木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2001年 01月 01日

珍 奇 薄 物 館 1室

悠 久 の 時 の 流 れ に
化 石・古 生 物

化石の王様 アンモナイト
d0082305_812354.jpg

借用 参考画像
アンモナイトは現生のオウムガイとよく似ていますが、実はイカやタコと同じ軟体動物の頭足類の仲間なのです。
イカもタコも石灰質の硬い殻を失って、わずかにイカの甲や、タコのくちばしが遠い先祖のからだにあった硬い殻の名残なのです。
軟らかいからだの仕組みは、アンモナイトに似ています。
今から4億年前のデボン紀から6千5百万年前の白亜紀まで、およそ3億5千万年もの間、繁栄と衰退を繰り返し、白亜紀の終わりに恐竜と同じようにこの地球上から突然絶滅しました。
「化石の王様」と呼ばれるアンモナイトは、3億5千万年という気の遠くなるような時間の中、進化と衰退を繰り返してきたため、その色や形などの外見は産出する地域や、化石となった時代によっても「千差万別」です。

d0082305_821033.jpg

アンモナイト化石の断面
Ammonites
ジュラ紀前期、約1億8,000万年前
Somerset,England


d0082305_83364.jpg

草食恐竜の大腿骨の一部 化石
Dinosaur-bone
ジュラ紀(Upper Jurassic)
約1億5,000万年前
Utah,U.S.A. 草食恐竜
d0082305_841553.jpg
こんなヤツだったのかも、知れません??

アパトサウルス (Apatosaurus sp.)
竜盤目:竜脚下目
アパトサウルスは、およそ1億5千万年前のジュラ紀後期に生息していました。竜盤目竜脚類(下目)に属します。竜脚類は、史上最大の陸生動物を含むグループで、群れで行動していたと考えられており、大きな体と長い首、長い尻尾が特徴的です。このような形体は現代の動物には見られないものです。





恐竜復活の鍵 虫入り琥珀

この虫入り琥珀は、バルト海沿岸地区で産出したもので、
約3000万年前(新生代第三紀漸新世)の松柏科植物の樹脂が地中で化石化したもので、樹脂が固まる前に封じ込められた昆虫がそのままの姿で封入されています
d0082305_855763.jpg

d0082305_861778.jpg

虫の拡大写真
虫入り琥珀
Insects in Amber
第三紀・漸新世
約3,000万年前
Dominica Republic 映画「ジュラシック・パーク」で、恐竜復活の鍵となった“虫入り琥珀”は一躍、関心を集め話題にもなりました。
実際にも、琥珀の中の昆虫化石からはDNAが検出されています。
今後、虫入り琥珀の研究が進展すれば、生物の進化をDNAレベルで解明し得る可能性があり、将来は絶滅した生物の復活でさえ可能にするかもしれません。

このようなことからも虫入り琥珀は、現代そして未来に及ぶ、実に多くの可能性を秘めた“神秘のタイムカプセル”と呼んでも過言ではないでしょう。


d0082305_864498.jpg

マンモスの体毛
Mammoth-hair
Mammuthus primigenius
第四紀・更新世
約1万年前
Yakutiya,Russia(Siberia)
マンモス象
d0082305_87511.jpg

d0082305_871844.gif借用 参考画像

長鼻目、エレファス属のプリミゲニウス
(Primigenius、最初に生まれたという意味らしい)を指し
鮮新世(180万年~500万年前)にマストドン象(Mastodon)から分化した象とされています。

この目(もく)には、インド・ビルマ・タイなどに生息するインド象(エレファス属)と北アフリカのサハラ砂漠以南に生息するアフリカ象(ナウマン象に近いロクソドンタ属)の現生種がいます。

漸新世(約3,700万年前)から中新世中期までの約2,600万年間にアフリカ・ユーラシア大陸から北アメリカ一帯に生息していたらしいとされ、
短剣状の牙をつけた背丈の低い象で全身長い体毛で覆われています。
日本からは岐阜県の瑞浪層群からアゴの化石(日本産最古の象化石)が発見されています。

最近シベリヤで永久凍土からかなり保存の良い状態で発掘が報告され、これらのDNAによるクローン再生プロジェクトが進行しています。・・・

良いのでしょうか?

d0082305_874541.jpg

マンモスの牙の断片
Mammoth-tusk
Mammuthus primigenius
第四紀・更新世
約1万年前
Yukon-River,Alaska,U.S.A.




サメの歯化石

Lanna Obliqua
新生代始新世Eocene(約5,000万年前)
Morocco
d0082305_88431.jpg















サメの顎骨と歯化石
Lanna Obliqua
新生代始新世Eocene(約5,000万年前)
不明
d0082305_89359.jpg

巨大ザメ、ジョ-ズの乳歯?(うそ)

ホホジロザメの仲間とメガロドン
恐竜の絶滅した時代、つまり6500万年前からすでにホホジロザメの仲間はすでに存在していました。
この時代の地層からはホオジロザメの仲間の歯が数多く見つかっています。そしてその仲間から派生したものが、メガロドンです
カルカロドン・メガロドン最大15メートルにもなるホホジロザメの祖先で、新生代第三紀の中新世(2600万年~600万年前)の海生息していました。
硬骨魚類のサメの全身骨格が発見されることはきわめてまれで、現代のサメがどうやって進化したのかは、謎につつまれています。
サメの歯は比較的ぬけやすくなっていますが、サメの歯は一つぬけるとすぐに次のが後からせり出してきてあいた穴をうめます。
サメの歯はつぎつぎ再生するので、永久に歯がなくなることはありません。



三葉虫化石
d0082305_810547.jpg

Trilobites
詳細不明
三葉虫 Trilobites
体が三つの葉にわかれているという意味で付けられました。
カニやエビと同じ節足動物の仲間だそうです。
古生代、カンブリア紀(約五億年前)海底に生息していたのですが、古生代末に絶滅しました

d0082305_8103135.jpg

二枚貝化石
詳細不明


d0082305_8355375.jpg

生きた化石
「メタセコイヤの化石」のかけらです
某有名博物館のゴミの中より選別

メタセコイアは、スギ科の植物で樹高20、30m 和名はアケボノスギといいます
1939年、日本にて「セコイア」に似た化石が発見され、化石発見者の三木茂博士により少し変わったセコイヤという意味で『メタセコイア』と命名されました
セコイアは、中生代ジュラ紀から新生代古第三紀に繁栄




■ 珍 奇 薄 物 館 1
   悠久のときの流れに

■ 珍 奇 薄 物 館 2
   魅 惑 の 摂 理 

■ 珍 奇 薄 物 館 3
   流 れ 星 の か け ら た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 4
   愛 し き も の た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 TOP


# by takibiyarou | 2001-01-01 00:10 | 珍 奇 薄 物 館 | Trackback | Comments(0)
2001年 01月 01日

珍 奇 薄 物 館 2室

魅 惑 の 摂 理 
岩 石・鉱 物

砂漠のバラ(石膏)(デザートローズ
Sand-Rose
CaSO4・2H2O
Mexico
d0082305_821393.jpg

d0082305_922572.jpg

砂漠のバラ 
「2005日本国際博覧会 愛・地球博」
アフリカ共同館より

砂の中に染み込んだ水分が、周囲のミネラル(石膏)を溶かし、長い年月をかけてバラ状の結晶を形成しました。
かつてオアシスの有った所に多く産出します。

d0082305_8223219.jpg

グリーン石膏
Selenite
Australia
芝生?? グリーン石膏

先の方が透明感があり、下に行くに従って不透明度が増す切り取られた芝生のような、 緑の石膏の単斜晶系の結晶です。

d0082305_823590.jpg

オーケン石
Okenite
Ca5Si9O23・9H2O
India 綿菓子ではありません、これでも石です
オーケン石 (ラビット・テール)

ドイツの自然研究家であるL.OckenにちなんでOckeniteと名付けられ、その後Okeniteと改名されました。
三斜晶系の針状結晶が放射状集合体となったものが多く発見されます。
希少価値が高いため、手にした者には幸せが訪れるとも云われていて、パワーストーンとして、あるいはヒーリングに使われています。
火山岩の晶洞中に産出し、針状結晶の放射集合体で、鉱石とは思えない(うさぎの尻尾のような)ふわふわとした柔らかさです。
どうやってできるのかがまだ解明されておらず、雪の落ちてくる過程で変異が起こり、つくられると云う一説があるほど、神秘的な鉱石です。

d0082305_82334100.jpg

ダイヤモンド原石/キンバーライト
Diamond/Kimberlite

South Afrca
キンバーライトはカンラン石と雲母含む火成岩で、ダイヤモンドを含んでいることがあります。

マントル内に生成したガス成分に富んだマグマが1時間程度の短時間で地表に噴出したいうダイナミックなプロセスを経て、ダイヤモンドは地表に運搬されました。

 キンバーライトは南アフリカ、ケニア、シベリアなどに多く分布しており、8000万年前から1億2000万年前に出現のピークがあるようです。



d0082305_8235887.jpg

サハラ砂漠の砂 砂漠の砂

モロッコ・カサブランカ東方約500Km
Erfoud北方約70Km地点の
サハラ砂漠の砂です
d0082305_858395.jpg

ゴビ砂漠の砂
「2005日本国際博覧会 愛・地球博」
モンゴル館より

d0082305_824195.jpg

黄鉄鉱の立方体結晶
Pyrite
愚者の金 黄鉄鉱(パイライト)
 黄鉄鉱は金、黄銅鉱などと比べ非常に結晶化しやすく、温度や圧力などの条件によって様々な形態になり、おもに立方体、五角十二面体、八面体などの結晶を作る。特に五角十二面体は黄鉄鉱やその仲間である輝コバルト鉱には普通であるが、その他の鉱物には珍しいため、黄鉄鉱面とも呼ばれる。
金塊的な外観から「愚者の金(fool's gold)」とも呼ばれます。


d0082305_825952.gif

テレビ石
曹灰硼石(そうかいほうせき)
ウレクサイト(Ulexite)
NaCaB5O9・8H2O 硬度2.5
アメリカカリフォルニア州

テレビ石(ウレクサイト)

塩湖が干上がったところに形成されます。
この純白で絹糸光沢のこの鉱物の特徴は,繊維状の結晶が平行に接合していることであり,新聞などに乗せると文字が石の表面に浮いて見えます、これをグラスファイバー効果といいます。


d0082305_8252758.jpg

馨石・サヌカイト
古銅輝石安山岩の一種

打楽器としてのサヌカイトによる演奏者
臼杵美智代

石琴 サヌカイト
香川県坂出市東部、五色台の付近から古来「カンカン石」として親しまれてきたサヌカイトが産出します。
和名を「讃岐岩」といい、たたくと「カーン,カーン」金属音を発し、心地よい余韻を残して響きます。
人々は、この岩石を江戸時代のころから「馨石」(けいせき)とも呼ばれてきました。
 サヌカイトは、この五色台や屋島をはじめとする北部地域に広く分布する古銅輝石安山岩の一種で、瀬戸内地域に起こった火山活動によってマグマが地表に流出し、冷え固まってできた岩石です。
1891年ドイツの地質学者ヴァインシェンクにより「讃岐の岩」の意をこめ「サヌカイト」と命名されました。
約百年前、香川県国分寺に住む住職、長尾猛がこれを研究採掘し、仏教音楽「声明」の伴奏楽器として音階に編んだ石琴を制作し宮中にも献上したそうです。
長尾猛の長女、宮脇磬子さんは如石堂と号した父の跡を継いで、今もサヌカイトを採掘し、自然の形をそのままに音階配列、さらに美しい音を求めています。

d0082305_822154.jpg

乳香(ニュウコウ)
「2005日本国際博覧会 愛・地球博」
アフリカ共同館より頂く

乳香は、古代より「お宝」の一つとして有名です。
現代ではアロマセラピーのエッセンシャルオイル(精油)、香料として使用されている乳香の歴史は古い。

約二千年前、パレスチナの寒村ベツレヘムの馬屋で
イエスと呼ばれる赤子が生まれました。
東方にあって占星術の研究をしていた三人の学者が星に導かれて
この赤子を訪ね、三種の宝物を捧げました。

このキリスト誕生の物語はあまりにも有名ですが
その時の贈り物が 
「黄金」と「没薬」と「乳香」なのです。

新約聖書はそのように伝えています。

乳香はカンラン科のニュウコウジュという木の樹脂が固まったもので、没薬のほうも、ごく近い種類の木の樹脂が固まったものだそうです。
シルクロードを通じて古くから西方と交易のあった中国では、乳香も没薬も古くから薬物として導入され、中国での生薬の名として、西方でいうオリバナムを「乳香」と、「ミルラ」を「没薬」と呼びました。
中国では乳香、没薬とも外科・整形外科の常用鎮痛薬で、両者を併用することが多い、とあります。

古代エジプトでは、遺体を防腐処理してミイラ化するのに没薬が使われたのですが、その薬の名「ミルラ」が「ミイラ」という名になってしまったそうです。

岩塩

d0082305_846768.jpg

[ポーランド・ヴィエリチカ岩塩坑の岩塩]
世界遺産の一つヴィエリチカ岩塩坑は10世紀末、ピアスト朝のボレスワス一世の時代に採掘が始まり、13世頃から本格的に採掘が行われた
産出される岩塩はポーランドの重要な財源となり、14~16世紀にはポーランド収入の約30%を占めました
17世紀頃から衰退し始めましたが、現在も岩塩の産出はあり、現存する岩塩採掘鉱山としては最古だそうです
300m以上の深さに岩塩の彫刻や礼拝堂があるようです

ポーランド館でジオラマ展示された物です
d0082305_8461179.jpg

[ヨルダンの岩塩と死海の水]
流れ出る川がなく、年間を通じて大量の水が蒸発する死海の塩分はきわめて濃い
一般の海水の塩分濃度は4から6%であるのに対して、死海は25%の濃度を有するそうです
この濃い塩分濃度のため浮力が大きく、人が死海に入って沈むことは極めて困難
またこの塩分濃度のため、湧水の発生する1ヶ所を除いて魚類の生息は確認されていません
死海という名称の由来もここにあるらしい
死海の塩分は、ヨルダン川および主に周囲から涌き出る温泉から供給されているそうです

ヨルダン館・死海のプールより入手(瓶はイエメンの香水瓶)
d0082305_8461611.jpg

[モンゴルの岩塩 ]
モンゴルでは古来、岩塩を茶やスープなどあらゆる飲食物に用いるほか弱った家畜の薬にも使われてきました
薄ピンクのとても美しい岩塩です
モンゴル館にて入手
d0082305_8462016.jpg

[クロアチアの塩田の塩]
現在も塩田が残るストン、ニン、パグの3か所から空輸されたお塩です
ストンは、「アドリア海の真珠」と呼ばれる風光明美なドブロブニク近郊、欧州最古で、4000年前にできたとも言われる
塩田があり(ハプスブルク帝国の)皇室御用達の塩田でもあったそうです
甘みのあるとても美味しいお塩です

クロアチア館の床映像のスクリーンとして使われました






■ 珍 奇 薄 物 館 1
   悠久のときの流れに

■ 珍 奇 薄 物 館 2
   魅 惑 の 摂 理 

■ 珍 奇 薄 物 館 3
   流 れ 星 の か け ら た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 4
   愛 し き も の た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 TOP

# by takibiyarou | 2001-01-01 00:09 | 珍 奇 薄 物 館 | Trackback | Comments(0)
2001年 01月 01日

珍 奇 薄 物 館 3室

流 れ 星 の か け ら た ち 
隕 石


流れ星に願い事した事、ありますか?

夜空を一瞬光が横切り消滅する、そう、流れ星です。

流れ星は宇宙を飛んでいる米粒や砂粒程度の小さなチリのかけらで、
秒速10km~70kmの猛スピードで大気圏に突入すると空気との摩擦熱でほとんど燃え尽きてしまいます。
このとき発生するプラズマが空気の分子と反応して発光します、これが流れ星なのです。
これより大きな宇宙空間を漂っている小惑星の破片などが、地球の引力圏に落下し、燃え尽きず、地上に落下したものが隕石です。

宇宙の果てから途方もない時間をかけてやってきた、この隕石たちからのメッセージを読み取る事が出来るでしょうか?

鉄隕石
d0082305_16475055.jpg



南丹(ナンタン)隕石 隕鉄
OCTAHEDRITE
落下年代:1516年6月
中国、広西壮族自治区、南丹


南丹(ナンタン)隕石

中国の古い文献に、西暦1516年ドン族とヤオ族が住んでいる南丹地域に隕石雨が降ったと記されています。これが南丹隕石です。1958年中国全土で探査が行われた時に、全部で9500kg、19個の鉄隕石が発見されました。
d0082305_7422315.jpg

参考画像

その後さらに探査が続けられ、1990年に
この隕石が発見されたのです。
この南丹隕石はアジア地域に落下した最大の隕石雨で
この破片はその南丹隕石の中でも最大の破片です。

国立科学博物館所蔵・新館B3Fに展示されています
d0082305_7445731.jpg

オデッサ隕石(隕鉄)
NICKEL-IRON METEORITE
落下年代:1922年以前
Odessa. Texas.U.S.A.




d0082305_16485758.jpg

キャニオン・ディアブロ隕石
Arizona.U.S.A.
1891年に発見

約5万年前に落下と推定

地球の年代を知る手がかりに
なった隕石らしいです
d0082305_16492323.jpg


キャニオン・ディアブロ隕石が形成したクレーター
バリンジャー・クレーター(直径:1200m。)

借用 参考画像

アリゾナのバリンジャー・クレーター(直径:1200m。)を形成したのが、このキャニオン・ディアブロ隕石です。
隕石はクレーターの内ではなく、外側(隕石孔から5km以内の場所)で発見されました。
これは隕石が低角度で地面に衝突したためであり、回収量は、30t以上。
鉄ニッケル合金と硫化鉄を主成分とするが、衝突時の衝撃で生成されたダイヤモンドも含まれている。

バリンジャーとは鉱山技師の名前である。
彼は隕石孔の底に100万トン以上の鉄の固まり等が埋まっていると考え、60万ドル(20世紀初頭の金額)の巨費を投じて穴を掘り続けた。しかし、衝突の瞬間、隕石の持っていた運動エネルギーが熱エネルギーに代わって,隕石本体は蒸発して爆発してしまうため発見には至らなかった
そうな。

石鉄隕石
d0082305_16501242.jpg

参考画像 イミラック隕石(石鉄隕石)
Pallasite
発見:1822
no cut
Imilac,Atakama-Desert,Atakama,Chile
d0082305_7443893.jpg

宇宙のステンドグラス・パラサイト(石鉄隕石)
 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄、ニッケル合金と珪酸塩鉱物の種類によって、さらに細かく分類されていますが、中でもパラサイトはFe-Ni合金の中に粗粒のカンラン石が入り込むいわば宝石がちりばめられていて宇宙のステンドグラスです。

地球ではこのような組み合わせの岩石は決して存在しません。

 今から約45億年前、太陽系が誕生したころ、まだ宇宙に惑星はなく、石や鉄の粒子がうずまいていました。
その粒子たちは、動きながら衝突や合体を繰り返し、小さな惑星となりました。
この小さな惑星どうしが、また何度も衝突、合体を繰り返し、運のよいものは、さらに大きな惑星(原始惑星)へと成長していったのです。
衝突を免れた石や鉄の粒子、そしてこの惑星こそが隕石の起源なのです。
鉄と石という組み合わせの隕石は、落下した隕石の約1%にしかすぎないとても貴重な存在です。

そして、はるかかなたの惑星の歴史を伝えてくれる、情報源でもあるのです。

d0082305_7442047.jpg

パラサイト(石鉄隕石)
Pallasite
Carab Orchard ,Tennrssee,U.S.A.
ペンダントトップに加工、noelママ所蔵

この断片の本体は
フォッサマグナミュージアム所蔵


その他の隕石の種類

石質隕石
コンドライト 落下した隕石の86%をしめるコンドライトは、全ての隕石のもとの物質と考えられている。
地球の岩石には全く認められないコンドル-ルと称される直径2mm以下の丸い球を組織の中に持っているので球粒隕石・
コンドライトと呼ばれる。
コンドライトはFe成分の量の多い順にE、H、L、LL、Cの5つの科学的グル-プに分類されている。

炭素質隕石
炭素質、コンドライト 最も始原的であり、他の隕石と異なり炭素の形として有機物を含み
このことから宇宙で有機物がいかに造られるか、ひいては生命の起源にまで関係してくる情報をもつ極めて魅力に富んだ隕石。

テクタイト
テクタイトは一見、黒曜石に似ているが何らかの地球外の宇宙物質に関連しているとされる謎の石。
一般的には黒色、緑色、黄褐色などのガラス質で形は円盤状、球状、しずく状、ピ-ナツ状と様々。
成因については定説がないが隕石の落下や彗星の大接近による大爆発などに起因すると考えられている。

衝撃ガラス
衝撃ガラスはオ-ストラリアのタスマニア島でダ-ウインによって最初に発見されたもので
普通、隕石火口に伴って産する天然ガラスでテクタイトや黒曜石に良く似ているが、外観は変則的で流状構造が著しく、
小さな気泡や包有物が多い。
そしてテクタイトが水を含まないのに対し、衝撃ガラスは多量の水を含んでいる。
隕石が地表に衝突したときに発生する熱と圧力のエネルギーで地表物質の岩石が溶かされてガラス質になったと考えられている。



■ 珍 奇 薄 物 館 1
   悠久のときの流れに

■ 珍 奇 薄 物 館 2
   魅 惑 の 摂 理 

■ 珍 奇 薄 物 館 3
   流 れ 星 の か け ら た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 4
   愛 し き も の た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 TOP

# by takibiyarou | 2001-01-01 00:08 | 珍 奇 薄 物 館 | Trackback | Comments(0)
2001年 01月 01日

珍 奇 薄 物 館 4室

愛 し き も の た ち 
生 物


d0082305_8292583.jpg

タツノオトシゴ (海馬/カイバ/カイマ)
実物標本
詳細不明 タツノオトシゴ (海馬/カイバ/カイマ)

その風貌から日本では江戸時代まで「虫」とされていたそうですが、
プランクトンを食べて生きている立派な魚です。
コウジウマ科ウミウマ属の魚で、体長5~15cm、
尾を海草に巻きつけて生活しています。
オオウミシマ、イバラタツ、大海馬などを乾燥したものが、
漢方薬として有名。


d0082305_8294845.jpg

サソリ(スコーピオン)
イエローファットテールスコーピオン
であろうか?
Androctonus australis
実物標本(アクリル樹脂封入)
土産品である為詳細不明
イエローファットテールスコーピオン

乾燥系のサソリで、体長は尾を含め10cmほどになる。
Androctonus属は毒性が高いということで有名なのだが
この種はその中でも特に毒性が高いといわれる。
早い話、刺されたらかなり危ないサソリである。

サソリ毒→心臓に影響、心臓血管系の不全による虚脱、肺水腫、
(サソリは全て有毒)


d0082305_8295985.jpg

星の砂
有孔虫類(バキュロジプシナ)
Baculogypsina sphaerulata
沖縄県八重山郡鳩間島 ご存知 星の砂
実は有孔虫の死骸。

拡大写真

有孔虫は原生動物でアメーバなどの仲間ですが、比較的大きいので砂のなかからも発見できます。
顕微鏡をつかうのが便利ですが、目のいい人なら肉眼でも見えます。わずか5グラムの砂の中に100箇以上いることもあります。
有孔虫はカンプリア紀以来5億年ものあいだ地球で生息し続けててきた最古参動物です。
貝類より1億年もまえに現われ、地層からも太古の有孔虫が発見され、地層の年代決定に有効な動物です。


d0082305_8301067.jpg

胡揚の枯れ枝(コヨウ)
実物標本 砂漠の聖ー胡揚
借用 参考画像
d0082305_8303234.jpg

タクラマカン砂漠の過酷な環境に適応したポプラの一種で生きて1千年・枯れて1千年・朽ちるのに1千年と云われる生命力の強い植物です。枯れて砂漠に佇むその姿から「砂漠の聖」とも呼ばれています。



■ 珍 奇 薄 物 館 1
   悠久のときの流れに

■ 珍 奇 薄 物 館 2
   魅 惑 の 摂 理 

■ 珍 奇 薄 物 館 3
   流 れ 星 の か け ら た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 4
   愛 し き も の た ち

■ 珍 奇 薄 物 館 TOP

# by takibiyarou | 2001-01-01 00:08 | 珍 奇 薄 物 館 | Trackback | Comments(0)