木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 22日

梅仕事、ついでに煙突掃除

お天気の内に、屋根に登って梅を干します
直ぐ横には煙突
ついでに、お掃除やりますか
お掃除道具はゴウ介家から借りてあります
昨年は煙突のTOPを掃除しただけ
今回は2シーズン経過ていますので煙突本体も
梅を煤のかからないところに移動して、煙突のTOPを外し持って降ります
これからは階下での作業
薪ストーブの中に手を入れて、天井部のナットを外し天板を外します、結構重いです
覗きこむと、ダンパー部の後ろ側に煙突に繋がる部分が見えています
ここにコンビニ袋をセットする、上手く隙間なくセットします
さっき外した煙突TOP、ワイヤーブラシでお掃除、昨年掃除しましたのでそれほど汚れてはいないようです
階下の準備はOK
煙突掃除棒を持って軍手をはめて、屋根に登ります
TOP のジョイント部をワイヤーブラシでお掃除
さて本番
掃除棒の先のワイヤーブラシを煙突に入れて上下に動かしながら下に押しこ
鉄の棒を連結して下に下に送り込む
3本目を連結すると階下のストーブまで到達
上下に動かせてよーく煤を落とす
掃除棒を抜き取り、先ほどのTOPを装着

梅干しを日の当たる元の位置に戻し、完了

今度はストーブ本体のお掃除
先ほどセットしておいたコンビニ袋
煙突からの煤が入っているはず
そっと取り出しますと、思ったほどの量ではありません
ほんの一握りほど、よしよし
2シーズンでこの量はかなり良い感じです
このぶんなら、3シーズン毎のお掃除でもいいかもしれませんね
ストーブの裏側にある鉄板(ヒートシールド)を外し、錆びている部分をワイヤーブラシで磨き
サラダ油を塗布
後は灰を掃除して、耐熱ガラスも綺麗に磨く
外した天板を元に戻し、同じく錆を確認、サラダ油を塗布
天板を固定していたナットは閉めずに置いておきます
これ、外すのが結構厄介
固定ボルトが随分と長いので、外れる事はまず無いと、思う

他に支障はないと、思う、多分・・・

薪ストーブ、煙突掃除

一件落着


お買い物にでも

行って来ますか

d0082305_6102928.jpg




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-08-22 06:10 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/16674053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuukau at 2012-08-22 11:05
もう15年になりますが一度も煙突掃除をしてません(汗)
暖炉の要る季節にはほとんど来ないから、と横着を決め込んでます。そういえば昔、暖炉に薪をくべたら家中が煙って、その内ドスンと音がして真っ赤な啜が落ちたっけ。カラマツが詰まってて燃え尽きたようです。人間の燻製ができるとこでした(爆)
Commented by takibiyarou at 2012-08-22 13:54
kuukauさん
お山では冬の降雪が多そうですね、雪の中でのお山は大変でしょうけど、なかなか素敵なことも多いですよ
暖炉んp煙突のお掃除はされたほうがいいですよ、煤以外に、落ち葉やら鶏の巣など、このまま使用しますと煙道火災の原因となりますよ
我が家のお向かいさんもこの煙道火災で屋根を一部無くされました・・・
消防車4台の大消火活動となったようです
電話での実況中継に冷や汗流したことがあります
人間の燻製もあまり美味しそうではありませんしねー・・・
煙突掃除、やってみますとわりに簡単ですよ
Commented by なりひら at 2012-08-22 17:18 x
焚火野郎さん
 別荘の定期清掃は欠かすことの出来ない行事ですね。お疲れ様です。そちらはもう初秋でしょうか?
Commented by takibiyarou at 2012-08-23 06:38
なりひらさん
煙突の掃除だけは、事故につながりますのでね
もう、朝晩は上着が必要になりましたね
そろそろ、吾亦紅のシーズンです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 縄文の郷の蓮の花      そして誰もいなくなった >>