木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:食 ( 79 ) タグの人気記事


2018年 01月 09日

残り野菜の七草粥

2018-01-07

目覚めて階下に降りる
4,5日くらいストーブを焚き続けると、家全体が暖まって
ストーブの火が消えても寒くはない
昨夜は6時くらいまでしか薪を焚いていませんが
朝パジャマのままで大丈夫
それにしても、今朝はそれほど気温が下がってはいなさそう
温度計を見てみると、外気温は0.1℃
着替えもせずにデッキから薪を運ぶ

ストーブに火が入った頃
セラものこのこ降りてくる
セラは短毛のせいでしょうか寒さに弱い
-6℃ともなると、お散歩半ばで引き上げてしまう
仕方なく、小淵沢のアウトレットのDOGDEPTでフリースの防寒着を買ってきた
犬用の服は高いです
UNIQLO当りで犬用も作ってほしい
今日はそれほど寒くはないが、せっかくなので
防寒着着用してのお散歩です
やっと明るくなりかけた森を歩く
県境の路を少し下ると
眼前に南アルプスの山並みが広がる
左手には真っ白な北岳もくっきりと見える

d0082305_06530760.jpg
d0082305_07313554.jpeg

d0082305_06563181.jpg

d0082305_07142139.jpg

さて、今日は7日
七草粥と行きたい所ですが
明日は下山の予定
買い物などしていない
食料庫を物色するも、めぼしい物はない
仕方ありません
残り野菜の七草粥と参りますか
白菜、きゅうり、セロリの浅漬けの残りに
人参と大根をスライス、出汁昆布をカットして粥を炊く
お出汁はお雑煮の残り
最後にかいわれをトッピング
頂き物の黒大蒜を添えて

d0082305_06563775.jpg
汗かきながら頂きます


西窓支店ではしてんちゃんもお食事中
しっぽ、冷たくないですか?

d0082305_07275115.jpeg











by takibiyarou | 2018-01-09 07:33 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 06日

珍しく外食

2018-01-06

昨日のこと
ゴウ介家に誘われて
珍しく外食

久しぶりの100%かけ流し温泉で暖まったあと
富士見駅を少し下ったところ
一軒の昭和の匂いぷんぷんの廃墟かと思われるような一軒家
不似合いなことに車が数台止まっている
ここはイタリアンのお店
かなり年季の入った家をセンス良く改装したお店として
このあたりでは有名なお店なんです
「Osteria agiato」オステリア アジアート

d0082305_10583744.jpg
d0082305_10592830.jpg
d0082305_10595862.jpg

インテリアは古い内装を最大限に利用した
手作りに近いが、かなりセンスが良い
心地よいジャズの流れるお店なんです
すでに数組のお客がお食事されています
コースをお願いして、グラスワインで乾杯です
d0082305_11020412.jpg
前菜盛り合わせ

d0082305_11002339.jpg
自家製フォカッチャと今日のパスタ

d0082305_11011662.jpg
地元焼き野菜を添えた信州福味鶏のソテー

d0082305_11003969.jpg
一口デザート

大変リーズナブルなお値段で
美味しくいただけましたよ











by takibiyarou | 2018-01-06 11:20 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 06日

もう、6日・・・

2018-01-06

毎日飲んだくれておりましたら
もう、6日・・・

昨年の28日に‐4℃の寒さの中、お山入り
いつものように、一杯やりながら
たたき牛蒡、甘酢蓮根、数の子
それに、お雑煮の準備して
29日になると、総菜の値段が急に上がる

たたき牛蒡葉なかなか美味しくできた
数の子は少し塩抜きしすぎたかもしれない
レンコンは水煮を買ってきたのですが、こいつが粉っぽくてうまくない・・・
冷凍のエビを煮てその煮汁でお雑煮の汁を作る

31日、2017最後の宴
いつものように、ゴウ介家からの豪華お節にお刺身を中心に
我が家の宴の間定員ぎりぎり
お山のお仲間、総勢11人の宴となりました
締めにおそばをいただいて、大変楽しい宴でございました
森は薄っすらと雪化粧

5時に目が覚める
セラを起こして少しお散歩、用足し
日の出時刻を確認、6時57分ごろらしい
6時過ぎ、万全の防寒支度で出かける
お向かいさんはまだ起きていないようだ
ゴウ介家はワンコと歩きで上るので、一人で出かける
スキー場のリフト乗り場にはすでに大勢並んでいます
リフトで上ると、そこは彫刻の森公園
東側の展望台付近で熱々の甘酒を頂き、日の出を待つ
すでに人出は数百人
昨夜の雪がうそのような空模様
秩父連山から富士のシルエットがくっきりと浮かぶ
日の出が近づくとともに、富士のシルエットが赤く染まる、赤富士
おそらく気温は-7℃、いやもっと下っているかもしれません

6時57分,秩父連山あたりが輝く

2018の初日が顔を出す

実に美しい・・・

明けましておめでとうございます。
d0082305_10183638.jpg
d0082305_10194066.jpg

西窓支店に、してんちゃんがお年始にやってきた
さっきお湯を入れてあげたので、まだ凍ってはいないだろう
セラが気が付き、窓のガラスに顔をくっつけるがしてんちゃんはお構いなし

実に肝の据わったリスちゃんです

さて、一杯やりますか

昨夜頂いた、フグの卵巣の糠漬けで

d0082305_10170116.jpg



我が家のお雑煮は関西風

ほうれん草に紅白のかまぼこ、焼きブリにエビ

焼き餅を入れてお出汁のお澄まし、柚子を添える

ゴウ介家、お雑煮食べてお年始のため一旦下山

私は

お屠蘇の続きです
d0082305_10210953.jpg

正月2日
忘年会のメンバーがお雑煮食べにやってくる
新年会
リンケンさん家はチワワの麦ちゃんを連れてやってきた
麦ちゃんセラに纏わりつく、麦ちゃんの遊んで攻撃にセラタジタジ
その困り顔が大うけ
お客のすぐ後ろでしてんちゃんも参加している

d0082305_10220845.jpg
































by takibiyarou | 2018-01-06 10:23 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 25日

我が家の浅漬け

2017-11-25

気温-1℃
本日の朝食
鯵の干物に御御御付
出汁巻卵に野菜の浅漬け
実にシンプルなる朝餉です

先日ご近所さんの宴にお呼ばれしたときに
お持ちした箸休め、「我が家の浅漬け」
ご用意していただいたお料理には、少し気が引けましたが
それでも、結構受けたようです

何時のころからでしょうか
お山でこさえるようになりました
葉付きの大根を選んで買う
その葉を刻み、大根の皮も刻みます
白菜を刻み、キュウリにセロリ、季節によっては茗荷も良いです
ニンジンはピーラーで極薄に
ピーマンを千切りにして、鷹の爪
今回は、頂いたゆずの皮も散らす
お湯に粗塩を溶かし込み、水で温度調整
これらを大きめのジップロックに放り込み、少し揉んで冷蔵庫

一晩置くのですが、2,3時間もすれば結構いける

ジップロックの中でむんずと掴み、少し絞り、粉引きに盛る

お醤油を数滴垂らし、おかか

こいつに、塩昆布かシラスなどあればもっといい、が


これだけでも

結構お酒が進む


d0082305_05332474.jpg








by takibiyarou | 2017-11-25 05:35 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 14日

超大盛り・・・

15-07-10

三沢初日
会場で簡単な打ち合わせののち、ホテルにチェックイン
同行者と食事に出かける
ホテルは市内の米軍基地の近く
疲れていたので近くのお店で済ませることに
ホテルの二三軒隣の食堂「赤のれん」まさに下町の食堂
看板には元祖の文字が・・・
バラ焼き・ホルモンとある
焼き肉屋さんのようであります
のれんをくぐると、すでに10人くらいの客がビールを呑んでいる
半数は西洋人
テーブルのガス台には山盛りのお肉が焼かれている
ジンギスカンの様であります
まずは生ビールを頼み、メニューを見るがジンギスカンはない
バラ焼き、豚バラ焼き、ロース、・・・ホルモンと並び、後はチキンライスだのカレーだの
まったく普通の食堂のメニューとなる
一人はバラ焼き定食、私ともう一人はバラ焼きとロース、ホルモンを注文
しかし、すでにロースは品切れとのこと
やがて大量のオニオンスライスに、バラ肉を盛ったステンレスの皿が運ばれる
焼けた厚めの鉄板にオニオンスライスとバラ肉を投入、かなりのボリュームであります
甘みのあるタレのかかったバラ肉です
すると、今度は、先ほどの倍のお皿が運ばれる・・・
先ほどのお皿は、バラ焼き定食用の一人前らしい
今度運ばれたお肉は一度には鉄板に乗らない量
そして、次に運ばれたのが大皿にてんこ盛りのホルモン
これには一同、絶句・・・
凄まじい量であります
やはりここは基地の街、米人の胃袋に合わせた量なのでしょうか
すべてかなり美味しいのではありますが
あまりの量と、煮詰まった濃いめのタレ
生ビールが進みます
具の種類の少ないすき焼きといった感じです
d0082305_08023754.jpg
この「バラ焼き」なる料理、この三沢周辺のB級グルメとして名高いものだそうです、そして図らずもこの「赤のれん」がその元祖とか
このお店、食べて呑んで客単価¥1000から¥2000とお値段がまたべらぼうに安い

しばらくはお肉、遠慮したいです・・・






by takibiyarou | 2015-07-14 06:15 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 02日

豚の肉じゃが

14-11-23

朝から肉じゃがを作った
昨夜の残りご飯で朝食とする
最近はずっとお粥だったので、ご飯はなんだか新鮮
先日見たYou Tube TVドラマ「深夜食堂」で登場の肉じゃがが
記憶に残り、無性に食べたくなった

ドラマの中で
客の女性が肉じゃがを前に、しみじみと
「肉じゃがって、牛肉を使うんだ!」
「家は貧しかったので、ずーと豚肉でした」
「なのでずーと肉じゃがは豚肉と思っていました」
とつぶやくシーン

確かに豚肉と比べて牛肉はかなり値が張る
しかし豚の肉じゃがは、単に経済的理由だけのではないような気がします

ある調査、[カレーに入れるのは牛肉か豚肉か]では
三重県の桑名市が境界線で、西は牛肉派が多く、東は豚肉派が多いとか
関西には但馬、神戸、近江、伊賀、松坂と肉牛の産地が多いためかもしれません

確かに昔、関西の我が家では牛肉でした
関西では「お肉」といえば牛肉のことで豚肉はあえて豚と言っておりました

しかし、今では
牛肉を買うのはかなりの勇気を有します
なので
我が家でも、肉じゃがは豚肉が多い

しかし思うに

豚肉は牛肉の代用品に非ず

牛肉の肉じゃがと豚肉の肉じゃがは

全く別の料理だと思うのです

本日は、「豚の肉じゃが」


d0082305_08104540.jpg










by takibiyarou | 2014-12-02 05:29 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2014年 11月 21日

パン・ド・カンパーニュ

14-11-15

急にカンパーニュが食べたくなった


予約でいっぱい・・・

そうなると、余計食べたくなってくる

買い物帰りに、「悠流Cafeに寄ってみる

ぱん・パ・パンのパンを販売しているランチ・Cafeなんです、が

11時からで、まだやっていない

しかたなく、小淵沢の道の駅

ここは早くから焼きあがっている

フランスパンとカンパーニュを入手

お昼は、冷えた白ワインとカンパーニュ

冷蔵保存しておいた、バーニャカウダソースを付けて頂きます

バーニャカウダソースはオリーブオイルにたっぷりのニンニク、アンチョビを加え塩胡椒で味を調えたもの

カンパーニュを薄切りにしてパリッと焼く

自然酵母の石窯焼きカントリーキッチンのパン・ド・カンパーニュ(ずっしりと重い田舎ぱん)ほどではないが

まあ、致し方ない

しかし、バーニャカウダソースが、実に旨い

お昼から

ワインが進む・・・
d0082305_06292190.jpg
カントリーキッチン HPより

d0082305_06225125.jpg
カントリーキッチンのぱん














by takibiyarou | 2014-11-21 07:01 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(5)
2014年 11月 12日

里いもとイカの煮もの


14-11-9

野暮な鍵番を仰せつかり

お山はお休み

工事は一階の共用トイレの改装のみ

打合せといいましても、すぐに終わる

暇で仕方なく、You Tube

先日、お山で見たDVDのドラマ「深夜食堂」が面白かったので

You Tubeで検索

極端なる早寝のため、全くと言っていいほどテレビを見ない私なので

深夜12時から始まるTVドラマなんぞは知るすべもない

でも、見てみるとなかなか面白い

場所は新宿、ゴールデン街あたりでしょうか

「めしや」のマスターは小林薫

新宿の夜の街

雑踏そして、ネオンの街を行き交う車の群れ



一日が終わり

人々が家路へと急ぐ頃

俺の一日は始まる

メニューはこれだけ(豚汁定食・六百円)

後は勝手に注文してくれりゃー

出来るもんなら作るよ、てーのが俺の営業方針さ

営業時間は夜12時から朝7時頃まで

人は、深夜食堂と云ってるよ

客が来るかって

それが結構来るんだよ・・・



大都会の盛り場の「めしや」)のカウンターで繰り広げられる

かなり下世話な人間ドラマ

毎回、一つの料理をテーマにして

物語が展開される

赤いウインナーと卵焼き、とか 猫まんま

アジの開きとか、あさりの酒蒸し

私の好物の、煮こごり、というのもありました

物語の最後に

その料理の簡単なレシピを紹介するのもたのしい

なかなか面白いドラマですねー

ついつい

ぜーんぶ見てしまいましたよ・・・


ミニトマトを豚肉で巻き、串に刺して焼く

「豚バラトマト巻き」

これ、旨そうです

今度お山で



そして

「里いもとイカの煮もの」


イカは最初軽く煮て取り出し、仕上がる前にもう一度入れて煮ると

固くならず柔らかに出来る

そして里芋は味をつけた煮汁で焚くと、ぬめりが気にならなくなる、らしい


急にこいつで

一杯やりたくなりましたよ

今夜の肴にいたしましょうか、ね

d0082305_04573649.jpg



















by takibiyarou | 2014-11-12 04:50 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(4)
2014年 08月 07日

ひやむぎ

14-8-3

斜向かいのセラビ家誘ってお買い物

途中、借りていたDVDを返却、ジブリの「借りぐらしのアリエッティー」と「母べー」
「母べー」涙もろくなって、いかんです・・・
しかし、鶴瓶の演技がいいですねー!!

「借りぐらしのアリエッティー」うむー、何が言いたいのか、イマイチ解らづ・・・

ホームセンターJマートに寄る
昨夜踏み抜いてしまった、アプローチの階段の修理材料購入
それから、睡蓮鉢のボウフラ防衛隊、めだかを購入

スーパーでお買い物
我が家はあすの朝下山なので、ノエルのミルクとおからくらい
揚げてある天ぷらなど買って、お昼はそうめん、いや「冷麦」としましょうか

うちに帰り
階段の修理
でかいバールとペンチで錆つき折れたビスを引き抜く
踏み抜き防止にL型金具で受けを作る、その後踏み板を長ーいネジで固定
固定し終わり
上から見ると
あら、少し曲がって止めてしまった
腰の具合も悪いので、今日はこれで終わり
手直しは、後日(やらないかもしれない・・・)

ゴウ介家の車、お風呂、かな
昨夜、話していた今夜の外食計画
ゴウ介家が心当たりに電話すれど、やはり夏休みのこと、どこも一杯・・・
仕方ない、いつものゴウ介家のお抱え料理人「礒五郎」にしませうか
電話して、なんとか席を空けてもらう

さて、お昼の冷麦
いつ頂いたものなのかは、定かでないが
乾麺なので大丈夫でしょう
それにしても
素麺と冷麦、いつも思うことなのだが、違いを思い出せない
太さの違いなのでしょうけど

  後日検索
  JAS(日本農林規格)にて
  ■素麺は断面が角状(幅1.2mm以上1.7mm未満、厚さ1.0mm以上)
   丸状のもの(直径0.8mm以上1.3mm未満)

それに対して

  ■冷麦は断面が角状(幅0.7mm以上1.2mm未満、厚さ1.0mm以上1.3mm未満)
   丸状のもの(直径1.3mm以上1.7mm未満)
   薄くて平たい麺。乾麺は幅が4.5mm以上、厚さが2っ未満の帯状の形をした麺「干しひらめん」

だそうです・・・


そういえば、昔、素麺だか冷麦だかには必ず缶詰のミカンやらさくらんぼやらが浮かんでいましたが
あれはいったいなんなのでしょう・・・


d0082305_06265796.jpg
ともあれ、セラビ家誘って

冷水で冷やした冷麦を頂きますか

買ってきた、天ぷら肴に

冷たーく冷えた、ビールで乾杯

たっぷりと、刻みネギ入れて

冷麦をすする

夏、森のデッキ

















by takibiyarou | 2014-08-07 04:49 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 10日

トマトシチュー風ごった煮

14-4-6

吹雪いていた雪も止みました

二日ほど買い物していませんが、在庫で何か作りますか

パントリーの残り物の整理

人参一本乱切りに、ジャガイモもさいの目、玉ねぎ、ピーマン

残りの豚小間をニンニクとオリーブオイルで炒め、ついでに鶏の手羽元も投入

お酒、味醂、お醤油少々、そして白出汁

お野菜入れてコトコトと

そして赤ワイン、トマトが無いので賞味期限切れのケチャップ投入

森の帳が下りる頃

在庫整理の「トマトシチュー風ごった煮」完成

薪ストーブはとっくに消えています

蓄熱暖房だけでは薄ら寒い一日

中から暖めますか

前菜は頂き物のサラミと蕗味噌

サラミの皮の取り方をネットで検索

へー、お湯にしばらく漬けて置くのですか

なるほど、皮だけふやけて綺麗に取れました!!


御酒は

残りの、赤ワイン


d0082305_06271614.jpg



賞味期限切れのケチャップ入れすぎましたけど

かなり濃厚で、暖かく頂く事ができました













by takibiyarou | 2014-04-10 04:16 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)