木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

雨上がりの森に

11-8-27

まっていてくれました

急に御願いされたお仕事のために

中々お山にくることが出来ませんでした

やっと

八月も終わりの、雨の中

森に来ることが出来ました

もう終わったかなと思っていた

レンゲショウマ

まっていてくれました

雨上がりの森に可憐な姿

疲れが抜けてゆくような気がしますね

レンゲショウマ

d0082305_885465.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-31 08:16 | 木洩れ日の森 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 18日

浴 衣

11-8-17

本日よりお仕事場の管理体制が我々に移りました
そこで、まず最初に「上履き解禁」
これで土と踏まずも日悲鳴上げ続けづにすむはずです
OPENに向けての作業はまだまだたくさん残っていっす
これで、その作業もはかどると思っていたのですが
本日の作業は午前中のみ、午後からは交通規制が敷かれ身動きが取れなくなるとか
そう、「花火大会」
東日本大震災復興祈念 第26回神奈川新聞花火大会
打ち上げ数: 約6000発; 昨年の人出: 約31万人
お仕事場は派この会場になる臨港パークに面しています

4階の海側は全面の開口

絶好のロイヤルシートとなる筈なのですが

帰宅難民となる可能性大

後髪引かれながら

引き上げますか

と歩き出しますと、津波のようなの人波が押し寄せてくるではありませんか

その人波をよーく見ると

殆ど浴衣姿の若者です

浴衣といいましても、昔風の爽やか系ではなく

かなりど派手な花柄系なんですが

また、サンダルに合わせるのが若者風で良いではありませんか

そして驚くのは、男性の浴衣姿の多い事

女性とは対称に黒系統のシンプルな浴衣にウコンの角帯

なかなか洒落てますねー

しかしながら、寝起きの浴衣状態が多いです、しかたないですけどね

それと、ちと、帯の位置が上すぎませんか

それでは丁稚だか、バカボンですよ

直してあげたなるのをじっとこらえます

でも

なんだか嬉しいです

殆ど薄れた着物文化

若い人たちに

もう一度、復活させてもらえたら

そんな想いで、押し寄せる人波を縫いながら

駅に向います

d0082305_972318.jpg


いつか観た、花火

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-18 05:27 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 15日

上 戸 と 下 戸

土踏まずは相変わらず悲鳴をあげっ放し
でも、昨日は久しぶりにお休みが取れました、お仕事場が全館停電
それで、お休みできる事になりました

朝からお風呂
ぬるめのお風呂に浸かり、土踏まずをマッサージ
足裏マッサージに行こうかとも思いましたが
日曜日、どこでやっているのか分かりません
それに、出かける気力も失せています
ダラダラの日曜と決めました
出かけるのは、ノエルとのお散歩だけ
お昼前から、呑み始めてしまいます、チビチビと
土踏まずをマッサージしながらチビチビと
こんな酒好きな私です
すでにアル中かもしれませんね
でもまあ、こうしてお酒で疲れを癒せるのもありがたいことです
下戸の方はまた別の他の楽しみがおありなのでしょうけど
私のような無類の酒好き「猩々」に取りましては、想像すら難しいことなのですが

ところで
お酒にまつわるおはなし - その3

全くお酒の飲めない方もおられます
アルコールを分解する酵素の働きの問題と聞いておりますので
無理にお薦めはやめましょう
私の古い友人にも、普段は一滴も飲まないお酒を、たまたまの同窓会での
気分に押されて飲んでしまい、そのまま・・・・

そんなお酒の飲めない方を
「下戸(ゲコ)」 といいますね
反対に酒好きを「上戸(ジョウコ)」
それは701年に発令された「大宝律令」に発しているとも言われているそうです
「大宝律令」の家の制度で、一戸に6人以上の成人男子がいる家を上戸、3人以下を下戸と表した
それが、『庶民婚礼 上戸八瓶 下戸二瓶』というように、婚礼の時に出す酒の量の目安となったため」との説

もう一説

中国、秦の始皇帝が行った一大事業が、万里の長城の建設
上戸と下戸、もともとは始皇帝が万里の長城を防備する兵士のうち、寒い山上の門(上戸)を守る者には寒さをしのぐために酒を
人の出入りの激しい平地の門(下戸)を守る者には疲れをいやすために甘いものを与えたことから生まれたといいます
それが、次第にお酒が飲める人を上戸、飲めない人を下戸と表すように変化し、私たちの日常言葉として定着したとの説


どちらにしろ

笑い上戸に

泣き上戸

あまり人に迷惑はかけないように、楽しみましょう


d0082305_5262027.jpg




山 欠 を お 酒 で 埋 め る 盆 休 み
                             猩壺庵





にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-15 05:27 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 12日

土踏まずが考えた

私の土踏まずが悲鳴を上げていることは、先日の記事で書かせていただきました
今回のお仕事場では、上履き禁止、靴下での行動となります
コンクリートの床を靴下だけで歩き回ると土踏まずが悲鳴を上げることになります
本来ならば、まだ完成していない建物内で、素足に近い状態での行動は安全上大変なリスクを伴うことで
逆に禁止されることが普通なのですが・・・
ところで
日本は世界的にも珍しい素足文化の国
戦乱とか貧困のためでの素足生活は、残念ながらまだまだ多く聞き及びますが
家に入るときに靴を脱ぐ生活習慣は、他では見られないことと聞き及びます
なぜこのような特別な習慣がこの日本に生まれたのでしょう
またそれが習慣として固定されたのでしょう

悲鳴を上げながら土踏まずが、考えました
今回の災難から、ひとつの仮説を導き出すことはできないだろうか、と
それは、日本建築の特異性と極端なほどの衛生観念
世界のおおくの地域の建物は石造りあるいはレンガ造りが主流です
このような硬質素材の床では到底素足になることなどできません
いかに日本人ほどのずば抜けた衛生感覚を持ってしても、素足の保護のためには靴を履かざるを得ないのです
ところが、日本においては基本的に木造建築です
基礎からツカを立て根太をを組み床を構成してゆきます、そして板張りの床
この方法で作られた床には適当なクッション性があり、脚に対する衝撃を緩和してくれます
そしてクッション材としての柔らかな畳、これらの建築要素は素足に大変馴染みます
土踏まずから悲鳴が聞えることはありません
適度な刺激が足裏マッサージの効果さえもたらせてくれるのです

床のきしみは必要だったのです
この建築法がわが国に広まったことが、素足生活の習慣となったのではないでしょうか

しかし、われわれはそれらを単に習慣だけに留めることなく

ひとつの大きな文化、さらには芸術にまで昇華さてきました

立ち振る舞いの行儀作法、舞踊、能、歌舞伎、茶道、そして剣道や柔道にいたるまで

それらはすべて素足、の足の運びが基本です


今回のお仕事場のように、コンクリートの床を素足で動き回ることは、やはりかなり無理があります


昨日、若い女性スタッフたちが真っ赤なスニーカーを履いているのを見て、注意しようとしたところ

な、なんと、真っ赤なスニーカー柄の靴下・・・

今回は、靴下柄のスニーカーが欲しいね、と突っ込むと


少し

受けました


d0082305_5205991.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-12 05:16 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 10日

土 踏 ま ず が

土踏まずが悲鳴を上げています
今回のお仕事場、靴の使用が禁止なのです、内装仕上げされたばかりで、汚されたくないのは解るのですが
上履きまで禁止なのです
木造の住宅と違い、コンクリートの建物の床は、フローリングでも樹脂タイルでもカチンカチン
そんな床を靴下のままで4階まで一日に何十回も上り下りするのですから大変です
土踏まずが悲鳴を上げます
上海で通ったあの足裏マッサージが懐かしいです
そんな時、ある方のブログに「樹液シート」の記事が載っていました
やはり土踏まずに違和感があり「樹液シート」を使ったところ「良いような気がする」とのこと
そういえばこの「樹液シート」、前に聴いた事があります
早速ググって見ましたところ色々在りますねー
何でも、「樹液の水を運び上げる強力な力で、汗として体の老廃物を引き出す」といいます
ちょっと信じがたいお話です
検索を続けますと、かなり否定的な意見が多いようですね
しかし、色々と発売されています、売れているようです
胡散臭いですが土踏まずの悲鳴に押されて、試してみますか
色々とある中で、選んだのは「NEWいきいき」樹液シート、30枚入りで1,865 国内配送料無料
安くは在りません

そんな樹液シートが届きました
早速寝る前に試してみます
粉末の入った名刺大の不織布の袋を、はがきよりも少し小さめの粘着シートに貼り付けて
足の裏に貼リます
貼った感覚はそれほど違和感はありません、疲れているので熟睡です

翌朝、足の裏のシートがなんだか固まっているような感じです
かなり強力な粘着シートを剥がすと、真っ白だった不織布の袋が変色しべた付いています
解けたキャラメルの感じです
発汗効果はありそうです
しかし足の裏もべたべた、シャワーを浴びながら石鹸で洗い落とします

でも、なんだか良い感じです

気のせいでしょうか

脚が少しだけ、軽くなったような感じがします

気のせいかも知れませんが

少し続けてみますかね

胡散臭いですけれど・・・


d0082305_5221957.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-10 05:22 | 雑観・雑考 | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 08日

左 利 き

なかなか
お山に行けそうにありません
お仕事関係の友人から協力依頼
横浜の某有名即席麺メーカーのミュージアム
お手伝いさせていただいております
工事は最終段階なので、手が抜けません
しばらく、お休み取れそうにありません

そんな時
現場で大工さんのお仕事を見ていますと
変な事思い出してしまいます

お酒にまつわるおはなし - その2

わりに知られたお話ですが
お酒呑みのことを「左利き」とか申します

これは
大工などの職人、または彫刻をする人など、ノミを使う人達の間から
生まれたと言われています
これは勿論、右利き左利きの意味とは別に酒呑みのことを指しています

ノミで木や石を削るときは普通左手にノミを持って削るものにあてがい

右手に持ったかなづちでそのノミの上を叩く作業をします

つまり左手は「ノミ手」であり、それを「呑み手」としゃれて

呑み手は「左利き」

酒呑みのことを「左利き」と言うようになった、そうな


それではもう一つ

酔っぱらって同じ事をくどくどと喋り続け事を

「くだをまく」

これは竹管に糸を巻く作業からきた言葉と考えられています

昔、機織りをする際、糸を竹の管にまく管巻きの作業は

同じ事を繰り返し行う作業だったことから

同じ話を繰り返し喋る、酔っぱらい・・・


d0082305_5233752.jpg



ああ、

森のデッキで

一杯やりたい・・・・


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-08 05:37 | お酒にまつわるお話 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 06日

年 金

11-8-4
頼んでおいた戸籍謄本が昨日届いたので
本日は、年金の受給申請
国民年金は後5年お預けなのですが
厚生年金は今月からいただけるそうです
勿論、これだけで食べてはいけませんけどね

まずは、市役所にて住民票(世帯全員のもの)を頂く
サマータイムで8時からなので、早くすみました
次には、隣町の年金事務所
書類の確認
 ■年金手帳、配偶者にも丸がついています
   家内の年金手帳もいるのかな・・・
 ■預金通帳
 ■印鑑
 ■雇用保険被保険者証
 ■戸籍謄本(誕生日以降発行)
 ■住民票(世帯全員のもの)
 ■配偶者の非課税証明書(源泉徴収票)
 ■身分照明証
おっと、肝心な物
 ■年金請求書

8:40に年金事務所到着、一番乗りで手続き
窓口は感じの良い若い女性
書類をチェックしてもらいます
なんとか、パス
60歳から65歳までの金額と、65歳以降の見込み金額を算出してもらいます
私の場合、厚生年金基金があるので厚生年金は非常に少ない・・・
そして複雑なる年金制度のお話を拝聴いたしますが
殆ど記憶には残っておりません・・・
手続き終了

さて、年金証書はというと
二ヶ月くらい先に郵送されるそうです
それから事務手続きがあり、実際に厚生年金が支給されるのは、11月くらいだそうです
勿論、8月に遡っての支給だそうですが
それにしても、次の厚生年金基金の手続きは年金証書を受取ってからの開始なので
なんとも半年がかりです

支給月額と給与所得の合計により減額されます
私の場合それを見越して、前もってお給料をかなり安く調整いたしましたので

全額支給されそうです

よかった



しかし

年金貰っても

それだけでは食べていけないなんて・・・・

d0082305_5255183.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-06 05:26 | その他 | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 05日

雨 宿 り

11-8-3
浅草
銀座線のエレベーターで地上に出ると
すごい人
一舜たじろぎます
アーケードの入口に、人、人、人
その人達の後ろには、エッ

滝・・・

雨宿りのようです
それにしても、凄い雨
バケツをひっくり返すと言うのでしょうか
南の国の、スコール
ずぶ濡れの車夫(観光用)たちが、観光客を誘導しています
何か叫んでいるようですが
雨の音にかき消されて聞こえません

それにしても、凄い雨

まあ
この雨は直ぐに止むでしょう
皆さんアーケード街で雨宿り

さて、どういたしましょう
これでは私もアーケード街の外にはでられません
仕方ありません
私もこの辺で
食事でもして
雨の止むのを待ちますか

やっと入れたお店で、中華そば

空も明るくなってきましたので、出かけますか

今日は浅草寺の近くで打ち合わせ

しかしまだ、小雨です

ビニールの袋を傘にして仲見世を突っ切ります

雨の浅草、浅草寺

宝蔵門に駆け込み、「小舟町」の大提灯で雨宿り

ここにも大勢の先客が

さて

雨の中を歩きましょうか

少しなら濡れるのも気持ちいいです

d0082305_14343116.jpg



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

More

by takibiyarou | 2011-08-05 04:42 | その他 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 04日

ハ マ ニ イ マ ス

11-8-3

ハマにいます

横浜、みなとみらい

重そうな雲

静かな海

船も眠りから覚め

やがて重々しい雲もさる

そして、青空

ジョギングする人

釣りする人

海を眺めるカップル

朝の港

d0082305_635525.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

More

by takibiyarou | 2011-08-04 06:04 | その他 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 02日

蚊 遣 り 待 つ

11-7-30

買い物から帰ると、せみ時雨が出迎えてくれます
でも、肌寒い
ノエルが盛んにおやつをねだぅています
何か上げますかねー

買ってきた鶏の胸肉を一口大に切り、沸騰したお鍋にひとつづつ投入
ジャガイモとかぼちゃも入れてあげます
これ、ノエルのご飯です
お肉のひとつをおやつにあげますか

先日の鯖山椒の煮汁に少し足して
買ってきた鯖の切り身をまた煮ます
蛍火でコトコト、と

その間、私はデッキでワイン

時間は12時を回りました

そろそろ楽しみな品が届くはず

そうなんです

例の、蚊遣り

鍛金作家の金森さんがわざわざ製作してくださった、例の「蚊遣り」
出来上がったとのご報告がありました
時間指定での配達をお願いしているのですが

まだのようです

さっき、ゴウ介家の車が見えました
お買い物から帰られたようです
そのうちお昼のお誘いがあるはず
宅急便のための書置き看板を作っておきましょう
ダンボールを三角に折り曲げて、看板にします

「配達ごくろうさまです、近くの森におります、お電話ください・・・」

と書いたとき

やってきました

宅急便

明日の誕生日に、間に合わせてくださいました

エヘヘ、自分への

プレゼント


届いた荷物を早速開き

用意してある蚊取り線香を、やおら、セット

いいです

やっぱりいいです

シンプルすぎるほどの

この蚊遣り

満足満足


金森さん

ほんとに、ありがとうございました

d0082305_6383372.jpg


自分ひとりの

還暦祝い




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

by takibiyarou | 2011-08-02 05:23 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(6)