木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:森 ( 240 ) タグの人気記事


2017年 07月 17日

うつらうつらしています

17-07-17

連休の最終日
静けさを取り戻した森
午前中は曇っていましたが
今は夏の日差しが眩しいです
あまりの鬱蒼度に、昨日玄関前の木を一本だけ伐りました
細いが背の高い木でしたので
伐るとすっぽりと穴が空き、その穴から
夏の日差しが少しだけこぼれ落ちてきます
やっと、ノエルの森に木洩れ日が戻って来ました

少しだけ明るくなった森のデッキ

うつらうつらしています

聞こえるのは

鳴き交わす鳥の声と、虫たちの羽音だけ


d0082305_19290053.jpg


by takibiyarou | 2017-07-17 15:22 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 04日

お散歩の途中Y家から

17-05-03

目が覚めると森はすでに薄明り、午前4時過ぎ
明るくなるのがずいぶんと早くなりました
セラはすでに勝手口でお散歩待機
県境の山路をあがってゆくと
薄明りに浮かぶ森のシルエット
この明るさで山菜探すには、少しばかり無理がある
あきらめる
ぐるっと地区を一周して回る
ほとんどの家の前に車が見えます
お知り合いの方々も皆さん、いらしているようだ
d0082305_05384405.jpg
お向かいさんのデッキで何やら音がする
そっと近づいてみますると、リスがクルミをかじっています
三匹のリスがやってくるそうですが
我が家の「ほんてんくん」と「してんちゃん」かもしれないと思っていましたが
顔がずいぶんと黒いリスです
どうやら我が家のリス達とは別の個体らしい
d0082305_05383264.jpg
ノエルの森の木々の芽吹き

そしてお花たちを見て回る
d0082305_05384298.jpg
d0082305_05384034.jpg
d0082305_05383836.jpg
d0082305_05383641.jpg
d0082305_05383447.jpg

お昼のお散歩の途中Y家からお声がかかり
お客様とのデッキ宴に参加させていただきました
デッキでBBQ&山菜の天婦羅をごちそうになり
温泉から帰ってきたゴウ介家も合流して、にぎやかな宴となりました
その時に、Y家から薪ストーブを設置したいとのお話
ちょうど上手い具合にゴウ介家も薪ストーブの大型化を検討中
吹き抜けの大きなゴウ介家では今のストーブでは少しカロリー不足気味
しかし、吹き抜けのないY家なら最適の大きさかもしれません
ストーブ移設計画のスタートですかねー
ちょうど今宵はリンケンさんをお呼びしての宴
相談してみることになりました
さて、そろそろ我が家の宴の準備でもはじめますか、ね








by takibiyarou | 2017-05-04 05:47 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 13日

夜明け前の森が好き

16-12-13

午前4起き、6時頃まで薪を焚べたりご飯の支度などして過ごす
天気予報では早朝から雪、霙
でもまだ降ってはいない
気温も高く0℃
霙の中のお散歩も余り嬉しく無いので
セラを起こして今のうちにお散歩します
今日はマフラーなしでも大丈夫です
しばらくは真っ暗闇を歩きますが、次第に樹々が見えてくる
空も次第に白んで来ます
この時間帯の森が一番好きなんです
なので、お散歩はいつもこの時間
少し雲が見えて来ます
降りそうな雲では無い

d0082305_8433169.jpg

d0082305_844119.jpg

d0082305_84452100.jpg


森の向こうが少し明るくなってきた
もうすぐ現実の世界へ連れ戻されます
そんな夜明け前の刹那の森が、好きなんです

by takibiyarou | 2016-12-13 08:48 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 31日

静けさを取り戻す

16-08-26

前日までのお仕事で、疲労困憊
その上、原因不明の大渋滞の中
何とかPM8時ごろ、森に到着

雨に濡れた森は、お盆の賑やかさを忘れたかのように
何時もの静けさを取り戻して居るようです
幾つかの永住のお宅を除き、灯りは見えず
真っ暗の森が広がる
ノエルの墓のレンゲショウマも、二三輪の花を残してすでに散っています

渋滞中もじっと我慢していてくれたセラを
用足し散歩に連れ出して、遅い食事を与える
私もかなり空腹ではあるものの、これから買い物に行くのも億劫で
仕方なく、冷凍庫をあさる
見つけたブリのカマを解凍して、塩焼きに
豚肉も解凍して、しょうが焼き
デッキに出ようとも思いましたが
少し寒いくらいなので、今夜は内で頂きますか
キンキンの五年物の40度が、染み渡る・・・

そして、爆睡



16-08-27

夜中に雨音を聞くが、そのまま寝てしまう

足腰の痛みに耐えかねて起きだす、四時半くらい
朝風呂にでも入りますか
窓を開け放ち、湯に体を沈める
立ちっぱなしのお仕事のためか、セラに寝床を奪われて
変な体制で寝ていたためか、痛む体をゆっくりと湯に放つ
浴室の灯りを消して、湯に身を任せていますと
真っ暗の森に、次第に木々のシルエットが見えてくる

炊飯器がご飯の炊き上がりを知らせている

湯のおかげで、温まったためか
体の痛みが治まったような気がする

着替えていると
セラがのこのこと起きてきたて、何時もの場所で二度寝する
セラ!、お散歩! と呼ぶと、飛び上がって勝手口に向かう
昨夜の雨は上がっているようですが、鍔広のハットかぶってお散歩です

すでに空は白み木々のシルエットを、くっきりと浮き上がらせています
時折の風に、ばらばらと木雨が降ってくる
夜明け前、雨上がりの森を大きく、一回り
誰にも会わず、鹿の気配も無し
ノエルの森に帰ってくると、すでに明るくなっている

冷凍してある油揚げとお麩、乾燥ワカメのお味噌汁
お葱無しの納豆
野沢菜のお漬物と梅干

有り合わせの朝食

さて今日は

何して過ごしましょうか、ねー

d0082305_08081419.jpg















by takibiyarou | 2016-08-31 08:11 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 22日

ノエルの森の思い出整理

16-08-20

ノエルの写真の整理をしようと思ったのですが
あまりの量に挫折・・・
その中で
数年前に突然営業をやめてしまったサーバーのために
現在閉鎖中のHP Welcome to my forest「木洩れ日の森から」のデータを発見
懐かしさのあまり、見入ってしまう
2003-1-11 OPENとある
お山でのお正月に、ぎっくり腰をやってしまい
ご近所でのお灸治療をしながらの作業を思い出します
振替って眺めますと
ノエルとのお山の生活が一杯
ノエルが生活の中心に居たことが良くわかる
データがあるのですから、もう一度UPすればいいのでしょうが
それはそれ、名うての面倒くさがり・・・
何とか簡単にと、データを画像化してブログにUPしようと試みる
何せHPなので画像データが小さい、PDFにしてJPGに直すと解像度がかなり落ちる
しかしながら、私の知識、技術はこれで終わり
画像もぶつ切れとなってしまいましたが、何とか少し整理してUPしてみました
ノエルとの暮らしを
思い出しながら



by takibiyarou | 2016-08-22 05:19 | ノエル と セラ | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 19日

体調復活

16-08-17

ノエルの墓のギボウシが花をつけ

レンゲショウマも花の数を増してきました

そして、真っ赤な小さなミズヒキの花

風邪薬が効いたのか、汗をかいたのが良かったのか

体調も復活、歯の浮きも収まってきました

盗み食いの為か、セラの体重も増加気味・・・

陽光が眩しい


d0082305_08020178.jpg


d0082305_07532667.jpg
d0082305_08052079.jpg
d0082305_08041349.jpg

夏休み、本日終了

下界は

暑そうです














by takibiyarou | 2016-08-19 08:09 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 19日

花探し

16-7-14

梅雨の晴れ間

きらきらの木洩れ日に誘われて

ノエルの森で花探し

木洩れ日程度の日差しなので

あまりお花は咲きません

それでも

白いお花のハルジオン

薄紫のホタルブクロ

一番のお気に入りは

キバナノヤマオダマキ

ノリウツギにヤマアジサイ

赤い小さな野いちご見っけ




d0082305_11144671.jpg
ハルジオン
d0082305_11152397.jpg
キバナノヤマオダマキ

d0082305_11174466.jpg
ホタルブクロ

d0082305_11095856.jpg
ノリウツギ
d0082305_11085650.jpg
ヤマアジサイ
d0082305_11233937.jpg
野いちご
d0082305_06230253.jpg
名残のシモツケ












by takibiyarou | 2016-07-19 06:24 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(3)
2016年 07月 15日

雨音は止み、せみ時雨

16-7-14

朝方まで聞こえていた雨音が、今ではせみ時雨に変っている
雨に洗われた鬱蒼の森に、夏の日差しが差し込む
デッキの天窓が汚れていて森の木々が望めない
気になりだすと、どうにもほってはおけない
まだ濡れている屋根に梯子をかけて
デッキブラシとホースをもって登る
足元はサンダルのままであります
屋根に片足掛けたとたん
ヌルーとした感覚と同時に、大又開き
何とか梯子にしがみ付き、転倒、落下は免れました

それでもあきらめず、何とかよじ登り
デッキブラシでおっかなびっくり、ゴシゴシと
立っているのがやっとの状況に
ほうほうのていにて退散します

それでも何とかきれいになった、デッキの天窓

木々の梢を眺め、悦に入る


二階の天窓は

やめておこう・・・

d0082305_10261901.jpg








by takibiyarou | 2016-07-15 05:54 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 30日

日がな一日

16-05-22

今年は森のジャングル化が非常に早く感じる
何時もならこの季節、まだアマダかと待ち侘びるのですが
すでに山荘は鬱蒼の木洩れ日の森に包まれています
この森に来て始めて出合った春蝉時雨にも
晩春から初夏の季語「松蝉」はこの春蝉をさすらしい
松林だけに生息する透明な羽を持つヒグラシを小さくしたような、小型の蝉
鳴き声は表現しづらいが「ジーッ・ジーッ…」が近いかもしれない

そんな森のデッキで

日がな一日過ごしています

傍らには、寝たきり老犬ノエルと

すぐに家に入りたがる、セラ

そして

山独活の味噌和えと

五年物の40度


d0082305_05343802.jpg











by takibiyarou | 2016-05-30 05:56 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 29日

春せみ時雨に包まれる

16-05-21

懸案でありました集合住宅の新任の管理員さんも何とか決定
といいましても、6月末からのお仕事開始
そまでは、理事長様と管理員さん兼任の日々、大変です・・・

そんな中、何とかお山にやってきました

先日まで、朝日に輝いていた新緑の森はすでに、鬱蒼
山荘もそんなジャングルに溶け込んでいます
朝のお散歩で、一握りのワラビを摘み、お酒のあてとする
日中は汗ばむくらいのですが、それでも朝晩はストーブか恋しくなる
ワラビを少し、ぶんた家におすそ分けしましたら、山独活を頂いた
これで、肴のメニューが増える

ノエルを玄関先の陽だまりに寝かせ
セラを連れてお買い物
先ずはセラのワクチン接種
念入りに健康チェックをしてもらい、1時間ほどで終了
隣のスーパーに
今回は、ご近所さんがほとんど居られないので
私の、お肴のみ
解凍物だけどおいしそうな大蛸の足、発見
お昼は、何時ものたこ焼き、和風塩たれ
天窓から日の差し込む森のデッキで頂きます
朝採りのワラビのお浸し
買ってきた蛸を薄くスライス、たっぷりの山葵
お酒はいつもの五年物の40度

屋根で切り取られた、新緑の森は眩しいくらいに輝きます

やがて森はジージージー

春せみ時雨に包まれる

d0082305_07065099.jpg












by takibiyarou | 2016-05-29 07:09 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)