木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 04日

ウリンのスノコ

2018-12-01

持ってきたウリン材を車から降ろす
ネコ車で二往復
お仕事の現場で頂いてきた、デッキ用のウリン材の木っ端
ウリン材はアイアンウッドとも呼ばれるほど
硬くて重く非常に水に強いことで知られる木材なんです
耐久年数は30年とも
そんなウリン材の木っ端を頂いてきました

さて
外の水場のスノコがボロボロでしたので
このウリンでスノコを作りますか、とはいえ
計画して頂いてきたわけでは無いので
どこまで出来ますか・・・

まずは、材料の木っ端を並べてみます
大きさもバラバラなんですが、何とかなりそうな、感じです
ボロボロのスノコを剥がし、少しクワで整地
水道の真下に浸透用の穴を掘る
その上に5センチ角の角材を縦に並べ、その上に板材を隙間を少し開けて並べます
長さのまちまちな板材をパズルのごとく組み合わせて
なるべく切断しなくても良いようにしたいです
このウリン材、優れものなんですが、施工性は極めて悪く
手ノコなんぞでは切断不可、木ビスすらねじ込むことができません
木っ端どうしを打ち当てると、金属のような音がします
まさにアイアンウッドなんです

何とかパズルが完成
次にはネジで固定するのですが、これがまた大変
木ネジなんぞでは刃が立ちません
木ネジを揉み込む前には、下穴をあけておくことが必要なんです
下穴を電動ドリルで空けますが、刃が焼けて煙が出ます
この下穴なんですが
普通の木材ですと、電動ドライバーでねじ込むと、木ネジの皿状の頭部分位は楽に食い込みます
しかし、このアイアンウッドは違います
まず、ねじの頭が隠れるくらいの大きな穴を浅く開け、そこにねじ用の下穴を開けなければなりません
ネジをもむにも三倍の手間がかかります

ドリルの刃を3本ほど折りながら

何とか木ビスで固定

デッキからの通路としてのスノコも何とか完成

最後に、水はけのため

水道真下の板に穴を開けます

なんとも手ごわい木材でした

腰痛をいたわりながらの作業でしたが

貰ってきたウリン材の木っ端

ほとんど全部使いきる

水場のスノコ自作完了

久しぶりの大工仕事

端の不揃いには目をつぶります

d0082305_05583275.jpg














 


by takibiyarou | 2018-12-04 02:09 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://komorebit.exblog.jp/tb/27251359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miming at 2018-12-04 12:58 x
久しぶりにお邪魔してみました!お元気で、お忙しそうで何よりですね。
私の方は秋にまたイタリアゆきでしたが、先週末で、もうお山は冬じまいです。
リンケンさんたちから最近の消息はお聞きしていますよ。
また来年お目にかかりましょう!
Commented by takibiyarou at 2018-12-05 05:50
★miminagaさん
 お久しぶりです
 イタリアの記事読ませていただきましたよ
 お元気で何よりです
 冬じまいですか、我が家は先週冬タイヤに交換してきましたよ
 来年は是非、楽しみにしております
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ヒコーキ雲      我が家の常備食 >>