木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 20日

クモルス

12-9-16

ゆっくりとお客様との朝餉の後

帰京のお見送り

午前中ならば渋滞はないはず

と、すぐ後にゴウ介家の車、仏事のための下山のようです

さて、今日は

窓拭きでもやりますか

持ち手の伸びる水切りなのですが、どうしたことか伸ばすことが出来なくなりました

仕方ないので

脚立を立てての窓拭き作業

ゴム製の水切りで水を切った後、その都度雑巾で水切りを拭く

これがスジを残さない秘訣だと、窓拭きのお兄さんから聞いたことがあります

なので、面倒ですがこれを実行

もう涼しいとはいえ、汗びっしょりとなります

さてその後は、先日買っておいた「クモルス」なる薬品の散布です

猩壺庵は森の中
どうしても虫と共存しなければなりません
それはクモも同じです
ほんの小さなクモなんですが
一週間留守にすると、いろんな所に蜘蛛の巣を張り巡らせてくださいます
棒の先にキッチンペーパーを巻きつけた、特製蜘蛛の巣取りで掃除するのですが
結構面倒で・・・
かと言って蜘蛛の巣だらけでは情けない
だからといって、殺虫剤を撒くのはどうも気が引けます

そこで探し探して見つけましたのが

「クモルス」なるクモの巣対策・忌避剤

効果の程は定かではありませんが

試してみたいと思います

乳剤を100円霧吹きに移し、蜘蛛の巣の張りやすい木部に噴射

乾燥するのを待ちます

シミになることは無さそうですが

さて

その効果の程は・・・

d0082305_6284610.jpg








にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-09-20 06:30 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/16845389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヨタモン at 2012-09-20 11:53 x
我家は最近は1カ月に1回しかいけません。すると蜘蛛の巣だらけ(=_=)玄関先では蛾が蜘蛛の巣に掛っていたりして見た目も今一
家の中は夏から秋にかけてはバルサンを焚いていますが、外回りのことも考えないといけませんねぇ。効果を教えてください。
Commented by takibiyarou at 2012-09-21 06:26
ヨタモンさん
やはりそうですか、あまり気味の良いものではありませんよねー
効果の程を検証してみますが、かなり高い物なのでどのくらい持続するかが問題です
結果はまたご報告致します
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 秋茄子は・・・      一面の蕎麦の花 >>