木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 08日

新そば祭り

2018-11-04

d0082305_08092676.jpg


今日も暖かい
しかし薪ストーブには火を入れます
何せ、寒がりの家人がおりますので
一人は毛布に包まり
もう一匹は、ストーブ前に陣取る

d0082305_08124266.jpg
d0082305_08125979.jpg
今日は眩しいくらいのお天気
お向かいさんをお誘いして
町経営の「おっこと亭」の「新そば祭り」に出かける
この町の恒例のイベント
我が家は初めてなのですが
ご近所さん達は、常連さんらしい
駐車場には臨時のガードマンが出て、交通整理しています
早い時間に来ましたので、何とか駐車でき早速会場に
たくさんの地元の野菜が並んでいます
大根150円、カブ一束100円。コンビに袋一杯のサツマイモ100円、ねぎ100円等々買って
米袋にて持ち帰る
会場では「おっこと音戸?」に合わせて綺麗どころが踊る
その横でトン汁、甘酒、ポン菓子、などのお振る舞いを頂きます
ご近所さん達もこられていて、みんなで餅つきの先頭を確保
村のおじさんたちがつくのですが、なんだかへたくそ・・・
ご近所さんも飛び入り参加
危なっかしい餅つきでも、何とかできたお餅
柄胡麻和えとあんころ餅をお腹一杯に頂く
と、お向かいさんが焼き芋を買い込んできます
ご近所さん達5,6家族と楽しい時間を過ごしました
d0082305_08442874.jpg
d0082305_08491758.jpg
初めて参加した
地域のお祭り
これもまた良いですね







# by takibiyarou | 2018-11-08 08:01 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

薪割り

2018-11-03

昨日に比べ今朝は暖かい
とは言えども、薪ストーブには火を入れます
散歩に空は朝日に染まった雲が浮かんでいます
お天気はよさそうですね
d0082305_07285555.jpg
お向かいさん家に一緒にお願いしていた
手動式薪割り機が来たらしい
頂に向かうが、かなりの大物
男二人でやっと持てる
早速、お向かいさん家の空き地にて
開梱組み立て
箱から出して、移動用のタイヤを取り付け
前の足を取り付ける
その足を持って、私一人で我が家の空きスペースに向かう
空き地には、薪割り前の木を置いてある
何とか移動完了
早速、持ってきた玉切りされた樫の丸太を割ってみる
見る見る内に丸太が薪に
この薪割り機、優れものであります
即席の巻き棚に積んでみる
この分ですと、巻き棚を増やさなければなりませんかね
d0082305_08024468.jpg
d0082305_07383623.jpg
お向かいさんを、夕食にお誘いします
ゴウ介家はシニアラグビーの試合で下山
リンケンさん家は鎌倉の別荘に下山
久々の宴です

宴備忘録として
まずは
牛蒡の甘酢漬けと、モッツァレラとトマトのサラダ
砂肝のアヒージョ
小松菜の胡麻和え
レンコンのステーキ
秋刀魚の入り酒焼き
塩鮭の粕汁
焼きおにぎりのお茶漬け
デザートは、パイナップル

お向かいさん家の奥様
先日より、自動車教習所通いを始めたらしい
隣の町の教習所、なんと家までの送り迎えが付くらしい
しかし、送迎の運転手、ほとんどが後期高齢者
道を教えるも、頑固一徹
自分の記憶を曲げないらしい
なので、送迎に時間が掛かる・・・
そんな話で盛り上がる

食後はみんなでお散歩

夜の森







# by takibiyarou | 2018-11-07 08:08 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 06日

白みかけた森

2018-11-2

昨夜森に入る
森はそれほど冷え込んではいない
山荘も蓄熱暖房のおかげか、寒くは無い、が
まずは薪ストーブに火を入れる
闇に包まれた森に、ハラハラと落ち葉の散る気配
一杯引っ掛けて、早々に就眠

白みかけた森の気配に、目が覚める

森の木々の先端部が、シルエットとなってくる

セラが降りてきた

家内はまだ、起きる気配なし

炊飯器のスイッチを入れて、森に出かける

外気温2℃、いったん部屋に戻り

作務衣の下に着込んで再び森に

すでに森の木々はモノトーンから

うっすらと色づく森の予感

県境の路に出て振り返ると

錦秋の森がそこにある

上り始めた初冬の朝日に

輝く、尾花



d0082305_08003018.jpg
d0082305_07592228.jpg
d0082305_07593742.jpg






# by takibiyarou | 2018-11-06 08:22 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 25日

燻製を頂く

2018-10-21

薪ストーブに火を入れて三日目
昨日は朝方火を入れ、夕方まで我慢しました
寒いとうるさい人がいるので、また焚き始める
朝まだ暗いうちに目覚めて、外気温を見ると
2℃・・・室温19℃
ストーブの、熾きを掻き起こし薪を足す
よーく乾燥した赤松の薪
空気調節だけで、炎が上がる
少し時間を置き、広葉樹の薪を足す
ストーブの温度が200度に上がるのを確かめて
ダンパーを閉じる

作務衣の下に厚手のシャツを着込んで

お散歩に出かける

空が明るくなってきた

路端には

真っ赤な実をつけた

まむし草
d0082305_06070458.jpg
d0082305_06060306.jpg



今日の子してんちゃん

昨日はしてんちゃんのご来店でしたけど

今日はまた子してんちゃん

家内がいても、一向に気にする様子は無い

セラもどういう訳だか、リスには寛容

鳩がくるとあんなに騒いで追い立てるのに・・・


d0082305_17424110.jpg

d0082305_07290219.jpg

お向かいさん家から煙が上がっている
煙突からではない
そう、燻製らしい
薪割り機を借りようと、声をかけるが、お留守
お散歩の様です
私が薪を人力薪割り機のそばまで運び
家内が割る
ネコ車で三往復位して、今回運んだ薪を割ることが出来ました
それにしても運ぶのが、辛い、歳を感じてしまいます
薪を割り終わった頃、お向かいさんがお帰りです
散歩の収穫「きのこ」を手土産に

燻製釜を見せていただく

デカイマスが見事

オット、二段がさね

先日、釣ってきた獲物

でかいのは奥様が釣ったらしい・・・

いい色に色付いています

見物の甲斐あって、でかいのを頂く

これでまた

一杯呑めます・・・
d0082305_07404074.jpg
d0082305_07404682.jpg















# by takibiyarou | 2018-10-25 18:27 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 23日

台ヶ原骨董市

2018-10-20

セラを連れて買い物に出かける
私は買い物のつもりでしたが、どうも家内は
台ヶ原の骨董市に出かけるつもりだったようであります
お向かいさん家は昨日行かれたそうだ
仕方ないので、Uターン
20号線を白州に向かい走る
セラを連れてきたので、駐車場からのバスには乗れない・・・
白州の道の駅に車を止めて歩くことに
すでに道の駅の駐車場は満杯状態、何とか一台見つけて
台ヶ原宿めがけて歩き出す
500mくらい歩くと、そこから交通規制されていた、そして500m程歩く
羽毛のベストなと羽織ってきたが、厚くて脱ぐ羽目となる
規模が年々大きくなってきたらしい
家内は早速クラフトの出店で木へらを見つけたようだが
一通り見てから決めることにする
木彫り製品、布製品、陶器、硝子、盆栽、古道具等々にぎやかな出展であります
酒蔵の七賢も内部を骨董屋さんに開放している
私は表でセラの番、家内は七賢の中へ
もう、これ以上物は増やさないと心に決めているのです
家内も、あまりこれといった物が無かったようで
少しぶらついて、無農薬の野菜などかって帰る

最初に見た木へら500円なりが

今日の収穫

それにしても

暑かった
d0082305_07011072.jpg
d0082305_07011688.jpg









# by takibiyarou | 2018-10-23 02:34 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 22日

人力薪割り機

2018-10-20

昨夜からの雨、朝には小雨となる
つば広のハット被ってセラとお散歩
今回も薪を車一杯積んで来ました
朝食後、雨も上がったので早速薪運び
表に出るとお向かいさんもなにやら始める様子
お伺いすると、お近くのお宅から薪割り機を借りてきたらしい
電動の薪割り機はお持ちだが、森の木を伐採した場所に運ぶのが大変なので
運ぶのが簡単な「人力薪割り機」を借りてきたらしい
面白そうなので見せてもらう
薪をセットして、レバーを倒すと油圧で薪が歯に押し当てられる
12tと書いてある、ほんとならばかなり凄い
伐採した赤松の幹で試してみると、簡単に割れる
家内も出てきて、薪割り大会となる
赤松は割れるが、樫はどうか
運んできた我が家の樫の薪で確かめる
家内のへっぴり腰でも、すんなりと割れる
こいつはかなりの優れものであります

d0082305_06325027.jpg

d0082305_06322308.jpg
割るのは簡単なんですが

こいつを運ぶのが、かなりの重労働

薪を運ぶ手間を考えると

我が家でも、こいつを購入するしか

なさそうであります






# by takibiyarou | 2018-10-22 06:35 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 18日

霧の森

2018-10-14


昨夜からの雨も上がった様です

二度目のお散歩に出かけましょうかと

セラに声を掛けると

直ぐに勝手口で待っています

森は深い霧に包まれ、幻想的

木々のシルエットも霧に滲む

時たまパラパラと木雨の降る中

幻想の森を歩きます

人の気配も霧に包まれ

静まり返った森

ただ、谷川の水音だけが聞こえてくる

キノコももう終わったのでしょうか

見つけることはできません

雨上がり

霧の森
d0082305_11482290.jpeg
d0082305_11471322.jpeg



# by takibiyarou | 2018-10-18 03:59 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 14日

もしかして子してんちゃんか?

2018-10-14

今日のしてんちゃん

ダイナミックな現れ方です

おや、ちょっと変です

白いお腹の周りが茶色

もしかすると

子してんちゃんか?

脇目も振らず

無心に食す







# by takibiyarou | 2018-10-14 09:08 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 14日

薪の王様をゲットする

2018-10-11

お手伝いさせていただいている、お仕事の現場で
建築前の敷地整備として、生垣の伐採が始まった
工場跡地の生垣は、高さが4,5mもあり100mあまりも続く
樹幹も10~20cmの樫の木約50本
私が行くと大方の木はすでに伐採されていました
後は重機による伐根
伐採された木は、枝を払われ廃棄処分される
これだけの量となると廃棄処分の費用も馬鹿にならない
そこで経費節減も兼ねて、樹幹を貰い受けることに
捨てるのにも費用が掛かるのでと、40cmに玉切までしてくれた

しかし、どこに置こう・・・

管理人さんに電話して、駐車スペースの後ろに仮置きさせてもらうことに
しかし凄い量であります、とても全ては置けるる筈も無い
仮置きのスペースも考慮して
後ろ髪引かれる思いで
車で4台分だけもらう事にする
家内の応援を得て早速運ぶ、運ぶ、一時間の距離を、4往復

それにしても、ありがたい

我が家のペースで

約一月分くらいでしょうか
d0082305_06304224.jpg
しかし伐採直後の生木のため

すぐに薪には出来ません

一年かけて乾燥させなければなりません

樫の木はとても硬く、火持ちも抜群らしい

薪の大様と呼ばれる優れもの

早速、お山に運んで乾燥します


そろそろお山は、薪ストーブの季節

楽しみです







# by takibiyarou | 2018-10-14 08:01 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 12日

してんちゃんご来店

2018-10-11

先日の連休

お山の森の週末レストラン

木洩れ日亭もOPENいたしました

森の小鳥たちのご来店

いつものメンバー

シジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ

青ゲラも顔を見せます

そしてやってくるのが

してんちゃん

窓ガラスが、汚れていて鮮明ではありませんが

動画など撮影してみました

ただただひまわりの種を食すだけなんですが

なんとも

かわいいです
d0082305_08095435.jpg





# by takibiyarou | 2018-10-12 08:06 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)