木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:猩壺庵( 365 )


2019年 01月 31日

一人鍋

2019-1-26

今日はかなり寒い

お昼過ぎても気温がそれほど上がらない

-4℃

夕方になってくるともっと下がってきた

こんな日は

お鍋に限る

湯豆腐

昨日買った鱈もある

ネギ、白菜、えのきもあった

湯豆腐がだんだん

水炊きに

小さな鉄鍋で

一人鍋

お酒は

いつもの5年物の

40度

d0082305_08064275.jpg






by takibiyarou | 2019-01-31 07:47 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 27日

朝餉の支度

2018-12-23

寝室の熱気で目覚める

今日も暖かい

と言いながら

習慣的に、薪ストーブに薪を足す

そしてそのストーブにかじり付く、犬・・・

熱くないのか

今日はもう薪を足すのはやめにしよう

d0082305_06471652.jpg
d0082305_06472199.jpg
夜のうちに少し降りましたでしょか

森の小路が濡れています

そんな森を一回り
d0082305_06504097.jpg

さて、朝餉の支度

ご飯は散歩の前に焚いてある

煮干でお味噌汁の出汁をひく

煮干を揚げようとすると、頃合とばかりに

セラが来る

今日のお味噌汁は、お豆腐と若布

葱を刻み、葱入りの出汁巻き卵

納豆と牛蒡の甘酢漬けに胡麻を振る

味付け海苔を添えて

家内を、起こす・・・











by takibiyarou | 2018-12-27 04:50 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 03日

我が家の常備食

2018-12-01

6時20分セラと家を出る

あたりはすでに白みかけています

県境の谷に向けて少し歩くと

前方の森が明るくなる

森の日の出に間に合った

それほど寒くない

少しだけ朝焼け
d0082305_08344761.jpg

d0082305_08352168.jpg



いつ頃でしたでしょうか

友人と郊外の天婦羅屋さんで昼食をとったとき

ご自由にどうぞと出されたのが

すり胡麻の掛かった牛蒡の甘酢漬けでした

これが、美味しくて

お山で作ってみました

冷蔵庫の中には

新ショウガと茗荷の甘酢漬けが、ストックしてありますが

これから牛蒡も加わります

笹がけにした牛蒡をまず茹でる

冷まして、甘酢に漬け込むだけ

2,3日して、すり胡麻かけていただきます

牛蒡は今時期が旬だそうですが

夏には夏牛蒡も入手できるのでありがたい


朝ごはんのお供

そして

一杯の、お供に最適なんです

お山の我が家の常備食
d0082305_08361414.jpg
牛蒡の甘酢漬け・茗荷の甘酢漬け・新ショウガのガリ









by takibiyarou | 2018-12-03 04:55 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 20日

印伝の信玄袋

2018-11-20

やっと印伝の信玄袋を手に入れました
印伝の存在は昔から知ってはいましたが
まだ年齢的に早いかなと、なかなか踏ん切りがつきませんでしたが
そろそろ高齢者の仲間入りしましたし、ぼちぼち良いかなと
そういえば昔、甲府の「印伝屋本店」の印伝博物館
を見学したことがありました
印伝は鹿皮をなめし、小紋柄を伊勢型紙により漆を立体的に置く「漆付け」、煙で燻して柄をつける「燻(ふすべ)」
型染めにより鮮やかな色彩の模様に染める「更紗」などの技法を用いる伝統工芸です
インドから伝来したので印伝とか?
小紋柄は「青海波」、「蜻蛉かちむし」などが有名ですが
今回は黒地に白の卍をくずした「沙綾形さやがた」を選びました
白といいましても、漆なのでベイジュに近い色合いなんです
印伝屋さんでは信玄袋とは呼ばず、一切合切いれる「合切袋」と呼ぶようですが
マチ付きは少しでかすぎて、私はマチなしの小型の物を選びました
d0082305_11040356.jpg
ちょうど長財布や iPhone Plusヶ収まる大きさ

肌触りがよく

気に入っております









by takibiyarou | 2018-11-20 11:55 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 10日

停電復旧の祝い

2018-10-05

日が昇ってから
ゴウ介家誘って、二度目の散歩
今日は暑いくらいになりそうだ
青空が、眩しい
ジコボウ(ハナイグチ)3,4本収穫
ゴウ介家はシニアラグビーの試合のため
明日下山だそうだ
今晩は、我が家で停電復旧の祝いでもやろう

そうと決まればお買い物
通称鉢巻道路を行くと、工事中に出会う
台風での土砂崩れの復旧工事・・・
かなりの土砂流出だったようだ
待ちに下る坂道の両側も、無残に折れた松がまだそのまま疎なっている
そんな傷跡を横目に、いつものコープ
家内はもんじゃを探すが、なかなか見つからない
仕方なく若い店員さんに聞いて、やっと見つける
4,5日分を買いだめ
お昼用には、いつものたこ焼き

家内を誘ってお向かいさん家の燻製釜を見に行く
今回の停電で燻製用に保存していたお魚が、駄目になったらしい
停電復旧の祝いにお誘い

本日の宴のメニュー
鶏砂肝のソース煮
にんにくの芽の味噌いため
鯛の兜煮
レンコンの挟み焼き
リンケンベーコンのお鮨
お向かいさんのチーズ&笹かまなど等多彩な燻製
ゴウ介家からのボジョレー・ヌーボー??
南アフリカ産の「ケープヌーボー・赤」南半球では5月に新酒が出ます!!

台風の被害復旧祝いなんですけれど
盛り上がってしまいました

d0082305_06543339.jpeg
明日はみんなで温泉の後、磯五郎でのビールと決まり
ゴウ介家、下山の延期となりました





by takibiyarou | 2018-10-10 06:28 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 15日

味試し

2018-08-15


梅干しの甕を開けてみる

今年の出来はどんな具合でしょうか

6月のはじめに漬け込んで、3日3晩の土用干し

それからおおよそ一ヶ月

今年は4Kg漬けてみた

少し減塩の試み

半分は青梅のままなので色合いがよくない

が、後の半分は完熟梅なのでいい色合いとなりました

あまり真っ赤が好きではないので、紫蘇は少しだけのほんのりピンク

触った感触はなかなか良い

さて

少し頂いてみましょうか

今年の梅の

味試し


d0082305_10463331.jpeg
お酒は

隣村で

友人達の仕込んだ芋焼酎

「はらしょう」40度
d0082305_11174976.jpg
なかなか

いい塩梅でございます










by takibiyarou | 2018-08-15 10:45 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 06日

新生姜の甘酢漬け

2018-08-04

先月漬けた新生姜、なかなか美味しくて
すでに残り僅かとなり
新生姜を二袋も買ってきた
薄くスライスして、サッと湯がき
甘酢に漬ける
先月漬けた分を肴に
デッキで一杯が始まる
ジャングルと化したノエルの森に
真夏の日差しが突き刺さる
そして、その日差しにも負けまいと、セミ時雨


一杯やっていますと、ゴウ介家
そしてお向かいさん
お散歩途中のご近所さんたちも巻き込んで

いつもの宴となりました

少々、酔っぱらいましたかな・・・
d0082305_15133117.jpg







by takibiyarou | 2018-08-06 15:38 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2018年 06月 24日

山椒仕事に梅仕事、そして焚き火

2018-6-23
漬け込んで二週間ほどになる梅の為に、赤紫蘇を買ってきました
我が家では2kgの漬け込みなので、スーパーで売っている分量では多すぎます
一緒に漬けましたお向かいさんの車と先ほどすれ違いましたので
我が家の赤紫蘇をお分けしますので、買わないで下さいとTEL
今日からアユの解禁で、その下見だそうです

管理事務所が、前の道に張り出していた我が家の山椒の枝を切っていったらしい
置き去りにされた山椒の枝には、たくさんの青山椒の実がついています
幸い切ってから間もないようで、収穫できそうです
山椒の葉っぱもついでに収穫、10秒ほど茹でて、冷水に晒し
水気を取って、冷凍に
上手く保存できるかどうかは自信ありませんが・・・
それでも青山椒の実は、ビニール袋一杯収穫できました、これも冷凍保存です
さて、買ってきた赤紫蘇
洗って塩もみ、真っ黒な汁が出てきます
捨てては揉み、を3回ほど繰り返し、梅酢液に放つと
先ほどとはまるで違った、ワインレッドに発色します
これを漬け込んだ梅に敷き込む
ワインレッドが、梅酢液に広がってゆきます
赤紫蘇を買うついでに購入してきた、完熟梅2kg
これも漬け込みましょう、第二陣、完熟なので浸かりは速そうです
今のところ順調の様です、今年の梅干し
d0082305_15074421.jpg
d0082305_15081891.jpg
d0082305_15090403.jpg

雨の中、お向かいさんが帰ってこられました
勝手にお邪魔したセラを迎えにお向かいさんちに
赤紫蘇と去年の梅酢液をお裾分け

雨のデッキで焚き火
下界ではすでに夏日なんですが
ここ雲の上では、かなり涼しい
雨の降る前にデッキに持ち込んだ、たくさんのカラマツの枝
中華鍋でこさえた焚き火台、先日から焚いております
世間ではソロキャンプがはやりの様ですが、我が家もソロ焚き火
雨の森での焚き火もなかなかいいもんですよ
先日お向かいさんから釣りの収穫としていただいた、信州サーモン(ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジーで
交配させた品種だそうです)の塩焼き、漬け込んであったスペアリブ
雨の森、薪のハゼる音、そして森にたなびく白い煙
お酒は、無論
泡盛の古酒、五年物の40度
d0082305_15084549.jpg
d0082305_15092161.jpg






by takibiyarou | 2018-06-24 15:13 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 06日

もう、6日・・・

2018-01-06

毎日飲んだくれておりましたら
もう、6日・・・

昨年の28日に‐4℃の寒さの中、お山入り
いつものように、一杯やりながら
たたき牛蒡、甘酢蓮根、数の子
それに、お雑煮の準備して
29日になると、総菜の値段が急に上がる

たたき牛蒡葉なかなか美味しくできた
数の子は少し塩抜きしすぎたかもしれない
レンコンは水煮を買ってきたのですが、こいつが粉っぽくてうまくない・・・
冷凍のエビを煮てその煮汁でお雑煮の汁を作る

31日、2017最後の宴
いつものように、ゴウ介家からの豪華お節にお刺身を中心に
我が家の宴の間定員ぎりぎり
お山のお仲間、総勢11人の宴となりました
締めにおそばをいただいて、大変楽しい宴でございました
森は薄っすらと雪化粧

5時に目が覚める
セラを起こして少しお散歩、用足し
日の出時刻を確認、6時57分ごろらしい
6時過ぎ、万全の防寒支度で出かける
お向かいさんはまだ起きていないようだ
ゴウ介家はワンコと歩きで上るので、一人で出かける
スキー場のリフト乗り場にはすでに大勢並んでいます
リフトで上ると、そこは彫刻の森公園
東側の展望台付近で熱々の甘酒を頂き、日の出を待つ
すでに人出は数百人
昨夜の雪がうそのような空模様
秩父連山から富士のシルエットがくっきりと浮かぶ
日の出が近づくとともに、富士のシルエットが赤く染まる、赤富士
おそらく気温は-7℃、いやもっと下っているかもしれません

6時57分,秩父連山あたりが輝く

2018の初日が顔を出す

実に美しい・・・

明けましておめでとうございます。
d0082305_10183638.jpg
d0082305_10194066.jpg

西窓支店に、してんちゃんがお年始にやってきた
さっきお湯を入れてあげたので、まだ凍ってはいないだろう
セラが気が付き、窓のガラスに顔をくっつけるがしてんちゃんはお構いなし

実に肝の据わったリスちゃんです

さて、一杯やりますか

昨夜頂いた、フグの卵巣の糠漬けで

d0082305_10170116.jpg



我が家のお雑煮は関西風

ほうれん草に紅白のかまぼこ、焼きブリにエビ

焼き餅を入れてお出汁のお澄まし、柚子を添える

ゴウ介家、お雑煮食べてお年始のため一旦下山

私は

お屠蘇の続きです
d0082305_10210953.jpg

正月2日
忘年会のメンバーがお雑煮食べにやってくる
新年会
リンケンさん家はチワワの麦ちゃんを連れてやってきた
麦ちゃんセラに纏わりつく、麦ちゃんの遊んで攻撃にセラタジタジ
その困り顔が大うけ
お客のすぐ後ろでしてんちゃんも参加している

d0082305_10220845.jpg
































by takibiyarou | 2018-01-06 10:23 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日

柚子仕事

2017-12-09

先日、呑みに行った居酒屋で

たくさんの「柚子」を頂いた

なので今日は

柚子仕事

きれいに洗った柚子の皮

うすーく、丁寧に剥いてゆく

そのうすーい皮を、細く刻む

刻まれたその皮を

絞った柚子の果汁で漬ける

これだけなんですが

冷蔵でかなりもちます


d0082305_06131958.jpg
立ち込める、柚子の香に

何事かと

セラ、顔を出す










by takibiyarou | 2017-12-11 06:18 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)