木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:雑考 ( 247 ) タグの人気記事


2017年 11月 17日

今日の東京タワー

2017-11-17

初冬の青空に東京タワーが突き刺さる
だいぶ寒くなってきました都心です
お山に比べれば快適な涼しさなんですが
現在お手伝いさせていただいている現場、床のコンクリートが乾きたて
おまけに、入り口近くの為に吹きっさらし
足の裏からジンジンと冷えてくる
d0082305_15181779.png

何とか工事も来週で終わりそうなのですが

お山に行けるのはもう少し先になりそう


先週、私のiphone
落っことしてしまい、ガラス面が破損
もちろん保護ガラスを貼っつけていましたので、本体ガラスは無事
そのためにブック型のレザーケースに入れていたのですけれど
落とした衝撃で、ケースから飛び出したらしい
確かに、嵌め込みが少し甘かった
今回、友人の忠告に従い
Appleの純正レザーケースなるものを検索
なかなかシンプルでいい感じなのですが、値段が高い・・・
市販のレザーケースの倍以上
悩んだ結果、また落として壊すよりはと、購入することに

この純正レザーケース
なかなか、フィット感が素晴らしい、簡単には飛び出しそうにない
サイドのボタンも単なる穴だけではなく
アルミ製のスイッチボタンがちゃんと付いている、押したときの”カチッ”も本体と変わらない
これに保護ガラスも、角までカバーできる3Dタイプを装着

これで少々の落下には耐えられそうです

落とさなければ、こんなものも必要ないのですけどね・・・

d0082305_13500948.jpg

Apple(アップル) 純正

iPhone 7 Plusレザーケース (ブラック)



d0082305_13515262.jpg

Timkyo iPhone 7plus フィルム

全面保護 3D曲面 強化ガラスフィルム

硬度9H 指紋防止 (ブラック)












by takibiyarou | 2017-11-17 13:18 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 13日

怖い世の中になってきた

2017-11-12

お昼過ぎ、スバルのディラーからの電話
修理に出していたドライブレコーダー(車載カメラ)が直ってきたと
修理と云ってもただ内臓電池の交換だけなのですが
先週お山から帰って、久しぶりにドライブレコーダーの映像をチェックすると
撮影日時が2015-06-05となっています??
画像は確かに今回の物のようですが・・・
これでは万が一のときに、証拠としての価値がない

最近、走行トラブルによる怖い事件がニュースとして多く取り上げられています
ひ弱な老人としましては、万全の準備をしておかねばなりません
そのためのツールとしては、こちらの正当性を証明してくれるドライブレコーダーの記録画像が重要です
しかしその日時が違っていると・・・・
なのでディラーで見てもらうと、時計用の内臓電池が切れ掛かっているとの事
すぐに交換してくれるのかと思いきや、メーカーに送ると言う
それで、一週間のお預け
その間車には乗っていませんので、良しとしますか
しかしこのドライブレコーダー、少し古い型なのかもしれませんが
記録画像をその場で、カーナビで見ることができません
後で、PCにより確認することになります
これでは、万が一の非常時にはあまり役に立ちません
そこで、ネットで検索、iPhone専用SDカードカメラリーダーなる物を購入
これで、記録画像をその場でiPhoneでもって確認することができます、良かった!
d0082305_05511534.jpg

早速、「iPhone専用SDカードカメラリーダーなる物」を持ってディラーへ
直ってきた「ドライブレコーダー」を再度取り付けてもらう
ところが、ご担当のお話によると

「内臓電池交換のためにメーカーに送ったのですが、新品が帰って来ました」と

 えっ、何で新品なの・・・

「解りませんが、今回は新品をお送りしました、との事
小さな製品を分解して内臓電池を交換す方が、面倒だったのではないでしょうか・・・」

「しかし毎度、内臓電池交換のたびに新品にされたのではたまらないです」よ

「あの、料金は電池交換の費用で大丈夫のようです、それに今回は私どもで負担させていただきます」との事

「それなら良いのですが」

しかし、疑問は残るが料金ディラー負担なら、まっ、良いか

再取り付けの済んだ「ドライブレコーダー」からminSDを取り出し
iPhoneに取り付けた「SDカードカメラリーダー」に差し込む
すると何の操作もなく、iPhoneがデータを取り込んでくれる
見ていた担当の女性が
「それ、良いですねー、私もiPhoneと同じ「ドライブレコーダー」なんです
iPhonで記録画像が見られるのは知りませんでした、私もそれ買います!!」

iPhonで見る記録画像には、ついさっきまでの整備工場の様子が映っています
そして、日時表示も 2017-11-12-○○-○○ と

これで、一安心でしょうか

しかし、この記録画が役に立つ事態には
決して遭遇したくありませんです、ねー・・・











by takibiyarou | 2017-11-13 06:15 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 07日

酉の市

2017-11-07

昨夜はお仕事終わりに、知り合いの事務所の飲み会に合流

新宿御苑あたりで会食、飲み会

心地よくなったところで、みんなで酉の市に繰り出します

酉の市は新宿花園神社、あまりにもの人出の多さに度肝を抜かれる

正面には奉納提灯で埋め尽くされ

出店の参道は人で溢れる

しばらく並んで何とか参拝を済ませ

いざ、熊手買い

馴染みの露店があるらしく、人込みをかき分けながらなんとか見つける

注文しておいたデカい熊手をいただき

ニュースでよく見る、シャンシャンの柏手を打ってもらう

人込みに揉まれ

酔いが回る

二次会をご遠慮して

何とかご帰還・・・

d0082305_13101190.jpg

d0082305_13121280.jpg

d0082305_13155040.jpg
d0082305_13235095.jpg
d0082305_13413175.jpg





by takibiyarou | 2017-11-07 13:17 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 03日

東京タワー

2017-11-02

久しぶりのブログ更新ただ今芝公園におります
今回お仕事させていただいています現場の屋上から
東京タワーがよく見える
私たちの年代ですと
スカイツリーよりもやはり東京タワーの方がなんだか好ましい
とは言いながら
実はどちらにもまだ上ったことがない・・・
d0082305_09183865.jpg
明日からの連休
現場の工事もお休みできそうです
やっと過ぎてくれた台風の後
幽玄の森に行ってみましょうかねー





by takibiyarou | 2017-11-03 09:32 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 11日

遅ればせながら「君の名は」

17-07-10

朝からうだるような暑さであります
まだ外は薄暗いはずの時刻ですが、ねっとりとした違和感に
押し包まれていると、不意に何者かに揺り動かされる
セラであります
せっかくの、熱気と寝汗による呪縛からの離脱を、積極的に受け入れます

纏わりつく、粘度の高い熱気を、シャワーで一気に洗い流す

少しさっぱりとしました

すでに玄関でお待ちのセラを連れて、お散歩

さて今日は、運転免許の更新に行ってきますか
昨日から、この暑さの中、如何したものかと考えておりましたが
やっと、踏ん切りがつきました
免許センターは自宅から車で20分くらいの所です
時間はまだまだあります

しばらくネットを徘徊しておりますと
少し前まで話題でしたあのアニメが目に入ります
新海誠監督の「君の名は」です
かなり話題になったアニメですが、爺さんの見る映画でもあるまいと
いままでスルーしておりました
「君の名は」と云うタイトルにも、若干の違和感がありました
われわれの年齢ですと(もちろん同世代ではありませんが)どうしても、あの、風呂屋をがらがらにした
名作すれ違いドラマを思い浮かべていしまいます・・・

封切からまだそれほど時間も経っては降りませんが
ネットの「裏世界」ではすでに、違法の配信が行われているようです

違法とは知りながら、つい、覗いてみます
いつもなら、一杯いただきながらなんですが・・・

物語はドラマでよくありがちな、思春期の男女の入れ替わり
辺境の村に暮らす「三葉」と、東京のイケメン高校生「瀧」
「三葉」の家は、岐阜県糸守村。宮水神社の巫女を代々勤める女系の家
このことは祖母「一葉」母「二葉」長女「三葉」次女「四葉」の名前からも窺える
そして、この女系により綿々と受け継がれてきた「組紐」
糸守村の名からして、この村にとって「組紐」はこの物語のひとつの
重要キーワードであるようです
祖母「一葉」の言を借りると
「糸を繋げるのもむすび」
「人を繋げるのもむすび」
「時間が流れるのもむすび。全部神様の力や」
「わしらのつくる組紐もせやから、神様の技。時間の流れそのものをあらわしとる」
「縒り集まってかたちを作り、捻れて、絡まって、時には戻って、途切れて、また繋がり・・・」
「それがむすび。それが時間」

絡み合い、すれ違い、また戻る、

新海誠監督の実に美しい映像美で展開されてゆく
「組紐」が織り成す空間と時間の物語

そして、「口嚙み酒」
酒の起源とされる「口嚙み酒」
また祖母「一葉」の言葉を借りると
「水でも米でも酒でも、人の身体にはいったもんが、魂と結びつくこともまたむすび」
「だから今日の奉納は、神様と人間を繋ぐための大切なしきたりなんよ」
「これから先はは隠り世・・・あの世のことやわ」
「戻るには、あんたらのいっとう大切なもんを引き換えにゃあかんよ」
「口嚙み酒さ」
「ご進退にお供えするやさ。それはあんたらの、半分だからな」

身体の半分を残しておそらく死んだであろう「三葉」との再会


鑑賞途中でしばらくストップ
少し早めに免許センターへ出向きき
待合室にてスマホで鑑賞再開
講習寸前に鑑賞を終える

眠気をこらえての2時間講習と思いきや
講師の方の軽妙なるお話に、あっという間の2時間でありましたした


講習中も少しばかり考えておりましたが
いくつかの疑問が残る
作中、瀧の飲む「口嚙み酒」が透明なこと?
滝の飲む濁り酒であるはずの「口嚙み酒」が無色透明なのは?
これは単に、白濁させると、あまりにリアルすぎるとの判断からであろう、他意はなさそうです
では、なぜ「三葉」の父である町長が彼女、いや彼の荒唐無稽な話を最後には受け入れて
祭りのさなか村人を非難させたのか?

これはもうひとつのキーワード、「黄昏時」が関係するかもしれません
「黄昏時」に事は起こる
「黄昏時」、「逢魔時(おうまがどき)」とも云う
この世ならざる物と遭遇する時間
作中で、古文の教師(同作の「言の葉の庭」の女性教師を連想)により万葉の

「誰そ彼と われをな問にそ 九月の 露に濡れつつ君待つわれそ」

この「誰そ彼」が「黄昏」の語源であると説明させています
作中では、地方の方言として「片われ時」として使われている
この「片われ」にも意味がありそうですが

「誰そ彼」、お前は誰だ
これこそが、「君の名は」なのでありましょう

しかし、入れ替わったのは二人だけではない

最初に「三葉」入れ替わりに気づく祖母「一葉」
「おはよう三葉、おや、三葉、あんた三葉やないな」
祖母「一葉」も、そして母である「二葉」もこの入れ替わりをかつて経験していたとの語り
母「二葉」の入れ替わりの相手、それはおそらく父であったのだろう
そうでなければ自分の娘「三葉」の現実離れした話に、「三葉」の入れ替わりを
目の前にいるのは「三葉」ではない別の存在であることを、一瞬のうちに理解することは
できはしないだろう
そして最後に、父である町長に言わせている 「お前は誰だ」

この父の「気付き」により、村は救われる、たぶん・・・

美しい糸守の風景、その湖の形状(隕石湖)から
遠い昔、かつてこの地に起こったであろう事態を想像することができるだろう
そして連綿と続く入れ替わりの系譜、守り継がれる組紐、そして宮水神社の儀式
それらは、もう一度起こるであろう事態に対しての布石
組紐と云う螺旋に織り込まれたDNAなのかもしれません
入れ替わりの経験者である父の家系への反発、離脱、そして町の行政を仕切る立場のの現在
そのことさえもすでに、必然として織り込まれたことなのかもしれません

全体を通してこの作品は実に軽やかであります
ジブリ作品の持つ、あの思想的な重々しさがまるでない
これも新海誠監督の作品に共通の爽やかさでありましょうか
張り巡らされた「伏線」、そしてちりばめられたなぞ解きのキーワード
読み解き、もまた楽しい

爺さんにも、楽しめた作品でありましたした
d0082305_10492826.jpg

「言の葉の庭」
「秒速5センチメートル」も大変美しい作品です


d0082305_10501891.jpg
d0082305_10502222.jpg













by takibiyarou | 2017-07-11 08:28 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 17日

暮の火の粉

16-12-17

今日は、お仕事・・・
先日慌てての下山のあとのバタバタも、何とか一段落着きそうです
年末の倒産騒ぎは、可哀想ですよ、ほんとに
想像を絶する負債額なので、私とは別の世界のお話のよう
とはいえ、お取り引き先なので私も影響は受けましたが
私の場合は、ほんのお手伝いなので、火の粉程度で済みました
それでも年金暮らしの身にとって、暮の火傷はかなり痛手です
それに、お手伝いしていたお仕事が急に動かなくなり、お客様は大慌て
それで仕方なく、今後のコオディネートを引き受ける事に
そんなこんなで、なかなかお山に行けそうにありません
またしても持病の山欠症が出そうです・・・

そういえば、慌てて下山したために
水抜きした水道管のヒーターを、入れっぱなしで来てしまいました
勿体無い・・・
d0082305_6294591.jpg


by takibiyarou | 2016-12-17 06:31 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 12日

二度目の散歩. [爺いの手習い]

16-12-13

今日も-5℃
体感温度としてはもっと低い気がする
薪ストーブは10月くらいから焚いていますが、薪の減り方が速い
巻きが少なく鳴ると、なんだか凄く切なくなってしまう
今日、薪を注文しておこう

さて、お散歩、本日二度目
日も高くなって来ましたので、スマホの写真を練習しますか
朝方と違って、すこし気温が上がっています
手袋なしで大丈夫そうです
今回買ったのは、iPhone 7plus、普通のiPhone より一回り大きい
なので片手で写真は撮りにくい
セラのリードを持ちながらではなおさら
ズームするには画面の中心くらいを、指で広げるように触らねばならないらしいが
これがなかなか難しい
画面にふれると、動画モードになったり、正方形の画面になったリ・・・
やっとシャッター押せたと思うと、連写
一度に5,6 枚撮れてしまう
Docomo に聞くと、連写の設定は外せない、シャッターに触る感覚を覚える他ないそうだ・・・
やっと、撮れた写真を載せておこう
d0082305_1055951.jpg

d0082305_1135472.jpg


by takibiyarou | 2016-12-12 10:54 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 28日

イライラ

16-09-27

それは25日、日曜の夕方におきました
お昼過ぎに下山し、たまったメールやらの整理をしていますと
突然、ネットが接続できなくなりました
慌てて、PCを再起動してみるも、変化無し
接続用のモデムには赤ランプが点灯
モデムの電源を抜き差ししてみるも、これまた変化無し
どうやらモデムの故障らしい
このモデム、NTTからのレンタル品

直ぐにNTTに電話しましょう、と、受話器を取るが・・・

我が家のTEL、インターネットTELなのです

なので、ネットに接続できないと、TELは機能しない


仕方なく、携帯でTEL、0120・・・・
時間外なのか、録音が流れ用件を録音すると後で連絡してくるらしい
が、一向に連絡が無い・・・
携帯をチェックすると、4,5回の0120からの着信がある
着信音を聞いた覚えは無い
もう一度、携帯でTEL、0120・・・・
待てど、着信音なし
しかし、着信記録はどんどん増える

今度は携帯の故障か???

ドコモにTEL、途中で着信の知らせに慌てて、切り替えると、NTT
やっと連絡がつきました、事情を話すと
我が家はドコモ経由の契約なので、まずドコモに連絡してドコモからの修理依頼が必要と
そして、後に0120・・・から連絡すると・・・

再びドコモにTEL
やはり時間外で用件録音で後で連絡するとのこと

携帯とニラメッコ
無音の着信と同時に通話ボタンを押す
何とか繋がった
まず、NTTの器具の故障と0120からの連絡が通話不能の件を訴えると
器具の故障の件はNTTに連絡するが
0120からの連絡が通話不能の件は、携帯の設定の問題なので部署が違い対応できない
明日9:00に他部署に連絡して設定を解除してくれと・・・

イライラしながら、アルコールで強制就寝

早起きの私には、9:00はかなり長い・・・

何とか9:00まで待ちドコモにTEL
機種NO.を告げ、設定の解除方法を聞くと
考えられる事が3つほどあるそうだ
電話を切り、3つほどの設定を見るが、問題なし
仕方なく、管理人室にTELを借りに行き、固定電話からドコモに連絡
しばらく、内部で協議の後連絡があり
どうも、留守電設定の問題らしい
何とかその場で、設定を変えると、あら不思議
着信音が響き、NTTの0120からの着信

理由は定かではありませんが、何とか解決

流行の携帯依存症では無いと思っては降りましたが・・・

TELとネットが使えないと仕事になりません


仕方なく、セラとお散歩

寒いくらいのお山から帰ると、下界の残暑がこたえる

線路脇に白い彼岸花を見つけ、一瞬の安らぎ


午後1時くらいには、機器が届くはずでしたが

結局、届いたのは午後7時


何とかネット環境の復旧です

d0082305_02531537.jpg














by takibiyarou | 2016-09-28 02:57 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 02日

目の疲労は極限状態

16-08-30

夜中、セラに起こされる
時計を見ますと、AM1:30
出立にはまだ早い
しかし、雨音は無い
今のうちに、セラを用足し散歩させておいたほうが良いかもしれない
と、思い直し、起き上がる
着替えて、セラを呼ぶが
反応無し・・・
再び二階に上がり、セラを起こす
セラ、一向に起きる気配なし
無理やり起こして階下に下ろすが
階下の自分のベッドに直行して、二度寝を決め込む
あきらめて、下山のしたく
最後に、セラをたたき起こす
嫌がるセラを無理やり森に連れ出し、用足し散歩
しかし、用足し、せず・・・
d0082305_20262891.jpg
一時降った雨も上がり、時折の木雨

途中でのセラの用足しに備えて、麦藁帽子を助手席に

ニュースでは、関東直撃は避けられるらしい
今のうちに下山、しますか

AM2:30頃、森を出立
順調に高速に入る

雨は少し降り出したようです
甲府に差し掛かるころから、その雨脚が急激に増し
ワイパー全開も効果は見られず
暗さと、豪雨のため道路の白線はほとんど確認困難
このため、ハンドルにかじりつく様な状態で運転せざるを得ません
夜中起きも相まって、目の疲労は極限
何とかパーキングまで辿り着き、即、爆睡
気がついたときは、AM4:00
一時間くらい寝ていたようです・・・

でも、かなり体調回復
雨の具合も少しづつ収まりつつあるようです
それでも降り続く雨の中、走ります
そんな雨も都内に入ったころから、小雨に変わりやがて止みます

AM5:30ごろ、何とか雨の止んだ我が家に到着
ほっとするまもなく、セラのお散歩
予報では、お昼過ぎに東北地方に上陸の可能性を示唆しています
お仕事は何とかなりそうですが


お散歩の後、もうひと寝入り

お昼過ぎ

雨も無く、お仕事できました

でも、台風上陸地方は大変です・・・




















by takibiyarou | 2016-09-02 12:26 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 31日

明日当たり下山しますか

16-05-23

昨日家内からTELが
直ぐに帰宅せよと・・・
一方的に喋るので、要領を得ない
推察、総合すると
どうも、走行中に誰かの車の車輪が外れたらしい

誰の?!
 私の
いつ
 今
・・・

どうも、怪我はしていないらしい
幹線道路を外れた所だったのが幸いしたらしい

今、JAFが来てくれたそうな
どうも車輪の車軸が折れているらしい
中古の軽で9万Km位い走っているので、故障は考えられるのですが
車軸が折れるとは・・・
当然、レッカー移動
JAFの人が、保険をチェックしてくれて
保険のロードサービスを使ったほうが良いと、保険会社に連絡してくれているらしい

今、修理工場に着いたと、再びTEL
この工場で整備してもらっているご近所さんなので顔なじみ
車はかなり酷い状態らしい
家内は代車が欲しいと言うと、社長が
そこにある1万km位走った車を格安で提供してくれると
修理するよりもその方が良いのでは、と
家内もこれがいいと言っている
仕方ありません、社長には、私が帰ってから手続きをすることにして
家内は直ぐに、 車をお持ち帰りしたらしい
なので
まだお山に居てもいいと・・・
しかしながら
そうもいくまい、明日当たり下山しますか

年金暮らしの身には
またしても、痛ーい出費となりそうです・・・


d0082305_06092330.jpg






by takibiyarou | 2016-05-31 06:10 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(3)