるっと回っての帰り道

振り向けば

朝焼けの森

帰って、熱々のお雑煮、頂きますか

d0082305_743988.jpg

d0082305_7424116.jpg


by takibiyarou | 2017-01-03 09:21 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)