木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 15日

朝から災難・・・

16-01-15

お仕事の関係で12日に下山
なんだか下界の方が寒い気がする
都内で雪がちらついたようだ
翌日5時ごろセラを連れて散歩に出かける
近くの公園には霜柱も見える
しかしせいぜい0℃くらいだろう、いって-1℃
しかしながら素手には痛いほどの冷たさ
お山で慣れているはずなのですが、やはり心構えが違うのかもしれません
コンビニに寄り、ニットの手袋を買う

帰ってきた矢先、1F玄関で最近こられたご近所の婆さんに捕まり
30分近く愚痴を聞かされる
どうも極度の潔癖症+多少のボケらしい
エレベーターのボタンの脇に指紋がついていた、ここは地域で一番不潔なマンションだとわめかれる
なだめようにも人の話はまるで聞く耳持たず、ただヒステリックに抗議してくるだけ
どうも会う人皆さんにこれをやっているらしい・・・

朝からほんとに、いやになる・・・

やっと、何とか逃れて

お山の天気予報を見ると
‐5℃、来週当たりから‐7℃くらいまで下がるらしい
時々雪の予報もちらほら見える
お仕事やら、理事長様のお仕事やらで当分お山にはいけそうに無いが

早く雪のお山に戻りたいものであります

d0082305_11380614.jpg











by takibiyarou | 2016-01-15 11:42 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(4)
2016年 01月 14日

引き篭もりの記憶

16-01-10

長いことお山で引き篭もりしてますと
日にちやら曜日やらの感覚が麻痺してきます
朝早くから朝風呂に浸かり、正月の残り物つつきながら一杯はじめる
当然、車は運転できませんので
買い置きのもので何とか生き延びる
そんな引き篭もり生活の中で、ゴウ介家からのお誘いがありがたい
ゴウ介家の辞書には「引き篭もり」という言葉は無いらしい
ワンコの散歩も並ではない
元旦のご来光の際も我々とは違い、ワンコ連れて歩いて岩場を登ってきた
ゴウ介家はそんなハードなお散歩の後、必ず温泉に出かける
そして買い物して帰る
時には馴染みの板さんのおつまみを下げて帰ってくる
その新鮮なる食材のお誘いは
わが、引き篭もりの生活の中でのオアシスであります

何時ものように、真冬のデッキでの宴
今年は、小春日よりのような日が続き
さんさんと降り注ぐ冬の日差しがまぶしいくらい

そしてセラにとっては、ノラ生活と決別した記念すべき場所でもある
本人判っているのかこの場所が好きである
デッキの囲いの隙間から自由に出入りできるので、勝手に出かけてしまうが
最近はすぐに帰ってくるようになったので、まあいいか、と放置
所詮、追いかけたところで、私が追いつくことはありません
何せ、やつは直線的に移動するのです
道とか森とか人様のお庭とか、まるで関係なくです
でも、このデッキから出かけると、必ずこのデッキに帰ってくる
そして、そこに私がすでにいなければ
少しぶらついて、我が家に帰ってきて戸を叩く
この当たりの地理に関しては、私より余程よく知っているらしい
しかし、人の多いときには放すわけにはいかない
知り合いのお宅に上がりこみ、おやつを頂戴してくるからです
なのですが、ドアノブを押し上げる術を会得していますので
つい鍵をかけ忘れると、すかさず出かけてしまいます
先日も、お向かいさん家で呑んでましたら、知らぬ間にセラが横にいる・・・
あわてて連れ帰る
食料庫のドアの隙間からなにやらビニールの様なものが覗いています
そっと食料庫のドアを開けてみると、あら大変!!!
いくつかのタッパは転がり、ビニールの袋は食いちぎられ
散々たる状況であります
結局、お雑煮用に用意しておいた塩焼きのブリを全部お召し上がりでありました
その前日には紅白の蒲鉾をお召し上がりでしたので
今年のお雑煮は3日にて終了と相成りました

そんな引き篭もりの日々
写欲もあまり湧かず
元旦の写真のみ・・・

d0082305_08530046.jpg
雪不足に奮闘するスキー場の降雪機

d0082305_08553329.jpg
わずかに雪を頂く、雲海に浮かぶ南アルプス

d0082305_08581077.jpg
富士も赤く染まってきました 6:57

d0082305_08590442.jpg
今まさに!! 7:01
d0082305_09214950.jpg
7:02

d0082305_09000486.jpg
寒風の中、日の出を待つ

d0082305_09124264.jpg
7:03
d0082305_09033658.jpg
2016-01-01 7:06











by takibiyarou | 2016-01-14 09:14 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 13日

してんちゃんのお年賀

16-1-2

お散歩から帰って、お雑煮の準備していますと
ガタンと西側で物音
窓から様子をのぞくと、西窓支店に立てかけておいたリスの道用の流木が無い
どうやらしてんちゃんの体重で倒れたらしい
してんちゃんは驚いて近くの唐松に登って固まっている

しばらくして
デッキの木洩れ日亭本店になにやらお客様
ほんてん君かと思ったのですが、悠然と御節いやひまわりの種を召し上がっている
カメラを向けても一向に動じない
してんちゃんらしい
西窓支店の通用道はなくなるし、お水碗は凍って割れてしまった
本店のお皿には小さなヒーターが入れてあるので凍らずにお屠蘇、いやお水が飲める
そこで、本店にいらしたらしい
d0082305_12483610.jpg
今年も楽しませてくださいね









by takibiyarou | 2016-01-13 05:38 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 07日

今日もいい日和となりそうだ

16-1-2

ノエルに起こされ、階下に下りる
おしっこシートを交換する
薪ストーブに炎は見えない
しかし、寒くは無い、異常な冬であります
もちろん蓄熱暖房はついているのですが
温度計を確認すると室温19℃
これより下がると少し寒くなるので、薪をくべ
しばらく毛布に包まって、ノエルの横で二度寝する

やがて森が少し白むころ
二階からセラが降りてくる
薪ストーブの炎の前で大きく背伸びして
私の隣で、これまた二度寝
ストーブが巡航運転に移るころ、もう一本薪を足し
お散歩
何時もなら極厚の防寒コートなのですが
薄手の羽毛を下に着て作務衣のまま出かける
暖かいとはいえ気温は低い、外気温は-4℃くらい
手袋無しでは少し辛い
森に鹿の気配を察し、セラが甲高い声で啼く
ハーネスを強く引く
お山でのお散歩にはハーネスが欠かせない
首輪だとあまりの引きに首の骨が折れそうで、怖い
d0082305_12300830.jpg

やがて日差しが森に降り注ぐ
今日もいい日和となりそうだ



さて

蒲鉾無しのお雑煮でも

いただきますか








by takibiyarou | 2016-01-07 07:49 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(5)
2016年 01月 06日

初詣

16-1-1 

ご来光を拝んだ後
ゴウ介家とお向かいさんと初温泉にと
その前に、初詣

道すがらの、乙事諏訪神社
正式には諏訪社上社と云らしい
小さな人気の無い神社なんですが、意外と由緒正しいようであります
社殿は、諏訪大社の前身「諏訪神社上社本宮」の幣拝殿を移築したもので、昭和5年に国宝指定されましたが
火災により消失、現在は幣殿のみが重要文化財指定されているそうな

脇で手水をつかい
石の鳥居をくぐる
数本の杉木立の樹影に踏み込むと
少しばかり身が引き締まる
参詣者はわれわれの他、一人だけ
ちと寂しいが、今年一年旨いお酒が呑めるようにとお願いする
お賽銭10円では、あまりご利益を期待はできませんが

d0082305_10214684.jpg
d0082305_10210434.jpg
温泉は20号線を左に入りゆ~とろん水神の湯
が、なんと第一第二駐車場ともほぼ満車・・・
ゴウ介家からもらった割引券使用で800円のところが半額の400円
休憩用の座敷は第一陣で埋まっている

今日は男性2階の洞窟風呂のあるエリア
屋内湯船のほか、桶風呂、岩風呂、洞窟風呂、冷泉風呂といくつもの露天風呂がある
われわれのお気に入りは温度低めの洞窟風呂
ちょうど、第二陣が上がるところ
何時も洞窟風呂で悩まされるおしゃべり爺さんも、第二陣とともに上がっていかれましたので
以後貸切状態で堪能する


湯上りは我が家にて
お屠蘇と称して、一献いただく
叩きごぼう、数の子、黒豆・いくら・田作(購入品)
お雑煮
ほうれん草、海老、塩焼きのブリ、焼餅、そして紅白の蒲鉾を乗っけるのですが
ご来光を拝んでいる隙に、紅白の蒲鉾ぜーんぶセラに食べられました・・・
なので今回は無し・・・

熱々のお澄ましかけて、刻みゆず












by takibiyarou | 2016-01-06 11:13 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2016年 01月 05日

遅ればせながら

明けまして
   おめでとうございます




d0082305_15362300.jpg
2016-1-1 富士見高原創造の森より


暮れからお山で呑んだくれておりました

大晦日、恒例の忘年会
ゴウ介家からの豪華お料理が届きます
そしてお向かいさんからは馬刺しと山ちゃんのピリ辛手羽
レイチェル家からはお手製ローストビーフ
何時もながらの大宴会となりました

創造の森からの初日を拝もうと話がまとまる
日の出の時刻を検索、7時05分
富士見高原創造の森へは昔は車で登れたのですが
現在は専用のカートかスキー場のリフトで上がるしかない
検索するとリフトが運行しているらしい

6時ごろ起きだすと、お向かいさんの灯りもついています
ご一緒することにいたします

今年は暮れから、ほんとに暖かくて
ついつい、普段のままで出かけます
しかし、やはりそこはスキー場、いくら暖冬とはいえ
人工降雪機がうなり、猛吹雪
リフトで上がる時には、寒さが応えます・・・

やがて東の空が赤く染まり
2016元旦の日が昇る



本年も
よろしくお願いいたします










by takibiyarou | 2016-01-05 15:31 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)