木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 06日

青空に浮かぶ白い月

12-11-3

ふと眼を覚ますと、森端すでに白みかけて・・・
いえ、違います
どうやら月明かり
その蒼白い光に木々の影が森に伸びます
天窓からも月光は差し込む
時計を見ると、4時少し前
起きますか、ね
キッチンの温度計を見ると
外気温-0.9℃
良い感じて冷えてますねー
薪ストーブを確認すると
熾きがまだ残っています、が薪がありません
意を決してデッキに出て、薪を一抱え運び込みます
スコップで熾きをかき回すと真赤に元気を取り戻します
ダンパーを開き薪を投入して、灰出しの扉を少し開けると
熾きは炎となり、薪を包みます
これで良し
野草茶を煮出し、お米を研ぎます
頂き物の新米、冷凍しておいた鯖の切り身を取り出しておきます
煮出したお茶を飲んでいますと
森も少し明るくなってきます
老犬ノエルと短いお散歩の後、ノエルのご飯の間
少しお散歩してきましょうか
この頃ノエルの老化が進み、あまりお散歩してくれません
これでは私が欲求不満
ノエルにお留守番頼んで出かけましょう
県境沿いの路から防火帯

まだ薄暗い森の奥に朝日に輝く唐松の木々

やがて木々の間をすり抜けて

一条の光が、覆いかぶさる薄野に到達します

薄の尾花は逆光に輝き

黄金色に色付いた唐松と

青空に浮かぶ白い月

d0082305_91217.jpg


d0082305_8514260.jpg

d0082305_8542820.jpg

d0082305_8553461.jpg

d0082305_8574044.jpg








にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2012-11-06 12:06 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/17112177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 八ヶ岳      今夜は早寝 >>