木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:猩壺庵( 360 )


2018年 08月 15日

味試し

2018-08-15


梅干しの甕を開けてみる

今年の出来はどんな具合でしょうか

6月のはじめに漬け込んで、3日3晩の土用干し

それからおおよそ一ヶ月

今年は4Kg漬けてみた

少し減塩の試み

半分は青梅のままなので色合いがよくない

が、後の半分は完熟梅なのでいい色合いとなりました

あまり真っ赤が好きではないので、紫蘇は少しだけのほんのりピンク

触った感触はなかなか良い

さて

少し頂いてみましょうか

今年の梅の

味試し


d0082305_10463331.jpeg
お酒は

隣村で

友人達の仕込んだ芋焼酎

「はらしょう」40度
d0082305_11174976.jpg
なかなか

いい塩梅でございます










by takibiyarou | 2018-08-15 10:45 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 06日

新生姜の甘酢漬け

2018-08-04

先月漬けた新生姜、なかなか美味しくて
すでに残り僅かとなり
新生姜を二袋も買ってきた
薄くスライスして、サッと湯がき
甘酢に漬ける
先月漬けた分を肴に
デッキで一杯が始まる
ジャングルと化したノエルの森に
真夏の日差しが突き刺さる
そして、その日差しにも負けまいと、セミ時雨


一杯やっていますと、ゴウ介家
そしてお向かいさん
お散歩途中のご近所さんたちも巻き込んで

いつもの宴となりました

少々、酔っぱらいましたかな・・・
d0082305_15133117.jpg







by takibiyarou | 2018-08-06 15:38 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2018年 06月 24日

山椒仕事に梅仕事、そして焚き火

2018-6-23
漬け込んで二週間ほどになる梅の為に、赤紫蘇を買ってきました
我が家では2kgの漬け込みなので、スーパーで売っている分量では多すぎます
一緒に漬けましたお向かいさんの車と先ほどすれ違いましたので
我が家の赤紫蘇をお分けしますので、買わないで下さいとTEL
今日からアユの解禁で、その下見だそうです

管理事務所が、前の道に張り出していた我が家の山椒の枝を切っていったらしい
置き去りにされた山椒の枝には、たくさんの青山椒の実がついています
幸い切ってから間もないようで、収穫できそうです
山椒の葉っぱもついでに収穫、10秒ほど茹でて、冷水に晒し
水気を取って、冷凍に
上手く保存できるかどうかは自信ありませんが・・・
それでも青山椒の実は、ビニール袋一杯収穫できました、これも冷凍保存です
さて、買ってきた赤紫蘇
洗って塩もみ、真っ黒な汁が出てきます
捨てては揉み、を3回ほど繰り返し、梅酢液に放つと
先ほどとはまるで違った、ワインレッドに発色します
これを漬け込んだ梅に敷き込む
ワインレッドが、梅酢液に広がってゆきます
赤紫蘇を買うついでに購入してきた、完熟梅2kg
これも漬け込みましょう、第二陣、完熟なので浸かりは速そうです
今のところ順調の様です、今年の梅干し
d0082305_15074421.jpg
d0082305_15081891.jpg
d0082305_15090403.jpg

雨の中、お向かいさんが帰ってこられました
勝手にお邪魔したセラを迎えにお向かいさんちに
赤紫蘇と去年の梅酢液をお裾分け

雨のデッキで焚き火
下界ではすでに夏日なんですが
ここ雲の上では、かなり涼しい
雨の降る前にデッキに持ち込んだ、たくさんのカラマツの枝
中華鍋でこさえた焚き火台、先日から焚いております
世間ではソロキャンプがはやりの様ですが、我が家もソロ焚き火
雨の森での焚き火もなかなかいいもんですよ
先日お向かいさんから釣りの収穫としていただいた、信州サーモン(ニジマスとブラウントラウトをバイオテクノロジーで
交配させた品種だそうです)の塩焼き、漬け込んであったスペアリブ
雨の森、薪のハゼる音、そして森にたなびく白い煙
お酒は、無論
泡盛の古酒、五年物の40度
d0082305_15084549.jpg
d0082305_15092161.jpg






by takibiyarou | 2018-06-24 15:13 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 06日

もう、6日・・・

2018-01-06

毎日飲んだくれておりましたら
もう、6日・・・

昨年の28日に‐4℃の寒さの中、お山入り
いつものように、一杯やりながら
たたき牛蒡、甘酢蓮根、数の子
それに、お雑煮の準備して
29日になると、総菜の値段が急に上がる

たたき牛蒡葉なかなか美味しくできた
数の子は少し塩抜きしすぎたかもしれない
レンコンは水煮を買ってきたのですが、こいつが粉っぽくてうまくない・・・
冷凍のエビを煮てその煮汁でお雑煮の汁を作る

31日、2017最後の宴
いつものように、ゴウ介家からの豪華お節にお刺身を中心に
我が家の宴の間定員ぎりぎり
お山のお仲間、総勢11人の宴となりました
締めにおそばをいただいて、大変楽しい宴でございました
森は薄っすらと雪化粧

5時に目が覚める
セラを起こして少しお散歩、用足し
日の出時刻を確認、6時57分ごろらしい
6時過ぎ、万全の防寒支度で出かける
お向かいさんはまだ起きていないようだ
ゴウ介家はワンコと歩きで上るので、一人で出かける
スキー場のリフト乗り場にはすでに大勢並んでいます
リフトで上ると、そこは彫刻の森公園
東側の展望台付近で熱々の甘酒を頂き、日の出を待つ
すでに人出は数百人
昨夜の雪がうそのような空模様
秩父連山から富士のシルエットがくっきりと浮かぶ
日の出が近づくとともに、富士のシルエットが赤く染まる、赤富士
おそらく気温は-7℃、いやもっと下っているかもしれません

6時57分,秩父連山あたりが輝く

2018の初日が顔を出す

実に美しい・・・

明けましておめでとうございます。
d0082305_10183638.jpg
d0082305_10194066.jpg

西窓支店に、してんちゃんがお年始にやってきた
さっきお湯を入れてあげたので、まだ凍ってはいないだろう
セラが気が付き、窓のガラスに顔をくっつけるがしてんちゃんはお構いなし

実に肝の据わったリスちゃんです

さて、一杯やりますか

昨夜頂いた、フグの卵巣の糠漬けで

d0082305_10170116.jpg



我が家のお雑煮は関西風

ほうれん草に紅白のかまぼこ、焼きブリにエビ

焼き餅を入れてお出汁のお澄まし、柚子を添える

ゴウ介家、お雑煮食べてお年始のため一旦下山

私は

お屠蘇の続きです
d0082305_10210953.jpg

正月2日
忘年会のメンバーがお雑煮食べにやってくる
新年会
リンケンさん家はチワワの麦ちゃんを連れてやってきた
麦ちゃんセラに纏わりつく、麦ちゃんの遊んで攻撃にセラタジタジ
その困り顔が大うけ
お客のすぐ後ろでしてんちゃんも参加している

d0082305_10220845.jpg
































by takibiyarou | 2018-01-06 10:23 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日

柚子仕事

2017-12-09

先日、呑みに行った居酒屋で

たくさんの「柚子」を頂いた

なので今日は

柚子仕事

きれいに洗った柚子の皮

うすーく、丁寧に剥いてゆく

そのうすーい皮を、細く刻む

刻まれたその皮を

絞った柚子の果汁で漬ける

これだけなんですが

冷蔵でかなりもちます


d0082305_06131958.jpg
立ち込める、柚子の香に

何事かと

セラ、顔を出す










by takibiyarou | 2017-12-11 06:18 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日

アカゲラの訪問

2017-12-09

昨日の雪は、すぐに止んでしまいました
それでも森は、雪景色
そんな森に、お客様
シジュウカラ、ヤマガラ、コゲガラ、そしてゴジュウカラの代わり
慌しく来られました
実は、あまり歓迎できるお客ではないのですが
それでも珍客には相違ありません
寝静まる明け方に、外壁を緊急事態のごとく叩き
穴まで開けてゆく御仁なんです

雪の落ち葉に、コゲラでしょうか

もう一羽

樹幹の影に隠れる様に、アカゲラ

正面顔では解りずらいのですが

確かに赤い色が見えましたので、アカゲラだと思います

慌しく

ご退散・・・

d0082305_10410607.jpg
d0082305_10412111.jpg
家に穴を開けないでね



森を白く包んだ昨日の雪も

お昼頃にはすっかりと解けて

眩しいくらいの青空が

でも

寒い

d0082305_04312044.jpg





by takibiyarou | 2017-12-11 04:34 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 04日

セラの一人散歩阻止計画

2017-12-04


お山でのセラの一人散歩の事は以前にもお話いたしました

これから、年末にかけては長期滞在の方も増えてくる

そこで、何とかセラの一人散歩の阻止を図らねばと、思い描いておりました

そんなネットでの探索のおり、ふと目に留まったのが「Qrio」

どこかで聞いたことがある・・・

このメーカで、「Qrio Smart Lock」なる遠隔操作可能な簡易型オートロック装置を販売しているらしい

なんだか胡散臭い香りもする

そこで会社を検索してみると、「株式会社Qrio」資本金103,350万円(資本準備金含む)とある・・・

そうだ、「Qrio」はその昔ソニーで開発された二足歩行ロボット!!

ソニーの100%子会社らしい

現在はスマートホーム事業会社としてQrioSmart Lock(キュリオスマートロック)や

Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)などの開発・販売を行っている会社らしい

少しは信用できそうです

そこで、この「Qrio Smart Lock」なる装置、を少し覗いて見ますると

ドアを内側から施錠する「サムターン」と呼ばれるツマミに装着し、スマホによる遠隔操作にて施錠、解錠する装置

また、これには「オートロック」、そして「手ぶらで解錠」機能も在るという

何せ、サムターンをモーターで廻すだけという機構が単純なのがいい

両面テープによる設置が今一気になるが

これは、セラの一人散歩の阻止に使えるかもしれません

早速、詳細検討に入ります

製品説明を読む限り、なかなか使えそうであります、が

製品のレビューを読むと、賛否は半々

Qrio Smart Lock」単品では疑問視する声も多いが、「Qrio Hub」併用ならかなり満足感がありそうです

Qrio Smart Lock」はドアの外からスマホのBluetootで操作するので、反応が今一鈍いが、「Qrio Hub」は

インターネット経由で内部からの操作なので確実性がある、らしい

勝手口のドア、オートロックに設定しておき、セラを残してお買いもの

10秒後には自動で施錠される

いくらセラがドア開けに長けていても、「サムターン」までは廻せまい

そして、買い物終えて帰ってくると「手ぶらで解錠」設定なので、ドアに近づずくだけでなんと、自動解錠される

万が一反応が悪くても、スマホで解錠できる

また、下山のときに鍵をかけたかどうか記憶が定かでなく、確認に舞い戻る事もない

インターネット経由でスマホで施錠、解錠可能なのです

また、施解錠の記録もとれる

施錠時に解錠されると、スマホに通知も来るらしい

電池式(予備電池もあり)なので、停電もなんのその

これは、うまくいくとキーレスライフが送れるかも知れません

d0082305_06333312.jpg

Qrio Smart Lock

しかし、待てよ

お山の冬を舐めてはいけません

万が一、万が一、スマホを置き忘れたり、バッテリー切れの時

薪の補充の時などに

マイナス10℃のデッキに締め出される可能性

有りうる

これに対しての対策もしておかねばなりません

ハイテクに対しての対策としては、やはりローテクに限ります

一番原始的な、合鍵の準備です

でかい南京錠型のキーボックスを購入、これに合鍵を入れて近くに設置しておくことにする

翌日にはすでに「Qrio Smart Lock」「Qrio Hub」が届きます

流石です、梱包もセンス良くしっかりとしています、安心感あり

早速、自宅にてテストします

スマホからアプリをダウンロード、QrioSmart Lock」に電池を入れてアプリと連動

オーナー登録の後、解錠時、施錠時の「サムターン」位置を記憶させる

これで終わり、アプリの施錠ボタンを少し長押しすると

なんと、QrioSmart Lock」のサムターンがモータの駆動音とともに回る、これでドアのサムターンを廻し施錠となる

解錠ボタンを押すと、駆動音とともに解錠となる

同じ登録操作を家内のスマホにも行い、終了

後は、お山にてQrioSmart Lock」を設置、近くに「Qrio Hub」も設置して

アプリの、「オートロック」「手ぶらで解錠」「Qrio Hub」を設定すればよし

ローテクの南京錠型のキーボックスも準備完了

d0082305_06344105.jpg

さて

どうなりますか

猩壺庵、セラの一人散歩阻止計画







by takibiyarou | 2017-12-04 06:42 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 25日

木洩れ日亭

2017-11-25

先日OPENした、森の週末レストラン「木洩れ日亭」

本店&西窓支店

d0082305_07303799.jpg
d0082305_07305433.jpg

どこで噂を聞いたのか

OPEN早々ヤマガラが、入れ替わり立ち代わりやってくる

まだまだ鈴なり状態とはいきませんが

4,5羽くらいがやってくる

ヒーターのある不凍水皿もかなりの人気

西窓支店の水入れの薄氷も

オープニングサービスとして

2,3時間ごとに取ってあげる

まだヤマガラだけで

コガラやゴジュウガラまでは、連絡が行きわたっていないらしい

そのうち

リスのホンテン君やらしてんちゃんも、来てくれるだろう

雪が降ると

カワラヒワ軍団も襲来するだろうか

待ちどうしいですねー








by takibiyarou | 2017-11-25 07:32 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 25日

我が家の浅漬け

2017-11-25

気温-1℃
本日の朝食
鯵の干物に御御御付
出汁巻卵に野菜の浅漬け
実にシンプルなる朝餉です

先日ご近所さんの宴にお呼ばれしたときに
お持ちした箸休め、「我が家の浅漬け」
ご用意していただいたお料理には、少し気が引けましたが
それでも、結構受けたようです

何時のころからでしょうか
お山でこさえるようになりました
葉付きの大根を選んで買う
その葉を刻み、大根の皮も刻みます
白菜を刻み、キュウリにセロリ、季節によっては茗荷も良いです
ニンジンはピーラーで極薄に
ピーマンを千切りにして、鷹の爪
今回は、頂いたゆずの皮も散らす
お湯に粗塩を溶かし込み、水で温度調整
これらを大きめのジップロックに放り込み、少し揉んで冷蔵庫

一晩置くのですが、2,3時間もすれば結構いける

ジップロックの中でむんずと掴み、少し絞り、粉引きに盛る

お醤油を数滴垂らし、おかか

こいつに、塩昆布かシラスなどあればもっといい、が


これだけでも

結構お酒が進む


d0082305_05332474.jpg








by takibiyarou | 2017-11-25 05:35 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 13日

暑中お見舞い申し上げます

17-07-14

サウナ状態の都心を抜け出し
森にいます

目覚めたのは、すでに明るくなった頃
セラも起き出して来ます
羽毛布団を払いのけ、起きだします
室内は20°c、下界のあの纏わりつくような熱気が嘘のよう
外では、だいぶ上達したウグイスが盛んに鳴いてる

さて、お散歩しますか

まだ、梅雨明けしてないようですが

木洩れ日の森から
暑中お見舞い申し上げます


d0082305_08425189.jpg


by takibiyarou | 2017-07-13 08:47 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)