木洩れ日の森から

komorebit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:宴 ( 270 ) タグの人気記事


2019年 02月 14日

炎三昧

2019-2-11

まだ暗いうちに目が覚める
午前四時
決して早起きな訳ではありません
あまりにも早く寝るので、目が覚めてしまうだけなんです
階下でストーブの熾火を掻き起こす
太目の薪を2本投入し、ダンパーを開く
空気の取り入れレバーも全開
起こされた熾火は、新しい薪を得て一気に燃え上がる
轟々と音を立てて燃え盛る
見ている顔が火照る
ストーブに付けてある温度計が、200度を超え300度に達しようとする頃
ダンパーを閉める
薪の投入口を少しあけてみると、ゴーッと音が聞こえる
二次燃焼が開始された音
ここで少し空気の量を調整
投入した太薪は真っ黒に炭化して燃焼ガスを発生させている
そのガスが炉内で燃焼し、青白い炎となって揺らめく
薪ストーブの「オーロラ」と呼ばれる現象
セラが気配を察して降りてきて
ストーブの前を占領

安楽座椅子にもたれて揺らめく炎に見入る
窓の外はまだ暗闇が支配し
時折、薪のはぜる音だけが響く
こんな時間が、好きなんです



11時ごろ
小腹が空いて仕方ない
昨日博物館からの帰り道で見つけたパン屋さんで買ってきたフランスパン
薄切りにして焼いていますと
もう食べるの、と言いながら
家内が見かねて、アヒージョを作ってきた
知り合いから頂いたニンニクだそうだ
家内もパンを焼いてくる
かなり早めの昼食となる
d0082305_05054196.jpg


お昼寝の後
セラと三人でお散歩に出かけると
お向かいさんから声が掛かる
これから焚き火らしい
森を一回りして帰ると、すでに煙が上がっている
焚き火の宴
外は寒いので、セラはストーブの前でお留守番
われわれも着込んで参加
焚き火のお世話を任される
直径90cmくらいのドイツ製焚き火炉に鍋掛けの三脚がセットされている
大型のダッチオーブンが登場
骨付きの鶏肉と大根、葱
三脚に吊るし、ふたの上にも炭を載せる
鎖を調整して炎との距離を近づけると、すぐに煮えあがる
出汁と塩コショウで味付け、再び煮込む
ダッチオーブンは圧力鍋効果で煮えるのが早い
家内たちはビール、私は川越の地酒をご馳走になる
レイチェル家も夜に下山するので呑めない、と言いながらも参加
今日はそれほど冷え込んではいませんが
それでも焚き火から少し離れると
体が冷え切る
焚き火の暖かさを、思い知る
この時期、八ヶ岳に行くと言うと
何でわざわざ寒い時期に寒い所にいくのかと
変な目で見られることが多い
でも、その理由のひとつが、この焚き火かもしれません
この炎の暖かさを実感するためなのかもしれない
そんなこと思うことがあります

骨付き鶏肉で煮込んだ大根の美味しいこと

焚き火とダッチオーブン料理は、いいですねー

われわれの楽しげな声を聞きつけたセラが、怒ってほえている

われわれも明日の朝早くの下山なので

早めのお開き

焚き火の宴

ご馳走様でした


下界は

雪らしい・・・





by takibiyarou | 2019-02-14 05:13 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 06日

焚き火の宴

2019-1-4

今日は風もなく至って穏やか
気温も久しぶりに2℃くらい
そんな中、お向かいさんから焚き火のお誘い
お昼過ぎから焚き火をしようと
そういえばお向かいさん、デカい焚き火台を手に入れたらしい
その焚き火台で焚き火をしようと
森での直火の焚き火が禁止されてから久しい
我が家のデッキで中華鍋の焚き火台での、小規模焚き火はやってきましたが
久しぶりの本格焚き火です

森に1mφ級の焚き火台をセット
その中に薪を敷く
着火はファイアースチールと呼ばれるマグネシューム合金の火打石
麻縄をほぐした繊維に一発着火、その小さな炎に枯葉を足して育ててゆく
やがて炎は薪に燃え移り大きな焚き火の炎となる
d0082305_10252931.jpg
d0082305_10421367.jpg


焚き火の周りに椅子を持ち出し

ワインで乾杯

初詣帰りのレイチェル家も合流して

焚き火の宴となりました

いやー、楽しかったです









by takibiyarou | 2019-01-06 05:56 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 02日

初詣と新年会

2019-1-1

初日の出を拝んで帰り
お節つまみながら、お屠蘇を頂く
ナッツ入りの田作りに数の子、叩きごぼうに黒豆
いつもの我が家のお節
ゴウ介家も加わり
お雑煮を頂く
ゴウ介家の奥様とお屠蘇
旦那は今回運転手で、お屠蘇はお預け
初詣に出かけますか
森の近くの「乙事諏訪神社」
由緒正しい神社なのですが、こじんまりとしていて
人が少ないのがありがたい
d0082305_06060471.jpg
d0082305_06063679.jpg
参拝の後は、初風呂へ
100%かけ流し「ユートロン水神の湯」
ロビーが改装されていて良い感じです、が、今日から値上げ
ゴウ介家から割引券頂いて500円
ひと風呂浴びて気持ちよーく帰宅
途中でリンケン家からTEL、家の前まで来てるらしい
レィチェル家からのLIN
あわてて帰り、お雑煮の支度

お向いさん家、ゴウ介家も加わり5家族10人
昨夜規模の新年会
まずは、塗の角盆にお節を載せて
日本酒で乾杯
リンケン家のワンコ「麦ちゃん」人が大好きのチワワ
どうしたことかセラがお気に入り、遊んで遊んで攻撃
何時もなら知らん顔のセラが、嬉々として応戦
珍しい光景でした
さてお雑煮出しますか
我が家のお雑煮は焼き餅、ほうれん草に焼きブリ、エビと紅白の蒲鉾
熱々のあご出汁のお澄まし掛けて、刻み柚子
皆さん、たくさんお替りしてくれました、が
まだ足りそうにないので
大盛りの筑前煮
ご満足していただけたようです
d0082305_06093201.jpg
本年もよろしく
   お願いいたします





by takibiyarou | 2019-01-02 06:11 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 08日

新そば祭り

2018-11-04

d0082305_08092676.jpg


今日も暖かい
しかし薪ストーブには火を入れます
何せ、寒がりの家人がおりますので
一人は毛布に包まり
もう一匹は、ストーブ前に陣取る

d0082305_08124266.jpg
d0082305_08125979.jpg
今日は眩しいくらいのお天気
お向かいさんをお誘いして
町経営の「おっこと亭」の「新そば祭り」に出かける
この町の恒例のイベント
我が家は初めてなのですが
ご近所さん達は、常連さんらしい
駐車場には臨時のガードマンが出て、交通整理しています
早い時間に来ましたので、何とか駐車でき早速会場に
たくさんの地元の野菜が並んでいます
大根150円、カブ一束100円。コンビに袋一杯のサツマイモ100円、ねぎ100円等々買って
米袋にて持ち帰る
会場では「おっこと音戸?」に合わせて綺麗どころが踊る
その横でトン汁、甘酒、ポン菓子、などのお振る舞いを頂きます
ご近所さん達もこられていて、みんなで餅つきの先頭を確保
村のおじさんたちがつくのですが、なんだかへたくそ・・・
ご近所さんも飛び入り参加
危なっかしい餅つきでも、何とかできたお餅
柄胡麻和えとあんころ餅をお腹一杯に頂く
と、お向かいさんが焼き芋を買い込んできます
ご近所さん達5,6家族と楽しい時間を過ごしました
d0082305_08442874.jpg
d0082305_08491758.jpg
初めて参加した
地域のお祭り
これもまた良いですね







by takibiyarou | 2018-11-08 08:01 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2018年 10月 10日

停電復旧の祝い

2018-10-05

日が昇ってから
ゴウ介家誘って、二度目の散歩
今日は暑いくらいになりそうだ
青空が、眩しい
ジコボウ(ハナイグチ)3,4本収穫
ゴウ介家はシニアラグビーの試合のため
明日下山だそうだ
今晩は、我が家で停電復旧の祝いでもやろう

そうと決まればお買い物
通称鉢巻道路を行くと、工事中に出会う
台風での土砂崩れの復旧工事・・・
かなりの土砂流出だったようだ
待ちに下る坂道の両側も、無残に折れた松がまだそのまま疎なっている
そんな傷跡を横目に、いつものコープ
家内はもんじゃを探すが、なかなか見つからない
仕方なく若い店員さんに聞いて、やっと見つける
4,5日分を買いだめ
お昼用には、いつものたこ焼き

家内を誘ってお向かいさん家の燻製釜を見に行く
今回の停電で燻製用に保存していたお魚が、駄目になったらしい
停電復旧の祝いにお誘い

本日の宴のメニュー
鶏砂肝のソース煮
にんにくの芽の味噌いため
鯛の兜煮
レンコンの挟み焼き
リンケンベーコンのお鮨
お向かいさんのチーズ&笹かまなど等多彩な燻製
ゴウ介家からのボジョレー・ヌーボー??
南アフリカ産の「ケープヌーボー・赤」南半球では5月に新酒が出ます!!

台風の被害復旧祝いなんですけれど
盛り上がってしまいました

d0082305_06543339.jpeg
明日はみんなで温泉の後、磯五郎でのビールと決まり
ゴウ介家、下山の延期となりました





by takibiyarou | 2018-10-10 06:28 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 14日

デッキで一杯

2018-08-13

お山に来てから、ずーっとデッキにいます
少しお散歩しますと、汗をかいてしまいます
それで、シャワーを浴びて
またぞろデッキに出てしまいます
今日はカツオのたたきに蒸しタコの刺身
たたきにはニンニク下ろして、タコにはワサビ
一緒に買っておいたマグロのアラはセラのお肴
お酒はいつもの5年物の40度
一緒に盛ったら、お皿がちと、大きすぎました
d0082305_11582700.jpg

しばらく楽しんでおりましたら
あら、一転にわかに掻き曇り、ぽつぽつと
ゴロゴロと雷まで鳴り出します
セラは、即家の中にご退散
やがて、雨脚は天窓を曇りガラスに変え
凄まじい落雷とともに森を襲う
そういえば、ご近所さん、朝方ゴルフにお出かけされました
ゴルフ場で、この雷はさぞや怖い思いをされていることでしょう
d0082305_11580882.jpg

そんな雷雨の中
デッキでのんびり飲んでいる私です・・・

この雨で

せっかく咲いたレンゲショウマが散らなければいいのですが
d0082305_11583751.jpg








by takibiyarou | 2018-08-14 12:01 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 06日

新生姜の甘酢漬け

2018-08-04

先月漬けた新生姜、なかなか美味しくて
すでに残り僅かとなり
新生姜を二袋も買ってきた
薄くスライスして、サッと湯がき
甘酢に漬ける
先月漬けた分を肴に
デッキで一杯が始まる
ジャングルと化したノエルの森に
真夏の日差しが突き刺さる
そして、その日差しにも負けまいと、セミ時雨


一杯やっていますと、ゴウ介家
そしてお向かいさん
お散歩途中のご近所さんたちも巻き込んで

いつもの宴となりました

少々、酔っぱらいましたかな・・・
d0082305_15133117.jpg







by takibiyarou | 2018-08-06 15:38 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 04日

お散歩の途中Y家から

17-05-03

目が覚めると森はすでに薄明り、午前4時過ぎ
明るくなるのがずいぶんと早くなりました
セラはすでに勝手口でお散歩待機
県境の山路をあがってゆくと
薄明りに浮かぶ森のシルエット
この明るさで山菜探すには、少しばかり無理がある
あきらめる
ぐるっと地区を一周して回る
ほとんどの家の前に車が見えます
お知り合いの方々も皆さん、いらしているようだ
d0082305_05384405.jpg
お向かいさんのデッキで何やら音がする
そっと近づいてみますると、リスがクルミをかじっています
三匹のリスがやってくるそうですが
我が家の「ほんてんくん」と「してんちゃん」かもしれないと思っていましたが
顔がずいぶんと黒いリスです
どうやら我が家のリス達とは別の個体らしい
d0082305_05383264.jpg
ノエルの森の木々の芽吹き

そしてお花たちを見て回る
d0082305_05384298.jpg
d0082305_05384034.jpg
d0082305_05383836.jpg
d0082305_05383641.jpg
d0082305_05383447.jpg

お昼のお散歩の途中Y家からお声がかかり
お客様とのデッキ宴に参加させていただきました
デッキでBBQ&山菜の天婦羅をごちそうになり
温泉から帰ってきたゴウ介家も合流して、にぎやかな宴となりました
その時に、Y家から薪ストーブを設置したいとのお話
ちょうど上手い具合にゴウ介家も薪ストーブの大型化を検討中
吹き抜けの大きなゴウ介家では今のストーブでは少しカロリー不足気味
しかし、吹き抜けのないY家なら最適の大きさかもしれません
ストーブ移設計画のスタートですかねー
ちょうど今宵はリンケンさんをお呼びしての宴
相談してみることになりました
さて、そろそろ我が家の宴の準備でもはじめますか、ね








by takibiyarou | 2017-05-04 05:47 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 05日

鮎の宴

16-09-01

昨日の打ち合わせの後、出立し
午後一で森に到着
森の入り口に軽トラが一台
リンケンさんではないらしい・・・

森に降り注ぐ日の光も、夏の厳しさを緩め
少しゆったりとして来たようです
荷物を入れて、セラを連れて表に出ると
お向かいさん家の薪小屋あたりから話し声が
近づいてみると、草刈.com(薪屋さん)イケさん
お向かいさんに薪の見分け方をレクチャー中
彼の軽トラのようです

先日一緒に割って積んだ薪小屋に、まだ少しスペースが残っている
そのスペースを埋めるべく、発注されていました


セラの散歩から帰り、お買い物は明日に伸ばし
少し休憩&一杯やっていますと
お向かいさんから声がかかります

鮎が焼けたらしい!!

いそいそとお向かいさん家に出かける
デッキのテーブルにはすでにお酒の準備ができています
そして、串に刺された塩鮎が、専用の炭火皿の周りに刺してある
先日鵜飼に行かれたときの収穫らしい
薪小屋ではイケさんがもう薪を積んでいる
先ずはビールで乾杯
この時期は、蜂の活動期
黄色スズメ蜂が匂いを嗅ぎ付けてやってくる
それを奥様が昆虫網で捕獲して殺虫剤を掛ける
それを三四回も繰り返したでしょうか

どうも近くに巣があるらしい・・・

程よく焼きあがった鮎を貪っていますと
イケさんの軽トラが第二陣の薪を持ってきた
薪が積みあがるのを待って、宴に引き入れる
もちろんお酒は勧めませんが・・・

鮎の干物を始めていただく
これはなかなか絶品です

宴も盛り上がり、話はイケさんのお母様に及ぶ
イケさんが骨折したときに、一度お目にかかったことがある

お年を伺うと、なんと、私とほとんど同年輩・・・



有り合わせの夕食をと思っていたのですが

豪華宴となりました

たんとご馳走になり

セラもまた、たくさんのおやつを頂き、有頂天

ご馳走様でした

d0082305_12000424.jpg

















by takibiyarou | 2016-09-05 12:04 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 21日

昼からの宴

16-08-17

お昼過ぎ

ゴウ介家が何時ものたこ焼き買ってきた

我が家も、在庫の整理

トマトを切ってお塩

鶏肉のハーブ焼(Aコープ特製)

後はキュウリくらいしかない・・・

まあ、このくらいで良いでしょう

始めていましたら

お向かいの奥様が現れ、肴の差し入れ

セラ、またしてもご馳走になる

次にだんな様が、蛸と共に現れ

皆で呑む

夏休み最後の、森の宴

d0082305_08270113.jpg
d0082305_08322884.jpg

ノエルに森を託して

明日は早立ち

早めに寝ると致しましょうか















by takibiyarou | 2016-08-21 17:45 | 猩壺庵 | Trackback | Comments(0)