木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 22日

薪 割 り

12-10-20

何時ものように午前4時半頃に起き出しますが
森は真っ暗
野草茶を煮出し、一服していますとやっと木々の輪郭が判別できるくらいになってきます
ノエルとその辺りをぐるっと一周、帰る頃には明るくなっています

さて今日は、冬の準備と致しますか

まずは、先週玉切りしておいた桜の原木
薪割りしときますか
桜の原木は乾燥すると硬くなって割りずらそうです、今の内に割っておきましょう
改築時に伐った唐松の切り株を利用して薪割りです
私は高級な斧を持っていません、近所のJマートで買った980円の斧を持ち出します
桜の原木はそれほど太くはありませんので、大きく二つ割
薪ストーブにやっと入るくらいのかなり太め
就寝前に投入すると朝まで持ちそうなでかい奴
大きく振りかぶって、腰を落としながら振り下ろします
パカッ!!、殆ど力を入れなくてても小気味良く割れてくれます
あっという間に14.5本の原木を割ることが出来ました
でも、この薪は今年の夏に伐採された物、少なくとも来年以降の薪になります
最後に、径25センチ位の二年物のユウカリの原木
長さが40センチオーバーなのでもてあましていた原木です
物は試し、やってみますか
980円の斧を大上段に振りかぶり、一気に振り下ろします
当たりはど真ん中!
しかし、斧の刃の半分位食い込んだままです・・・
仕方ありません
大ハンマーの出番です
斧の頭に振り下ろします
こんな時、980円の斧は気を使う必要が無いので、便利です
斧の刃を楔代わりに使います
なんとか二つに割れました
これをもう二つに

巨大なまきが出来上がり

薪ストーブに入れてみますと

なんとか入りそう

この薪は、今年の冬に活躍してくれそうです

チョッと汗かきましたので

朝湯としますか
d0082305_736950.jpg

d0082305_7361528.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-10-22 07:37 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/17032740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヨタモン at 2012-10-22 10:31 x
薪は、自分で作るのがコスト面でも一番ですよね。
薪情報「リトリートの杜」というHPで一束450円を見つけました。
我家は今週に行き薪棚を作成予定、できるかなぁ?
できたら伐採してある木を切り、粗朶を集めないと。
Commented by takibiyarou at 2012-10-22 15:36
ヨタモンさん
自分で作るのが一番なんですが、軽トラでもあれば可なり集まりそうですが、乗用車ではやはり知れてます・・・
それに、体力の問題も大きくて
だんだんと億劫になりますね
薪棚、うまく出来るといいですね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 越冬準備      いろづきはじめ >>