木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 28日

赤ちゃんのお尻とはもうしませんが

15-05-28

この冬はかかとのひび割れに悩まされました
お歳しのせいか、油分の抜けたかかとはガサガサ
軽石で擦ってみたり
かかと用のヤスリを使ってみたりしますが
一度角質化したかかとは思うように綺麗にはなりません
悪くするとよけいガサガサしてきて大変です
それでお山のような乾燥地帯におりますと、そこがぱかっと割れて
歩くにも難儀となります
いろんな薬やらクリームも試してみましたが、あまり効果はありませんでした
そんな私にも十数年前には秘策がありました
昔「69ハップ(ムトウハップ)」という硫黄系の入浴剤でした
そう、前に温泉にこれを入れて白濁させて温泉偽装していた事件もありましたね
この入浴剤の原液をほんの少し軽石に付けて、かかとを擦ると、あら不思議
かかとの角質が消しゴムのカスのようにどんどんと取れて、なんと、つるつるのかかとになるのです
ずいぶんと重宝していたのですが
十数年前でしようか、この入浴剤とカビ取り剤を反応させて、そのガスで自殺するということが頻発したことがありました
そのことに責任を感じたメーカーは、「69ハップ」の製造を取りやめて、老舗の暖簾を下ろしたのです
それ以来、私のかかとは角質化の一途をたどったのです
そんな時、ネット上で思わぬ発見がありました
この入浴剤の原液のかかとへの使用方は私だけではなく、かなり広く知られていたようです
69ハップ・かかと で検索するとかなり出てきます
もちろんメーカーの推奨なんかはありません
そんな中に、やはり私同様にかかとの角質を何とかしたいと探していて
「正統なる69ハップの後継者「湯の素」なるものを見つけた」との記事に遭遇いたしました
これを検索してみますと有りました、「湯の素
やはり、「・湯の素は入浴剤として使用する以外は使用しないでください。」とある、が
早速注文してみる
400ml入り、私のような使い方ですとこれ一本で一生使えそうです(年数が立つと結晶してしまうので一生は使えません)

先日届きました「湯の素」

匂いを嗅いでみると、まさに「69ハップ」そのまま

あれほど頑固でした私のかかとの角質も

今では柔らか、すべすべ

あかちゃんのお尻とはもうしませんが・・・

d0082305_06452200.jpg
何度も申しますが
決してメーカの推奨ではありません









by takibiyarou | 2015-05-28 06:51 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 27日

伐採が始まったらしい

15-05-27

先日、お山の町役場から
「伐採及び伐採後の造林の計画の適合通知書」なるものが届きました
ノエルの森の再生計画を立てたとき、町に提出した申請に対する返答らしい
すぐに伐採を依頼した[.com]さんにメールで送る
そして昨日から、ノエルの森の伐採が始まりました
まずはクレーンの届かない奥の方の赤松4,5本から
伐採に当たり森の奥の枯れた白樺2本が邪魔になるので、切らせてほしいとの連絡あり
かれている白樺なので、OKを出す
45cmの球切りにしてくれるそうなので、薪に使えそうです
今回の伐採は、決して森を切り開くつもりではなく
余りにも陽の入らなくなった森に、少しだけ陽の光を少しだけ届けること
そして、最近の豪雪を考え、曲がりくねった赤松の危険性を排除することが目的なんです
赤松は常緑のため、雪がその枝葉に積もり、そして凍る
その重さに耐えきれなくなると、幹の途中から「バキッ」と折れる
現に折れた赤松がノエルの森の目の前に、今でもその残骸をさらしている
森の奥の伐採が終わると
今度はクレーンを使っての道路沿いの大木の伐採が始まる
本当は切りたくないのですが、道路に覆いかぶさり
危険度が大きい
伐採後の植栽計画は、状況を見てから決めることにしていますが

さて、どんなことになりますでしょうか

d0082305_05351547.jpg










by takibiyarou | 2015-05-27 05:36 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 26日

原因が判れば

15-05-26

先日、急遽下山したのは
セラの様子が少し変だったのが理由でした
しかし下山してみるとセラ、いたって元気
いったいなんだったのだろう???
次の日
家内から、セラがヒートを迎えていることを知らされる
ノエルはヒートを迎える前に避妊手術をしましたので
ヒートを迎えるのは初めてなのです
最初に獣医さんに行ったとき、避妊の手術をしていないことを知り
何れはしなければ、と思っていた矢先
先日、セラの様子が少し変でしたのも
たぶんそのせいだったのかと
原因が判れば安心です
今は
子供用の紙オムツに尻尾穴開けて履かせています
d0082305_05493992.jpg











by takibiyarou | 2015-05-26 05:51 | ノエル と セラ | Trackback | Comments(3)
2015年 05月 25日

お預け・・・

15-05-21

ぼちぼちお山に出かけようとしていた矢先
お仕事が入ってしまいました
ほとんど隠居、年金頼みの親父にとってはありがたいことなんですが
今週末は行けそうにありません

そういえば
先日の日曜日に急遽下山
セラを散歩させっていると、なんだか歩行に勢いがない
それでも鹿の匂いを嗅ぎつけると、犬が変わるのですけれど
それでもなんだか様子が変
途中で伏せって寝てしまう始末
何度かのお散歩でも同じように、日向にうずくまってお昼寝を始める始末
食欲はあるし、下痢も無し
暖かいとはいえ、お山の朝夕は少し冷えます
なので、日向ぼっこがしたいのかと
日当たりのいいお向いさんのデッキ脇に繫いでみると
日向でしばらく寝込んでいます
さむいだけならいいのですが、なんだかいつものセラと違うようで気になります
日曜日はほとんどの獣医さんもお休み
しかし落ち着きません
下山いたしますか

ということで、日曜日のお昼に下山
途中、数カ所の事故渋滞に巻き込まれ
わが家に付いたのは午後6時半・・・
車から降りてきたセラは、いたって元気
何だったのでしょうか
お陰でクタクタ
セラの散歩がてら、お土産の朝採りのワラビ持参で行きつけの居酒屋へ
セラの入店許可書の有るお店です

次にお山に行くときには
森の再生計画は遂行されているでしょうか
してんちゃんは飢えていないか
心配です



d0082305_17454655.jpg
既に鬱蒼のノエルの森














by takibiyarou | 2015-05-25 04:26 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 22日

八重のヤマブキが花盛り

15-05-17

このところノエルを一日玄関先に出しています
ここが我が家ではノエルの視点で庭を見渡せる最良の場所
室内で寝かせていますと、一日中うつらうつらとしているノエルですが
屋外に連れ出すと、むっくりと上半身を起こしている時間がかなり多くなります
なんだか元気が出てきたようで嬉しくなります
食欲も一段と増してきた感もあります
それと反対に、セラはすぐに家に入りたがり
そして、蓄熱暖房器に接するように丸くなります
アウトドア派なのかインドア派なのかわからなくなります
短毛ですので寒いのでしょうか・・・
d0082305_05572723.jpg
d0082305_06054040.jpg

森の入口付近では

八重のヤマブキが花盛り













by takibiyarou | 2015-05-22 04:28 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 21日

桜の次はヅミの花

15-05-17

お山の山桜の散った後は

ズミの花

真っ白な、小さなお花です

今年も綺麗に咲き乱れております

少し地味な山桜よりも、いっそう華やかな気がします

ヅミはバラ科リンゴ属、リンゴに近縁な野生種だそうだ

でも、小梨とも呼ばれるから不思議です

お隣の道沿い、そしてお向いの玄関、大木のずみが花盛り

わが家にもあるのですが

巨大な赤松と、カラマツに押さえつけられてみじめ

今回のノエルの森復活計画で

わが家の山桜とヅミ、復活してくれるでしょうか

d0082305_05313426.jpg
小梨ともよばれるヅミの花













by takibiyarou | 2015-05-21 05:43 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 18日

リスのいる窓辺の風景

15-05-16

昨日からお山です
初めての新車XVのロングドライブ
以前のアウトバックに比べ車体が軽いのか
少し安定感に欠けるような気がするが、高速道で前の車に自動的に追従してくれるのは
非常に助かります
前の車が速度を落とせば自動的に速度を落とし
アクセルからもブレーキからも足を話していられるのは、これは楽です
ハイブリッドによる燃費の向上はまだ実感としてはありませんが・・・

ゴウ介家も来ていましたので
山菜の天ぷらでお昼をごちそうになり、夜は我が家で宴でした

さていつものように4時半に起床
この間まで野良をやっていたとは思えない、へそ天のセラを叩きお起こし
お散歩です
昨夜、2時頃におきたときはまだ降っていなかったのですが
4時半には森は小雨
さて困りましたねー
今日はご近所さんの薪ストーブのメンテナンスにはるばると、師匠が来られる日なのです
天気予報を確認すると、雨は午前9時で上がり曇りのち晴れと
小雨の中、気の進まないセラと少しだけお散歩

食事の準備をしてしてんちゃん

雨に現れた新緑の森を背景に無心に餌を食べる姿は、実にいいものですねー
d0082305_11063423.jpg
d0082305_11070072.jpg
予報通りに雨は9時には上がり、日も差してきました
昼食後、ご近所さんの所に伺うと
既に、師匠は到着されて
薪ストーブの焚き方講習が始まろうとしておりました
ドブレと云うベルギーのメーカーの薪ストーブを導入されている
3シーズンを経過したので、煙突の清掃とストーブのメンテナンス
そして、なかなかうまくいかない薪ストーブの炊き方を是非に伝授してほしいとの要望で
我が薪ストーブの師匠をご紹介させ手頂きました

師匠は真っ黒になったストーブのガラスの清掃中
間違った炊き方すると、こうなるのです・・・
こびり付いたタールを洗浄剤と灰で綺麗に落とし
こうならない炊き方を伝授
まずは、薪の積み方
着火方法は、上から着火の河原式
空気の調整の説明
そして、後は、250℃に達するのを待つ
もちろん、薪はどんどんと追加する
まずストーブを250℃にあげるのがポイント
薪を惜しんで低い温度で空気弁を閉じてしまうと
不完全燃焼を起こし、ガラス窓は真っ黒となる

奥様は一生懸命にメモを取りながら聞いています
ストーブを設置した業者からは一応焚き方のアドバイスはあったようなのです
所詮は、取扱説明書を読んだ程度の知識
日常自分で焚いている人とはとはまるで違うようです

セラを散に二連れて行き帰ってくると
さっきまで赤々と燃えていたストーブはすでに、ばらばらに分解されている
屋根に上り、煙突のトップを外しての清掃
そして煙突本体の掃除
かなりの量のタールと煤です
ばらばらにされた本体も、隅々まで掃除され再組立て
実にすっきりといたしました

夕方
こちらの宴に参加させて頂きました

d0082305_11075395.jpg
d0082305_11080875.jpg
















by takibiyarou | 2015-05-18 11:10 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 14日

XVがやってきた

15-05-11

昨日下山
先日お山にディーラーからの連絡が入り
納車の準備ができたとのこと

久々にアウトバックの洗車
積んでいた荷物をすべておろし、室内も稔入りに掃除機をかける
まだまだ乗れそうなのですが、諸事情で、XVに乗り変えることにいたしました
アウトバックは乗り心地も非常によく、信頼できる愛車でありました
19万Kmも走りましたので、ほとんどただ同然で引き取られることとなる

11日午後よりディーラーにて納車
新旧の車を並べてその中央に私が入り、記念写真を撮ってくれる
最初の点検の時に、額に入れてくれるそうだが・・・
念入りに新車の説明を受け、諸手続ききを済ませる
今度のXVはHYBRID車なのですが
それほどの燃費は期待できそうにないらしい
なんでも2,000ccなので、そのパワー不足をモーターで補助するらしい
設定が面倒なので携帯のハンズフリー設定もお願いした

しかしこのXV、かなり人気の車種らしい
集合住宅のお隣さん、全く同じ車であります、色までも・・・
そしてお山の西遊庵さんも、お向いさん色違いで同じ車
他にも数台見かける
それまではアウトバックが主流でしたが、みなさんXVに乗り換えている
しかし、お山のスバラー度の高さはすごいものです
色は地味目のデザートカーキ
出来るだけ森に溶け込んでほしいです

ガソリンを入れて帰宅して、今回搭載した車載カメラのデータをPCで確認すると
工場での整備風景しか映っていない、改めてみると録画のパイロットランプも消えています
再度ディーラーに戻り整備員に配線のチエックをお願い
やはり配線の接続が甘かったらしい


セラと散歩

車のディーラーは歩いてもすぐの所なんです

いつもの散歩のルート

ディーラーの大き駐車場の片隅に見慣れた顔が・・・

そう、私が手放したアウトバック

なんだか寂しそう・・・


d0082305_07052495.jpg








by takibiyarou | 2015-05-14 04:51 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 13日

陽光に誘われて

15-05-13

ずいぶんとだらけた連休を過ごしたためか
下山してのリハビリに時間がかかっております

連休中はお山も夏日を思わせる陽気で
咲きだした山桜も早々に散り
若葉も一気呵成に出現し、すでに森は鬱蒼の森
そんな陽気に誘われて
いつもなら室内で寝たっきりのノエルを、陽光の下に連れ出しました
玄関の土間に布団を敷き、ノエルを横たえますと
あら不思議
上半身を起こして、外界からの刺激を楽しんでいるようです
セラも時々横に割り込んで
二人で昼寝を楽しんでおりました
d0082305_05212541.jpg















by takibiyarou | 2015-05-13 05:24 | ノエル と セラ | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 10日

森の再生計画

15-05-09

このところ、お向いさんの森に植える樹木の相談だとか
ゴウ介家のご友人の森の樹木の買い出し同行だとか
また先日は、北隣の樹木の植え込みに立ち会うことができたり、と
森について考える事が多かったように思われる
ご近所でもかなりの伐採が行われ、森が次第に失われていくようで、寂しい限りであります
とはいえ、森の木々にも寿命がありそれにつれて、森も変化して行くものです
ノエルも森も例外ではありません
先日、枯れた白樺を3,4本伐採いたしました
白樺は日光を好む樹木だそうなので、木洩れ日の森では生きていけなかったようです

連休も終わり、森に静けさが返ってきたころ
呑み仲間を失ない、一日中森を徘徊していますと
森の状態がよく見えてきます
くねくねと曲がった赤松と隣接するカラマツとが空を覆い
花木はほとんど花を付けません
木洩れ日すら満足に入ってこない、ちょっとかわいそうな森となっていることに気付きました
特に古い赤松は一段下がった表の路に傾き覆いかぶさっています
雪の重みに耐えかねて、途中から折れている赤松をよく目にします
ノエルの森の赤松も良くない状態のよう

日がな一日森を眺め、思いめぐらす

意を決して、友人の木こりに相談することに

早速軽トラで駆けつけてくれました
いつも薪をお願いしています「草刈.com」さん
彼の意見も、やはり赤松は伐採した方がいいだろうとのこと
そうすれば、かなり窮屈を強いられていた山桜や小梨ももっと枝を広げることができそうだ
二人で森を徘徊し、伐採候補を選び出す

おそらく、この森ができてからほとんど伐採されていないノエルの森

「余り景観を壊すことなく、それでいて安全かつ森に陽を居れる事」

そんな条件で、10本ばかりの赤松が選ばれました

他の木々をなるべく痛め無いように伐採してほしい

おそらく重機を使っての作業となるようです

d0082305_05295275.jpg
d0082305_05373776.jpg

無残にも
死の宣告を受けた赤松たち








by takibiyarou | 2015-05-10 05:31 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)