木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2001年 02月 02日

EXPO記念館 1室

d0082305_752134.gif
d0082305_7523279.jpg

2005年3月25日~9月25日
愛知県において
「2005日本国際博覧会 愛・地球博」が
121カ国の参加により開催されまた

d0082305_7525920.jpg

d0082305_754105.jpg


このコレクションはその時記念に頂いた
ほとんど自己満足のコレクションです
それでも
私にとって思い出一杯の懐かしい品々なのです

collection 1 公式パンフレット 他

collection 2 各国パビリオンからの頂き

# by takibiyarou | 2001-02-02 01:10 | EXPO記念館 | Trackback | Comments(4)
2001年 02月 02日

EXPO記念館 2室

d0082305_7582844.gif

collection 1
公式パンフレット 他

d0082305_7585847.jpg

公式ハンディーブック(日本語版)

d0082305_75944.jpg

公式ガイドブック(ジュニア版)    
特別付録 「愛・地球博冒険セット」
会場レジャーマップシート・冒険コンパス

d0082305_813520.jpg

公式会場マップ(日本語版)
とレストランマップ
d0082305_82367.jpg

公式会場マップ(英語版)

d0082305_822476.jpg

瀬戸日本館パンフレット(日本語版)
d0082305_824946.jpg

ポスター B1サイズ

d0082305_831585.jpg

モリゾウ・キッコロの公式手提げ袋
d0082305_833121.jpg

モリゾウ・キッコロの公式手提げ袋

閉会式記念品
2005/9/25 「愛・地球博」閉会式式典の記念品
d0082305_835547.jpg

株式会社ノリタケの森 ノリタケスクエア製
モリゾウ・キッコロの置物
<ボーンチャイナ>          
動物の骨灰(ボーンアッシュ)を配合し、
優美な乳白色、清純な透明性と光沢が特徴
です                 
2005/9/25 「愛・地球博」閉会式出席記念品
d0082305_841646.jpg

開催地愛知県及び瀬戸に因み陶製のペン皿
d0082305_861551.jpg

モリコロ特製クッション
d0082305_863083.jpg

グローバルループの記念床材
グローバルループの床材として使用されていた、粉末木材を樹脂で固めたリサイクル材に、モリコロの焼き印が押されています
記念として2005個製作され、応募により入手
d0082305_864639.jpg

グローバルループの特製記念コースター
グローバルループの手すりパイプのエンドキャップにモリコロの焼き印が押されています
友人が特別に作ってくれました

# by takibiyarou | 2001-02-02 01:09 | EXPO記念館 | Trackback | Comments(0)
2001年 02月 02日

EXPO記念館 3室

d0082305_7582844.gif

collection
EXPO2005オリジナルグッズ(購入品)

d0082305_893469.jpg

EXPO2005オリジナル
マンモスの牙の破片(シリアルナンバー付き)
d0082305_894073.jpg

ロゴマーク柄とモリコロ柄のネクタイ

# by takibiyarou | 2001-02-02 01:08 | EXPO記念館 | Trackback | Comments(0)
2001年 02月 02日

EXPO記念館 4室

d0082305_7582844.gif

collection
運営関係お宝グッズ

d0082305_8102030.jpg

招待チケット
d0082305_8103962.jpg

会場内でのペットボトル販売許可シール 
悪名高きペットボトル持ち込み禁止   
テロ対策の一環としてのペットボトル持ち
込み禁止に伴い会場内での販売許可シール
毎月色が変わります           

d0082305_8111741.jpg

公式?紙製EXPOガムテープ
(鯉パターン・亀パターン)
      なぜ鯉・亀なのかは?不明     
別バージョンとして森パターン有り 
 
d0082305_812087.jpg

モリコロ封筒     
 
d0082305_8162747.jpg

会場迷子札          

d0082305_8135135.jpg

入場許可証・車両出入許可申請ツール          
このツールにて必要事項を入力された データで申請、許可証の発行が行われました     
 
d0082305_8135782.jpg

万博警備隊の公式ネクタイ ロゴ入り   

d0082305_814270.jpg

工事監理用のヘルメット

d0082305_814944.jpg

ロゴ入り公式ファイル

d0082305_8142156.jpg

会期後入場許可シール               
    9月25日以降入場の為のシールです  

# by takibiyarou | 2001-02-02 01:07 | EXPO記念館 | Trackback | Comments(0)
2001年 02月 02日

EXPO記念館 5室

d0082305_7582844.gif

collection
各国からの頂き物

日 本 館
d0082305_8263247.jpg

日本館(政府出展事業)    
の和綴じ冊子と記念品     
長久手・瀬戸日本館の     
チツ付き和綴じ製本の記念冊子 

d0082305_8264837.jpg

磁器製ペン皿 
        
d0082305_827307.jpg

瀬戸日本館の記念メダル     
館長自らのデザインの瀬戸陶磁器の
染め付けによる記念メダル    



各国パビリオンから頂きました


d0082305_8281814.jpg

各パビリオンのピンズバッヂ
<上から1列目 > TOYOTA館・エジプト館・オーストリア館・スペイン館マドリード週間記念(リアル・マドリード)・カタール館・コートジボアール館

<上から2列目 > 名古屋市パビリオン(大地の塔)・スリランカ館・イタリア館・韓国館・インド館・シンガポール館(マーライオン)

<上から3列目 >アンゴラ館・ポーランド館・ドイツ館・メキシコ館・中国館・パキスタン館(シロイルカ)

<上から4列目 >タイ館・ロシア館・スイス館・北欧共同館(シルバー&ブルー)・シンガポール館(キャット)

<上から5列目 >アルゼンチン館・カナダ館・スペイン館・フランス館・アメリカ館・オーストラリア館

<上から6列目 >パキスタン館(国旗)・イタリア館(サキュロス)・スペイン館(カスティーリャ・ラ・マンチャ)・オーストラリア館(カモネ)
<上から7列目 >シンガポール館・モリコロ(Thanks&Sayonara)閉会式記念・次回開催地(上海EXPO2010)・イエメン館

<上から8列目 >モロッコ館・博覧会協会儀典室・モリコロ&ロゴ・モリコロ・BIE(博覧会国際事務局)・ヨルダン館

<上から9列目 >レインボーキッコロ 7色セット

<上から10列目・11列目 >

ナショナルデー記念バージョン
(一市町村一国フレンドシップ事業)

愛知県内の市町村が、愛知万博の公式参加国とペアになって、外国から参加する人たちを、それぞれの地域を挙げてもてなし、国際交流を図りました。
これらはナショナルデーにその関係者に配られたものです。

アイルランド&西枇杷島町

カベトナム社会主義共和国&美和町

カタール国&知多市(館内配布品)

モロッコ王国&豊山町

パキスタン・イスラム共和国&津島市

サウジアラビア王国&豊根村

シンガポール共和国&美浜町

スリランカ民主社会主義共和国&旭町

ベルギー王国&長久手町

カタール国&知多市

大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーア国&田原市

フィリピン共和国&豊川市

各国のメタルバッヂ
d0082305_8291916.jpg

コーカサス共同館アゼルバイジャン共和国
d0082305_8292517.jpg

ルーマニア館
d0082305_8292972.jpg

UK (英国)館

d0082305_8303063.jpg

各国から頂いたナショナルデーのご招待状
d0082305_8311094.jpg

各国のストラップ
上から
スペイン館・シンガポール館・中国館・中国館
d0082305_8312783.jpg

各国のキーホルダー
・イエメン館
d0082305_8313355.jpg

・カナダ館・コーカサス共同館(アゼ ルバイジャン共和国)

< ヨルダン館&イエメン館 >
d0082305_8323093.jpg

ヨルダン・死海の水 (瓶はイエメン館の香水瓶)
流れ出る川がなく、年間を通じて大量の水が蒸発する死海の塩分はきわめて濃い。
一般の海水の塩分濃度は4から6%であるのに対して、死海は25%の濃度を有するそうです。
この濃い塩分濃度のため浮力が大きく、人が死海に入って沈むことは極めて困難、またこの塩分濃度のため、湧水の発生する1ヶ所を除いて魚類の生息は確認されていない。
死海という名称の由来もここにあるらしい。
死海の塩分は、ヨルダン川および主に周囲から涌き出る温泉から供給されているそうです。さ
ヨルダン館死海のプールより入手

岩塩

d0082305_8325992.jpg

砂岩 ヨルダンの岩塩と
d0082305_8332340.jpg

砂岩
ヨルダン名物の瓶の中の砂絵にもこの砂岩の粉が使用されています
ヨルダン館屋外展示品

# by takibiyarou | 2001-02-02 01:06 | EXPO記念館 | Trackback | Comments(0)
2001年 02月 02日

EXPO記念館 6室

d0082305_7582844.gif

collection 
各国からの頂き物
< スリランカ館 >

d0082305_8354643.jpg

Finest Caylon Tea (ご存知セーロンtea)
d0082305_83555100.jpg

Spice Strips (スパイスストライブ)15種
  ディル・チリ・ターメリック・マスタード・クローブ
  カルダモン・ブラックペパー・コリアンダー
  アニスシード・ホワイトぺパー・カレーパウダー
  メース・クミンシード・シナモン・ナツメッグ

< アンデス共同館 >
d0082305_8362734.jpg

ペルーの素敵なピアス
< ブルガリア館 >
d0082305_8363775.jpg

Essential Rose Oil
ブルガリアンローズ(ダマスクローズ)は、年間でほんの二週間ほどしか開花しません。
この時期に花びらを摘み、蒸留され「ブルガリアンローズオイル」となります。


< イエメン館 >
d0082305_8365291.jpg

イエメンの被り物
頭布は普通、日本語ではターバンとよばれていますがイエメンでは「マッシャッダ」・「スマータ」・「キシーダ」などと呼ばれています。
この頭布は山岳部イエメンでは男子の身繕いに不可欠であり、同時にお洒落の原点でもあります。
頭布には格子柄をもちいるが白地に赤い格子に人気があり地の色は白、ネズミ色、カーキ色、茶色などの地味な色が多いようです。
頭布はおおむね1メートル四方の正方形で、それを対角線に折って直角二等辺三角形にして、底辺を額に当て巻き付ける
部族ごとに色柄や巻き付け方が決まっていて、「マッシャッダ」を見れば、出身部族が解るそうです。

d0082305_837568.jpg

ガーネットとシルバーのネックレス 
(逆デザイン一対)


< カタール館 >
d0082305_8373367.jpg

カタールの被り物 と記念切手&キーホルダー
(あなたもなれる謎のアラブ人セット)
カタールの男性は「ディスタージャ」という白いワードローブをまとい、スカーフのような「グートラ 」と呼ばれるものを被り、その上に黒いウールで織り込んだ輪状の「アガル」で押えています。
グートラの下に「ガフイア」という滑り止めの水泳帽のような帽子を着用するようです。

< イラン館 >

d0082305_8375169.jpg

素焼きの壺
< インド館 >
d0082305_838070.jpg

木製の宝石箱(真鍮象嵌)
大・中・小 三点セット
< バングラディシュ館 >
d0082305_8381068.jpg

木彫りの宝石箱
< ネパール館 >
d0082305_8382536.jpg

木彫りと真鍮象嵌の宝石箱
 < スペイン館 >
d0082305_8383747.jpg

ドン・キホーテ長編アニメDVD 1&2
セルバンテスの不朽のの名作を総監督
クルス・デルガードの職人技により 
原作通りの二部構成でアニメ化   
      と         
d0082305_8384512.jpg

ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ
& 
サンチョ・パンサのフィギア       
d0082305_840364.jpg

来館記念のケース入ワインと扇子    
ワインは沢山頂きましたが・・ 
飲んでしまいました      
d0082305_8402874.jpg

扇子は、暑さ対策で大変ありがたい物でした

# by takibiyarou | 2001-02-02 01:05 | EXPO記念館 | Trackback | Comments(0)
2001年 02月 02日

EXPO記念館 7室

d0082305_7582844.gif

collection
各国からの頂き物

d0082305_8434287.jpg

Canarias candle
大西洋で一番澄んだ星空
「ヨーロッパの楽園」カナリア諸島は天体観測のメッカでもあり美しい星空を守っています
星のキャンドル

d0082305_844367.jpg

スペイン館の外装タイルブロック
スペイン本国で焼かれた陶製のタイルブロックです
5色の中の3色
花の咲くのを待っています


< エジプト館 >
d0082305_84424100.jpg

パピルス紙とヒエロクリフ        
紙の原点と言われるパピルス紙の台紙に
ヒエロクリフ(象形文字)で 名前を書いてくれました   

< 韓 国 館 >
d0082305_8443586.jpg

韓国蝶?           
韓国館の外装を飾っていたスチール製の蝶のモビールです
なぜかノエルの森に・・・  
            
< タイ 館 >
d0082305_8445051.jpg

ファンパームの団扇
タイ国南部に広く自生しているファンパームの葉っぱで作られた民芸品の団扇

< オーストリア館 >
d0082305_8452275.jpg

オーストリア館で体験展示された
ルージュ(そり)のホビーです。
< アイルランド館 >
d0082305_8453681.jpg

アイルランド館のマスコット
「シャムロック」ちゃん

< ポーランド館 >
d0082305_8455942.jpg

ポーランド・ヴィエリチカ岩塩坑の岩塩
世界遺産の一つヴィエリチカ岩塩坑は10世紀末、ピアスト朝のボレスワス一世の時代に採掘が始まり、13世頃から本格的に採掘が行われた。
産出される岩塩はポーランドの重要な財源となり、14~16世紀にはポーランド収入の約30%を占めました。
17世紀頃から衰退し始めたが、現在も岩塩の産出はあり、現存する岩塩採掘鉱山としては最古。
300m以上の深さに岩塩の彫刻や礼拝堂がある。
ポーランド館でジオラマ展示された物です

d0082305_8461762.jpg

バイソンのキーホルダー
ポーランドの有名なウオッカ「ズブロッカ」のラベルでおなじみのバイソンのキーホルダー

< クロアチア館 >
d0082305_8463282.jpg

床映像のスクリーンとして使われた塩田の塩
クロアチアの映像スクリーンに使われた塩は現在も塩田が残るストン、ニン、パグの3か所から空輸されました。ストンは、「アドリア海の真珠」と呼ばれる風光明美なドブロブニク近郊。
欧州最古で、4000年前にできたとも言われる塩田があり(ハプスブルク帝国の)皇室御用達の塩田もあったそうです。
今回は食用としての輸入では有りませんが、甘みのあるとても美味しい塩です。

< モンゴル館 >
d0082305_8465734.jpg

モンゴルの岩塩
モンゴルでは古来、岩塩を茶やスープなどあらゆる飲食物に用いるほか、弱った家畜の薬にも使われてきた。
薄ピンクの美しい岩塩である

d0082305_8471685.jpg

ゴビ砂漠の砂
なぜか?
安全祈願のお守りとして販売されていました。
購入品 

< 中米共同館 >
d0082305_8474814.jpg

コスタリカ共和国の海岸の砂
展示品

< アフリカ共同館 >
d0082305_848051.jpg

砂漠のバラ(デザートローズ)
砂の中に染み込んだ水分が、周囲のミネラル(石膏)を溶かし、長い年月をかけてバラ状の結晶を形成しました。かつてオアシスの有った所に多く産出します。
大きさは、握り拳大
購入品 

d0082305_8483435.jpg

乳香(ニュウコウ)
乳香は、古代より「お宝」の一つとして有名です。
現代ではアロマセラピーのエッセンシャルオイル(精油)、香料として使用されている乳香の歴史は古い。

約二千年前、パレスチナの寒村ベツレヘムの馬屋で
イエスと呼ばれる赤子が生まれました。
東方にあって占星術の研究をしていた三人の学者が星に導かれて
この赤子を訪ね、三種の宝物を捧げました。

このキリスト誕生の物語はあまりにも有名ですが
その時の贈り物が 
「黄金」と「没薬」と「乳香」なのです。

新約聖書はそのように伝えています。

乳香はカンラン科のニュウコウジュという木の樹脂が固まったもので、没薬のほうも、ごく近い種類の木の樹脂が固まったものだそうです。
シルクロードを通じて古くから西方と交易のあった中国では、乳香も没薬も古くから薬物として導入され、中国での生薬の名として、西方でいうオリバナムを「乳香」と、「ミルラ」を「没薬」と呼びました。
中国では乳香、没薬とも外科・整形外科の常用鎮痛薬で、両者を併用することが多い、とあります。

古代エジプトでは、遺体を防腐処理してミイラ化するのに没薬が使われたのですが、その薬の名「ミルラ」が「ミイラ」という名になってしまったそうです。

# by takibiyarou | 2001-02-02 01:04 | EXPO記念館 | Trackback | Comments(0)
2001年 02月 02日

Maruko forever

d0082305_11252183.jpg


私たちに八ヶ岳の森のすばらしさを教えてくれたのは
まるこ
友人松下家のモニカの娘
生粋のmix
まるこは、いつもノーリード
私たちが森に出かけると
いつも少しだけ先を歩き、森を案内してくれた
優しくて、理知的で、みんなに愛されたマルコ
カメラを向けるとはにかんで目を細めてしまう


そんなまるこが突然逝ってしまった

この悲しみを癒す術を私は知らない

でも

まることの想い出は消えることはない

永遠に


Maruko forever


d0082305_11224123.jpg


1994・7・1
八ヶ岳南麓 小淵沢
松下家に生まれる
d0082305_1123548.jpg

サンタ
まるこ・モニカ

d0082305_11235945.jpg


d0082305_1124461.jpg







d0082305_11245387.jpg

                              2000 ・12 ・15

                                6歳5ヶ月

                                まるこ 逝く




HP 木洩れ日の森からより転記

# by takibiyarou | 2001-02-02 00:01 | forever | Trackback | Comments(0)
2001年 02月 01日

金繕いの楽しみ

これからご紹介する金繕いは、本格的なものではありません

漆を使わずに、誰でも直に手に入る素材で行うものです



用具と工程

金繕いは、それ程難しいことではありません気楽にやってみてください

どうせ壊れた物ですので、巧くいけば儲けもの

的な感覚で楽しんではいかがでしょうか



<用意する物>

ホツ(欠け)の補修の場合
d0082305_1037460.jpg


1  ポリパテ  エポキシ系(硬化剤を混ぜて使うタイプ)の塗装 補修用の
   パテ(チューブ入り)オートバックスEtc カー用品店に有ります
   出来るだけ少量の物(使用するのは極わずかです)
2  小麦粉(小さじ1杯程度、薄力粉でも強力粉でも可)(笑)
    ポリパテの堅さの調整用です

3  爪楊枝(くろもじ が最適です、割り箸を削ってもいいです)
    ポリパテを練り、欠けの補修のヘラの代用
    捨てられる物が便利です

4  厚手の広告(光沢のある上質紙の物が最適です)ポリパテの練り台や
   カシューのパレットに使用(そのまま捨てられるので便利)
5  カシュー(漆の代わりの塗料ですが、金粉の接着剤として使 用します)
    色は、無色、黒、朱、黄色と有りますが
    金の下地用としては黄色が無難でしょう
    (使用するのは、極極小量です)
    漆のように被れたりはしません
    漆より乾燥が簡単です(漆が乾くには水分が必要で、室(むろ)の中で
   乾燥させます)
    釣り用品店に釣り竿補修用として「新漆」と称して置いてあります
6  カシュー用薄め液(テレピン油)画材屋さんに有ります
   油絵具用の薄め液です
     主に筆洗いです

7  筆
    カシュー用・・面相筆1本(極細の筆)画材店で日本画用面相筆
    金蒔絵用・・・水彩用の平筆1本(小型がいいです、幅1センチくらい)安物
   でいいです
8  耐水サンドペーパー #1000 位(細かいです)
    ポリパテの成形・研磨用です(一枚有れば十分です
9  ティッシュ
    筆洗い・ふき取り・磨き用です
10 ヘヤードライヤー
    ポリパテの硬化促進に使用
11 金粉(極極少量)0.4グラムで十分です
    (お茶碗欠けならこれで10個くらい補修出来ますよ)
    直接肌に触れる部分なので金属アレルギーの少ない金を使用する
   らしいです
    昔の人の素晴らしい知恵ですね
    金色が景色として合わない場合は、銀粉や白金粉を使用します


<金粉の種類>

   金泥粉・・・・・・・・金箔や銀箔などの箔を粉にしたもの。

       (例)純金泥 0.4g 
     
     〇 丸粉(2号)・・・金塊を削って粉にしたもので数字で号数がついています。
                数字が大きくなるほど、粒が大きくなります。
                    金泥より重みのある仕上がりになります
                       
12 瞬間接着剤(ゼリータイプが余り素早く固まらないので使いやすいです)




金繕いの工程

1日目

<ホツ(欠け)の補修>

1 器を洗剤でよく洗って、乾燥してください
   出来る限り油分を取り除きます
   (油分が残っていると、金粉が付着します)
   ひび割れの有る場合は、漂白してください

2 割れの有る場合は瞬間接着剤(ゼリータイプ)で接着します
   接着剤は、出来るだけ少量!(はみ出さない)
   余分な接着剤を十分ふき取ってください

3 ポリパテを少量広告紙に出し、爪楊枝で適量の硬化剤と混ぜて
  ください
   小麦粉を少量混ぜて、粘度を調整してください
  盛り上げても垂れてこない位です
   硬化剤を加えると数分で硬化が始まりますので、手早く!

4 練られたポリパテを少量欠けの部分に盛ります
   少し盛り上がった位がいいです
   余分なところは、後で削りますので凹みが無いように

5 ヘヤードライヤーの温風でポリパテを硬化させます

6 耐水サンドペーパーを約3センチ角くらいに破り、 水に浸し、指に巻く
  ようにして余分な ポリパテの盛り上がりを軽く削ってゆきます 
   サンドペーパーを水に付けながら、力を入れなくても楽に削れます
   耐水サンドペーパーの1000番は、多少器をこすっても、ほとんどキズ
  にはなりませんので余り神経質にならなくても大丈夫です

7 削り過ぎや、凹みを再度 4 から6 の手順で補修します

8 一日くらい乾燥させてください(手の油分を着けないように)



2日目

<金蒔絵>

 9 カシューを面相筆に付け、まず広告紙にたらし、筆のカシューの量を
   調整し、筆先を整えます
10 適量のカシューを補修した部分に塗ります
    カシューは、金粉の接着材として使用しますので、出来るだけ均一
   に薄く塗って下さい
    大きな面から塗って下さい
    カシューはそれ程早く乾きませんので慌てず、落ち着いて塗ってく
   ださい
11 割れの有る場合は、割れ目に沿って面相筆で、なるべく細く線を引く
   ように割れ目を埋めてください
    塗り終わった筆は、ティッシュに染み込ませたテレピン油でふき取って
   くだい
   テレピン油を沢山使うと後が大変です

12 ベタつかない程度に半乾燥させる
    平筆にカシューが付かない程度
13 窓を閉め、空調を止めて気持ちを落ち着けてください(笑)

14 金粉の包みを開き
    平筆に金粉を着け(この感覚です)
    10、11の部分に金粉を置いていきます
    あくまで置く感覚です、軽くとんとんです(少し多目です)

15 2時間位置き、もう一度平筆だけで 軽くとんとんです 

16 そっと明日まで置きます
    漆工芸品の金蒔絵も漆を使用しますが、ほとんど同じ工程です


3日目

<仕上げ>

17、平筆で余分な金粉を払います(回収出来るなら回収します)

18、ティッシュを堅く折り、押さえる様に拭き、塗り忘れを確認します

19、洗剤でそっと洗います

20、乾燥後、ティッシュを堅く折り、軽く磨きます


完了です
ご自分で修復された器は、また違った価値観として、とても愛おしいものです

ついつい使いたくなりますよ

d0082305_10393192.jpg


参考文献
* 「金繕い工房」原一菜 里文出版 (1998年)
*    NHK「おしゃれ工房」1999年2月号 P77?82
* 「やきもの修理法」本多郁雄 里文出版 
* 「別冊太陽 骨董を楽しむ?5 小皿豆皿1000」平凡社 (1995年)

# by takibiyarou | 2001-02-01 00:01 | その他 | Trackback | Comments(2)
2001年 01月 01日

珍 奇 薄 物 館

珍 奇 薄 物 館
焚き火野郎のチョッと珍奇なコレクション

d0082305_07255361.jpg
決してコレクターではありません

ただ何となく集まって来た物達です

決して高価ではないけれど、デパートで手に入るものでも無さそうです


一人 酒のお肴に、悠久の時の流れは、いかがでしょうか


natural sciences museum
自然史系的 collection 隕石・岩石・鉱物・化石・生物・その他諸々


この私的博物館の展示手法は

「おもちゃ箱的ランダム展示」です

分類も解説も決して学問的ではありません


また、入手経路及び真贋の定かでない物も沢山あります


そんな怪しげな

コレクションです





■ 珍 奇 薄 物 館 1
   悠久のときの流れに

■ 珍 奇 薄 物 館 2
   魅 惑 の 摂 理 

■ 珍 奇 薄 物 館 3
   流 れ 星 の か け ら た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 4
   愛 し き も の た ち
 

# by takibiyarou | 2001-01-01 00:11 | 珍 奇 薄 物 館 | Trackback | Comments(0)