木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 30日

錦秋の森を -久しぶりのロング散歩その-2-

14-10-26

ここは彫刻の森と呼ばれ、多くの石彫が点在する美しい森でした
でしたというのは、今はその森が伐採され
荒涼とした荒れ地に、石彫たちが呆然と立ち尽くしている
なんだか哀れでなりません
鹿よけの柵で囲われていますから、植林のつもりはあるのでしょうけど
もう少し景観を考えた伐採はできなかったのでしょうか
なんだか情けなくなってきますよ
そんな無残な森から目を背け、伐採を免れた森に分け入ります

林道の分岐点、上に行くと不動清水と呼ばれる湧水のほうに出ますが
またまたハードな散歩となります
今日は、下に下りましょう
転がり落ちそうな急斜面を用心しながら、滑り落ちるように下ります
日はだいぶ高くなって、黄色く色付いた木々の葉を輝かせます
見上げると、雲ひとつない空に向かって
そそり立つ黄金色の衣装を纏った落葉松たち
幽玄の森の、幕開けです

急斜面を降り切ると、少し広い林道に出ます
木々の伐採のために整備された林道です
前方に、鹿の群れが走る
最近はゴウ介もあぐ菜も深追いしません、所詮かなわないと諦めたのでしょうか
きらきらと降り注ぐ晩秋の木洩れ日
木々の間から垣間見える山並み
そんな林道を歩きます
しばらくすると、またしても広大な草地が広がる
ここもまた、かつては深い森でした
ここも鹿よけの柵で囲われていますので、ゆくゆくは植林さされるのでしょうけど
私にはここが再び森の木々で覆われれた光景は、まず見ることができないですね
ここから右に折れ、再び森の中を下る
途中、湧水なのでしょうか、幾つかの鹿かあるいは猪の、ヌタバができています
やがて森は開け、いつもの防火帯に出ます
幅10m位の防火帯、すでにススキは刈られ見通しがよくなっています

振り向けば

両側の黄金色の落葉松の高い壁

その中を天まで繋がっていそうな

晩秋の、防火帯

d0082305_06103615.jpg

d0082305_06105542.jpg
d0082305_06111193.jpg
d0082305_06133873.jpg
d0082305_06135981.jpg
振り返れば、天に向かって続く路
d0082305_06162838.jpg
前方には、秋の雲
d0082305_06165878.jpg
d0082305_06175079.jpg

d0082305_06215449.jpg
二時間の散歩を終えて帰ってきました
ノエルの森

ここもまた
錦秋の森でありました










by takibiyarou | 2014-10-30 06:24 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2014年 10月 29日

錦秋の森を -久しぶりのロング散歩その-1-

14-10-26

昨夜、ゴウ介家でご馳走になり帰宅し
少し寝てしまいました
気がつくと、10時
ノエルを森に出し、用足し

午前三時半、いつものようにノエルに呼ばれる
ノエルを森に出し、お腹を支えるようにして、用足し
このところ、後ろ足の力が弱り、支えきれないようなので
支えながらの用足しとなる
ノエルの食事のついでに、私の粥も炊く

森が白み始めたころ、熱々のお粥を頂く
梅干しと味噌汁が旨い

森が完全に明るくなったころ
ゴウ介家が寄ってくれた
朝のお散歩、とは言えど、ゴウ介家のお散歩は並ではない
今朝は近くのスキー場の上にある彫刻の森に行くという、2時間コース
久しぶりに、お付き合いいたしますか
今日は登山靴を履いて出かけます
ノエルが元気なころにはよく行った場所なんですが、今ではとんとご無沙汰です
明るくはなってきたのですが、森の中はまだ薄暗い
そんな森を抜けると、スキー場の裏手に出る
鹿よけの柵を抜けると一気に急斜面となる、すべる坂を足を踏ん張利ながら上ってゆく、さて40度近い急斜面
次第に岩場となり胸突き八丁と云うよりは、ロッククライミングに近くなる
そんな斜面をゴウ介とあぐ菜が駆け上がる

息は上がるり、足は思うようには上がらなくなってくる、が、もう少し
やっと頂上に近づき振り返ると、いきなり視界が開ける
開けた視界の向こうには、黄色く色づき始めた裾野が広がり
上り始めた朝日に輝く

昔はこの上まで車で来ることが出来たのですが
町が商売気出して、一般車両を通行止めして専用のカートで上ることになっている
なので、我々は展望台の下から急斜面をまっすぐに上ってくるのです
これが、山男のラガーマンゴウ介家のお散歩コースなんです、かなりキツイコースです・・・
展望台に立つと、秩父から富士山そして南アルプスと
眼前にパノラマが広がる
日の出には間に合いませんでしたが、それでも言葉にならないくらい美しい
ススキの尾花が朝日に輝く

d0082305_06482725.jpg
d0082305_06531756.jpg

西側の展望台からは、南アルプス連峰から北アルプスまで見渡せる
スキーコースの見える入笠山のすぐ右後ろになにやら煙が見えます
噴火した御嶽山のようです
正面には諏訪の町が広がり諏訪湖には霧が沸く

見渡す限り真黄色に染まるあの絶景には、少しだけ早いようです


d0082305_07044117.jpg

d0082305_06494991.jpg
d0082305_06510350.jpg


さて

鹿の道を廻って

帰りますか

目の前を、鹿の群れが走り抜ける?

ここは鹿除けの電気柵が巡らされた中のはずなんですが・・・

なぜだか、あの美しい」森が無残にもかなり伐採されています

鹿除けの電気柵を巡らしてあるのですから

苗木を植える予定なのでしょうか

それにしても、鹿たちには

人間の作った柵など通じはしませんね

まるで、鹿牧場・・・


点在する石の彫刻郡を巡り

再び錦秋の森へと、分け入る













by takibiyarou | 2014-10-29 06:53 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 28日

森へ

14-10-25

今日は集合住宅の理事会
今月、私の独断でやってきたセンサーライト設置やら、鍵の交換などなど
報告、承認を受ける
昨今いやな事件が多いので、玄関ロビーの防犯カメラの増設を提案、承認を受ける
残り一ヶ月弱となった給排水設備改修工事の経過報告を受け、お昼前に終了
いそいそとお山に出かける

西新宿の手前で事故渋滞に捕まる
トラックと乗用車2台による大事故らしいが
ほどなく渋滞も解消し順調なドライブとなる

秋晴れの中央道をひた走り、談合坂PAで遅い昼食
濃い味付けの焼きそばも、たまにはいいですね
ゴウ介家にTELしてみますと、やはりお山
宴の準備して待っていてくれるとのこと
今日は土曜、ETCが30%割引なので、そのまま高速で小淵沢ICに向かう

暗くなる前に到着

ICを降りるころから、周りの風景は秋色へと変わり

そして標高を増すほどに、錦秋の森へと


d0082305_06381509.jpg










by takibiyarou | 2014-10-28 06:40 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2014年 10月 27日

薪仕事

14-10-18

散歩から帰ってきて一服

さて、やりますか

今回、腰痛ベルトを忘れてきてしまい

どうしたものかと、思案していた

薪仕事

先月でしたか、お向いさんに薪を配達していた管理事務所のお兄さんに注文した、薪

届いています

裏に、山積み

安いのですけど、大半が針葉樹

針葉樹は敬遠しておりましたのですが、何せ、ほとんど隠居の身

贅沢は言っておられません

二年も野積みして乾燥させれば大丈夫でしょう、たぶん・・・



腰痛ベルト無でやりますか

無理せづに、やれるとこまでやりますか

薪仕事

薪山の移動なんです


野積みしていた薪を薪棚に移し

山積みの新しい薪を野積みする、力仕事、重労働

ガラスの腰を労わりつつ

何とか移動を終えました
d0082305_09134088.jpg
d0082305_09135548.jpg
朝風呂でも

立てますか












by takibiyarou | 2014-10-27 04:30 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 25日

夜明け前からの散歩



14-10-18

ノエルの森の鬱蒼を抜けると

森はもうだいぶ明るくなっています

鳥たちの囀りの中、一人歩く

道沿いの山荘に車の姿はない

さっきまで、墨色のシルエットでした森の木々も

次第にその実態を見せ始める

やがて

森のすそ野がきらりと輝き

いつもの山路をめぐり、帰途につくころには

既に日は高くなっている


d0082305_07004677.jpg


d0082305_08525793.jpg
d0082305_08534111.jpg




朝の光は、森の木の葉を通り抜け

秋のステンドグラスを輝かす


幽玄の森

ただ今、準備中














by takibiyarou | 2014-10-25 04:29 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2014年 10月 23日

夜明けまえの朝餉

14-10-18

そろそろ4時頃でしょうか
体の痛さに目を覚まします
昨夜は12時ごろノエルに起こされ、森で用足し
またまた2時頃に空腹を訴える
仕方ないので、かなり早めの朝食を与えるが
寝つけない様子
仕方なく、安楽椅子をベッドにして毛布をかぶり添い寝するも
体が痛くて、こちらが眠れない・・・
こんな時には、起きますか

薪ストーブの熾きを掻きお越し、薪を一本だけ足す

森はまだ闇の中


深鍋に、半合の米で粥を焚く

煮干し出汁の味噌汁は、お揚げとわかめ

夕べの残りの肉じゃがも、温める



d0082305_08243905.jpg
粥が炊けたようなので

夜明け前の朝餉としますか

二年物の梅干し二つ

ノエルには、煮干しの出汁ガラ














by takibiyarou | 2014-10-23 04:42 | ノエル | Trackback | Comments(3)
2014年 10月 22日

お山に舞い戻る

14-10-17

超大型台風を先導するように、一端は下山したものの
すぐにノエル婆さんと、お山に舞い戻り
悪化した持病(山欠症候群)の療養に専念しております
超大型台風の襲来予報にもかかわらず、ほとんどのご近所さんが来られていました先週と比べ
見事に、だーれもいないお山です

懸念しておりました超大型台風の影響もはほとんど無いようです
変化としましては
多少増えた枯葉と、空にしておいたはずの睡蓮鉢の水がいっぱいになっていた事ぐらいでしょうか
もう少し太い枝など散乱しているかと思っておりましたが
しっかりと防風林の役割を果たしてくれたノエルの森です

外気温は5.6℃
室温は13℃、蓄熱暖房のタイマー設定で昨日までOFFになっていた為のようです
少し着込めば、それほど寒くはないのですが

焚きますか、薪ストーブ

今シーズン初焚きかと思いきや、先々週家内たちがしっかりと焚いておりました
綺麗に掃除しておいた耐熱ガラスが少し汚れていますので、判るんです

ぶつぶつと文句を言いながら、ガラスを磨き
薪を3本くらい敷く、その上に焚きつけの小割りを載せ、その上、松ぽっくりを載せる
そしてバーナーで小割りに着火します
炉内に白い煙が充満し、手元まで漏れ出してきます
ダンパーが閉まったままです
慌てて開きますと、充満していた白い煙が煙突のほうに引かれてゆきます
小割りと松ぽっくりに火が付きますと、後は空気ダンパーを開いて待つばかり

やがてチヨロチョロと忙しそうな小割りの炎は、下に敷かれた薪に移り
安定したオレンジ色の炎となります

真冬にはこのあたりでもう少し薪を足すのですが

まだまだそんなに寒くはありません

今日の所はこのくらいにしておきましょうか

d0082305_07274537.jpg




by takibiyarou | 2014-10-22 07:28 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2014年 10月 22日

夜明け前のひと時

14-10-18

朝餉を終えたころ

森は少しだけ白んでくる

薄鼠色の背景に浮かぶシルエットの森

こんな夜明け前のひと時が、好きなんです

ゆっくりとした、森の時間と一体となれるとき

なので我が家には、雨戸もカーテンありません

灯りは常夜灯のほのかな光

熱々の野草茶がありがたい





d0082305_08345859.jpg
だいぶ明るくなってきましたねー

眠っているノエルを残して


お散歩、しましょうか














by takibiyarou | 2014-10-22 04:30 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 17日

室内疎開

14-10-12

森はまだ晴れてはいますが

夕方くらいから、台風の影響下に入るかもしれません

18号の時には大雨で、睡蓮鉢のメダカが流出するのではないかと気をもみました

なので今回は早めに退避させることに致します

室内の冬季疎開用の水槽にはメダカが5匹、睡蓮鉢には3匹のメダカを放しておりましたが

さて、何匹生き抜いてくれましたでしょうか

睡蓮鉢に浮かぶ落ち葉をすくい、ボールで水をかえだす

水深が浅くなったところで、捕獲網ですくいます

いましたいました

一匹、二匹、そして三匹

全員元気でボウフラ退治の任務を果たしていてくれたようですねー


室内水槽の濾過フイルターを綺麗に洗い

屋外勤務のメダカと水草を、冬季疎開させてあげました

ご苦労さまでした

温かい水槽でゆっくりとおやすみくださいな

d0082305_05063513.jpg








by takibiyarou | 2014-10-17 05:07 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2014年 10月 16日

持病の治療

14-10-12

森に着き

まずは、持病の治療の準備

ノエル婆さんに留守番を託し

市場かご引っさげての、お買いもの

行きがけにゴウ介家に寄り、宴の話、まとまる

お買いものなんですが

今回は、滞在期間も少ないので、少しだけ

ノエルの牛乳とおから、生タコがなかったので、半生状態の蒸しタコ

温野菜用のブロッコリと人参と、ノエルの主食の大根

そんなもの買い込んで

早速、森に帰って持病の治療に取り掛かります


台風の接近のためでしょうか

デッキでも気温はさほど寒くもなく

少し着込んで、森に浸る

森の木の葉も、紅く色づき始めましたね

肴は、蒸しタコのお刺身

キンキンに凍らせた「デンキブランの40度」

秋の森が

全身に沁みてゆきます
d0082305_06255208.jpg
色づいたブルーベリー





















by takibiyarou | 2014-10-16 05:06 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)