木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 22日

理事長様のお仕事

15-08-22

心地よいお山を離れ
下界に降りてまいりました

お散歩三昧の毎日
友人との宴と、のんびりと暮らしておりましたが
いよいよ、今年度の、我が集合住宅の今年度の工事が始まります
なので、理事長様といたしましては
しぶしぶ下山と相成ります

今回はすでに40年を経過した我が集合住の少しでもイメージアップを図るため
玄関ロビーのリニュアルに伴い、オートロックの導入であります
三カ所の扉を自動ドア化し、さらに4カ所に新規電気錠の扉を設置する
かなり大規模な工事なんです
工事といたしましてはそれほどの困難もなく
器具の取り換え作業は着実に進み、午前中には完了
点灯試験
おおーー明るい、声が聞こえます
確かに、倍くらいの照度にはなっています
確かに・・・
しかし、しかし、まずいです・・・
LEDの青白っぽい光に、かなりの違和感を感じます
どうやら、指定の電球色ではなく昼光色の器具らしい
職人さんたちは、明るいなーと喜んでいますが
私の額には、4、5本の縦ラインが浮き上がります
まずいです
この照明は、工場ははたまた事務所
とても、玄関ロビー光ではありません
一灯二灯であれば、即交換ですが
いかんせん、数が多い、30灯余りの数なんです
当然業者のミスではあるのですが、これを追求すれば
業者として今回の工事の利益はふっ飛ぶはず
どうしたものでしょうか・・・
昔なら、今度電球を変える時に電灯色にしましょうかといった所なんですが
今の器具は電球と器具が一体で電球だけの取り換えができないいのです

私さえ黙っていれば、少し明るく成りすぎましたかね
程度で落ち着くのでしょうけだど・・・
一応、指示と違うことは抗議いたしましたが、取り替えは指示できませんでした
何とか目をつぶるしかありませんかねー

夜中、セラのお散歩でロビーを通りますが
何とも、いやーな感じです
床についても
先ほどの照明の記憶がよみがえり、何とも寝つけません
仕方なく、ネットで検索
色温度変換フイルムを探します
光には明るさの照度とは別に、色温度があります
色温度はケルビン(K)であらわされるのもなんですが
この色温度、約5000(K)の白色光を中心に数値が増すごとに青みを帯び
数値が下がるごとに赤みが増す
蛍光灯の昼光色が約6000(K)に対し、電灯色は2800(K)位いなんです

この色温度を変えることのできるフイルターフイルムを探します
昔は「ゼラチン」と呼ばれる舞台用のフイルムが有りましたが・・・

ネットで探しますと幾つかのフイルムが見つかりました
6500KのLEDの光を3800Kに変換、透光率70%
このフイルムが使えるかもしれません
6500Kを3800Kに変換できれば、5000kであれば約2900kに

この藁に縋りましょうか!!!

LED電球に貼りつけるため、透明度の高く、耐熱性の優れた特殊両面テープとセットで即購入

d0082305_19212439.jpg
届いたフイルムで即実験
まだ工事中のため
白の養生フイルムに覆われた自動ドアのエンジン部
右は昼光色5000k、左は色温度変換フイルムで約2900kに変換された電灯色の光
良かった
何とかなりそうです
一生の後悔は免れそうですか・・・

いつもながら
照明は
怖いのです・・・

昨日までは風除室側のSUS鏡面の自動扉設置まで

週明けには表側の衣装自動扉の設置です


これ以上のアクシデントが無ければいいのですが・・・


d0082305_19344348.jpg
d0082305_19361929.jpg

簡単な完成予想図を作ってみました

理事長様のお仕事

結構大変です・・・
























by takibiyarou | 2015-08-22 19:38 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(9)
2015年 08月 11日

仕上げの梅仕事

15-08-10

梅を干して今日で三日目
二日目の午後、急に雨が降り出し
慌てて屋根に駆け上り、笊にビニール袋をかぶせました
危ないところでした
今日は日差しも強く、最終日には持って来い
二時間おきに丹念にひっくり返す
d0082305_07150487.jpg
さて
枝打ちでもしてきましょうか
先日
セラがぶんた家に一人で出かけてしまい、貰い受けに行ったとき
ぶんた家のもう八十になるお婆ちゃん
庭の枝を伐りたくて、通販で買った高枝伐りチェンソー
買ったはいいが、あまりの重さにどうにもならず
差し上げるので持って帰ってほしいと・・・
三段に伸びて3m位まで伐れるらしい
頂くのはいいが、それではあまりにも申し訳ないので
私のできる範囲で枝を払ってあげることに

セラを家に入れて
7尺の脚立担いでいざ、ぶんた家に
樹木は思う以上に高いもの
いざ脚立を立ててみると、伐るべき枝は遥か上
脚立を組み換え梯子に仕立てて木にロープで結び、再挑戦
どうやら届きそうです
しかし、しかしです
三段に伸ばしたこの高枝伐りチェンソー
説明書には3.7Kgとありますが
3mの柄の先の3.7Kg、手この原理が働いて手元にかかる重さは約10Kg
何とも重くて自由がまるで効きません
それでも何とか、モミの木と桜の枝を払う
落とした枝をチェンソーで細かくしていますと
目の前に、セラがいます
危ないからどいて
えっ
なんでセラがいるの
周りを見るが、誰かがセラを連れてきたわけではないらしい
どうやら一人でドアを開けて出て来たらしい
ドアノブは、押し上げないと開かないはずなんですが・・・

汗だくで、ご褒美のビールを頂く

さて

帰って

シャワー浴びて

ひと眠り、いたしますかねー


d0082305_07213628.jpg





by takibiyarou | 2015-08-11 07:20 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(4)
2015年 08月 10日

落雷

15-08-06

灼熱の下界を抜け出し、森にいます

朝のお散歩の後、意を決して下界を脱出
折からの渋滞の中、6時間かけてお昼過ぎ森に到着
森は下界とは比べようはありませんが、それでも暑い

ワンコたちに氷水を与えて、私は冷たーいビール
といきたいところなんですが、ぐっと我慢して
まずは、お買いもの
余りの暑さに、セラは家に置いていく
一週間分くらいを仕入れる

お買い物から帰り、セラとお散歩
ゆっくりと地区を一週
お盆近いので、多くのお宅の前には車が止まっています
にぎやかな季節となりました
ふと見上げると
先ほどまで、晴れていた空は
雲に覆われ、遠くで何やらゴロゴロとなり出てきました
雷の音を聞いてセラは、かなり不安そうです
降られる前に帰りますか

帰ってくると、セラ、お向いさんのデッキに駆け上がる
川越のお酒と飛騨のお土産「金子」(鮎の卵の塩漬け)を頂く
ゴロゴロの音が近づいてきたようです
セラがパニック起こす前に家に入りましょう

雨も降ってきました
雷の音はますます近く、稲妻が走ります
雨はますます激しく、稲妻が帳の降りた森を一瞬照らす
やがて雨はバケツをひっくり返した状態を上回り、滝と化す
実にすさまじい限りです
d0082305_07211116.jpg
雷鳴もかなり大きくなってきました
音もゴロゴロではなく、がががーーガーン
セラがいません
どこに行ったのでしょうか
何度か呼ぶと、なんと二階に避難していました・・・
すさまじい雷雨の中、買ってきたお刺身で、一杯
その時
地響きとともに轟音が耳をつんざく、一瞬目の前がオレンジ色に染まり、次の瞬間
暗幕が天井から降ってくる 
暗闇・・・

停電のようです
しばらく待っていましたが、なかなか復旧しません

仕方なく、暗闇の中キャンドルを探す
キャンドルの灯りで一杯
キャンドルはテーブルの上に置くと、それほど明るくないので
後の時代箪笥の上に置く
キャンドル5個を灯しても、やっと刺身の有りかが判るくらい
こんな明かりの中、勉学に励んだ先人の凄さを改めて思う
d0082305_07221515.jpg

ふと目を覚ます
まだ闇の中、キャンドルの僅かな明かりが揺らめく
おや・・・
北隣のお宅には照明が点いています
慌ててお向いさんを見ると、やはり照明が・・・
どうも復旧していないのは我が家だけのようです
懐中電灯頼りに分電盤をまさぐる
メインのブレーカーは上がっています??
さらにまさぐると、小さなブレーカーが落ちている
これを上げると
まぶしいくらいの明るさが帰ってきました
異常高電圧用のブレーカーが作動したようです

仕事中のPC 、無事でよかったです


















by takibiyarou | 2015-08-10 07:22 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 05日

酷暑の下界にまだいます

15-08-05

連日の暑さにウンザリしております

早くお山に行きたいのですが

先月からのお仕事の変更などが重なり

仕方なく、PCの前から離れられません

それに

集合住宅の理事長様のお仕事も連日続いております

今回の工事は

古い作りの我が建物に

新しい三カ所の自動ドア・それに伴うオートロックの導入であります

連日各新設扉や自動ドアの図面をチエック

住民に対する告知ツール作りと、連日の暑さの中

冷房不完備の管理事務所で扇風機頼りに頑張っております

しかし、この分で行きますといづれは熱中症に倒れそうです

何とか、冷房を入れる算段もせねばなりません

そんな中

先日の花火大会

いつもはお山なので、花火大会は久しぶりなんです

セラを連れて出かけてみますが

突然の花火の音にセラが、大パニック!!!

お山での鹿どころの騒ぎではありません

この音に対する過剰な反応が

セラを野良にしてしまった原因かもしれません


何とか家まで戻り、家内に預ける

私はもう一度

花火見ながら

一杯やってきますかねー

d0082305_08232981.jpg

手持ちでブレブレ・・・


早くおやまにいきたーーーい!!












by takibiyarou | 2015-08-05 08:26 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(4)