木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

名 刺 と 肩 書 き

私の机の引き出しにはたくさんの名刺の箱が積み上げられています
別に名刺のコレクションをしている訳ではありません
勿論全部私の名刺です
私のように、次から次に色んなプロジェクトでの仕事をしていますと
どうしても溜まってくるのです
そして、自分の名前の記されている物を、捨てるのも憚られ
次第に積みあがってゆくのです
「名刺」と言えば阿部公房の短編にありましたね
ある日、男が名刺をなくしますが、その名刺はその男に代わって存在し働き始めます
そうなると、その男はいったい何なのでしょうか
名刺は名前が書いてあるので自分の証明が出来ますが、名刺を失った男は自己証明すら出来ません
名前を失った男は存在すら出来ないのです
荒唐無稽なお話ですがなんだか凄くリアル

今日も次のプロジェクトでの打合せなのですが、新しい名刺が間に合いません
仕方なく、前の名刺を差し出し愚だ愚だと言い訳せねばなりません

私が会社員を辞め、自分で名刺を作らねばならなくなった時 、色々と考えあぐねました
出来るだけスッキリとした名刺にしたかったのです
参考にしようと名刺のファイルを開けますと、色んな名刺が出てきます
社名のほか、キャッチフレーズまで入ってるもの、業務項目がほとんど書き並べてある名刺
名前以外はほとんどカタカナの名刺、写真付き、手漉き和紙を使ったもの、中には名前だけの物もあります
一番笑うのが、元何々とか前云々の肩書きの有る名刺
こんなの見ると少し哀れになりますね
確かに肩書きによって相手の態度が変ってくる事もありますので、解らなくもありませんが・・・
私の場合、プロジェクト名、担当業務、事務所の住所、TEL、など連絡方法
これだけあれば事足りますが
しかし、どうしても肩書きのほしい人たちは多いようです
決定権のあるなしの判断も出来るので、あっても一向に構いませんけど

この肩書き、いったい何時ごろから使い始めたのでしょうか
調べてみますと、面白い事が判りました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは三人吉座、
ご存じ「三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)」大川端庚申塚の場
お嬢吉三が「春から縁起がいい」と、悦に入っている折柄、お坊吉三が登場、呼びとめる
こいつも盗賊  
何者か、と問われて

「こりやあ己(おれ)が悪かつた、人の名を聞くその時はまあこつちから名乗るが礼儀、こゝが綽名(あだな)のお坊さん
小ゆすり衒(かた)りぶつたくり、押しのきかねえ悪党も一年増しに功を積み、お坊吉三と肩書の武家お構いのごろつきだ」


また、鼠小僧のセリフのなかでも

「手前達(てめえたち)も直素直(すぐすなお)に貸せといふなら貸しもしようが
勾引(かどわかし)だと肩書をつけられたら二朱も貸せねえ(略)」

ともある


『セピア色の言葉辞典』 出久根達郎 著
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

辞書によると
1・ 氏名の右上に職名・居所などを書くこと。
2・ (名刺などで、氏名の右上に記すところから)地位・身分・称号などをいう。
3・ 犯人・容疑者などの前科


いずれにしても

あまり肩書きの多いのも考え物のようですね


d0082305_921128.jpg


コムラサキシキブ

by takibiyarou | 2007-10-31 07:54 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 30日

船 上 の 宴

一つのプロジェクトが終わりました
今回は全国的な大型のプロジェクトでしたので、その打ち上げもチョッと豪勢
船上の宴となりました
お台場の青海埠頭から乗船し東京湾のクルージング、その間、船内でのパーティーです
夕方から雲行きが少し怪しくなり、出航の時には霧雨
船内ではすでに、ボサノバの演奏が始まり、宴もたけなわ
船上の宴はなんとなくレトロな雰囲気を持つのは何故でしょうか
d0082305_16431414.jpg

デッキに出てみますと、それほど雨も気にならない位です
ワイン片手に、話が弾みます
約半年間、一緒に苦労してきた仲間です
もうすでに、次の仕事で各地に散った仲間ですが、この宴のために集まったのです

いつもレインボーブリッジを通り、その夜景の美しさに感激し、その時だけは都会にすむことに感謝でした
なので、今度の企画に大賛成で楽しみにしていたクルージングです

しかし、乗ってみるとチョッと様子が異なります
夜景はやはり橋の上からの方が断然すばらしいようですね
雨のせいも有るのでしょうが、夜景の期待は少しはずれ
でも楽しみます、船上の宴
演奏も何時しかなつかしのJAZZとなっています
係りの女性が、ワインを持ってきてくれましたデッキまで
少し揺れますが、やはりここがいいですね
揺れと酔いとで写真場ほぼ全滅ですがいいでしょう
d0082305_16442364.jpg

このひと時、心に刻んでおきましょう

またどこかで会えるかもしれませんね

船はレインボーブリッジをくぐり、最後のターン

たくさん頂きました

おなかも一杯


船上の宴も、いいものですね

by takibiyarou | 2007-10-30 06:35 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 29日

妖 し の 響 き・稗の底

07-10-21
荷物をまとめ積み込みます、ノエルはいつものローテンション
下山を察知するとこうなります、車の中でもため息です

昨日お願いしておいた「カスタードロング」を頂に行きます、「稗の底」の「ぱん・パ・パン」
クロワッサンも美味しそうです、幾つか頂いて帰りましょう

今度家内が友達をこの「稗の底」に案内したいと言います、そこでもう一度路を確認しておきたいと
それならば、昨日の疑問をもう一度この際確認しておきましょう

森に入るとやはり、なにやら響きます、今度はなんだか「マーラー」のようです、いやミサ曲かも知れません
d0082305_6211988.jpg

はっきりと聞こえてきます、誰か、かなりのボリュームで聴いているのでしょうか
この、音源を調べてみましょうか
ノエルは盛んに森の奥へと進みます水の流れに沿って進みます
ミサ曲はかなりはっきりと聞こえてきます
しかし、それらしき人家はまるで見当たりません
それどころか、音源に近づくと音は逆に小さくなり、戻れば大きく響きます
かなり大きな音で聞いているようですが、その音源が見当たりません
音源に近づくと遠ざかる、逃げ水のようです
大きな流れの脇に出ます、これより奥には進めないようです、川を渡る術が無いのです
この対岸から音は流れてきているようですが、それでも人家は見えません
諦めましょう

もう一度帰って、「東出口湧水」の位置だけはもう一度再確認
やはり道からすぐの所です、間違いはありません
多分ゴウ介家も後で調べに来るでしょう、ずいぶんと納得できない風でしたから
と、この雑文書いていましたら、入りましたゴウ介家の報告が
やはり納得がいかないようです、あんなに近いはずが無いと
そしてこの前はあるはずの無い方角に見えた八ヶ岳が今度はそこに見えないと言います

いったいどういうことなのでしょうか

この「妖しの森」には、きっと何かが有りますねー

今度また、報告会でもやりましょう

ノエルの森で

鍋でも囲んで


妖しの宴




稗 之 底 村 関係の項

仮説は仮説のままなのか・・・
[ 2014-06-11 05:25 ]
[ 2012-08-19 07:53 ]
稗 之 底 村 の 謎
[ 2008-01-18 04:59 ]
妖 し の 響 き・稗の底
[ 2007-10-29 06:32 ]
続・妖 し の 森
[ 2007-10-25 06:24 ]
妖  し  の  森  ・稗の底
[ 2007-09-30 07:03 ]
怪 し の 森 散 策
[ 2007-09-28 06:14 ]
稗 之 底 散 策
[ 2007-09-07 06:37 ]


枇杷仁酒その後

by takibiyarou | 2007-10-29 06:32 | 妖しの森 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 26日

視 界 も 良 好

07-10-21
まだ森の暗いうちに起きましたが、ノエルには少し待ってもらい
昨夜の洗い物です
お酒の入っている時にはなるべく、洗い物ものはしない様にしています
器の洗い物が一段落着いたころ、ゴウ介家が散歩のお誘いです

観音平に上りましょうか、今日はかなり晴れています
展望台からの眺めはどうでしょうか

やはり見事に晴れて視界も良好、雲海に富士がくっきり望めます
清清しい秋の空気を味わいながら、北岳に向かって下ります


d0082305_6454716.jpg



森に朝日が差し込み木々に絡む「蔦漆」を暗い森に浮かび上がらせます
秋、朝日の森は輝きに満ちています
森のステンドグラス、その美しさに息を呑みます
森をすり抜けた光はススキの尾花を輝かせます、ふわふわの綿毛はシルクの輝き
d0082305_6303396.jpg

森に鹿の声が木霊します
もうかなり降りてきているようですね
今年の雪はどうでしょう
朝の防火帯を下ります
秋の森を下ります

昨日採った「ジコボウ」のきのこ汁が出来ていますよ
一緒に朝餉はどうですか
熱いご飯ときのこ汁


朝餉の片づけをしていると
お隣さんが来られました
森にきのこがたくさん生えているけれど、食べられるのか判らないので見て欲しいそうです
私もほとんどわかりませんが、「ジコボウ」だけなら判ります
一緒に見てみましょう

「ジコボウ」です
間違いありません、これだけは
たくさん生えてますねー、それも今日出てきたばかりの上物ばかり
こんなにたくさんは一度には食べられないでしょう
是非に冷凍保存してください、このきのこ、さっと湯がいてラッピング
d0082305_6483130.jpg
冷凍保存が利くのです

冬のお鍋に最適ですよ

by takibiyarou | 2007-10-26 06:32 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 25日

続・妖 し の 森

07-10-20

ノエルにお留守番をお願いしましたので
おやつで労い、一緒にお買い物に出かけます
先ほど台ヶ原宿の骨董市で入手した器たちのお披露目です
茶豆は塗りの盆でお出しするにして、今夜も小型のコンロで黒豚でも焼きましょう
そして、その後エリンギ
大きなイカがありますよ、「ゲソとワタのホイル焼き」がいいですねー
グリーンアスパラとかぼちゃも仕入れます、家内が鶏肉を持ってきました、何か考えがあるようです
車の中であれこれと思案していたのが、今日のお披露目の「ウランガラスのお皿」です
さて、何を盛りますか
色々と家内と議論の末、帆立と大根のサラダに決まりです、やはり色合いが肝心と言うことで
帰りに、パンを買うそのついでに例の森に行きたいと家内が言います
いいでしょう、少しなぞが解けるかもしれません
お蕎麦の「おっこと亭」の前を森に入り「ぱん・パ・パン」
お土産の「カスタードロング」も予約しておきましょう、明日帰りによっていただきます
近くに車を留め、例の森に入ります
「妖しの森、稗の底」、先日は上の路から入りました、今日は下の路から森に踏み込みます
少し森に入った所で、またまた何か聞こえてきます
家内と耳を済ませますどうも今日はクラシックのようです
しばらく進み左を見ると、なんと、あの、「東出口湧水」ではないですか、家内は、素敵なとこだと喜んでいます
d0082305_2113278.jpg

しかし、私には腑に落ちません
先日、ゴウ介家と来た折に、確かここから車の道まで少なくとも十五分は歩いたはず
今はどう考えても、一、二分
これはどうした事でしょう、狐にでも摘まれたのでしょうか
今はまだ、家内に話すのはよしましよう
先ほどからの音楽が少しはっきりとしてきました「弦楽五重奏」室内楽のようです
音の聞こえる方角をすかして見ますが

人家の影は見えません


ノエルは何かに着かれたように

森の奥に行こうとしますが


切り上げましよう

今日はこれから宴の準備

明日またよってみましょう

その時はもう少し探索です




稗 之 底 村 関係の項

仮説は仮説のままなのか・・・
[ 2014-06-11 05:25 ]
[ 2012-08-19 07:53 ]
稗 之 底 村 の 謎
[ 2008-01-18 04:59 ]
妖 し の 響 き・稗の底
[ 2007-10-29 06:32 ]
続・妖 し の 森
[ 2007-10-25 06:24 ]
妖  し  の  森  ・稗の底
[ 2007-09-30 07:03 ]
怪 し の 森 散 策
[ 2007-09-28 06:14 ]
稗 之 底 散 策
[ 2007-09-07 06:37 ]


by takibiyarou | 2007-10-25 06:24 | 妖しの森 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 24日

お洒落な街のおしゃれな遊具

07-10-23
お洒落な街で素敵なオブジェを見つけました
防衛庁の跡地に出来たミッドタウン
お仕事の合間に公園でお散歩、ありきたりの公園が多い中、かなり楽しい公園です
裏手にある檜町公園、東京のど真ん中、六本木
できたてだからのせいもありますが、メンテナンスの行き届いたきれいな公園
規模的にはかなり小さめですが最大1.3Kmのジョギングコースも有るのです
このあたりは住宅地でもあり、住民の憩いの場となっている様です
ここでオブジェとしても素敵な遊具を発見

高須賀昌志さんの作品

「FUJIN かぜのかみさま」、ブランコです

d0082305_2073591.jpg

「SANJIN やまのかみさま」、これは滑り台

d0082305_2064696.jpg

「KSAIJIN うみのかみさま」、これはジャングルジムでしょうか

d0082305_2085267.jpg


みんな見ているだけでも楽しくなる素敵なオブジェ

流石、お洒落な街です池のほとりの東屋もお茶室風
ここからの眺めも格別です

d0082305_2011367.jpgd0082305_20112052.jpg






















こんなお洒落な公園がもっと増えたらいいですね

爽やかな

秋の午後の六本木


気がつけば、今宵は月見

十三夜
d0082305_20124029.jpg


More

by takibiyarou | 2007-10-24 06:26 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 23日

ウ ラ ン ガ ラ ス の お 皿

07-10-20
白州の台ヶ原宿で行われる恒例の骨董市に繰り出します

造り酒屋の「七賢」の前の通りを主にクラフトのお店が並び、古い「七賢」の中で骨董のお店が並びます
去年はここで古びた蒸籠を購入、ぐい呑みの飾り棚として重宝しています
今年はどんな掘り出し物があるか、かねてより大変楽しみにしていたのです
今回はじっくり見たいので、ノエルにはお留守番をお願いして出かけます

まずは、「七賢」の屋内の骨董市から見て回りましょう
広ろく薄暗い土間には所狭しと骨董の露店が並びます奥の中庭までも露店で埋め尽くされています
さて、まずは下見です
染め付けの小皿が目に入り、お値段のチェック、そんなに古い物ではないですが
使うには丁度良い大きさです
その横に青磁のようなこれも小皿、これもお値段合格です
古渡りの小鉢もありますが、お値段失格
そんな値踏みで見て歩き、中庭の奥のテント掛けのお店ですが少し遠くから目に飛び込んで来た物があります
かなり前からほしかった奴です
おそるおそる近付てみますと、このお店は古い瓶や鉢に野草を植えて売っています
なかなか風情のある鉢が並んでいますが、お値段もそれなりに
その中に私のお目当ての古い素焼きの炬燵「いぶし瓦の炬燵」です
中に染め付けの蕎麦猪口に野草を植えたのを入れています
おそるおそるお値段を見ると高くはないがちょっと躊躇の金額です
ハービーグー家も昨日思案した物のようです、交渉に入りましよう
何度かの交渉の末2/3位までになりました、交渉成立
ちょっとニコニコです
追いついてきた家内が袖を引きます、振り向くと隣のお店の桐箱を指さして
「あれが良い」
近付て中を確認すると硝子の八角のお皿です
箱の横には、「二十世紀初頃 ウランガラス皿、五枚揃」いと書いてあります
なるほど良いお皿のようです

ウランガラスは1830年ころドイツで発見されたウランをチェコ・ボヘミア地方で硝子の色付けに利用しはじめたもので
その後ヨーロッパ各地やアメリカでこのウランガラス製品が大量に作られたようです
しかし、硝子の色づけに他の方法も開発され、またウランが原子力の燃料となることが判り
その使用が難しくなり現在ではほとんど生産されていない物なのです
その特徴は暗闇で紫外線を当てると蛍光を発することです
ブラックライトで美しく光るウランガラスは一般的には装飾の多さが目立つのですが
このお皿はその色と形だけ、とてもシンプルで素敵なお皿です

桐箱を探りますがお値段は書いてありません、店主にお聞きすると・・・かなりのお値段
ウランガラスは今では生産されていないのと、形がすばらしいのでこのお値段、まけても二千円くらい、とのこと

家内と顔を見合わせて諦めましょう

先ほど見た染め付けの小皿を買いに行きましょうか、と、歩き始めますが、家内は歩き出しません
ウランガラスのお皿が諦められないようなのです
しかしそんなには私の財布に入っていません
確かにこのお皿はシンプルで良いお皿だとも思いますが
d0082305_1046914.jpg


郵便局が近いのも困りものですね・・・

結局、再度交渉にて折り合いをつけ、我が家のお皿となりました

今夜の宴に

お披露目しましょう

More

by takibiyarou | 2007-10-23 06:39 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 22日

大 姥 百 合

あれは何時頃でしたでしょうか
確かGW前のことだったと思います、しとしとと雨の多い今年の梅雨でした
そんな週末、路沿いの草もかなり伸びて管理会社の係員が順繰りに草刈に廻っています
ノエルの森とゴウ介家との間も草刈が入ったようです
ところが、どうした訳か道端の一部だけが少し奥まで丸く刈られその中心からなにやら少し太めの植物が生えています
明らかに草刈の人があえて刈り残したもののようです、しかしなんだか判りません
得体の知れない植物なのです
その葉はかなり大きく茎も驚くほど太い植物です、何でしょう
そのうちゴウ介家も出てきて観察しますがその正体が判りません
次の週、お散歩のついでに見ると、ますます大きく伸びています、茎はすでに私と同じくらいなんだか蕾のようなものまで付いています
しかし奇妙な植物です、茎の太さは直径約3cmを超えています
どんな花が咲くのでしょうか
わざわざ残すくらいですから残した人は正体を知っているのでしょう
そして8月、咲きました
d0082305_6302461.jpg

どうもユリのようです、しかし、普通のユリではありません
その背丈は私をゆうの超えています
薄緑のぼってりと肉厚のユリの花です
薄気味悪いと家内は言います、確かに綺麗な花とは言いがたいお花です
写真には撮りましたが、なかなか正体がつかめません
今はゴルフボールくらいの俵型の実がなっています
それがやっと判りました
オウゴンオニユリを検索中に偶然引っかかりました、なんとその名は「オオウバユリ

d0082305_629416.jpgd0082305_153040100.jpg
























花はすぐにしぼんでしまうが、その代わり実は雪が降ってもピンと立っていて

冬の森森の

アクセントだそうです

大姥百合


な、なんと食用


しかし、先日見たら

誰かに折り取られていました

少し淋しいですね

by takibiyarou | 2007-10-22 06:28 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 19日

今夜のメインは「茶碗蒸し」

「小夏」とのご対面の後、ハービーグー家がワンコグッズのお店「イージー」に用事があると言うので、ご一緒してお散歩することに
「イージー」でなにやらハービーグー家は相談しています
家内はグッズの物色、どうやら気に入ったトレーナがあったらしい

ハービーグー家が、お散歩前にチョッと寄ってみたいとこがあるといいます
いいですよ、ご一緒しましょう
そこは女取湧水の近くの教会
実は、今朝「イージー」さんから連絡が入ったそうです
小淵沢でまたワンコが牧師さんに保護されたと・・・
ワンコのことはほって置けないのがハービーグー家の悲しい性
痩せこけたチワワ、チワワにしては少し大きいですが
くりくりのお目々でジーッとこちらを見ています、何で、どうしてこんな子が
しかしこの子、小型犬特有の「キャンキャン、ワンワン」がありません
そして人なつっこい子です
少し一緒にお散歩してみましょうか、ハービーグーとノエルも一緒に
いきなりでかい黒犬に囲まれ、びっくりしていますが、すぐに慣れそうです
教会の奥から「信玄の棒道」を歩きます
草むらは凄い種だらけ、ワンコも人も種だらけのお散歩です
一回りして再び教会
この牧師さん、もう200頭ものワンコを保護したそうです
今回はハービーグー家がお預かりとなりました
d0082305_746667.jpg

そうと決まれば、いらっしゃい
みんなで、ノエルの森で乾杯しましょう、このこの幸せのために

電話です、ゴウ介家からでしょう
南アルプスから下山だそうです、小淵沢までお迎えに行きましょう
ゴウ介家もびっくりすることでしょう

凄い荷物ですゴウ介家
こんな荷物背負って山登ってたのですか・・・
山男は凄いですね
山男が一ッ風呂浴びてる間に宴の準備

枝豆でもつまんでいましょうか
チワワの「ちーちゃん」(仮称)もトコトコ上がって来ました
物怖じしないいい子ですね
ゴウ介家があわびを差し入れてくれました
さあ、このこの幸せに、乾杯です
イチジクをフライパンで少しから焼きし生ハムをトッピング
うむ、チョッと甘みが強すぎるようですねー、熟し過ぎかもしれません
小型コンロで「どんこ」をバター焼き
厚みのあるどんこにバターが染みて、これまたいいです
家内がネギのスライスを持ってきました
小型コンロで焼きましょう、炙ったサラミと頂きます
これまたなかなかいい感じ
次は、イワシのツミレ、海苔を蒔いて揚げていただきます
こいつはビールが進みます
チワワの「ちーちゃん」(仮称)はさっきからハービーグー家の膝の上
ゴウ介家と日本酒に切り替えましょう
今度は秋茄子の煮物が出てきましたよ
こいつはみんなご飯を御所望、白いご飯がとても合います

さて本日のメイン
「茶碗蒸し」です
知らん顔してお出しします

一瞬お箸が止まります

そうです、この香り

秋の味覚の王様です

地元、朝採りの、マツタケでございます

「茶碗蒸し」が本日のメインなのがお判りか

よくよく香りを味わって

後は


朝採りの「ジコボウ」汁で

締めとしましょう

by takibiyarou | 2007-10-19 06:29 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 18日

強 運 小 夏 と ご 対 面

07-10-13
お昼はさっき買ってきた「お好み焼き」を頂きます
地元産のマツタケを求めて走り回ったので少し疲れましたね
お昼の後でチョッと行ってみましょうか、「小夏」のところ
どうしてますかねー、例の強運の「小夏」です
「小夏」はつい一ヶ月ほど前ハービーグー家が森で奇跡的に保護したワンコ
推定1.5ヶ月位の赤ちゃんワンコはその強運で一命を散りとめ、今はニャンコの「かやねーちゃん」と幸せに暮らしているそうです

ハービーグー家に電話して一緒に行きましょう「小夏」家に

まだ二回目のワクチンが終わっていないので、抱っこするだけです
あどけないその眼差し
家内はメロメロ
ちっちゃくてふわふわで
キョトンなその目にメロメロです
d0082305_6443899.jpg
先住ニャンコの「かやねーちゃん」はすでに「小夏」の親代わりだそうです

私の「小夏」をどうするの、とチョッと怒っているようです

もう返してあげましょう「かやねーちゃん」に

また会いに来ますよ

ちっちゃなお土産を持ってきましたので
後でしっかり遊んでください


今度はみんなでお散歩しましょう

by takibiyarou | 2007-10-18 06:56 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)