木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

入内雀

父の残したコレクションの中に金泥色紙の大和絵があります

藤原實方とあり

百人一首風の大和絵に

有名な歌が添えられてあります

何方の筆になるかは判りませんが

これが実に達筆、優雅な筆使いに見惚れます

歌は

           「桜がり雨はふりきぬおなじくはぬるとも花のかげにやどらむ」
 
         
藤原實方は『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルの一人とされることもある、当代きってのプレィボーイ


そんな實方の身にこの歌が発端となり、事件はおこります

d0082305_89595.jpg



桜刈り、一条天皇は宮中の人々とお花見に出かけます
ところが突然の雨
人々は東屋に雨宿りいたしますが、藤原実(實)方はただ一人
桜の下に留まり、花陰でこの歌を詠みます

お花見なのに雨が降ってきたけれど
どうせ濡れるのならば花と共に濡れましょう
と、そんな意味なんでしょうか

この歌は宮中の人々の喝采を集めますが
ただ一人、若い藤原行成だけが

「技巧に過ぎて、真実味が無い」と批判します

この批判に短気な実方は怒り、行成の冠を奪い庭に打ち捨てしまいます

対し行成は、大人の振る舞い

何も言わず、供に拾いに行かせます
このいきさつをご覧になられた一条天皇は
實方の振る舞いを叱り
「枕詞にある陸奥の三松、その中でも阿古耶の松はまだその所在が解らない、 これを見て参れ」
と命じます

これは、陸奥への左遷です

そして一方の行成を蔵人頭(くろうどのとう)に取り立てます

しかし實方は松を探せば直に都に帰れると高をくくり、単身陸奥へ向います

どうも、實方がこんな大人気ない行動に出てしまったのには訳があったようです
誰しもが認める相愛の仲でありました清少納言に、若い藤原行成が急接近

清少納言も行成に歌を送ります

    「夜をこめて 鳥のそらねははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ」

    まだ夜中だというのに鶏の声を真似して私を騙そうとしても、逢坂の関が決して人を通さないように
    私は貴方に騙されませんよ

ちょっとした三角関係の様相です


實方の奥州行きを知った清少納言は歌を贈ります

    「思ひだにかからぬ山のさせも草 誰か伊吹の里は告げしそ」  

    貴方が陸奥の息吹の里にまで行かなくてはならないとは驚くばかりです

この歌に、實方の返歌

    「かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしもしらじな燃ゆる思ひを」

    私の思いは”どうだこうだ”言い表しがたい燃えるようなものですよ
      (さしも草とはもぐさの原料となるヨモギのことらしい)

また、清少納言も歌を返します

    「とこもふち淵も瀬ならぬなみだ河 袖のわたりはあらじとぞ思ふ」

    貴方との別れが悲しすぎて袖が涙で濡れています

かくして実方は都から奥州古道を陸奥に向けて下ります


そして

長徳4年12月(999年1月)

任国で実方が馬に乗り笠島道祖神前を通った時
乗っていた馬が突然倒れ、下敷きになってしまいます
没時の年齢は40歳ほどだったという
当時の陸奥は地区の孤島ともいうべき土地
実方はこの仕打ちへの怨みと京都への想いを募らせつつ
失意の内に陸奥で没したのでした

そして都では
都に実方の訃報が届くと同時に、奇妙な噂が流れ始めます
毎朝、京都の内裏の清涼殿へ1羽の雀が入り込み、台盤(食事を盛る台)の飯をついばんであっという間に平らげてしまうというのです
人々はこれを、京に帰りたい一心の実方の怨念が雀と化した、もしくは実方の霊が雀に憑いたといって内裏に侵入する雀であることから「入内雀」、または「実方雀」と呼びました

またこの雀は、農作物を食い荒らしたともいい

人々はこれを実方の怨霊の仕業として

大いに恐れたという


          ウィキメディアより








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-30 08:10 | 物語 | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 29日

なんだろう??

最近、私の使っているエキサイトブログのトップページが変った
やっと前のトップページになれたところでしたので、また、訳がわからなくなってしまう
やたらと色んな機能が付いても
私には無用の長物・・・
いろいろとクリックして、やっと少しだけ理解できたたかな・・・
画面には、人気のブログやらが表示される
自分のブログの左上にも、似ているブログなどと表示される
クリックしてみるのですが、どう見ても「似ている」とは思えない
たぶん、無作為に表示されているに違いない
そしてレポートというページがあって
そこには、自分のブログの検索キーワード、リンク元URL、記事別アクセス数、ブログアクセス数
などが毎日棒グラフにて表示される
このブログアクセス数には「PCアクセス」と「PC訪問者」の欄がありますが
いくら説明かきを読んでも、このふたつの違いが理解できません・・・
そんなブログアクセス数が
先週の日曜日から奇妙です
もともとそれほど多くは無いのですが
日曜日にはそれまでの数値の倍、そして月曜日からはそのまた倍・・・
今朝見ても、何時もの4倍???
いったいどうしたわけなんでしょうかねー
たぶん、トップページにこのブログが表示されたのかもしれません
たぶんそうなんでしょう
それ以外に、急にアクセス数が倍々など考えられません
私もこのトップページは見ているのですが、私のブログが表示された事はありません、たぶん・・・
表示される商品広告などがその人ごとに違うように、表示されるブログも違うのでしょうかねー
たくさんの方々に読んで頂ける事は、ブログを公開している以上はありがたいことなんでしょうけど
なんだかちと、恐ろしい・・・

そして

この人は知り合いではないか?、友達ではないか?とせわしなく問いかけてくるFacebook

今ここにいる、これ食べている・・・

そんなこと知りたくも無し

すこし鬱陶しくなって

このところ

遠ざかって居まする

d0082305_634342.jpg

                             老犬ノエル、13歳










にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-29 06:35 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 28日

最高の休日

12-11-24

森はまだ真っ暗
昨夜おおきな薪を投入しておいた薪ストーブの余熱でしょう
二階の寝室は程よい暖かさ
起きだして階下に降りてみると
ストーブにはまだ少し熾きが残っています
パジャマのままでデッキに出て、焚き付け用の小割りと薪を持ってくる
小雨のようです
灰掻きスコップで熾きを目覚めさせ、小割りと薪を投入
ダンパーを開きしばらくすると、熾きはすっかり目覚め、小割りが炎を上げ始めます
二階に上がり着替えていますと
ノエルも起きだしてきてノビをしています
すでに右前足を少し上げて、抱きかかえられる準備万端のノエル
しっかりと腰を落として抱き上げます
痩せたとはいえ、かなりの体重、うかつに抱上げると腰が悲鳴を上げてしまいます
用心、用心
ゆっくりと階段を下りると
薪ストーブの順調な炎が見えます
ノエルはストーブ前の定位置で、二度寝の体勢
私は、何時もの野草茶を煮詰めます
窓の外は、いくらか木々のシルエットが確認できるくらいになりました
お米をとぎ、炊飯器に
冷凍しておいた鯖の切り身を解凍
野草茶をポットに移し、今度は煮干でお出汁を取ります
大根を短冊にして、お出汁に投入しストーブにかけ

お散歩しますか

二段くらいの階段も下りられなくなったノエルを抱きかかえて下ろします
雨合羽の上だけはおり、出かけます
といいましても、ノエルの森を少し出たくらい

静まり返る夜明け前の森

霧雨程度の雨が冷たい

トイレを済ませたノエルは、すでに帰路についています


ストーブに薪を足していますと、ご飯の焚けた合図

森はやっと白みかけてきました

朝餉の準備致しますか

私の夕食は殆どお酒の肴、それに、夜は早く寝てしまいます

なので、朝は早くからお腹がすいてたまりません

解凍した鯖の切り身をオーブンに

厚焼き玉子


今日の朝餉のメニュー

 ■ 鯖の塩焼き、おろし添え

 ■ 厚焼き玉子

 ■ 納豆

 ■ 今年漬けた、自慢の梅干

 ■ 大根のお味噌汁

 ■ 新米、炊き立てご飯


d0082305_5461597.jpg


さて

今日はなにを致しますかねー

雨のようですので

ぼけーっと、雨の森でも眺めてますか

なーんにもしない

最高の休日・・・







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-28 05:49 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 27日

筋 子 と イ ク ラ

12-11-23

何時ものスーパーで鮮魚の冷ケースを覗いていましたら
鮭の切り身の隣に、筋子
何時もなら素通りなのですが
先日、あるブログで筋子をほぐしてイクラにしたとの記事がありました
筋子をほぐすとイクラになる事は、うすうす感ずいてはおりましたが
定かな知識ではありません、挑戦してみることにいたしますか

早速検索

準備する物
  ボールに温目のお湯
  餅網 (デッキで焚き火の時に購入した残りがあります)
  荒塩 (梅干しの時の残り塩)
なんとこれだけ・・・

ボールの温水に塩を一握り
そのボールの上に餅網をセットし、買ってきた筋子おば、餅網に円を描くように
擦り付ける
なんだか潰れそうでおっかないのですが、勇気を出して擦り付けます
あら不思議、かなり荒っぽく擦り付けても大丈夫
ぽろぽろと、筋子がほぐれて、お湯の中
3,4分ですべてほぐし終わり、残るは血あい色の袋の残骸
お湯の中のイクラは少し白っぽくなりますが、煮えているわけでは有りません
これをよーくかき回し、笊にあげます
再び温目のお湯を張り、お塩を投入して二回目の洗浄
次に、流水にて綺麗に洗う
笊にとり塩を振り少しかき回し、流水にて洗浄
最後にもう一度、塩水に通して、完成

これを、お醤油とお酒を煮きったもにヒタヒタに漬け込みます

これ、イクラの醤油漬け

しばらくして、味見しましたら

うまい!!

けっこうたくさん出来ましたので

小さな珍味の瓶に小分けして保存

なるべく空気が入らないようにいっぱいにして

後は、冷凍庫  (解凍は、必ず自然解凍で)

これで、保存できるそうなんですが、どうでしょう??

お正月にまで、もちますでしょうか、ねー??

d0082305_884042.jpg


さて

森に帳の降りるころ

今宵はこれでやりますか

お酒は古酒

五年ものの、40度








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-27 08:14 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 26日

冬枯れの森

12-11-23
昨日はお昼過ぎに森に到着
森の唐松はすっかりその小さな黄金の木の葉を落としていました
その木の葉は、風に舞い
玄関やデッキに吹き込んでいます
こんなとき
昨年購入した、ブロアーの出番です
ブロアー、強力な送風機
積もった落ち葉も吹っ飛ばしてくれます
あっという間に綺麗になりました
さて
今度は、屋根のお掃除でもやりますか
屋根掃除用の地下足袋に履き替えて
長ーーい延長コードを準備します
昨年屋根の知設置した親綱(命綱)を頼りに急傾斜の屋根を登り
二階の屋根に到達
延長コードにブロアーを繋ぎ、二階の屋根に溜まった落ち葉を下の屋根に吹き飛ばします
次に命綱を腰を預けて端から順に落ち葉を寄せてゆき軒下に落とします
すでに先日の雨が凍り付いているところも数箇所ありますが、これは見てみぬふり・・・
さて、反対側の急斜面
なんとか半分くらい「吹き飛ばしたその時
いきなり
ブロアー、ストップ
うんともすんとも行きません
延長コードが外れたのかと、二階の部屋まで戻ってみますが、そうではないらしい
かなり、コードを引っ張っていましたので、ブロアー内での断線・・・
まだ2シーズン目なのに・・・、少しやわではありませんか??
仕方なく
作業はストップ
お買物がてら、買ったホームセンターに持ってゆきます

サービスカウンターで担当の係りを呼んでいただきます

「あのー、昨年買って、まだ殆ど使っていないのですが、電源が突然入らなくなりました・・・」

係員、「あ、はい」とドライバーでねじを少し緩め、ちょっとなにやら

いきなり、ブオーン!!!と作動・・・

「アレッ、直ったの・・・」

「いえ、ストッパーが掛かっていましたので・・・」

「ストッパー???」、なに、それ・・・

「この筒を引くとストッパーがかかり、押し込むと、作動します、説明書にも書いてありますが・・・」

「・・・」

説明書など読んでいないことがばれてしまいました、でも、何でブロアーにストッパーが要るの・・・?

ともあれ、壊れてはいませんでした

なんとも、ばつの悪い思いです・・・

d0082305_821188.jpg








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-26 08:22 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 21日

秋の終りの縞模様

11-12-18

陽もだいぶ西に傾いてきました

ノエルと

雨上がりの森を歩きます

といいましても

ノエルは

手押しバギーの中の犬

森は紅葉を落とし、敷き詰める

黄金色の絨毯

裸の木立をすり抜けて

柔らかな夕陽が木立の影を伸ばす

黄金色の縞模様

秋の

終り


d0082305_344465.jpg









にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-21 03:44 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 20日

晩秋の雨

12-11-17

晩秋の森に

冷たい雨

散り残ったもみじの葉、光る水滴

この雨がやむ頃に

森は

錦の小袖を全て脱ぎ捨ていることでしょう

幽玄の森の

幕引き

冷たい、雨

d0082305_7393360.jpg







にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-20 07:40 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 19日

冬支度

12-11-17

一夜明け、なんとか平常心に戻りました
冬タイヤに履き替えたいのですが
朝からの小雨・・・
それほど気温は低くありませんので、雪に変ることは無いでしょうけど
なんとか早く履き替えておきたいです
それならば、小雨のうちにと
レインコートに着替え、森に出ます
車の近くのシートを剥がし、重いタイヤを後ろに積みます
なんとか小雨のうちに積む事は出来ました

お店が開く時刻を見越して行ったのですが、すでにタイヤ交換の車の列・・・
やっと四台目に予約が出来ました
後から後からお客がきます、先日の雪の影響なんでしょう、か
店内にはすでに10数人が所在無さげに待っています
カウンターでは、次の方は午後3時頃になるとの声が聞こえます
早く来てよかったです
なんとか、タイヤ交換を終え、今度はホームセンターへ
排水トラップの凍結防止に車のウインドウォッシャー液を5本ほど購入
一冬分のまとめ買い
住宅用の不凍液も販売されているのですが、とても高価で、一冬分となると引いてしまいます
その点ウインドウォッシャー液ですとJマートで2L一本178円ですみます
勿論-35℃OK、環境にも優しそうだし、不凍液はこれに限ります

これでなんとか

我が家の冬支度完了です

d0082305_6575855.jpg

編笠山も冠雪のよう






にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-19 06:59 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(2)
2012年 11月 17日

魔 が さ す

12-11-16

「魔がさす」という言葉がありますが
正に、魔がさした瞬間・・・

うららかな小春日和に誘われて
森に向かいます
朝の渋滞を避けて、10時ごろ出発
いつものように韮崎で高速を降り「七里岩ライン」をひた走る
行く手に信号、右北杜高校の標識が見えます
ちょうどお昼時間
お昼は何を食べようか、などと考えていたところ
と、どうした訳だか、何かに惹かれるように右折車線に・・・
なぜ、曲がるの
なんの意味もありませんが、曲がるしかありません
何をやっているのかと舌打ちしながら、北杜高校の先を右折して元の道に戻ろうとします
カーナビを見ると、なんとか元の道に繋がっているようです
しかしその道は、だんだんと細くなり、しまいにはほとんど畦道
やがてその道も終点、いや、ヘヤピンカーブ・・・
左手は土手、その上に元の道が走っています
そして右は用水路、Uターンできそうなところもありません
参りました
何回か切り返して、ヘヤピンカーブを行くしかなさそうです
二回ほど切り返したところ後輪がスリップ、前は土手

スタック・・・

イヤーな予感

車を降りて状況確認致しますと

あら恐ろしや

ヘヤピンカーブの曲がり口、道に対して真横になっております

後輪の後ろ10センチの先は



下は用水路

前方は法面ビッタリ

なんとまあ、下手を打ったものです

万事窮す

もう一度切り返していましたら・・・

間一髪

これは下手に動くわけには行きません
レスキュー呼ぶしかなさそうです
歩いてヘヤピンカーブを曲がるとすぐに元の道に出られます
目の前の看板から住所が判明
早速、JAFに電話します
今日はレスキューが多くて、二時間くらいかかるとのこと
状況を話すと
「場合によっては、費用がかかるかもしれませんよ」とのこと
仕方ありません
することもありませんので、サイドブレーキ目一杯引いて
ラジオを聞いていましたら
おっと、バッテリーが心配とエンジンを掛けようとしますが

あらっ、かかりません

バッテリーまであがってしまったようです・・・

泣きっ面に蜂

JAFを待つしかありません

己に対する苛立ちの二時間が経過し、あの青色のJAFのレッカー車が現れます
実に頼もしい
運転しているのは、二十歳代の人のよさそうな若者
車をおいて先ずは、状況確認
「危なかったですねー、やばかったですねー」
直ぐにレッカー車をヘヤピンカーブにバックで乗り入れ
まずはウインチで後ろに落ちないように固定
そして、二人してどうしたものかと腕組み、思案
強引に引っ張り上げることはできそうですが、車のバンパーが壊滅的な被害を受けます
車を無傷での救出、これが難題
前輪をジャッキアップしてアルミ製のブリッジを車輪の下に入れ、高低差をなくして引き上げる方法に決定
作業にかかります、しかし、傾斜地でのジャッキアップにはかなりの危険を伴います
ウインチで反対側を引っ張りながらの作業です
何回かのやり直しの後、なんとか成功
ここで、レスキューバッテリーを接続してエンジンを掛け、バッテリーを充電、自走に備えます
この間ノエルがおとなしく待っていてくれたのがありがたかったです
そして、今度は私が運転席につきハンドルを操作しながらの引き上げです
何度かレッカー車を前に移動しながらやっと引きあれに成功
自走で元の道に出ることができました
時間はすでに4時を回り薄暗くなりかけています
しかし良かった
そして、料金は
無料!!
なんと頼もしい存在でしょう、JAF様様です
そして
「時間がかかってすみませんでした、後片付けはしておきますので、どうぞお先に」
なんとプロフェッショナルなお言葉


大変な思いをしましたが

暮れなずむ

森に到着

なんともな

一日でありました・・・


d0082305_81413.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-17 07:20 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(8)
2012年 11月 15日

晩秋、木洩れ日

12-11-9

4時半に起きだします
階下に降りて、ストーブの中を見ると
かろうじて熾きが確認できます
勝手口の温度計を確認すると外気温-1℃、室内温度16℃
しかしもうすぐ気温は上がってくるはず
薪ストーブはかなり絞り込まなければ
熱くて大変のはず
かといって、消してしまうと
薄ら寒い・・・
小さめの薪を投入いたしますか


買物のついでに、DVDを借りてきた
一本は「亀は意外と早く泳ぐ」そして
「インスタント沼」

「亀」の方は、もしかして前に見たかもしれません、そんな予感がしたのですけれど
はっきりしませんので、借りて来ました
亭主が単身赴任中、亀に餌をやる事だけが日課の主婦
近所の石段を登っていると、上からリンゴが降ってくる・・・
慌てて伏せるが、その時に手すりの下に張られた、募集のステッカー?
何とスパイの募集??
ココデ記憶が蘇りました、見ました、これ
でも、かなり忘れていますの

最後まで見ましようか

今日は、カウチポテトと決め込みますか

一時停止して

フライビーンズとワインを取りにキッチンに


ふとデッキを見ると

錦と輝くノエルの森

そして、晩秋の木洩れ日と

d0082305_239967.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-15 02:39 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(2)