木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 19日

花探し

16-7-14

梅雨の晴れ間

きらきらの木洩れ日に誘われて

ノエルの森で花探し

木洩れ日程度の日差しなので

あまりお花は咲きません

それでも

白いお花のハルジオン

薄紫のホタルブクロ

一番のお気に入りは

キバナノヤマオダマキ

ノリウツギにヤマアジサイ

赤い小さな野いちご見っけ




d0082305_11144671.jpg
ハルジオン
d0082305_11152397.jpg
キバナノヤマオダマキ

d0082305_11174466.jpg
ホタルブクロ

d0082305_11095856.jpg
ノリウツギ
d0082305_11085650.jpg
ヤマアジサイ
d0082305_11233937.jpg
野いちご
d0082305_06230253.jpg
名残のシモツケ












# by takibiyarou | 2016-07-19 06:24 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2016年 07月 15日

雨音は止み、せみ時雨

16-7-14

朝方まで聞こえていた雨音が、今ではせみ時雨に変っている
雨に洗われた鬱蒼の森に、夏の日差しが差し込む
デッキの天窓が汚れていて森の木々が望めない
気になりだすと、どうにもほってはおけない
まだ濡れている屋根に梯子をかけて
デッキブラシとホースをもって登る
足元はサンダルのままであります
屋根に片足掛けたとたん
ヌルーとした感覚と同時に、大又開き
何とか梯子にしがみ付き、転倒、落下は免れました

それでもあきらめず、何とかよじ登り
デッキブラシでおっかなびっくり、ゴシゴシと
立っているのがやっとの状況に
ほうほうのていにて退散します

それでも何とかきれいになった、デッキの天窓

木々の梢を眺め、悦に入る


二階の天窓は

やめておこう・・・

d0082305_10261901.jpg








# by takibiyarou | 2016-07-15 05:54 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 14日

16歳と9ヶ月

16-7-13

ノエルをシャンプー
ほとんど骨と皮
でも、それなりに重い
寝たっきりでも、食事だけはガツガツと食べる
このときだけ、前足に力を入れて首を起こし、食べる
やればいくらでも食べるので、量の加減が難しい
カップ七分目くらいのフードに、膀胱炎の予防のためミルクとお水をたっぷりと
それをあっという間に平らげて、容器にうっぷし休息
おしっこは、定期的に膀胱マッサージして強制的に排尿
大きい方は、健康的な硬さを自然排泄
排泄すると昼夜を問わず、必ず「オゥオゥ」とお呼びがかかり、直ぐに処理
目はだいぶ白くなってきてはいますが、まだ少しは見えている様子
しかし目ヤニが多く、処理の要求の「オゥオゥ」とのお呼びがかかる
シャンプーすると
怖いくらいに、毛が抜けた
腰と、胸には大きなシコリ
検査の結果、良性とのことなので、そのままにしている

昔からお風呂好きなので、暖かなシャワーを掛けると

歓喜(たぶんではありますが)の声を上げる

昔、あんなに嫌がったドライヤーにも

文句も言わず

今は森のデッキで、すやすや


ノエル

16歳と9ヶ月

d0082305_13072765.jpg
写真はこれを最後にしようと思う






# by takibiyarou | 2016-07-14 07:27 | ノエル と セラ | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 13日

お久しぶりです

16-7-13

セラが階下に下りてゆく
お水を飲む音
やがてまた、階段をトコトコ上がってくる
顔の前に熱気を感じ、目を開けると
直ぐ目の前にセラの顔

森はすでに夜が明けています

昨夜は何度もノエルに呼ばれ、結局添い寝する
肌寒さを感じて、二階に上がってきたのは何時ごろだったか
覚えていない

炊飯器のスイッチを入れて
セラと森に出る
完全に夜は明けているのですが、薄曇の空
所々路が濡れていますので
夜中に一雨あったのかも知れません
路沿いに植えてある
ブルーベリーの実はまだ青い
また一雨きそうな空ですが、つばひろのハットを忘れてしまいました
鬱蒼の森を少し早足で、お散歩
サンちゃん家に差し掛かると、セントバーナードのトマトがドカドカと駆けてくる
ほかのワンコは居ない様子、お出かけか?
県境の谷沿いを廻って帰途に着く

ブログに向かうのは久しぶりです
別に何があったわけではないのですが
ノエルも、かなり体力は衰えましたが、まだまだ健在の食欲
セラも相変わらずのハチャメチャぶり
なのですがなんだか、写欲も失せ、日々の雑事にただただ流されておりました
そんな中、何とか新理事長さんに事務の受け渡しを終え
そして、月末に予定していたお仕事がキャンセルとなったことで
熱帯化した下界を抜けて、お山にやってきました

さて
朝ごはんにしましょうか
d0082305_07540119.jpg
鬱蒼のノエルの森

d0082305_07542244.jpg
森のホタルブクロ






# by takibiyarou | 2016-07-13 07:55 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2016年 05月 31日

明日当たり下山しますか

16-05-23

昨日家内からTELが
直ぐに帰宅せよと・・・
一方的に喋るので、要領を得ない
推察、総合すると
どうも、走行中に誰かの車の車輪が外れたらしい

誰の?!
 私の
いつ
 今
・・・

どうも、怪我はしていないらしい
幹線道路を外れた所だったのが幸いしたらしい

今、JAFが来てくれたそうな
どうも車輪の車軸が折れているらしい
中古の軽で9万Km位い走っているので、故障は考えられるのですが
車軸が折れるとは・・・
当然、レッカー移動
JAFの人が、保険をチェックしてくれて
保険のロードサービスを使ったほうが良いと、保険会社に連絡してくれているらしい

今、修理工場に着いたと、再びTEL
この工場で整備してもらっているご近所さんなので顔なじみ
車はかなり酷い状態らしい
家内は代車が欲しいと言うと、社長が
そこにある1万km位走った車を格安で提供してくれると
修理するよりもその方が良いのでは、と
家内もこれがいいと言っている
仕方ありません、社長には、私が帰ってから手続きをすることにして
家内は直ぐに、 車をお持ち帰りしたらしい
なので
まだお山に居てもいいと・・・
しかしながら
そうもいくまい、明日当たり下山しますか

年金暮らしの身には
またしても、痛ーい出費となりそうです・・・


d0082305_06092330.jpg






# by takibiyarou | 2016-05-31 06:10 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(3)
2016年 05月 30日

日がな一日

16-05-22

今年は森のジャングル化が非常に早く感じる
何時もならこの季節、まだアマダかと待ち侘びるのですが
すでに山荘は鬱蒼の木洩れ日の森に包まれています
この森に来て始めて出合った春蝉時雨にも
晩春から初夏の季語「松蝉」はこの春蝉をさすらしい
松林だけに生息する透明な羽を持つヒグラシを小さくしたような、小型の蝉
鳴き声は表現しづらいが「ジーッ・ジーッ…」が近いかもしれない

そんな森のデッキで

日がな一日過ごしています

傍らには、寝たきり老犬ノエルと

すぐに家に入りたがる、セラ

そして

山独活の味噌和えと

五年物の40度


d0082305_05343802.jpg











# by takibiyarou | 2016-05-30 05:56 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 29日

春せみ時雨に包まれる

16-05-21

懸案でありました集合住宅の新任の管理員さんも何とか決定
といいましても、6月末からのお仕事開始
そまでは、理事長様と管理員さん兼任の日々、大変です・・・

そんな中、何とかお山にやってきました

先日まで、朝日に輝いていた新緑の森はすでに、鬱蒼
山荘もそんなジャングルに溶け込んでいます
朝のお散歩で、一握りのワラビを摘み、お酒のあてとする
日中は汗ばむくらいのですが、それでも朝晩はストーブか恋しくなる
ワラビを少し、ぶんた家におすそ分けしましたら、山独活を頂いた
これで、肴のメニューが増える

ノエルを玄関先の陽だまりに寝かせ
セラを連れてお買い物
先ずはセラのワクチン接種
念入りに健康チェックをしてもらい、1時間ほどで終了
隣のスーパーに
今回は、ご近所さんがほとんど居られないので
私の、お肴のみ
解凍物だけどおいしそうな大蛸の足、発見
お昼は、何時ものたこ焼き、和風塩たれ
天窓から日の差し込む森のデッキで頂きます
朝採りのワラビのお浸し
買ってきた蛸を薄くスライス、たっぷりの山葵
お酒はいつもの五年物の40度

屋根で切り取られた、新緑の森は眩しいくらいに輝きます

やがて森はジージージー

春せみ時雨に包まれる

d0082305_07065099.jpg












# by takibiyarou | 2016-05-29 07:09 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 10日

話はハムユイにおよぶ

16-05-03

多分、この日であったろうと、思うのであります

先日お散歩で収穫した一人静かをお向かいさんにお裾分けしていましたら
リンケンさんからのTEL
なんでも、しばらく鎌倉に居たのだそうですが、お山に帰ってきたとのこと
ならば、やりましょう、何時もの宴
早速買いざし
先日から御柱祭りでゴウ介家も来ています
お向かいさんご夫婦とは毎晩の宴
ぶんた家もリンケンさんに会いたがっていました
そして、みみながさん、総勢9名の宴とあいなりました

お向かいさんは関東の方ゆえ牛スジをあまりご存じないそうでしたので、仕入れます
GWのため仰々しい物ばかりで、なかなか私の手に余る
それでも何とか、ブリカマをゲット
後は旬の山独活
こんなところ見繕って、今宵の宴と致しましょうか

買い物から帰ると
お向かいさんから、お昼の差し入れ
これはありがたいです
牛筋の下ごしらえしながら、一杯頂きます
冷凍の牛筋をレンジで戻し、二度ほど茹でこぼし
余分な灰汁と油を落とします
そして、出汁、お酒にみりん、お醤油少々にて煮込みます
ブリカマは塩して冷蔵庫
山独活、茎と葉の部分を切り分け
茎はサット皮を剥いて短冊切り
これと、葉を適当に切ってサット茹でます
茹で上がったら冷水に
おいしいお味噌にお酢とお酒そして御砂糖、酢味噌たれ

さて
本日の宴のメニュー
生湯葉の山葵と入り酒
山独活の酢味噌和え
朝採りのワラビのお浸し
お刺身の盛り合わせ
そして、牛筋の煮込みに刻みわけぎをたっぷり乗っけ
ごま油たっぷりのトマトの卵炒め
ブリカマの塩焼きと茗荷添え
最後にコシアブラの炊き込みご飯

こんなところでの宴でありました
話題は
またまた始めたリンケンさんの、古民家再生ビフォーアフター
今度は葉山あたりで始めたらしい
近所で顰蹙を買っていたごみ屋敷を片付け再生
片付けて見ると、思ったとおり立派な古民家
すでに借り手がついて、今はやりのゲストハウスになるらしい
そして
話はなぜか、ハムユイにおよぶ

ハムユイ、そういえばしばらく仕入れていない

今度また

豚肉のハムユイ蒸しでも振舞いますか!!ね

d0082305_13261807.jpg
コシアブラ、日差しを透かせて









# by takibiyarou | 2016-05-10 06:38 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(4)
2016年 05月 09日

お山で予防注射

16-04-30

セラの重さに目が覚める
まだまだ森は真っ暗
時計を見ますと、午前4:00
ぼちぼちおきますか

それでも炊飯器のスイッチ入れるころには
森は少しだけ白みかけてきます
セラを起こしてお散歩
春とは言えども朝夕はまだまだ寒い
県境沿いのやまみちを登る
ついこの間までは、鬱蒼のトンネルでしたこの路
谷側の森が伐採され今では、視界が開けている
この当たりでも、だんだんと森は減少してゆく
寂しいですねー
d0082305_11115448.jpg
薄明かりの中、二三本のワラビが目に入る
今年はずいぶんと出てくるのが早いです
少し探すと、10本ばかり
散歩の収穫
持ってきたスコップで、道端の一人静かを株ごと頂く
帰って森のアプローチに植えましょう

さて、今日はセラの狂犬病の予防摂取

町の獣医さんは超満員
車の置く場所もありません
仕方ないので、隣のAコープに車を置いて
一時間半ほどして、なんとか終了
d0082305_11122194.jpg
お向かいの奥様撮影





# by takibiyarou | 2016-05-09 09:01 | ノエル と セラ | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 08日

森は新緑に

16-04-29

昨日からやっとのことで森入り
集合住宅の方は、まだまだ見通しが立ちません
突然の管理人不在はかなり深刻です
管理会社を入れていれば、すぐに対応できるのでしょうけれど
わが住宅は自主管理、すべてを我々管理組合で行わなければなりません
まあ、それを承知で始めた自主管理なんですけどね
すぐに管理人の募集を行いましたが、なかなか、ですね・・・
幸いにして管理費などの徴収などは、私が自動計算のデータをつくりましたのでなんとか解明できましたが
6月の総会に向けての決算やらなにやら、大変なんです

それでも何とか

お山に来ることができました

森はすでに新緑に包まれています
d0082305_10000672.jpg
d0082305_10014446.jpg
森の入り口の山桜は満開

少し歩いてみましょう

最近伐採された県境の沢沿いの山路

明るくなったせいでしょうか、一人静かの群生が

もう、ワラビも顔を出しています

少し頂いて帰りましょうか、ね
d0082305_10011718.jpg








# by takibiyarou | 2016-05-08 10:04 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)