木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:お茶 ( 13 ) タグの人気記事


2010年 01月 08日

新 年 の 宴

私は朝からチビチビと頂いております
小ぶりの黒漆の角盆に、お正月のお肴を盛って
といっても
鰹出汁の数の子と苦心の末完成させたタタキゴボウのゴマ味噌和え山椒風味
紅白の蒲鉾と小皿の黒豆
我が家のおせちはいたってシンプル
私ばかり呑んでいてはいけません
そろそろ、宴の準備です
今日は何時ものメンバーのほかに「北犬家」をお招きしています

「北犬家」は私が上海暮らしで留守のとき「猩壺庵」の普請のお手伝いをしてくださった方なのです
なので「猩壺庵」の新年会にはぜひともおいでいただきたかったのです
そしてなんともやさしい超大型犬、北犬軍団
そんな訳で、今夜の宴
ゴウ介家ご夫妻、ハービーグ家ご夫妻、お髭の友人の奥様、北犬家ご夫妻、そして我が家
総勢9名、新春の宴です
こんなときこそ、3mの大テーブルの真価の見せ時

ノエルの森に闇が訪れ、皆さんお揃いになりました
あまりの大勢さんなので今夜は北犬アラスカンマラミュートの「まきこ」チャンとデカチワワの「良太郎」
にお上がりいただきました
そう、北犬家はみんな昭和のスターなのです
裕次郎とひばり、文太には車で待っていただきましょう、何せみなさん超大型なので・・・
昨夜の宴はゴウ介家の豪華お料理でしたので、今夜はぐっと庶民的なメニューです

■数の子、ゴボウ、黒豆

■スモークサーモン

まずは新春の乾杯です

■鰯と玉葱のレモン和え

■鴨のロースト

しかし、北犬アラスカンマラミュートの「まきこ」チャン
なんとおしとやかなのでしょう
体格はノエルの三倍はありそうなのですが、ゆったりとしておしとやか
皆さん驚きのワンコです

このへんで、で我が家の
■お雑煮登場
なのですが、大人数なのでお餅を焼くのも大変です
時間稼ぎにトン汁を召し上がっていて下さい
家内と二人でてんてこ舞い
しかし、昨夜のアクシデントのため、焼ブリは少々小柄・・・
家内がシャンパンをご所望です
ワインセラー(暖房の無い倉庫)から持ってきます
メインは、我が家自慢の牛筋おでん、薪ストーブでじっくり煮込みました
なんとも支離滅裂なメニューです
■そして〆はゴウ介家特製のカレー

今夜もたんと呑みました

さて

おなかも膨らんできたところですが

お茶でも一服いかがでしょう

■お菓子は柚子の「一枚流し」

奥のお茶室にご用意します

雪見の窓からは、真っ白な森

大勢さんですので、流れ作業のお点前ですが

新春のお茶会と気取りましょうか

d0082305_17313125.jpg


お薄のあとは

■上海土産の「鉄観音」でも淹れますか




本年も

よろしくお願いいたします


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2010-01-08 06:53 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 07日

初 お 薄

元旦のお昼下がり
ゴウ介家の奥様とお母様がわが猩壺庵においでくださいました
新年のご挨拶の後
お薄でも点てますか
お湯は、薪ストーブの上でシュンシュン湧いています
お茶碗は、岡宏峰氏の鬼志野、と鼠志野、そして粉引き

お茶菓子は、台ヶ原「金精軒」柚子羊羹「一枚流し」

d0082305_17323165.jpg


新春初のお客様です

猩壺庵、初春のおもてなし


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2010-01-07 07:08 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 24日

上 海 観 光


09-2-21

昼から新しいスタッフと合流して市内観光です
そういえばこちらに来てから観光らしいことはしていませんねー
観光地はあまり好きでありませんので
でも、仕方ないでしょう、初めてのスタッフですから
まず、地下鉄の駅でカードを購入し乗り方を教えて2号線で人民広場へ
ここで8号線に乗り換えて大世界駅
ここからは徒歩で例の贋物骨董通り「東台路」に向かいます
道路沿いの商店は上海万博用でしょうか、外装のリホームのための足場で歩くところがありません
仕方なくおっかなびっくり車道を歩きます
信号のない大通りをこれまたこわごわ横断すると「東台路」
胡散臭そうな露天がずらりと並んでいます、わざと汚された仏像、いかにも古そうな鍵
雑多な商品が道端から店内に雑然と並んでいて、独特の胡散臭さをかもし出しています
これにはスタッフも大喜び
d0082305_1653545.jpg

d0082305_14511774.jpg


すぐに買おうとするのをやっとのことで押し留め、ここは見るだけ
そんな通りを抜け、「豫園」に向かいます

「豫園」は面積約2万m²、もとは四川布政使(四川省長にあたる)の役人であった潘允端が、刑部尚書だった父の潘恩のために贈った庭園だそうですが
あまり好みではありませんが入って見ましょう
たくさんの池や石山のお庭にこれまたたくさんの堂や楼が配されて、まるで迷路
ここらで「瑚心亭」でお茶をいただきましょう
日本人と見るや一番奥の親へに通されて、すばらしく美しい日本語でこれまた立て板に水のご口上
ついついお茶を買ってしまいます、日本人丸出し
d0082305_16452441.jpg

その、「豫園」の入り口あたりには「豫園商城」巨大お土産店舗群、浅草の巨大版といったところ
前に進むに苦労するほどの人込みと、時計、鞄、骨董の客引を掻き分け進むみ、やっと「南翔饅頭店」
小籠包の本家を名乗るお店です
一階のテイクアウトにはこれまた大行列、二階の大衆席も超満員、やっと三階のVIP席に陣取ります
小籠包セット55元と青島ビールで人心地
d0082305_1455730.jpg


さて

ぶらぶらと

お隣の雑然とした昔ながらの古い街

「上海老街」をぶらついて

夕暮れの外灘にでも

行って見ますか

by takibiyarou | 2009-02-24 14:59 | 上海記 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 04日

冷 た ー い お 薄 は い か が で す か

07-7-15 の続きです

お昼の後は

昨日の玉露の氷出しに続き

今日は冷水でお薄を点てます

氷で冷たーく冷やした冷酒器を水差しにして

冷たーいお薄を頂きましょう

冷水だとなかなかうまく泡立ちませんね

でも、いいでしょう

雨上がりのノエルの森で

冷たーいお薄を頂きます

家内とノエルはお昼寝のようです

一人で頂きましょう

デッキの側の唐松の幹に

蝉の抜け殻を見つけます

写真に撮りましょうか

そろそろ梅雨も明けるのでしょうか

この蝉の鳴き声も聞こえてきそうな

昼下がりのノエルの森です

d0082305_14505556.jpg


by takibiyarou | 2007-08-04 14:51 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 27日

氷 出 し の 玉 露

07-7-14
最近電車内の広告で
「サントリー伊右衛門 氷出し碾茶一式当たります」のポスターが目を引きます
京都のお庭を背景に磨きこまれた縁側に置かれた煎茶セット
写真も私好みで落ち着いた素敵なポスターです
いかにも美味しそうです、夏のお茶には最適ですね
でも、私はくじ運が悪いので応募してもだめでしょう

そこで、わたしなりにやってみます
「碾茶」(てんちゃ)はお抹茶に引く前のお茶ですが、我が家では同じ被覆茶の玉露で淹れましょう
ガラスの冷酒器を使います
冷酒器に玉露とぶっかきの氷を入れ冷蔵庫に
冷蔵庫内で氷が融けるのをゆっくりと待ちます、12時間くらい掛けゆっくりとお茶の出るのを待つのです

昨夜準備したお茶がそろそろ良いころ

お茶にしましょう

雨のの森を背景に

冷酒器の玉露に氷を沿えて

d0082305_6241561.jpg


甘く冷たーい

「玉露の氷出し」

by takibiyarou | 2007-07-27 06:25 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 13日

ノ エ ル の 森 の 午 後 の 茶 事

07-6-30
植木屋さんを出て、スーパーに着くころにはうそのように雨も上がり爽やかな初夏の空となりました
今日はハービーグー家にヒナヒナ家も来ていて宴のようです
我が家も参加しましょうか
ノエルの妹、グエルとヒナヒナの誕生祝いの宴のようです

シャンパンを奮発してお祝いしましょうか
d0082305_634882.jpg

それはそうと、お昼は何にしましょう
家内がレトルトの棚を指差して、あれが食べてみたいと言います
なので、今日のお昼はレトルトと相成りました
「珊瑚礁」の「ドライカレー」と「菜中華 豚肉上湯風皿うどん 」
早速帰って味見です
家内が先週から仕込んでいた「塩豚」をネギとセロリ、グリーンアスパラとで炒めています
レトルトの方は、作り方を読みながら私が「チン」
「珊瑚礁」は鎌倉の七里ヶ浜にある有名なカレー屋さん、レトルトもおいしいそうです

ビールを抜きます、鳥の声を聞きながら

塩豚の野菜炒めは少しまだ塩気が強いようですが、なかなかいけます

しかしレトルトの方は・・・やはりレトルト

家内と顔を見合わせながら、苦笑い


口直しにお茶にしましょう

ノエルの森の午後の茶事

家内が和三盆の用意をしています

私は玉露を入れましょう

気がつくと鳥の声が蝉の声に変わっています、春蝉でしょうか

木洩れ日の森に響きます

by takibiyarou | 2007-07-13 06:34 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 01日

さ れ ど 茶 巾

今まで私は、お酒以外の飲み物をあまり飲まない方でした
喫茶店にもほとんど行きません
皆さんペットボトルのお茶やお水をよく飲んでいますが
私はほとんど飲みません
しかし最近、お茶が本当に美味しく感じるようになりました
そんなとき、たまたま母からもらった玉露を森で煎れてみましたら
その美味しいこと
それからは機会があるごとにお茶を淹れています

そんな訳で家内からもらった「茶巾」もだいぶ黄ばんできました
お茶碗を拭く物ですので清潔をと思い新しく買って欲しいと家内に頼んでおきました
しかし家内が言いますのに
近くのお茶道具を売っていた店が既になく、デパートに行けどお茶道具の売場すら無い
とうとう銀座まで出かけてみたがそこでも見つからない、と

試しにネットで検索してみます
「茶巾販売」で検索するとけっこうヒットするでは有りませんか
しかしたかが茶巾一枚通販で買うのもなんだかなーと

銀座に出た次いでに、探してみる事にしました
まず、お茶道具を置いていそうなお店をと考えますと、「三越」が浮かびます
早速行って案内で尋ねてみると

「茶巾寿司ですね」
「いえ、ただの茶巾です」「お茶に使う布巾です」
「・・・」

お茶道具売り場を尋ねると、七階の生活雑貨のコーナを教えてくれます
七階に行ってみますと、まさに生活雑貨のコーナで、そこにはお茶道具売場は有りません、よって「茶巾」も有りません
聞いてみましたがこの銀座にお茶道具を扱っているお店は無いそうです
やはり土地の高い銀座で効率の悪いお茶道具など今はもう無いのでしょうか
仕方なく、それでもあきらめきれず日本橋にまで足を伸ばします
「山本山」、お茶のお店です、お茶道具は置いてありますが「茶巾」はここにも有りません
隣の高島屋へ出かけます
六階のお茶道具売り場、有りました「本麻奈良晒 御小茶巾」

この大東京でやっと「茶巾」と巡り会う事が出来ました
「小茶巾」三百円、交通費片道五百四十円
なんだか悔しいので、三枚も求めてしまいました

通販にすれば良かった・・・

「茶巾」を求めての長い探索でした

たかが「茶巾」

されど「茶巾」・・・

d0082305_682686.jpg


奈良晒

by takibiyarou | 2007-06-01 06:09 | 雑観 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 15日

キ コ リ の あ と で

07/5/4

今日はキコリです
昨日ご近所の麻州家をお尋ねした時、枯れた唐松が危なそうだと話題になりました
見るとそれほど太くはなく私でも切れそうです、なので今日はキコリ
朝食後、キコリ道具の準備
エンジンチェーンソー、予備の電動チェーンソー、ロープ、ウインチ、等々7つ道具をネコ車に積みます

麻州家に着き、倒す方向を再確認、ロープを掛けウインチで倒す方向にテンションをかけます
そして倒す側にVの字カット
次に反対側の上方からチェーンソーをいれ、ウインチのテンションをさらにかけます
すると引かれた方向に木が倒れてくる はずなのですが・・・
となりの赤松の枝に引っかかり、いくら引いても倒れません
仕方ないのでチェーンソーの切り口にクサビを打ち込みます、大ハンマーで打ち込みます
そのとたん、切られた幹がダルマ落としの様にストンと地面に突き刺ってしまいました
しかしまだ枝に引っ掛かったままです、うまく倒れてくれません
ウインチで引っ張ったり、押したり引いたり
でも丈夫な枝はびくともしません、もう一度切り直すしか無さそうです
そこにゴウ介家登場、お手伝い願いましょう
d0082305_545659.jpg

今度は何とかと思いきや、枝が邪魔してかなり左に倒れます、ヒヤヒヤものです
でも、寸での所
植えた樹木を痛めずに倒す事が出来ました、これで一安心
さて次は玉切り、薪割り用に30センチくらいに切るのです
でも麻州ママさんが後で楽しんでやりたいという事で2m位に切り、積んでおきます

今日もいい天気、朝の日差しが眩しいくらいです

一仕事終わった頃、ご夫人達もワンコ連れでやってきました
デッキに麻州ママさんがお茶の用意をしてくださいます、お茶にしましょう
本格的なお煎茶のお道具、染め付けの煎茶茶碗にこれはまたロイヤルコペンハーゲン風の水柱(水指し)、こういう取り合わせも粋ですね
かなりのお茶人とお見受けいたします

朝の光の中で頂くお煎茶はまた格別

美味しいお煎茶です、もう一煎頂きましょう

心地よいほろ苦さが口に広がります

いつか、野点セットを持ってお山の上でお茶しましょうとの、楽しいご提案

諸手を上げて賛成です

茶飲み友達が森に増えます
d0082305_68940.jpg

楽しみですね

今夜からゴウ介家がお一人という事で
やりましょう 今夜も宴、セラビ家とハナそら家もお呼びして
今宵のメニューは
ハナそら家からのお酒で乾杯
トマトの胡麻サラダとパルミジャーノ・レジャーノ
ゴウ介家からの鰹のお刺身
コンニャクの揚げ物タルタルソース
セラビ家からのカレイの一夜干

メインは、鯛の兜煮
そして一口だけのワラビご飯でしめましょう

長いお休みも残りわずか
セラビ家とハナそら家もあす下山とか

またお会いしましょう

ノエルの森で




                                         ヒトリシズカの開花
                                              と
                                            ヤマユリ

by takibiyarou | 2007-05-15 05:05 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 10日

三 時 の お 茶

07/4/30

森に来るとカレンダーが無くなります
日にちも曜日も定かではありません
そしてお散歩と宴の毎日のなかでそろそろ頭の中が春の靄状態
春と言えばノエルの森の桜も満開です
でも、ゴージャスな桜ではありません
ついつい見逃してしまいそうな桜
密やかに芽生えたばかりの葉に隠れ下向きに咲く小さなお花です、まめ桜

なぜだかこんな森の桜がお気に入り

お隣の森でご夫妻が朝からお花や樹木を植えておられます
毎日精が出ますね、ノエルの森の倍の森ですから、手入れのし甲斐がありますね
三時のお茶にお招きしましょう
正式のお茶事などは無理ですが、精一杯のおもてなし
春らしいお干菓子もご用意しました

手あぶりのお湯も沸いています
飴釉のお茶碗にお薄を点てましょう、もう一つは紅志野茶碗
たっぷりのお薄です
d0082305_7191320.jpg

先日植木屋さんで見た売約済みの「クリスマスローズ」の大きな株のお話をしたら、ご夫妻も見つけて交渉したそうです、でもどちらもだめでした
同じような「クリスマスローズ」の大きな株を植木屋さんにまた探してもらいましょう
逃した魚の大きさに盛り上がります

お持たせのロールケーキもお出ししましょう
ノエルもそばで甘えています


次はお煎茶

とろりと甘いひとしずく

お花や森の楽しいお話がたくさんできました

もう一煎いかがです

今度はかすかな苦味がご馳走です



今宵、宴はお休み

家族だけでの簡素な晩餐といたしましょう

またまた続く明日からの宴のために




密やかに咲くまめ桜

by takibiyarou | 2007-05-10 07:12 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 03月 24日

春 の 光 り の 中 で

07/3/18
昨夜はグエルの森から帰ってきてまたまたゴウ介家との宴
たっぷり呑みました
よって、寝坊です
ゴウ介家のお散歩のお誘いでやっと目が覚めました
でも、すっきりの目覚めです
今日も蕗の薹を探してお散歩ですが、昨日私が採ってしまい今日は収穫無し
抜けるような青空に向かって登ります、防火帯
青空に向かう散歩道
展望台からは南アルプスの雪がきらきらと輝いて
清々しいお散歩です
d0082305_6204159.jpg

ノエルがこの間置いてきた鹿の骨を見つけたようです
でも、怒られてまた置いていきます

さて
ゴウ介家もお誘いして
暖かい朝ごはんと致しましょう

青空を背にして下ります
サクサクと
霜柱を踏みながら下ります

朝ごはんの後はチョッと休んでお風呂です
でもその前に去年注文しておいた「レンゲショウマ」の確認がてら植木屋さんに行って見ましょう
20号線沿いの「信濃植物園」
馴染のおばちゃんはお休みだそうです
まだ仕入れ時期前でガランとしています
「レンゲショウマ」の苗の確認はできましたので良しとしましょう

早速、例の100%掛け流し、人肌の露天風呂でまどろみます
しかし、折角うとうとしてたら親子連れが幾組かがやがやと入ってきました
洞窟風呂で騒がれると頭が痛くなりそうです
子供の声に慣れていない私には耐え難い騒音です
やっと揚がってくれたら、時間です・・・
友人と顔を見合わせ揚がります

お買い物のついでに
また「お好み焼き」をかって帰ります
喉がカラカラ
ビールが旨そうです

朝はあんなに寒かったのにお昼にはかなり暖かくなってきました
久しぶりにデッキで昼食といきましょう
ゴウ介家と「お好み焼き」で乾杯です
実に気持ちのいい日和となりました
d0082305_6211097.jpg

ビールのあとは
春の光りの中でお茶を淹れます
お茶菓子は「二人静」和三盆
春の森に心地よい甘さが口いっぱいに広がります
のんびりとした昼下がり
素敵な時間となりました
チョッとだけ優雅な休暇の始まりです

そして
今夜の宴の打合せ

by takibiyarou | 2007-03-24 06:22 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)