木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 17日

こざる と こうさぎ

12-8-11

お買い物からの帰り道
フロントガラスに、水滴が

いけません、梅干しを干したまま
大急ぎで帰宅
屋根の上に直行します
こちらにはまだ雨雲が来ていない様子
間に合いました
梅の笊をデッキに一時避難

さて
今夜の宴の仕込みでも致しますか

スペアリブに食べやすいように包丁を入れます
ニンニクをすりおろし、お酒、お醤油、ジップロックにて漬け込みます
今夜はLAから「こざるとこうさぎちゃん」が来るので、ニンニクは、控えめ

錦糸瓜を茹でます
3センチくらいに輪切りにしてスプーンで種を抜く
沸騰したお鍋に入れて15分くらい茹で上げて、冷水に浸す
指で少し揉むようにすると、面白いように糸状に解れます
水を切り、煎酒で和え冷蔵庫、カイワレの茎だけを乗っけます

もう一つ、おかひじきのお浸し

ゴウ介家からお昼のお誘い
おとなりのカマドウマさんもご一緒です
食べ始めるといきなり雨
屋根付きデッキに移動します
梅干し、取り込んでおいてよかったです

ノエルのお散歩を早めに済ませて
仕込みの続き

鶏とお野菜のポトフ
深鍋にオリーブオイル、潰したニンニクを焦がさないように炒めます
鶏の手羽元も炒め、ニンジン、玉ねぎ、セロリ、じゃがいも、ズッキーニ、ナスを投入
アゴ出汁をプラスしてお塩で味を整えます
後は煮こむだけ
粗熱とって、冷蔵庫
冷た~い夏のポトフです

生タコのカルパッチョ
トマトのスライスに生タコ刺身の薄切りを並べ
薄切りタマネギ、セロリ、白髪ねぎをのっけ塩コショウ、バルサミコ
微塵のニンニクをカリカリにした、熱々のごま油をかけて
ベビーリーフを乗っけます

お次はお魚
鮎に串を打ち、小笠原の塩をタップリと、そして尾ひれに飾り塩
森から熊笹の新葉を頂いてきましょうね
スダチがありませんでしたので、今宵はレモン

まだ森は十分に明るいですが
来られたようですね
本日のお客さま
リンケン家  みみながさんご一家
LAから なおぽんこざるのしょーん と こうさぎふぃーびーも来てくれました

ゴウ介家も揃いました

始めましょうか

随分と大きくなりましたねー、しょーんとふぃーびー
人なつっこくてとても可愛いです
しょーんがキッチンにきて、「ぼく、お水ください」
お水でいいの?お茶は?
お水がいいそうです、ふぃーびーはお茶

子供たちには大好きなご飯でおにぎりを作ったのですが・・・
海苔に味が付いているのがダメみたい・・・
我が家には味付け海苔がなかったので、さっき買ってきたのに、残念
しょーんは、本当に白いご飯がいいようです
お茶碗いっぱい完食でした



本日の宴、備忘録

■ おかひじきのお浸し

■ 茹でオオオクラのマヨネーズ

■ 生ゆばの豆乳仕込み、わさびと煎酒
  お子供用にはザビ抜き

■ お子供用、塩昆布のおにぎり、と味付け海苔

■ 生タコのカルパッチョ
   
■ お錦糸瓜のお浸しのルイベ
  少し冷凍し、シャリシャリ感を出してみました
  夏にはうってつけ
  大変好評でした

■ 鶏出しのズッキーニとニンジン、セロリ・・ポトフ
  冷たーく冷やす予定が、時間切れ・・・
  中途半端な冷やしポトフとなりました
  でもお味は好評
  お子供たちもキッチリと食べてくれました

■ お子供用、スペアリブ

■ 鮎の塩焼き
  お子供たちにはスペアリブよりも、好評見たい・・・

食後には

■ お持たせの、山梨の桃

d0082305_5483762.jpg






にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-08-17 05:56 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/16647459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 稗之底村の謎、再検証      山篭り、そして梅仕事 >>