木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

ジコボウ畑

お散歩から帰ってくると
お向かいのお宅の前にユンボが止まっています
どうやら、崩れ落ちた二階デッキの撤去作業のようです
しばらくすると、ユニック車やら軽トラやらがやってきて、作業開始

そうそう
我が家にも軽トラが来るはず
車を移動して置きましょう
先日、我が家専用に「薪を大きく割っておきましたよ」と
何時も薪を御願いしている「草刈.com」さんからお電話がありました
寝る前に入れると、火持ちの良いようにできるだけ大きく割って欲しいと御願いしてました
今年はまだまだ薪の在庫が有るので注文はしていませんでしたが
そういわれると、頂くほかありません
軽トラ一杯だけ頂く事にいたしました
到着した軽トラには、ほんとにデカイまきが積んであります
ストーブに入る極限の大きさでしょうか・・・
薪をデッキ上の巻き棚に移動した後のデッキ下に入れてもらいます
これで、まき置き場は全て一杯
もう一車買って欲しそうでしたが、置く所がありませんのでこれでおしまい

ノエルの森をぶらぶらと散策

後ろに回ってみますと

あら

苔庭に、またしてもキノコが

そう、この辺りでいう「ジコボウ」(ハナイグチ)

どうしたわけだか今年はこの苔庭がジコボウ畑

毎週3,4本収穫しています

嬉しいですねー

ずっとジコボウ畑のままで居てくれるといいのですが

先日お散歩帰りのご近所さんにジコボウ二本頂きました

「食べるの?・・・

セシウムたくさん吸収しているそうですよ!」

あはは!

でも私は大丈夫、後二十年くらいが丁度ころあい

それまで

しっかりと

森の恵みを頂きますよ

さっと湯がいて、冷凍しておきましょう、ね

d0082305_1320131.jpg

d0082305_1320323.jpg






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-31 13:18 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 30日

秋色に染まる森

12-10-27
昨日はお昼すぎに自宅を出られましたので
渋滞にはまりながら、ゆっくりと森にやってきました
早く秋色の森に合いたくて、韮崎で高速を降り17号(七里岩ライン)で森入り
思ったほどの寒さは無く、外気温9.5℃
室内は蓄熱暖房効果で17℃
薪ストーブを点けることなく快適でした

朝、白みかかった森で目覚めます
ノエルはまだ爆睡中
そっと階下に降りて、野草茶を煮出します
森がその色彩を取り戻す頃、二階でノエルが起きだしたようです
迎えにいってあげようと

階段を上るごとに

目の前に秋色の森が広がります

窓いっぱいの黄葉の森

私の腕で、この美しさを表現できそうにも無いのが残念です

しばし見とれていましたら

早く抱いて降りろと

催促です

d0082305_8103788.jpg

d0082305_8105043.jpg








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-30 08:13 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 24日

つたうるし

12-10-21

今回は珍しく、お仕事を持ち込んでしまいました
普段はお山にお仕事持ち込むことはあまり無いのですが・・・
今回は少しお仕事しなければなりません
室内でやってますと気がめいってきますので
暖か肌着と防寒ベストを着込み、デッキでお仕事
まだストーブつけなくても良いくらいな気温ですが
森はだいぶ色付いてきました
少し黄色く句なってきた森に、真紅蔦漆が美しい
野鳥の食欲は旺盛で
山盛りのひまわりの種もあっという間にカラッポです
晩秋の風に
小さな小さな
唐松の枯葉が舞う
はらはらとマウスパッドの上にも降りかかる
おなじみさんのヤマガラ
餌皿に留まって催促
そんなに食べると飛べなくなりますよ

一区切り付いたところで

餌をあげましょうか

ついでに

私も

一杯いきますか

真赤な蔦漆をお肴に




d0082305_7344456.jpg








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-24 07:40 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 23日

越冬準備

ホームセンターでプラスチックの水槽を購入
1300円也
これ、メダカと水草の越冬用
夏に楽しませてもらった、水練鉢
鹿の兄弟に睡蓮と金魚は食べたれてしまいましたが
その後に投入したボウフラ対策のメダカ君
なんとか無事に秋を迎える事ができました
しかし、-15℃にはなるこの辺り
このままではカチンカチンに凍ってしまいます
たぶん水練鉢も割れるでしょう・・・
そこで、睡蓮の根っこと水草、そしてメダカ君の避寒対策
バケツに水草とメダカ君をば一時避難
水を替えだし、砂も取去り
水練鉢は裏返しに伏せておきます
取去った砂をよーく洗い
プラスチックの水槽に敷き詰めます、余った砂は来年まで保管します
水槽を二階の窓辺に移動して、ためておいた雨水を入れ
一時避難の水草とメダカ君を放します
ここが我が家で一番暖かい場所、薪シトーブ焚くと暑いくらい

ホームセンターでMサイズの水槽には空気ポンプが付いていたので

一つ大きいLサイズを購入いたしましたら

空気ポンプではなく、ろ過装置が付いていました

陽の入る窓辺だし、水草もたくさんあるし

まあ、大丈夫でしょう

まだ少し濁っていますが

そのうちに澄んでくれるでしょう

たぶん・・・

d0082305_759443.jpg







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-23 06:25 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 22日

薪 割 り

12-10-20

何時ものように午前4時半頃に起き出しますが
森は真っ暗
野草茶を煮出し、一服していますとやっと木々の輪郭が判別できるくらいになってきます
ノエルとその辺りをぐるっと一周、帰る頃には明るくなっています

さて今日は、冬の準備と致しますか

まずは、先週玉切りしておいた桜の原木
薪割りしときますか
桜の原木は乾燥すると硬くなって割りずらそうです、今の内に割っておきましょう
改築時に伐った唐松の切り株を利用して薪割りです
私は高級な斧を持っていません、近所のJマートで買った980円の斧を持ち出します
桜の原木はそれほど太くはありませんので、大きく二つ割
薪ストーブにやっと入るくらいのかなり太め
就寝前に投入すると朝まで持ちそうなでかい奴
大きく振りかぶって、腰を落としながら振り下ろします
パカッ!!、殆ど力を入れなくてても小気味良く割れてくれます
あっという間に14.5本の原木を割ることが出来ました
でも、この薪は今年の夏に伐採された物、少なくとも来年以降の薪になります
最後に、径25センチ位の二年物のユウカリの原木
長さが40センチオーバーなのでもてあましていた原木です
物は試し、やってみますか
980円の斧を大上段に振りかぶり、一気に振り下ろします
当たりはど真ん中!
しかし、斧の刃の半分位食い込んだままです・・・
仕方ありません
大ハンマーの出番です
斧の頭に振り下ろします
こんな時、980円の斧は気を使う必要が無いので、便利です
斧の刃を楔代わりに使います
なんとか二つに割れました
これをもう二つに

巨大なまきが出来上がり

薪ストーブに入れてみますと

なんとか入りそう

この薪は、今年の冬に活躍してくれそうです

チョッと汗かきましたので

朝湯としますか
d0082305_736950.jpg

d0082305_7361528.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-22 07:37 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 15日

いろづきはじめ

12-10-13

昨日はお昼すぎには森に到着
もうかなり寒いと思いきや、外気温15℃と過ごしやすい気温でした
森に出てみますと、松に絡みつくツタウルシやハゼが色づき始めていました
唐松もだいぶ黄みをおびてきた様子
今月松頃には、あの、幽玄の森の幕が開きそうです

ところが今日の朝方はかなり冷え込み外気温7℃、室温15℃
とうとう薪ストーブに火を入れました
先週作ったユーカリ薪の半端材を詰め込んで
その上にギター製作の端材
そして松ポックリを10個ぐらいを乗っけます
バーナーで一気に着火

ストーブの温度が上がるまで、少し時間がかかりますので
裏庭に出てみます
先日きのこがたくさん出ていたコケに付近をよ~くみると
ありました
またしてもジコボウ(ハナイグチ)、中くらいのが三本
出たばかりのようで、裏が鮮やかなレモンイエロー
菌糸の付いた石付きを元に戻して来年に期待です
早速さっと湯がきます
日が通ると、きのこはふっくらと膨らみます
ここで冷水に浸して、よーく洗います
後は、ビニル袋に入れて冷凍庫
今宵の肴といたしましょう
そんなこんなしていると
やっとストーブの温度計が200℃付近に達します

朝早くはかなり冷え込んでいたのですが

気温もだいぶ上がり

ストーブの熱気がちょっと気になります、が

ここらでバルブを閉じて二次燃焼に切り替えます

さて

お買い物に出かけましょうか

d0082305_7192154.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-15 07:28 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(6)
2012年 10月 12日

猩壺庵特製梅干し

12-10-6

今日は三連休の初日
混まないうちにお買い物
と出かけると
既に買い物帰りのぶんた家の車とすれ違う
やはり早めのお買い物のようです

新鮮地物のお野菜と新秋刀魚
そしてノエルの魚のアラ
早々に帰って来ました

さて
やろうやろうと思いながら、延ばしに延ばしてきました
薪仕事
今日こそ、やりますか
昨年の五月、自宅近くの公園で頂いた、ユーカリの薪
ストーブに入る長さに切らねばなりません
既にかなり乾燥して、硬くなっているはず
果たして容易に切れるでしょうか
我がエンジンチェンソー
ハスクバーナ、339XPピクセル仕様
ガソリン満タン、オイルも補充
玉切り台にユーカリの薪をセットしますが
長さが中途半端で上手くセットできません
短めの薪を玉切り台の中央部に差し込んで何とかセット
玉切り台の改造が必要のようです
かなり重いユーカリの薪
エンジンチェンソーが悲鳴を上げます
白煙が立ち昇り、なかなかスムーズには切れません
それでも、だましだまし
なんとか一山切りました
明日辺りお天気が崩れそうなので
切った薪はデッキに上げます
晩秋殻のデッキは、薪置き場
なんとか懸案のユーカリの薪ができました

疲れ直しにお散歩がてら
松ポックリでも拾って来ますか
ダンボール箱抱えてお散歩です
先日の台風でたくさん落ちています
毬栗もこれまたたくさん落ちてます
が、今日は松ポックリ
路で合う方が不思議そうに、何にされるのですかと聞かれます
松ポックリ、脂分が多くて薪ストーブの着火材に最適なんです
直ぐに箱いっぱい

走行していますと
日も西に傾きます
そろそろ準備にかかりますか
と言いましても
今日は簡単メニュー

ガスコンロで炭を熾します
厚揚げと揚げの炭火焼
朝採りの、旬のきのこ、ジコボウ(ハナイグチ)
さっと湯がいてよーく洗う
大根おろしと煎酒と合わせて、ジコボウのみぞれ和え
お野菜のポトフは既にできてます

今宵のお客はリンケン家とセラビ家とご友人

リンケン家がmiminagaさんから言付かったと、白肝なるものをお持ち下さいました
早速フライパンで炒めます
いわゆる、ホワグラ
しかしこれは無理矢理のホワグラではなく、自然発生の肝だそうです
鶏の肝硬変・・・

特製梅干しを食べてみる
旨い!!
我ながらよく出来た
皆様のお知恵をお借りしながらの梅仕事でしたが
大成功!!
今宵は大盤振る舞い


    

今宵の宴、備忘録

■ ジコボウ(ハナイグチ)のみぞれ和え
   久しぶりのお庭採り
   大根おろしと煎酒がとても合います

■ 頂きもの、白肝の塩焼き
    かなり美味でした
    miminagaさんごちそうさまでした

■ 定番、生ゆばの豆乳仕込み、わさびと煎酒

■ これも定番、厚揚げと揚げの炭火焼、刻みネギとお醤油で

■ 鶏、茄子、人参、セロリ、ブロッコリー、ジヤガイモの煮物、ニンニクとオリーブオイル

■ 焼き新秋刀魚

■ しらすご飯
   やはり「お留守わんこ」のKonatuさんから頂いた釜揚げしらす
   熱々のご飯に海苔を散らし、しらすを乗っける、青ネギを散らし刻んで特製梅干し
   今宵は丸ごと一個ずつ
   吸汁をかけていただきます
   吸汁はカツオとアゴ出汁
   ちょっと温くて、失敗でした・・・

d0082305_7125825.jpg


                             猩壺庵特製梅干し、すご~く美味しくなりました
                                来年はもっとたくさん漬けましょうか、ね~





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-12 07:18 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(4)
2012年 10月 11日

ホトトギス

12-10-6

やっと車が帰って来ました
道の駅の駐車場で当て逃げされた車です
なので二週間ぶりのお山です
昨夜森に到着すると、ご近所のセラビ家に明かりが

朝のお散歩
ノエルは足がヨロヨロなのでご近所のお散歩
セラビ家に寄ってみますと
見慣れないBMが停まっています
セラビ家は、ご病気で目を悪くされておられますので、車は運転されません
どなたかお知り合いの方が、来られているのでしょう

朝食後
表に出ておりましたら
セラビ家とお会いいたしました
ご友人のお車でご一緒されているようです
ご友人はカメラで左官に何かを撮影されておられます
覗きこむと、「ホトトギス」
紫の斑点のちょっと不思議なお花です
この斑点が鳥のホトトギスの羽模様に似ているところが
名前の由来だそうです
あまりこのあたりでは見たことがありませんが
セラビ家の玄関先に咲いていました

私も

カメラを取りに帰って、撮影に参加します

セラビ家は葉植えた記憶が無いということでしたので

野生の「ホトトギス」のようです

それにしても、観れば観るほど

不思議なお花ですね

ホトトギス


d0082305_7202999.jpg


d0082305_7203166.jpg







にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-11 07:23 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 10日

初ジコボウ

12-10-6

久しぶりの、ジコボウ
奥の茶室の雪見窓、眺めていると
見慣れないものが・・・
きのこのようです
よーく見ますと、色合いからは
あの、ジコボウ
この一二年、二三本しかお目にかかってはおりません
どうやらこの当たりでは、幻のきのことなりつつあるような
庭に出てみますと、まさし「ジコボウ」
正式にはハナイグチ、このあたりではジコボウ(地香坊)で通っております
さっと湯がいて、よ~く洗い
大根おろして、みぞれ和え
お味噌汁に入れても美味しく頂けます
表面は少し粘りがあり、てかてか光っています
唐松の林に生えるので、カラマツタケとよぶ人もある
裏はきのこによくあるヒダヒダではなく
スポンジのような細かな編み目状で、新鮮なものはレモンイエロー
ちょっと躊躇するような派手な色合いなので直ぐ判る
自生するきのこの中で、自信を持って食せるのは半の二三種
その中の一番がこのきのこ
さて
今宵の
宴の肴としましょうか、ね~

d0082305_7323550.jpg


                               「もののけ姫」に出てくる怪僧ジコボウ
                                  どうやら、このきのこの呼び名かららしい






にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-10 07:38 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)