木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ゆかり ( 12 ) タグの人気記事


2007年 12月 17日

モ ノ ト ー ン な 記 憶

ネットで資料検索していると、突然過去の記憶と遭遇することがあります
今回もそうでした、「蜂の巣」の文字が私の過去の記憶を呼び起こし

そして、ある方のブログの記事にたどり着きます

・・・・・・・・・・・・・
当時の金沢はクリスマスごろには必ずといって雪が降り、根雪になった。銀世界だ。
長靴を持ってなかったので、リーガルのプレーントウで滑りながらバスにも乗らず早起きして片町の仕事場へ向かった。
自動車はスノータイヤを履き、道路の中心からは融雪水が出ていた。
名古屋出身の先輩と雪の香林坊裏にあったジャズバー『蜂の巣』で、強くも無いのに、オールドを入れ、給料が出ると、
借りを返しに行く2万円ぐらいか?当時の給料額面で43000円だから、2万円は結構なもんだ。
ママはクールな女で客に媚びず、「いらっしゃい!」しか言わなかった。
こっちから「水割り」とか、「ジントニック」とか「つまみはレーズンバター」とか注文しないと、いっさい何も出てこない。
変わってるジャズバーだった。当時フランス映画をよく見ていたので、僕の中では彼女の冷たさが『ジャンヌ・モロー』に置き換わっていた。

10年金沢にいたあと、東京本社に転勤になり、実家のある現在の埼玉へ戻ったあと、
何年ぶりかで香林坊へ立ち寄ったがすでに開発の為跡形も無くなっていた。
ママはどうしてるんだろう!雪の降る大晦日を『蜂の巣』で過ごしたこともある金沢独身の巣だった。
音楽は、時代を甦らせる力を持っている・・・と感じつつ知らぬ間に寝ていた。

今朝も暑そうだと

     無断の引用お詫びいたします
・・・・・・・・・・・・・・・・

雪、兼六園、煉瓦校舎、安物のウイスキー、黒く使い込まれたカウンター、ブランデーグラス

黒ずくめのママ・・・

記憶がどんどんと連なり、懐かしい青春の記憶が重なり合います

すべては、モノトーンの記憶

雪のせいでしょうか、それとも・・・

そう、北陸の街金沢、そこに「蜂の巣」は有りました
香林坊の近く中央公園に面した細い路、カウンターだけの、5、6人で一杯の小さなジャズの流れるスタンド・バーです
専攻は違うのですがその頃よくつるんでいた友人に紹介されたお店です
先輩のボトルが入っていて、飲んでも良いとの許可を貰っているとのことでした
カウンターの隅で、一番安い「ホワイト」をストレートで舐めるようにチビチビと
後は先輩のボトルを少しづつ頂くのです
黒ずくめのママが少し斜めにカウンターにもたれて、いつものブランデーを呑んでいます
ちょっとニヒルに笑いながら
「その席はねー、五木さんが良く座っていた席よ」
「五木さんて?」
「五木寛之、知らないの?」
「エッあの五木さん」

そうなんです、この「蜂の巣」五木寛之さんの良く通われたお店なんだそうです
「五木寛之」さんが金沢に居られたのは昭和40年頃から45年位のようですので
私とは丁度入れ違いくらいのようです

「さらばモスクワ愚連隊」 「蒼ざめた馬を見よ」 「ソフィアの秋」「青年は荒野をめざす」の頃でしょうか

・・・・・・・・・・・
「私が市内の契茶店によく立ち寄るようになったのは、その頃からだった。
最初は(郭公)、それからスタンド・バーで昼間だけ喫茶になる(蜂の巣)、やがて新しく出来た(ローレンス)
などが私の行きつけの店だった。喫茶店といえば、ひとつ思い出がある。あれはたしか(金劇)
の地下の喫茶店だったはずだ。その店にくる客で、ツケにして帰る客が結構いるのである。
……「小立野の五木やけどね」と、私は席を立ちながら言った。」……

……「小立野のどのへん?」と、彼女は私にきいた。
「五丁目。東山荘というアパートや」私も金沢弁ふうに真似て答えた。
…「刑務所のすぐ裏やね。東山荘、イツキさん、と。あ、わかった。五の木と書くんやろ」
「そう」「はい、承知しました」彼女は本をバサッと閉じてうなずいた。
……私が背中がこそばゆい感じでその店を出るとき、背後で女の子がバーテンダーに告げる声がきこえた。
「刑務所裏の五木さんやて」・・・

五木寛之さんの文章から
・・・・・・・・・・・

その頃 五木寛之さんは「小立野の刑務所のすぐ裏の東山荘というアパート」にお住まいだったようです
この刑務所、後に、私が通う煉瓦作りの古びた校舎がこの跡地に移転し、私もすぐ近くで過ごした思い出の地でもあるのです

そんなお店で、一体なにを話し、何を思っていたのでしょう
そのあたりの記憶は定かではありません

そんなある日
まだ宵の口のはずなのに黒ずくめのママさんが

「今日はもう終わり、鍵しめちゃってよ」
「もう終わり・・・」
「いいのよ、ちょっと話があるの」

話とは、
「小立野に新しいお店出したいんだけど、やってくんない」
「エッ、・・・でも・・・」
何度かママの胃の具合が悪くなった時、代わりにカウンターに入っていたので
思いついたようです
「先生には私が話しとくから」
実はこのお店は私の通う学校の先生方の溜まり場でもあったのです
その後
教授から呼び出しがかかり
「ママから聞いたよ、あそこなら良いからやってあげたら、私も行くよ」

そんな訳で
この「蜂の巣小立野店」を手伝うことになったのです
学校公認のバーテンダーです
そんなお店も、私たちの卒業とともに姿を消したようです
それから何年後でしたでしょうか

香林坊の再開発で「蜂の巣」もなくなったと、風の噂で聞きました

もう10年くらいも前でしょうか、お仕事で金沢に行く機会があり
少し歩いてみました、懐かしい香林坊、「蜂の巣」の在ったあたり
今の「大和百貨店」の裏口の辺りでしょうか・・・

やはり昔通ったジャズバーを訪ねてみます、このお店も立ち退き移転でずいぶんと変っていました
そしてマスターとの思い出話の中で、あの黒ずくめのママが亡くなった事を知りました

あの理知的で、物静かで

ちょっとニヒルな、あの素敵だったママが

「壮絶な胃癌との戦いだった」

マスターも声を詰まらせます

d0082305_4353590.jpg

                                   赤煉瓦の旧校舎



久しぶりにブランデーでも頂きますか

「なに思い出してんのよ」

あの黒ずくめのママの声が

聞こえてきそうです



今頃は

北陸のあの街も、雪でしょうか









by takibiyarou | 2007-12-17 04:39 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 10日

翁 の 森

07-10-6

さて今日何をしましょうか

朝食のあと、デッキでふと思いつきネットで検索
いつものお風呂への通り道、気になる小路が有ります、「白林荘」
ちょっと行ってみたくなりました

ここ富士見高原は数多くの文人墨客たちのゆかりの地であることは前にも書きました
そんな中の一つに「白林荘」があります
一万坪の荘内は新緑、紅葉がとても美しいと聞き及んでいます
この「白林荘」は、あの犬養木堂翁(犬養毅)が余生をこの地でおくるために建てたところで
白林とは木堂翁がこよなく愛したこの地の「白樺」のことなのです

犬養毅のことは私が解説することでもありませんが
備前国庭瀬藩で生まれた犬養毅は書にも長け、その号を木堂と称し明治中期から昭和初期にかけて
政党政治の確立に貢献した清廉潔白な非常にすぐれた政治家でありました
一度政界を引退し、この「白林荘」で余生を送っていたのです

しかしそれでは地元岡山の選挙民は納得しませんでした

本人の了承を得ないまま、彼の引退に伴う補欠選挙に犬養自身を再び当選させてしまったのです
そんな前代未聞のいきさつで再びやむなく政界に復帰した犬養は76歳のとき第29代の首相となり、満州事変の解決にあたります
しかし
昭和7年5月15日首相官邸において海軍青年将校の凶弾に倒れたのです
あの5・15事件です

銃を向ける青年将校たちに
「まあ、靴でも脱いで座れ、話せばわかる」と言った最後の言葉はあまりにも有名です

そんな犬養木堂翁ゆかりの「白林荘」は私たちのいつも通う、100%掛け流しのお風呂の近くにあります
現在はあの「風立ちぬ 」の舞台となり、また同じ岡山出身「竹久夢二」の終焉の地でもある
富士見高原病院の福利厚生施設として利用されているようです
そのことは知ってはいましたがまだ足を運んだことはありませんでした
事前に予約が必要との情報のためです

まだ紅葉には早いですが、行って見ようと思います

検索で見つけた番号に電話し、管理の方に見学したい旨お願いすると
「何名でしょうか」
「いえ、私一人なんですが」
「そうですか、どうぞどうぞ、お越し下さい」
「これからでもかまいませんか」
「どうぞお越し下さい、お待ちしております」
と、丁重なるご許可を頂き、ノエルにお留守を頼んで出かけました

いつもの20号線の交差点を入笠山方向に左折するとすぐに、鬱蒼の森のトンネルが目に入ります
大きな自然石に「白林荘」と刻んであります
「無断進入を禁ず」の立て看板をすり抜け、細い森の路に入りしばらく行くと
平屋の建物が見えてきます
d0082305_963372.jpg

老齢のご婦人が一人立ってこちらを見ています、車で近付きますとご丁寧にお辞儀され
「先ほどのお電話の方ですか、駐車はどうぞこちらへ」とご親切にご案内下さいます
近くで作業されていた管理の方も来られ
「どうぞご自由にご覧下さい、建物は後でご案内致します」とご許可を頂き
人気のない森を散策です
一万坪のお庭と聞いていましたので、兼六園とか後楽園などの庭園を想像していました
しかし、想像とはまるで違い、そにはただ森あるのみです
あれだけの地位と名声を得てたどり着いた「終の棲家」のお庭がこの森なのですね
まるで作為の臭いが有りません、すでに自然との折り合いがついているようです
そんな翁の感性が実に素敵です
作為が見えてこない森ですが、さすがに手入れが行き届いている事は見て取れます

誰もいない森を歩きます

「木堂翁」もこの森をこうやって歩いたのでしょうか
政界に復帰するまでの数年間をここでこうやって過ごしたそうです
紅葉にはまだ少し早い様ですが、その時期はそれは見事なことでしょう
少し開けた所では、山百合の群生です
花の時期にはその香りでむせ返るほどではないかと想像されます
d0082305_9244755.jpg


でもこうやって一人で歩けるのはこの時期だからでしょうけれど

管理人の方がわざわざ玄関を開けてくださいました
表周りのサッシュ以外は昔のままだそうです
造りはびっくりするほど質素です、飾り気のないその室礼(しつらい)は決して高名な政治家の別荘とは思えません
広大な森の中に有って、堅実、質素を貫く翁の人柄なのでしょう
こんな家を「終の棲家」と定めたのですね、素直に素敵です




心静かな時を持つことが出来ました


「またお越し下さい」

上品な管理の方に送られて

鬱蒼の「翁の森」を後にします

再び来たい素敵な森です


紅葉のころ

More

by takibiyarou | 2007-10-10 06:46 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2007年 08月 07日

五 浦 海 岸

07-8-6
昨日クルージングの後、日立入り
朝早くからのお仕事のため昨夜の内にホテルに入りました
朝早いのは散歩でなれていますので苦にはなりませんしかし、お仕事が早く終わりすぎると困ります
明日もお仕事なので帰るわけにも行きません
五浦海岸に行ってきましょうか、五浦海岸は日立から鈍行電車で30分くらいの大津港駅からが近いようです

d0082305_16181093.jpg

東京美術学校(現・東京藝術大学)の設立、また日本美術院の創設者「岡倉天心」ゆかりの地として有名な所です
この地をこよなく愛した彼の山荘に建てられた「六角堂」は観光施設として公開されています
しかしあいにく今日は月曜日、ミュージアムはほとんどお休みです
海岸のお散歩でもしましょうか
大津港駅からタクシーで約5分、「六角堂」を見渡せる「五浦岬公園」
真夏の痛いほどの日差しの中鬱蒼の森に入ります
風に乗って潮の香り、濃い緑のトンネルを抜けるといきなり絶景の入江が飛び込んできます
なるほど、岡倉天心を魅了した眺めですね
なおも森を進むとそこに「山百合」、人知れずそーっと咲いていました

お腹が空きました、お昼にしましょう
「五浦岬公園」を抜けると右手に灯台が見えてきます、そういえば灯台も久しく見た記憶がありませんね
松の木越しの灯台も良い感じです

その灯台の先に見えてきました「大浜丸魚力」、テレビなどでよく紹介されている「あんこう料理」のお店です
しかしあんこうは季節のお料理、今日はお刺身を頂きましょう
メニューを見ますが、困ります「魚力定食」が凄いです、お刺身、天ぷら、焼き魚ちょっと凄すぎます 、でも旨そうです 
しかし、これではビールの入る余地が無くなりそうです
悩みに悩んでお刺身定食(特上)、中生二杯

実はこの「大浜丸魚力」さん

ネットのお友達のご実家です

ふみネー さーん 美味しかったよ!!

今度は是非「あんこう鍋」の季節に来たいですねー

アルバム

by takibiyarou | 2007-08-07 05:14 | 雑観 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 23日

縄 文 の ふ る さ と

ノエルの森のある八ヶ岳西南麓、富士見高原の少し下の方標高800から1000m位の所にはたくさんの遺跡があります
井戸尻・曽利・藤内・九兵衛尾根・居平・唐渡宮・向原など、名だたる遺跡が集中し、「井戸尻遺跡群」と呼ばれています
現在確認されているだけで228遺跡、そのうち191ケ所が縄文時代の遺跡です
このため八ケ岳西南麓が「縄文のふるさと」呼ばれるのです
その中でも縄文中期の遺跡数は164ケ所、遺跡総数の70%以上を占め爆発的な増加を示しています
またこの頃になると標高1100mから、高いところで1200m位までその営みを広げます
しかし中期末になるとめっきりその数を減らし後期から晩期に入ると僅かに数箇所となり、八ヶ岳西南麓から営みの痕跡がプツンと消えてしまうのです
縄文中期の約1,000年、八ヶ岳西南麓のここ富士見高原に山麓の縄文文化とも言える素晴らしい文化が花開いたのです
私の年代では縄文時代は、狩猟や採集などを中心とした社会であったとする学説が主流でしたが、最近では縄文農耕説が主流となっています
八ケ岳山麓から出土する考古遺物(石鍬・除草用小型鍬などの石器)を見てもあきらかに農耕に使われたと考えられます
d0082305_6461794.jpg

                                             水煙渦巻文深鉢
                                             曽利遺跡出土
                                             井戸尻考古館蔵

しかしこの頃の稲作は水田によるものではなく畑作による稲作と考えられるようです、その後水田による稲作が中心になって来ると標高の高いこの地域では稲作が難しく人々の営みが消えてしまったのではないでしょうか

またこの地域(諏訪湖から富士見町と須玉町にかけて)は「石棒信仰」とも関係の深いといわれる「富士眉月弧(ふじびげつこ)文化圏」の左眉の中心地でもあるようです

そして井戸尻・曽利・藤内遺跡などから出土された縄文土器の素晴らしさには目を奪われます

その神秘的な文様に包まれた土器から

人々の自然や神々との精神生活の一遍を垣間見

そして当時の生活を窺い知る事ができるかもしれません

d0082305_1673869.jpg

                                     縄文人と縄文犬  
                                     国立科学博物館公式フィギュア

by takibiyarou | 2007-04-23 06:46 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 29日

鬱 金 志 野  発 見

前に鬱金志野(ウコンシノ)のことを書きましたが

幻の鬱金志野

これで胸のつかえが取れました
でも、実物に逢いたい気持ちは変りません。
d0082305_6442744.jpg

                            岡 宏峰
                            鶴形窯 鬱金志野茶盌

確かに黄色味の強い志野ですね「鬱金志野」納得です
実物はどんな風合い、手触りのお茶盌でしょう。
しかしこれが最初で最後なのは寂しい限りです、是非どなたかこの「鬱金志野」を再現してほしいものです。
岡 宏峰氏のお弟子さんに今度お願いしてみましょう。
彼が「鬱金志野」のヒントでも聞いていれば良いのですが。

この茶盌もちろん私の所有では在りません
写真は平成8年1月に天満屋岡山店で開催された
「岡宏峰100盌展」の図録より拝借いたしました。

More

by takibiyarou | 2006-09-29 06:46 | 雑観 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 12日

翁 の 祝 い の 馬 上 盃

始めて実測による日本地図を作った人物として「伊能忠敬」の名前は余りにも有名ですが。
この高名なお方のお名前の入った染付馬上盃がなぜか私の手元にあります。

盃には、「伊能老翁の喜寿の祝いの引き出物として加藤五助が作る」旨の記述が見られます。

伊能忠敬は、50歳の時に隠居し、家督を長男に譲ったのち、江戸に出て高橋至時に師事し測量・天文観測などをおさめ、56歳の時に、私財を投じて第1次測量を開始します。
その測量は幕府に有益だと判断され支援は増強され、次第に国家的事業に育っていきました。
こうして作られたのが「大日本沿海與地全図」であり、これは最初の日本地図だけではなく、大変精度の高い地図として評価されました。
そして1818年 忠敬は死去、しかし喪を秘して地図製作を続行、 忠敬没後の1821年に地図は完成したそうです。
d0082305_6461481.jpg

伊能忠敬
私は以前某お仕事で原寸の伊能図と現代の日本地図とを重ね合わせて見たことがありますが、その海岸線の正確さには驚かされました。違いはわずか数ミリの角度的な相違だけです。
そんな伊能翁は74歳(数え76歳)で亡くなっていますので、七十七の祝いが実際に行なわれたのかどうかは定かではありません。少し早めに催されたのでしょうか。

そして作者の瀬戸村加藤五助という人物ですが
文献によると明治9年(1876)のフィラデルフィア万国博覧会、同11年(1878)のパリ万国博覧会に瀬戸から出品がなされ、加藤五助(かとうごすけ・四世)等多くの者が受賞し高い評価を得たとある様です。
馬上盃の製作者はこの数代前の一世加藤五助(1825年文政8年退隠)のようです。

加藤五助
瀬戸染付 老松文馬上盃

全体画像他

by takibiyarou | 2006-09-12 06:51 | 雑観 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 08日

「ゆかり」 の か け ら

我が山荘は築40年近いことは前にも書きました。
そしてかなり老朽化も進み何とかせねばと思っていることも。
そして森の木々と山荘の面影を残しながらの改築ができないものかと、頭を悩ませていることも。
また富士見高原は、多くの文人縁の地である事も前に触れました。

ここからそれほど遠くない所に信州高遠美術館があります。
郷土縁の作家を中心に収集・展示されている美術館です。
その中に中村不折の作品も有ると聞いています。

中村不折(なかむらふせつ)は明治・大正・昭和にわたり、洋画界と書道界の両分野において大きな足跡を残した人物です。画家を志した不折は、小山正太郎に師事を受けた後、フランスに渡り人物画を徹底して学び、力強い写実主義を確立しました。その後書道研究に傾倒、中国、朝鮮を巡遊、碑拓などをはじめ漢字成立の解明に寄与しうる考古資料を収集し、独自の大胆で斬新な書風を展開したことで知られています。
しかし、正岡子規の生涯の友であった事や、新宿中村屋のロゴを書いた事、三鷹禅林寺の森鴎外の墓碑銘も彼の筆になる事などは余り知られていないようです。
d0082305_626968.jpg

そしてその後、不折が良く訪れたと言うここ富士見高原に、縁の方が山荘を建てられました。

この古びた山荘は、その方から譲って頂いた山荘なのです。

この森にもまだ
「ゆかり」のかけらくらいは
残っているかもしれません。


中村不折

信州高遠美術館

書道博物館・中村不折記念館

by takibiyarou | 2006-09-08 06:31 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 01日

秋 の 気 配

朝夕は涼しさを通りこして肌寒く上着がほしい高原です。
森の櫨も少し色づき始め、秋の準備におおわらわのようです。
そんな秋の気配に似合いそうな器があります。
d0082305_7253720.jpg

            素山の器
金重素山は陶芸界の重鎮「金重陶陽」を兄に持ち、岡山市内の円山に窯を築いた備前の作家です。
六古窯の一つの備前、その中でも特に素晴らしいとされている桃山の茶陶を手本に、その独特の柔らかな土味を再現し深みのある緋襷を電気窯にて物にしました。
そして、備前だけに留まらず、粉引釉などの釉薬物にも取り組み品格ある素晴らしい作品をたくさん残されています。

小さい頃、よく父と円山窯の陶房を訪ね、遊びながら轆轤の手ほどきを受けました。
その後も父の飲み友達として、ご家族ぐるみのお付き合いを頂き、その中で多くの教えを頂けたことを今も自慢にしています。


そんな恩師の器に、先日拾った毬栗を盛ってみました。

金重素山

d0082305_7245762.jpg

          金重素山
            備前 桟切菓子皿

端正なフォルムと柔らかな肌合いそしてさりげない牡丹餅、秋の香りの器です。
我が家ではお漬物なども盛って出しますが、大変寛容な器でもあります。

by takibiyarou | 2006-09-01 07:39 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 30日

宵 待 草

夏の朝、お散歩でよく見かけるお花です。
「よいまちぐさ」正確にはオオマツヨイグサ(大待宵草)だそうです。
宵闇迫る頃から咲き始め、翌朝太陽が完全に昇る頃には萎んでしまうのでこんな名前がついたのでしょう。
俗に月見草とも呼ばれますが、これは太宰治が「富嶽百景」のなかで「富士には月見草が良く似合う」 と書いた為、黄色のオオマツヨイグサが月見草として定着してしまいました。実際の月見草は日本ではほとんど見られない白色のお花だそうです。
私はこの宵待草をよく写真に撮ろうと試みましたが、なかなかうまく撮れません。
また、このお花を見るといつでも頭の中のレコードが回り始めます、そしてあの大正ロマン漂うもの悲しくも美しい歌声が響きます。

 待てど暮らせどこぬひとを

 宵待草のやるせなさ

 こよいは月も出ぬそうな

竹久夢二 作詞・多忠亮 作曲の
あの歌です。

竹久夢二は私の故郷と同じ岡山に生まれ、そしてノエルの森のあるここ富士見高原のサナトリウムで亡くなりました。

「日にけ日にけ かつこうの啼く音ききにけり かつこうの啼く音は おほかた哀し」
の辞世をのこして。

d0082305_7173710.jpg


「風立ちぬ、いざ生きめやも」

そこは堀辰雄の「風立ちぬ」の舞台となったサナトリウムでもあります。

「八ヶ岳の大きなのびのびとした代赭色の裾野が漸くその勾配を弛めようとするところに
サナトリウムは、いくつかの側翼を並行に拡げながら南を向いて立っていた。」

「風立ちぬ」の一節です。
その「富士見高原療養所」は当時の建物そのままの姿で、現在の富士見高原病院に隣接し残され、資料室にはここで療養生活を送り数々の作品を残した竹久夢二や堀辰雄をはじめとする、多くの文学者たちの関連資料が今も保存されています。

そんな高原に咲く宵待草は、実にやるせないですね。

竹久夢二
風立ちぬ
富士見高原療養所

by takibiyarou | 2006-08-30 07:19 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 29日

帰 庵 の 小 皿 

鬱金色の地に、麦の穂が描かれた小皿があります。
帰庵和尚の筆による物で、大きさも、色合いも随分と使い勝手の良い小皿です

松坂帰庵
岡山の真言宗三野法界院、三十三世の法位を継ぎ、大僧正となる。
畠山八洲に書を学び、のち自ら慈雲尊者・寂巖の流を究める 『今良寛』と呼ばれ、會津八一とも交流があった方の様です。
昭和34年没67才。

和尚とは直接面識は有りませんが、奥様のうた夫人には孫同様に可愛がって頂きました。
正月の玄関飾りにと法界院の竹藪に案内して頂いたり、毎日のように我が家にお見えになり、私に逢うたびにお食事をご馳走して頂き、様々なお話を聞かせて頂きました。
後に法界院の静かな茶室にお住まいになられ、露の着物を粋に着こなす素敵な方でした。

d0082305_650313.jpg

そんな思い出の小皿ですが、
不注意で破損してしまい、金繕いを施しました。

お酒の席には欠かせない器となっています。

by takibiyarou | 2006-08-29 07:04 | 雑観 | Trackback | Comments(0)