木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 28日

イライラ

16-09-27

それは25日、日曜の夕方におきました
お昼過ぎに下山し、たまったメールやらの整理をしていますと
突然、ネットが接続できなくなりました
慌てて、PCを再起動してみるも、変化無し
接続用のモデムには赤ランプが点灯
モデムの電源を抜き差ししてみるも、これまた変化無し
どうやらモデムの故障らしい
このモデム、NTTからのレンタル品

直ぐにNTTに電話しましょう、と、受話器を取るが・・・

我が家のTEL、インターネットTELなのです

なので、ネットに接続できないと、TELは機能しない


仕方なく、携帯でTEL、0120・・・・
時間外なのか、録音が流れ用件を録音すると後で連絡してくるらしい
が、一向に連絡が無い・・・
携帯をチェックすると、4,5回の0120からの着信がある
着信音を聞いた覚えは無い
もう一度、携帯でTEL、0120・・・・
待てど、着信音なし
しかし、着信記録はどんどん増える

今度は携帯の故障か???

ドコモにTEL、途中で着信の知らせに慌てて、切り替えると、NTT
やっと連絡がつきました、事情を話すと
我が家はドコモ経由の契約なので、まずドコモに連絡してドコモからの修理依頼が必要と
そして、後に0120・・・から連絡すると・・・

再びドコモにTEL
やはり時間外で用件録音で後で連絡するとのこと

携帯とニラメッコ
無音の着信と同時に通話ボタンを押す
何とか繋がった
まず、NTTの器具の故障と0120からの連絡が通話不能の件を訴えると
器具の故障の件はNTTに連絡するが
0120からの連絡が通話不能の件は、携帯の設定の問題なので部署が違い対応できない
明日9:00に他部署に連絡して設定を解除してくれと・・・

イライラしながら、アルコールで強制就寝

早起きの私には、9:00はかなり長い・・・

何とか9:00まで待ちドコモにTEL
機種NO.を告げ、設定の解除方法を聞くと
考えられる事が3つほどあるそうだ
電話を切り、3つほどの設定を見るが、問題なし
仕方なく、管理人室にTELを借りに行き、固定電話からドコモに連絡
しばらく、内部で協議の後連絡があり
どうも、留守電設定の問題らしい
何とかその場で、設定を変えると、あら不思議
着信音が響き、NTTの0120からの着信

理由は定かではありませんが、何とか解決

流行の携帯依存症では無いと思っては降りましたが・・・

TELとネットが使えないと仕事になりません


仕方なく、セラとお散歩

寒いくらいのお山から帰ると、下界の残暑がこたえる

線路脇に白い彼岸花を見つけ、一瞬の安らぎ


午後1時くらいには、機器が届くはずでしたが

結局、届いたのは午後7時


何とかネット環境の復旧です

d0082305_02531537.jpg














by takibiyarou | 2016-09-28 02:57 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 22日

雨・あめ・アメ・・・

16-09-22

決して雨が嫌いなわけではありません
雨に洗われた森の美しさは、実にすばらしいし
あれこれと雑用に心を奪われることのない
静かな時間が取れるのも、ありがたい
しかしながら
今回の雨は少し長すぎます
統計的には、梅雨時よりも秋の長雨のほうが
雨が多いらしいのですが
それにしても、今回は長すぎます
17日に森に入り、18日からこょうまでずっと、雨
この先もまだ降り続くらしい
気温も14℃、室内でも18℃、肌寒い
薪ストーブを焚く程ではないですが、電気ヒータを入れています
先日の夜中、セラに起こされて用足しに森に出る
台風は何とか通り過ぎて、雨も上がった様子
なぜか森の空が少し明るい
お向かいさん家の離れが、闇の中に白く浮き上がって見える
驚いて振り向くと
東の空の雲の合間に、まん丸な月が・・・
台風一過で晴れるかな、と思って眠る
しかし、午後からはやはり、雨
それからずっと、降り続いております
部屋中、カビっぽくて仕方ない
気になって、ゴシゴシとウエットティッシュのモップを掛けていると
力の入れすぎか、伸縮型のアルミの柄が折れてしまった・・・

折角の連休なのですが、台風情報やら雨情報で森はいたって静か
お向かいさん家もゴウ介家も不在
買いだめしているので、ほとんど人と会うことも無い
静かな雨の森をセラと、散歩三昧
森では少々の雨ならば、傘を差すことなくてもツバ広のハットかぶれば
木の葉がトンネルとなって、それほど濡れづにお散歩できます

そして

雨だというのに、少し着込んで

デッキで一杯

d0082305_10434497.jpg
雨が上がると

森は霧に包まれる



そろそろ

煙突掃除しておかなければ・・・












by takibiyarou | 2016-09-22 10:46 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 08日

影も秋色

19-09-03

またしても発生の台風の影響か
風が強い
森の木々の枝が大きく揺らぐ
ふと気付くと、先日までの蝉時雨も聞こえない
時たま鳥の声が聞こえる
鳥といえば、お向かいさん家には
たくさんの鳥たちが押しかけているようですが
我が家の、冬季特設レストラン「木洩れ日亭」は
本店、支店ともにまだ準備中
なので、「ほんてんくん」も「してんちゃん」もお向かいさん家に入りびたり
お写真を見せていただき、楽しんでおります

このところ、目が疲れて仕方ない
どうも本を読む気にもなれません
日がな一日森を眺めて過ごします

先日お借りした、懐かしの洋画DVDでも見てみましょうかと

映画にあわせ、ウイスキーとチーズなど準備して

デッキのテーブルにセットする


まずは
ハンフリー・ボガード、ローレン・バコールの「三つ数えろ」
::::::::::::::::::
「私立探偵フィリップ・マーロウは、ある金持ちの老人から、孫娘カーメンが脅迫されているので助けてほしいとの依頼を受ける。
捜査を進めるうちにマーロウは、孫娘の姉ヴィヴィアンの行動に疑問を抱く。
やがて脅迫していた古本屋ガイガーの死体と、そのそばに佇むカーメンを発見。
脅迫事件は、一転ギャング同士の抗争へと展開していくのだが・・・」  DVD解説より
::::::::::::::::::


調子に乗ってもう一本、ヒッチコック

イングリット・バーグマン、ケーリー・グラントの「汚名」
::::::::::::::::::
「アリシア・ハバーマンは売国奴の父を持ったために心ならずも悪名高き女として全米に宣伝されていた。
ある夜うさ晴らしに開いたパーティで、彼女はデブリンというアメリカの連邦警察官と知り合った。
デブリンは南米に策動するナチ一味を探る重要な職務にあった。
首謀者セバスチャンをよく知っているアリシアを利用する目的で近づいたのだったが、やがて彼女に強く引かれるようになった。
一緒に南米に行き、リオ・デ・ジャネイロで・・・」  DVD解説より
::::::::::::::::::

久しぶりの心地よい疲れと

ウイスキーのほろ酔い加減・・・

気付くと

陽もだいぶ西に傾いて

影も秋色
d0082305_03104647.jpg



先日より、ブログの横幅が以上に長くなって仕方ない
ありったけの知識にて(HTMLの知識無し)設定の修正を企てるも、効果なし
仕方なく、ブログのデザインを変更いたしました・・・
長年愛着のあったスキンデザインでしたが致し方ありません
その内にうまい対処方法が見つかりましたら、また復帰させましょう
それまでは、こんな形にさせて頂ます・・・













by takibiyarou | 2016-09-08 07:07 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 07日

蕎麦の花

19-09-02

昨夜はたんと頂き過ぎましたでしょうか

目覚めたときには、すでに森は明るくなっておりました

午前6時半

セラもまだ眠そうです


お風呂にでも入りましょうか

朝っぱらから風呂をたて、湯に浸かる

極楽であります


湯上りにセラと散歩
家を出ると直ぐに右手に鹿が居る
四五頭くらいでしょうか
西の森で草を食んでいます
セラはまだ気付いていません
気付くとうるさいので
そのままスルー
路沿いは、草刈が進んでいて
先日まで咲いていた野の花たちの姿は見えません
ただ少し、萩の花が見えるだけ

さて
お買い物でもしてきましょうか

秋の気配の高原を少し下ると

一面の白い世界が出迎えてくれます

そう、蕎麦の花

夏とは少し違う青空に連なる

南アルプスの峰々


d0082305_11525419.jpg












by takibiyarou | 2016-09-07 02:06 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 05日

鮎の宴

16-09-01

昨日の打ち合わせの後、出立し
午後一で森に到着
森の入り口に軽トラが一台
リンケンさんではないらしい・・・

森に降り注ぐ日の光も、夏の厳しさを緩め
少しゆったりとして来たようです
荷物を入れて、セラを連れて表に出ると
お向かいさん家の薪小屋あたりから話し声が
近づいてみると、草刈.com(薪屋さん)イケさん
お向かいさんに薪の見分け方をレクチャー中
彼の軽トラのようです

先日一緒に割って積んだ薪小屋に、まだ少しスペースが残っている
そのスペースを埋めるべく、発注されていました


セラの散歩から帰り、お買い物は明日に伸ばし
少し休憩&一杯やっていますと
お向かいさんから声がかかります

鮎が焼けたらしい!!

いそいそとお向かいさん家に出かける
デッキのテーブルにはすでにお酒の準備ができています
そして、串に刺された塩鮎が、専用の炭火皿の周りに刺してある
先日鵜飼に行かれたときの収穫らしい
薪小屋ではイケさんがもう薪を積んでいる
先ずはビールで乾杯
この時期は、蜂の活動期
黄色スズメ蜂が匂いを嗅ぎ付けてやってくる
それを奥様が昆虫網で捕獲して殺虫剤を掛ける
それを三四回も繰り返したでしょうか

どうも近くに巣があるらしい・・・

程よく焼きあがった鮎を貪っていますと
イケさんの軽トラが第二陣の薪を持ってきた
薪が積みあがるのを待って、宴に引き入れる
もちろんお酒は勧めませんが・・・

鮎の干物を始めていただく
これはなかなか絶品です

宴も盛り上がり、話はイケさんのお母様に及ぶ
イケさんが骨折したときに、一度お目にかかったことがある

お年を伺うと、なんと、私とほとんど同年輩・・・



有り合わせの夕食をと思っていたのですが

豪華宴となりました

たんとご馳走になり

セラもまた、たくさんのおやつを頂き、有頂天

ご馳走様でした

d0082305_12000424.jpg

















by takibiyarou | 2016-09-05 12:04 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 02日

目の疲労は極限状態

16-08-30

夜中、セラに起こされる
時計を見ますと、AM1:30
出立にはまだ早い
しかし、雨音は無い
今のうちに、セラを用足し散歩させておいたほうが良いかもしれない
と、思い直し、起き上がる
着替えて、セラを呼ぶが
反応無し・・・
再び二階に上がり、セラを起こす
セラ、一向に起きる気配なし
無理やり起こして階下に下ろすが
階下の自分のベッドに直行して、二度寝を決め込む
あきらめて、下山のしたく
最後に、セラをたたき起こす
嫌がるセラを無理やり森に連れ出し、用足し散歩
しかし、用足し、せず・・・
d0082305_20262891.jpg
一時降った雨も上がり、時折の木雨

途中でのセラの用足しに備えて、麦藁帽子を助手席に

ニュースでは、関東直撃は避けられるらしい
今のうちに下山、しますか

AM2:30頃、森を出立
順調に高速に入る

雨は少し降り出したようです
甲府に差し掛かるころから、その雨脚が急激に増し
ワイパー全開も効果は見られず
暗さと、豪雨のため道路の白線はほとんど確認困難
このため、ハンドルにかじりつく様な状態で運転せざるを得ません
夜中起きも相まって、目の疲労は極限
何とかパーキングまで辿り着き、即、爆睡
気がついたときは、AM4:00
一時間くらい寝ていたようです・・・

でも、かなり体調回復
雨の具合も少しづつ収まりつつあるようです
それでも降り続く雨の中、走ります
そんな雨も都内に入ったころから、小雨に変わりやがて止みます

AM5:30ごろ、何とか雨の止んだ我が家に到着
ほっとするまもなく、セラのお散歩
予報では、お昼過ぎに東北地方に上陸の可能性を示唆しています
お仕事は何とかなりそうですが


お散歩の後、もうひと寝入り

お昼過ぎ

雨も無く、お仕事できました

でも、台風上陸地方は大変です・・・




















by takibiyarou | 2016-09-02 12:26 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 01日

空模様もいまひとつ

16-08-28

今日は晴れた、晴れると日中はまだ暑い
しかしながら
家の中に居ますと、かなりひんやりとして
毛布を掛けてお昼寝しています
なにやら一度去った台風が再びUターンして来ているそうな・・・
まあ、ここいらは森の中なので台風は、あまり影響しないであろうと高を括っておりまする
しかしながら
30日に一つ打ち合わせが入っていますので、下山・・・
予報では、関東に上陸するやも知れぬ、その日です
打ち合わせ中止、はたまた延期のメールを待つが、その気配なし・・・
台風の中の下山を覚悟しなければなりませんね

朝からPCで少しお仕事を片付けて
セラとお散歩
そして、朝風呂&ちょっと一杯
と、いたって不真面目なお篭り生活
そういえば、この二三日満足に人とお話していませんね
まあ、それはそれで良いでしょう

そういえば

空模様もいまひとつ・・・

d0082305_17464779.jpg











by takibiyarou | 2016-09-01 04:06 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)