木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 02日

正体は・・・?

12-10-27

今日はご近所のゴウ介家が来られていません
宴の都合がありますので、お電話してみますと
夕方、奥様ご同行で来られるとか

それではお買い物に行きますか
何か煮魚でもと思って鮮魚売り場を覗きますが
今日はよさそうなお魚がありません、お鍋用の鱈系ばかり
ふと、横を見ますと  新秋刀魚
焼きますか

地産の野菜売り場
大根が安いです!!
頂きましょう


さて、大根でもおろしますか
さっき買い込んだデカイ大根
かつらむきして、おろします
今日のメインは大根おろしかもしれません
一本丸ごとおろします

ふと森に眼をやりますと
すでに帳は下りています
電話
リンケン家から
ハーブベーコン作ったけどいりますか?
リンケン家自家製のハーブベーコン、馬鹿うまなんです!!
丁度、残り少なくなっていたとこ
勿論頂きますよ

丁度炭が熾ったころ
リンケン家ご到着
ゴウ介家は少し遅れそうです
始めましょうか

先週の「骨董市」
私は行けませんでしたが
リンケン家は幾つか掘り出されたそうな
その中に正体不明の物があるそうです
私もブログで見ましたが、やはり判りません
何する物でしょうか
見るところ、昭和の物
薄いブルーのホウロウ製
それにしても、取っては小さいし、注ぎ口がただの円筒・・・

コルクの栓して
湯タンポ か


考察その-1
   ホーローが引かれているところを見ると、液体(水、お湯)を入れて物と思われる
   そして、割りに高級品か?

考察その-2  
   注ぎ口があまりにも雑である、液体を注ぐための道具とは思えない
   口の先が金属むき出し、ひょっとしてこの先に注ぎ口が付いていたのか??

考察その-3
   持ち手があまりにも小さくバランスが可なり悪い
   これに液体を入れると、この持ち手だけで刃可なり不安 


さて、その正体は・・・・


昭和生まれの私の記憶には出てまいりません


何方か

ご存知の方

教えてください、御願いいたします
d0082305_856503.jpg

                                正体不明の戦利品


■ 雪虎
   少し焦げ目の付いた、生揚げと厚揚げの炭火焼きを、虎
   大根おろしを雪に見立てて「雪虎」なり・・・

■ 鶏の手羽元 炭火焼き
   レモン絞って頂きます  

  ゴウ介家ご到着

■ 茄子の揚げ浸し
   大根おろしで頂きましょう

■ 新秋刀魚焼き
   勿論、大根おろし
   
■ わさび菜のお浸し
d0082305_905447.jpg





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-02 06:57 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/17096347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Konatu_sw at 2012-11-02 22:07
ご無沙汰しています。

正体不明の戦利品ですが、これは恐らく「ピーピーケットル」と思われます。
これにほぼ近い物を使っていました。そう、昭和のことです。
我が家の物は赤いステンレス製(?)、取っ手がついていましたが、ほぼ同じ役割をしていたと思われます。
筒状の煙突のような口にお湯が沸くとピーピーとお知らせをしてくれる「笛」がついていました。
よくはずれたけれど・・・ (>_<)
持ち手の箇所がちょっと違いますが私のブログ、11月2日付、Moreに番外編としてアップしました。
白く書き足したものは「取っ手」、こんな形の物がついていました。
何年振りかにこんなおやかんを使っていたことを思い出しました。
Commented by Kintaro-Sushi at 2012-11-03 00:09
そのすじの方からのお返事は尿瓶だそうです。
Commented by Kintaro-Sushi at 2012-11-03 17:01
湯のし、湯たんぽ、しびん
いろいろお答えいただきましたが「しびん」が有力ではないでしょうか。
Commented by takibiyarou at 2012-11-04 06:34
Konatuさん
く「ピーピーケットル」、そうですか
それでこの口の部分の説明がつきますねー
笛を取り付けていたのですね
でも取っ手が、かなり熱そうですね
ありがとうございました、胸のつかえガ取れそうです
Commented by takibiyarou at 2012-11-04 06:45
Kintaro-Sushiさん
捜索にご協力していただきましてありがとうございます
湯のし、湯たんぽ、しびん
この中の「湯のし」、実は私もそうではないかと考えました
口の部分に毛糸を通す器具を装着するのではないかと
「湯たんぽ」説は栓がちょっと危険そうです
「しびん」説は有力ですが、口のサイズにかなり難点があります
たぶん使用には耐えたれませんね
しかしついこの間まで使用していたはずの記憶がこれほど薄らぐとは
昭和も遠くなってしまいましたね
協力、感謝です
Commented by wendy0209 at 2012-11-04 07:23
お久し振りです・・・・
骨董好きにはたまらない 不思議な物ですね・・・
思わずコメントしてしまいました
「尿瓶」で ほぼ有力なようですね
赤ん坊の頃の記憶ですから・・・お笑い下さいね
何も入っていないコタツのような物の中で 見たような気がしますです
尿瓶を 人目につかないように入れていたのでしょうか?
Commented by はびぐ at 2012-11-04 22:08 x
皆様、ご協力ありがとうございます。
この何だか分からない物を手に入れてしまった者でございます。

レディース妄想族といたしましては「湯のし」専用の薬缶
と思いたいところです。
このサイズの薬缶ですと毛糸用の「湯のし器」を付けるのが
一番良いように思えます。
「湯のし器」と言うとT字型の部分のみを指すのでしょうか。
現在では普通の薬缶の注ぎグチに取り付けるらしいのですが
いかんせん斜めなので皆さん布で巻いて固定したりして
苦労されている様子。
しかしこの注ぎグチが真上を向いている薬缶であれば
スッキリと納まる、、、
今時はわざわざ毛糸を湯のし器にかけて再利用する方も
少なくなり、専用の薬缶も衰退したのではと
思いいたりました。

いかがでしょうか?

面白かったのでまたいつか不思議な物を見つけたいと思います。
なんちって♪
Commented by takibiyarou at 2012-11-05 06:29
wendyさん
大きさと口の径から見ると「尿瓶」説は難がありますね
洗うのも可なり不便です
「ピーピーケットル」説は、水を入れるときの蓋付きの口があるはず
これが無いと内部を洗うことが出来ません

なかなか難しいですねー
Commented by takibiyarou at 2012-11-05 06:32
はびぐさん
「湯のし」専用の薬缶はいい線だと思われますが
注ぎ口の外に被せた形跡があり、これがチト腑に落ちません・・・
また変な物、見つけてください
正体探しは
続行いたします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 今夜は早寝      見上げると >>