木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:森の住人 ( 74 ) タグの人気記事


2017年 12月 11日

アカゲラの訪問

2017-12-09

昨日の雪は、すぐに止んでしまいました
それでも森は、雪景色
そんな森に、お客様
シジュウカラ、ヤマガラ、コゲガラ、そしてゴジュウカラの代わり
慌しく来られました
実は、あまり歓迎できるお客ではないのですが
それでも珍客には相違ありません
寝静まる明け方に、外壁を緊急事態のごとく叩き
穴まで開けてゆく御仁なんです

雪の落ち葉に、コゲラでしょうか

もう一羽

樹幹の影に隠れる様に、アカゲラ

正面顔では解りずらいのですが

確かに赤い色が見えましたので、アカゲラだと思います

慌しく

ご退散・・・

d0082305_10410607.jpg
d0082305_10412111.jpg
家に穴を開けないでね



森を白く包んだ昨日の雪も

お昼頃にはすっかりと解けて

眩しいくらいの青空が

でも

寒い

d0082305_04312044.jpg





by takibiyarou | 2017-12-11 04:34 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 25日

木洩れ日亭

2017-11-25

先日OPENした、森の週末レストラン「木洩れ日亭」

本店&西窓支店

d0082305_07303799.jpg
d0082305_07305433.jpg

どこで噂を聞いたのか

OPEN早々ヤマガラが、入れ替わり立ち代わりやってくる

まだまだ鈴なり状態とはいきませんが

4,5羽くらいがやってくる

ヒーターのある不凍水皿もかなりの人気

西窓支店の水入れの薄氷も

オープニングサービスとして

2,3時間ごとに取ってあげる

まだヤマガラだけで

コガラやゴジュウガラまでは、連絡が行きわたっていないらしい

そのうち

リスのホンテン君やらしてんちゃんも、来てくれるだろう

雪が降ると

カワラヒワ軍団も襲来するだろうか

待ちどうしいですねー








by takibiyarou | 2017-11-25 07:32 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 03日

大ジャンプ

2017-1-3

朝から、御節の残りで呑んでます

朝のお散歩はゴウ介家と一緒
のはずでした
ところが、事もあろうにセラが縄抜け
鹿の気配を追って、あっという間に姿は見えず
鹿の警戒音にも似た、声が県境を越えて聴こえてくる
困ったものです

仕方なく、ゴウ介達と
一回り

うちの前で、待っていました
息を切らせながら・・・

ストレスはすこし解消できた様です

だらだらと呑んでいましたら
すぐ前方の細い木の枝に、してんちょん
珍しいです
写真を撮ったその直後
なんと、窓に向かって大ジャンプ、!!
上手く餌台に着地して、朝ごはん

今までにこんな事無かったです

果たして同じ『してんちゃん』なのでしょうか???

疑問は残ります

d0082305_7404628.jpg

d0082305_7405353.jpg


by takibiyarou | 2017-01-03 14:51 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 13日

してんちゃんご来店

16-12-13

ぼんやりと冬枯れの森を眺めていましたら
突然現れました、してんちゃん
慌ててスマホを構える
一昨日から本店くんとともに姿は見ていたのですが
なかなか写真が撮れませんでした
丸々とした体型なので、してんちゃんなのか否かは分かりませんが
ご来店頂きました
d0082305_920389.jpg


森は、雨のようです

d0082305_91969.jpg

d0082305_9192814.jpg



と、森の住人達と遊んでいますと
緊急連絡!!!!
お取り引きさせて頂いている会社が、ヤバイ!!
慌てて、下山致します

なんとも
辛い年末年始になりそうです・・・


















by takibiyarou | 2016-12-13 09:24 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(3)
2016年 04月 05日

窓の外は、鹿、シカ、しか

16-04-01

目の痒さに起こされる
窓の外はまだ真っ暗
たぶん、4時頃だろうと見当をつけるが
セラが足の上で寝ているので、起き上がるのにも一苦労
目ヤニで張り付きそうな目を、やっとのことで半分開けて
おっかなびっくり、階下に下り、何とか洗面まで辿り着く
温水で目を洗う
目の玉を取り出して洗いたい衝動を抑えて
鼻も洗い、うがいする
何とか一息つけたようだ
薬を飲む、薬の残りが僅かしかない
なんと無い不安・・・

セラの寝位置を無理やり直し
何とか二度寝

森が少し明るくなるころ
起きだすが、セラはまだ熟睡中


炊飯器のスイッチを入れ
セラを呼ぶ
やっと起きだしてきて、所在無さげに階下を見下ろす
お、さ、ん、ぽ、の声を聞いてとことこと降りてくる
マスクをつけて
完全防備で森に出る
途中、片手一杯くらいのフキノトウを収穫
大きく地区を一回り

帰ってくると、ノエルも目覚めてご飯の催促

さて次は私の朝ごはん
解凍しておいた塩鮭のカマを焼く
豆腐とお揚げのお味噌汁に刻んだフキノトウを散らすと
病んだ鼻にも、何とか春の香りが届きます
ニンジンとブロッコリーの蒸し野菜
ソースには、マヨネーズにワサビと醤油、ワインビネガーをブレンド
卵を割りいれた納豆に刻みねぎ
野沢菜のお漬物に我が家の梅干
熱々の白ご飯に先日作った蕗味噌乗っけて頂く
納豆はご飯と別に頂くのが我が家流

ふと、窓を見ると
そこには、鹿、シカ、しか・・・
その数は一瞬では把握しかねる
たぶん、14,5頭はいたでしょうか
雌鹿と小鹿の群れ
まだ幼さの残るコジカたちの白いお尻が並ぶ

さて

今日もまた

怠惰な、引き篭もり生活と

行きましょうか、ねー


d0082305_07250104.jpg








by takibiyarou | 2016-04-05 07:25 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(1)
2016年 02月 11日

本店、支店、同時のご来店



2016-02-06

朝方、森の週末レストラン「木洩れ日亭」の西窓支店
ヤマガラご一行に続き
してんちゃんご来店
ひとしきり召し上がって、お水の入れ物に
しかし、お水は凍っているらしく、しばし固まり
また、食事に戻る

(窓の掃除をしていないので、画像が美しくない、雪が降っているわけではない・・・)

セラが反応するかと思ったら、少し顔をあげて窓辺を見るが
それ以上の反応無し
ストーブの前から動かない
d0082305_06193456.jpg

d0082305_06193715.jpg
してんちゃん


お水なら、ヒータの設置してある本店にいけば飲めるのにと
ひよいと、デッキの本店を見ますると
なんとそこにも、なにやらうごめく姿が
どうやらほんてん君のようですね、久しぶり
本日、本店、支店、同時ご来店です

ほんてん君は神経が細いので、遠くから眺めるだけ
d0082305_06212870.jpg
ほんてん君

それに引き換え、してんちゃん
かなりガラスに近寄っても大丈夫

d0082305_06195268.jpg
胆の座ったしてんちゃん


少し暖かくなったら

ガラスのお掃除しなければ・・・
d0082305_06222572.jpg
窓辺にリスのいる風景







by takibiyarou | 2016-02-11 06:44 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2016年 02月 04日

肝の据わったしてんちゃん

016-01-29

散歩から帰ると
お粥が炊き上がっていた
しかし、炊飯器の蓋を開けてみると
あらら、お水の量がぜんぜん足りなかったようです
お粥と云うより,単に柔らかなご飯
私の一番苦手なやつです
仕方なく、無理を承知でお湯を足し10分くらい蒸らす
まだお買い物に行っていませんので
有り合わせの朝食
お味噌汁と梅干、そして冷凍のイワシ丸干し
頂いていますと、西の窓辺にしてんちゃん
餌皿を覗き込んで、「無い・・」と私のほうを振り向く
仕方ないのでご飯中途で、長靴はいて本店と支店にご飯を配達
d0082305_10524649.jpg
d0082305_10475173.jpg
しばらくして、「そろそろ開店でしょうか」としてんちゃんが再度のご来店
その姿を起き上がったセラが凝視
今まであまり関心を示さ無かったのですが、どうしたことでしょう
やおら西窓のしてんちゃんに向かって走ります
慌てて止め様としますがすでに遅く
セラは西窓のガラスにへばりつく
d0082305_10492413.jpg
d0082305_10494085.jpg

しかし、すぐに逃げ去ると思ったしてんちゃん
どうしてどうして、おびえたそぶりも見せず
「何だこいつ、顔近すぎますよ!!」とセラを睨み付け
またご飯を召し上がる、たいしたものです・・・
しかしあまりにセラが見つめるので、やむなく退散
かと、思いきや
ちゃっかり本店に現れる、「ハシゴ」というやつです
d0082305_10512299.jpg
d0082305_10505270.jpg
いなくなった西窓を覗き込む、セラ









by takibiyarou | 2016-02-04 06:41 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
2016年 01月 13日

してんちゃんのお年賀

16-1-2

お散歩から帰って、お雑煮の準備していますと
ガタンと西側で物音
窓から様子をのぞくと、西窓支店に立てかけておいたリスの道用の流木が無い
どうやらしてんちゃんの体重で倒れたらしい
してんちゃんは驚いて近くの唐松に登って固まっている

しばらくして
デッキの木洩れ日亭本店になにやらお客様
ほんてん君かと思ったのですが、悠然と御節いやひまわりの種を召し上がっている
カメラを向けても一向に動じない
してんちゃんらしい
西窓支店の通用道はなくなるし、お水碗は凍って割れてしまった
本店のお皿には小さなヒーターが入れてあるので凍らずにお屠蘇、いやお水が飲める
そこで、本店にいらしたらしい
d0082305_12483610.jpg
今年も楽しませてくださいね









by takibiyarou | 2016-01-13 05:38 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 15日

わんこ達は、気がつかず・・・

15-10

8日からお山に来ております
が、お仕事の先月分の請求に手落ちがあったとの連絡で
急きょ日帰りの下山と相成りました

未明に下山して、お昼には再びお山
森に帰ってくると、お向かいさんのガレージにリンケンさん
ガレージを離れに改装する工事が始まったらしい
d0082305_07163875.jpg
有り合わせの昼食後、お茶しておりますと
森に何かの気配
いつもの鹿さんかと思いきや、少し変・・・
よーくみますと
なんと、なんと、イノシシ
私の視線に気が付き、北隣りの森に移動
あわててカメラを持ち出すが、窓越し、ピント合わず・・・
おまけに、スピードにもついていけず
d0082305_07014534.jpg
d0082305_07014975.jpg
d0082305_07015712.jpg

哀れな写真
わんこ達は、気がつかず・・・

郵便受けには
近くで、熊の目撃情報ありとの注意のビラが・・・










by takibiyarou | 2015-10-15 07:09 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(6)
2015年 05月 18日

リスのいる窓辺の風景

15-05-16

昨日からお山です
初めての新車XVのロングドライブ
以前のアウトバックに比べ車体が軽いのか
少し安定感に欠けるような気がするが、高速道で前の車に自動的に追従してくれるのは
非常に助かります
前の車が速度を落とせば自動的に速度を落とし
アクセルからもブレーキからも足を話していられるのは、これは楽です
ハイブリッドによる燃費の向上はまだ実感としてはありませんが・・・

ゴウ介家も来ていましたので
山菜の天ぷらでお昼をごちそうになり、夜は我が家で宴でした

さていつものように4時半に起床
この間まで野良をやっていたとは思えない、へそ天のセラを叩きお起こし
お散歩です
昨夜、2時頃におきたときはまだ降っていなかったのですが
4時半には森は小雨
さて困りましたねー
今日はご近所さんの薪ストーブのメンテナンスにはるばると、師匠が来られる日なのです
天気予報を確認すると、雨は午前9時で上がり曇りのち晴れと
小雨の中、気の進まないセラと少しだけお散歩

食事の準備をしてしてんちゃん

雨に現れた新緑の森を背景に無心に餌を食べる姿は、実にいいものですねー
d0082305_11063423.jpg
d0082305_11070072.jpg
予報通りに雨は9時には上がり、日も差してきました
昼食後、ご近所さんの所に伺うと
既に、師匠は到着されて
薪ストーブの焚き方講習が始まろうとしておりました
ドブレと云うベルギーのメーカーの薪ストーブを導入されている
3シーズンを経過したので、煙突の清掃とストーブのメンテナンス
そして、なかなかうまくいかない薪ストーブの炊き方を是非に伝授してほしいとの要望で
我が薪ストーブの師匠をご紹介させ手頂きました

師匠は真っ黒になったストーブのガラスの清掃中
間違った炊き方すると、こうなるのです・・・
こびり付いたタールを洗浄剤と灰で綺麗に落とし
こうならない炊き方を伝授
まずは、薪の積み方
着火方法は、上から着火の河原式
空気の調整の説明
そして、後は、250℃に達するのを待つ
もちろん、薪はどんどんと追加する
まずストーブを250℃にあげるのがポイント
薪を惜しんで低い温度で空気弁を閉じてしまうと
不完全燃焼を起こし、ガラス窓は真っ黒となる

奥様は一生懸命にメモを取りながら聞いています
ストーブを設置した業者からは一応焚き方のアドバイスはあったようなのです
所詮は、取扱説明書を読んだ程度の知識
日常自分で焚いている人とはとはまるで違うようです

セラを散に二連れて行き帰ってくると
さっきまで赤々と燃えていたストーブはすでに、ばらばらに分解されている
屋根に上り、煙突のトップを外しての清掃
そして煙突本体の掃除
かなりの量のタールと煤です
ばらばらにされた本体も、隅々まで掃除され再組立て
実にすっきりといたしました

夕方
こちらの宴に参加させて頂きました

d0082305_11075395.jpg
d0082305_11080875.jpg
















by takibiyarou | 2015-05-18 11:10 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(4)