木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 06日

白みかけた森

2018-11-2

昨夜森に入る
森はそれほど冷え込んではいない
山荘も蓄熱暖房のおかげか、寒くは無い、が
まずは薪ストーブに火を入れる
闇に包まれた森に、ハラハラと落ち葉の散る気配
一杯引っ掛けて、早々に就眠

白みかけた森の気配に、目が覚める

森の木々の先端部が、シルエットとなってくる

セラが降りてきた

家内はまだ、起きる気配なし

炊飯器のスイッチを入れて、森に出かける

外気温2℃、いったん部屋に戻り

作務衣の下に着込んで再び森に

すでに森の木々はモノトーンから

うっすらと色づく森の予感

県境の路に出て振り返ると

錦秋の森がそこにある

上り始めた初冬の朝日に

輝く、尾花



d0082305_08003018.jpg
d0082305_07592228.jpg
d0082305_07593742.jpg






by takibiyarou | 2018-11-06 08:22 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/27204055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 薪割り      燻製を頂く >>